Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2009.08 作成             [R]   対称行列の固有値・固有ベクトルの最適な求め方 固有値算出には、固有値分解、特異値分解、QR 分解などいくつかの方法があり、R ではいずれも LAPACK のルーチンを呼び出して使っている...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

0

Share

Download to read offline

Rでの対称行列の固有値・固有ベクトルの最適な求め方

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Rでの対称行列の固有値・固有ベクトルの最適な求め方

  1. 1. 2009.08 作成 [R] 対称行列の固有値・固有ベクトルの最適な求め方 固有値算出には、固有値分解、特異値分解、QR 分解などいくつかの方法があり、R ではいずれも LAPACK のルーチンを呼び出して使っている。 対称行列についての計算の場合は、計算効率が良く DC 法よりもメモリを消費しない HG法を採用している eigen 関数の利用が最も良いと思われる。LAPACK にある固有値・特異値問題の解き方の流れ Phase 1. 初期行列を減じる (二重対角化) Phase 2. 固有値計算 Phase 3. 結果がもとの行列に対応するよう逆変換 ※ Phase 1 と 3 は並立処理可能。問題は Phase 2。固有値計算(Phase 2)の解法 1) QR 法 [LAPACK V.1~] 計算効率が O(n**3) 2) Divide-and-conquer(分割統治:DC)法 [LAPACK V.2~] 計算効率が最大で O(n**3) 3) Holy Grail(HG)法 [LAPACK V.3~] 計算効率が O(nk)Rの固有値・特異値分解で使っている LAPACK ルーチン ○ 固有値分解 eigen() - DSYEVR 対称行列の固有値問題に対する倍精度実数の RRR ドライバ ← HG 法 ※ RRR: relatively robust representation の略 - DGEEV 非対称行列の固有値問題に対する倍精度実数の simple ドライバ - ZHEEV 倍精度複素数用 - ZGEEV 倍精度複素数用 ○ 特異値分解 svd() - DGESDD 特異値分解の DC 法ドライバ - ZGESVD 倍精度複素数用[参考] “LAPACK Users’ Guide” Third Edition http://www.netlib.org/lapack/lug/index.html

Views

Total views

1,846

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

9

Actions

Downloads

3

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×