Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PDF入稿 初めの一歩 ~ PDFの基本知識から印刷用データまで

7,897 views

Published on

PDFの歴史から印刷用データの違い、そしてPDF入稿についてざっくり紹介します。

11g DTP・プロダクトデザイン編 | デザイナーズ☆ワークショップ 【 新潟グラム 】
http://niigm.com/11g
で使用したスライド。

【内容】
  ●PDFの生い立ち・歴史
    Adobe PostScriptの話を交えて

  ●印刷用データには様々なものがある。
    ネイティブ入稿・TIFF入稿・PDF入稿などの様々なフォーマットを紹介

  ●なぜPDFを選択するのか?
    数あるフォーマットの中からなぜPDFを選択すべきなのか?

  ●完全データ入稿とは?
    データは指示書/データの作成者は次行程へ命令する人
    「完全」の意味

  ●PDFにも色々ある
    PDFのバージョン
    PDF/X-1a・2・3・4・5・Plus
    RIPとは(CPSI・APPE)

  ●PDF入稿するためには
    条件(フォント・画像など)
    手順
(印刷用PDFにフォーカスしたセミナーをします(9月15日)PDFの疑問などあればどうぞ! http://dtp.jdash.info/archives/51961004.html より)

Published in: Design
  • Be the first to comment

PDF入稿 初めの一歩 ~ PDFの基本知識から印刷用データまで

  1. 1. PDF入稿は怖くない PDF入稿 初めの一歩 PDFの基本知識から印刷用データまで 笹川純一@jdash2000 
  2. 2. プロフィール 名前:笹川純一 ハンドルネーム:@jdash2000 とか jdash 勤務:印刷会社 印刷用データのデータ処理・出力などを取り組む 現在の職務はウェブ制作・講師など InDesign集中セミナー関西版開催! 2012年11月30日 @メルパルク京都 共著ですが書籍も出しています→ 『デザイン・フォーラム 13人のプロが教える原則と経験則』(翔泳社)出典:http://www.amazon.co.jp/dp/4798123323/ 笹川純一@jdash2000 
  3. 3. 概要 PDFの生い立ち・歴史 印刷用データには様々なものがある なぜPDFを選択するのか? 完全データ入稿とは? PDFにも色々ある PDF入稿するためには 笹川純一@jdash2000 
  4. 4. PDFの生い立ち・歴史出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  5. 5. PDFの生い立ち・歴史 1984年 PostScriptが発表 翌1995年にPostScript対応の機器・ソフトが発表 Apple Macintosh用プリンター「LaserWriter Ⅱ」 Aldusのページレイアウトソフトウェア「PageMaker」出典:http://www.adobe.com/jp/print/postscript/pdfs/welcmps2.pdf 笹川純一@jdash2000 
  6. 6. PDFの生い立ち・歴史 1990年 基礎となる技術の開発 ページ記述言語Adobe PostScriptの技術が確立さ れ、印刷技術の標準として普及 PostScript Level 2が確立出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  7. 7. PDFの生い立ち・歴史 1992年 Adobe PDFの誕生 コードネーム『Carousel』として発表されたAdobe PDFは、画期的で斬新なテクノロジが大きな反響を 呼び、この年のBest of Comdex賞を獲得。出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  8. 8. PDFの生い立ち・歴史 1993年 Adobe Acrobatのデビュー Adobe PDFファイルの作成と表示を可能にする多機 能ソフトウェアAdobe Acrobatの販売を開始。PDF が多様な情報とあふれるアイデアを世界中に発信し 始めます出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  9. 9. PDFの生い立ち・歴史 1994年 無償の閲覧ソフト アドビは、無償でAdobe Readerソフトウェアの配 布を開始しました。これにより、Adobe PDFはさら に普及します。以来、Adobe Readerのダウンロー ド数は、世界中で累計5億本を超えました つまり前は閲覧するソフトが 有料だった出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  10. 10. PDFの生い立ち・歴史 1996年 プロフェッショナルグレードへ Acrobat 3.0は、スポットカラー、ハーフトーン、 UCR、オーバープリントといった印刷プロ向けの機 能をAdobe PDFでサポートする機能を提供しました 画面表示→印刷用途も出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  11. 11. PDFの生い立ち・歴史 2001年 PDF/X-1aがISO 15930-1として発行 → PDF/X-1a:2001出典: 笹川純一@jdash2000 
  12. 12. PDFの生い立ち・歴史 2002年 時代をリードする雑誌でも活躍 TIME社が広告制作用の入稿データにPDF/Xを指定 こんな時代→ 懐かし過ぎる  出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html , http://www.time.com/time/covers/0,16641,20020114,00.html 笹川純一@jdash2000 
  13. 13. PDFの生い立ち・歴史 2006年 次世代PDF印刷ワークフローをパワフルにサポート Adobe PDF Print Engineは、一般的な技術プラット フ ォ ー ム ; Adobe PDF と JDF で 、 Adobe Creative Suiteユーザーを印刷のプロフェッショナルたちと つなぎ、エンドツーエンドのワークフローを可能に します出典:http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/adobepdf.html 笹川純一@jdash2000 
  14. 14. PDFの生い立ち・歴史 2007年 PDF/X-4のドラフトが発行 翌2008年にISO 15930-7:2008として発行 → PDF/X-4:2008出典: 笹川純一@jdash2000 
  15. 15. PDFの生い立ち・歴史 2010年 PDF/X-4 ISO 15930-7:2010として発行 → PDF/X-4:2010出典: 笹川純一@jdash2000 
  16. 16. 印刷用データには様々なものがある ネイティブデータ EPSデータ TIFFデータ PSデータ PDFデータ 笹川純一@jdash2000 
  17. 17. 印刷用データには様々なものがある ネイティブデータ レイアウトソフトのデータそのもの = 編集用 メリット :再編集しやすい デメリット:付属ファイルの添付し忘れ       編集環境の違いによるエラー 笹川純一@jdash2000 
  18. 18. 印刷用データには様々なものがある EPSデータ レイアウトソフトから書き出したデータ メリット :このファイルだけで印刷できる デメリット:再編集しづらい(例外が大いにあり)       編集環境の違いによるエラー       複数ページを扱えない 笹川純一@jdash2000 
  19. 19. 印刷用データには様々なものがある PSデータ(PostScriptデータ) プリンタドライバから書き出したデータ メリット :複数ページを扱える(1ファイルでOK)       出力指定情報を含められる デメリット:書き出す設定が難しい       再編集は難しい 笹川純一@jdash2000 
  20. 20. 印刷用データには様々なものがある TIFFデータ 完全に画像データ メリット :編集環境の違いによるエラーがない デメリット:データサイズが大きい       精密さの設定が難しい       再編集は難しい 笹川純一@jdash2000 
  21. 21. 印刷用データには様々なものがある PDFデータ これからの印刷用標準データ メリット :様々なデータ・設定を含められる       複数ページを扱える       印刷用の標準規格がある デメリット:書き出す設定によっては印刷に不適切に       再編集は難しい        笹川純一@jdash2000 
  22. 22. なぜPDFを選択するのか? 印刷用データに求められるもの 安定した出力《高信頼性データ》 エラーを含みづらいデータ 環境の違いを吸収できるデータ 適切なファイルサイズ どこでも使える《非依存データ》 環境依存・機種依存しない 笹川純一@jdash2000 
  23. 23. なぜPDFを選択するのか? 柔軟性と信頼性のバランス Flexibility:柔軟性 / Reliability:信頼性出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  24. 24. 完全データ入稿とは? データは指示書 データの作成者は次行程へ命令する人 仕上がりサイズ指定 カラー指定 フォント指定 画像指定 加工指定 笹川純一@jdash2000 
  25. 25. 完全データ入稿とは? 「完全」の意味 データを受け取った側が 修正・編集を加える必要がなく、 適切な指示のあるデータ → データ作成側ではない → データを見て仕上がりがわからないデータはNG 笹川純一@jdash2000 
  26. 26. PDFにも色々ある PDFのバージョン 笹川純一@jdash2000 
  27. 27. PDFにも色々ある PDFのバージョン PDF 1.0 / 1.1 / 1.2 / 1.3 / 1.4 / 1.5 / 1.6 / 1.7 PDFのバージョンは 基本的にAcrobatのバージョンと密接な関係 笹川純一@jdash2000 
  28. 28. PDFにも色々ある PDFのバージョン PDF 1.0 ───── Acrobat 1.0 PDF 1.1 ───── Acrobat 2.0 透明機能 PDF 1.2 ───── Acrobat 3.0 なし PDF 1.3 ───── Acrobat 4.0 PDF 1.4 ───── Acrobat 5.0 PDF 1.5 ───── Acrobat 6.0 透明機能 PDF 1.6 ───── Acrobat 7.0 あり PDF 1.7 ───── Acrobat 8.0 笹川純一@jdash2000 
  29. 29. PDFにも色々ある PDF/Xとは ISO 15930で定められている印刷向けPDFの規格 PDFファイルの相互交換性(=受け渡し)を定義 PDF/X-1a ─── Acrobat 4.0 PDF/X-2 PDF/X-3 PDF/X-4  ─── Acrobat 5.0~ PDF/X-5 PDF/X Plus ←これだけ少し違う(ISO準拠ではない)出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  30. 30. PDFにも色々ある PDF/Xの種類 PDF/X-1a PDF/X-2 PDF/X-3 PDF/X-4 PDF/X-5 ← PDF/X Plus出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  31. 31. PDFにも色々ある RIPの種類 CPSI PDF/X-1a Configurable PostScript Interpreter PostScriptを処理 PDF/X-4 APPE Adobe PDF Print Engine PDFを処理出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  32. 32. PDF入稿するためには PDFに求められる設定出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  33. 33. PDF入稿するためには PDFに求められる設定 PDF/X Embedded fonts, no encryption, TrimBox required, no HalftoneName, no threshhold screens, no annotations within the page etc. PDF/X Plus Min & max image resolutions, min type size, Required bleed, which print characterization etc.出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  34. 34. PDF入稿するためには PDFに求められる設定 PDF/X フォントを埋め込む 暗号化しない トリムボックスを付ける 注釈を(仕上がり範囲内に)付けない出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  35. 35. PDF入稿するためには PDFに求められる設定 PDF/X Plus 特定の範囲の画像の解像度になっている 解像度が低すぎたり高すぎたりしない 文字の大きさが特定のサイズ以上になっている 裁ち落としデータがある出典:http://www.gwg.org/content/downloads/whitepapers/PDF/GG_FAQ_PDFX_EN.pdf 笹川純一@jdash2000 
  36. 36. PDF入稿するためには PDF保存手順 笹川純一@jdash2000 
  37. 37. PDF入稿するためには PDF保存手順 笹川純一@jdash2000 
  38. 38. PDF入稿するためには PDF保存手順 設定画面は全部で6画面… 笹川純一@jdash2000 
  39. 39. PDF入稿するためには PDF保存手順 データ受け側提供のPDFプリセット 笹川純一@jdash2000 
  40. 40. PDF入稿するためには PDF保存手順 PDFプリセットを使用      ↓ 設定を自動的に行ってくれる      ↓ 正しい設定を覚えられる?という悩みの心配なし データ受け手側も変な変換してないかの心配なし 笹川純一@jdash2000 
  41. 41. まとめ PDFはあくまでひとつのフォーマット PDF/X-4は今後主流のフォーマット PDF書き出しは難しくない 笹川純一@jdash2000 
  42. 42. PDF入稿は怖くない ぜひチャレンジしてみましょう! PDF入稿 初めの一歩 PDFの基本知識から印刷用データまで 笹川純一@jdash2000 

×