Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

実戦でのScala LT 2015.2.21

1,113 views

Published on

実戦でのScala LT 2015.2.21
ちょっとぶっちゃけすぎたか。  

  • Be the first to comment

実戦でのScala LT 2015.2.21

  1. 1. おれたちの Scala 年表 benzookapi 『実戦での Scala 』 LT 2015-02-21 @SmartNews
  2. 2. 2 自己紹介 岡村 純一 株式会社シャノンでマーケティング SAAS の PM やってます テックスタック: Scala/../../../../../../ ぱわぽ / スカウト API Lover ( 最近は API Meetup にも出現してます) @benzookapi
  3. 3. 3 宣伝 SHANON MARKETING PLATFORM 5年連続国内シェア No.1 に選ばれました!
  4. 4. 4 今日お話ししたいこと 自分が人柱的に Scala を書き始めて早 2 年と8ヶ月 ... あーんなことあったな、こんなことあったなー ていうのをなるべく面白おかしく振り返りつつ、 Scala 導入の 参考になりそうなよもやま話を話せたらと思います (あ、ハードルあげた、でも多分この頃には酔っ払ってるんで 大丈夫なはず .... )
  5. 5. 5 おれたちの Scala 年表 有史以前 黎明期 成長期 ゴタゴタ期 いまここ 未来? 2012.6 2012.11 2013.4 2014.6 2015.2
  6. 6. 6   おれたちの Scala ①年表 有史以前(〜 2012.6 )
  7. 7. 7 有史以前(〜 2012.6 ) ・社内で Scala 勉強会やってたらしい ・正直入社前なんでよくわからない ・ Haskell とセットで関数型プログラミングの勉強会? ・多分ナウいことしたかったんだと思う ・社内勉強会は文化としてよい(気になったらどんどん発 表!)
  8. 8. 8   おれたちの Scala ②年表 黎明期( 2012.6 〜 11 )
  9. 9. 9 黎明期( 2012.6 〜 11 ) ・ 6 月に入社して9月ごろリリースする製品を Scala で書いて みる?って言われた ・ Scala は知らんでスカラー値のことかと思ったけどできると こ見せたかったんで「はい」と答えた ・あかんそうならすぐに Java に切り替える約束 ・チームが若干ゲリラぽかったんでチャレンジできたのかな? ・時間ないんで @IT のコラムと WEB 漁りながらコーディング ・ var に助けられた ・後半ようやくラムダキメれてちょっと快感 ・いまじゃ立派なレガシーコード、みんなごめん
  10. 10. 10   おれたちの Scala ③年表 成長期( 2012.11 〜 2013.4 )
  11. 11. 11 成長期( 2012.11 〜 2013.4 ) ・ほかのメンバやマネージャ、新しく入った人が徐々に新規開 発部分を Scala で書き始める ・手探りで一人で Scala の製品リリースしたことに内心鼻をか けていたが、まわりのみんながいとも簡単に習得してもっと いいコードかきはじめてへこむ ・タプル 22 問題、 form と view の癖、 DB や JSON まわりの ライブラリ、ようわからん sbt の設定、なにかしら新しい問 題に当たっては、調べて共有の繰り返し ・ぼくの趣味で API ファースト、みんなありがとう ・この頃から『コンパイル遅い』が酒の肴になる
  12. 12. 12   おれたちの Scala ④年表 ゴタゴタ期( 2013.4 〜 2014.6 )
  13. 13. 13 ゴタゴタ期( 2013.4 〜 2014.6 ) ・少人数のチームに新開発が集まりソロ開発になりがちに ・忙しい割にみんな新しいことも試すので若干マゾ的な開発に なる ・他のチームから助っ人呼びたいが、 Perl エンジニアしかい なくて助けてもらえない ・ Play アップデートへの追従と Akka での慣れない Actor モ デルに泣かされる ・元々 Perl を書いてたエンジニアが『 Perl で書きたい』と暴 言をのたまいはじめる ・チャレンジしたことの知見は溜まっていった ・ PM にシフトした自分はサンドバックになることを誓う、日 経の取材や Scala カンファレンスで露出少し増える
  14. 14. 14   おれたちの Scala ⑤年表 いまここ( 2014.6 〜 2015.2 )
  15. 15. 15 いまここ( 2014.6 〜 2015.2 ) ・ようやく知見やコード資産などが活きてきて、 Scala のパワーを 引き出した安定した開発ができ始める ・もう Java には戻れないという若干ステマぽい声が聞こえ始める ・『コンパイル早ければ最強』が合言葉になる ・『 sbt は考えるな』が酒の肴になる ・調子にのって OSS なんぞも公開してみる ・ DDD に憧れてちょっと試してみる(余裕ができる) ・ Scala がバブりはじめて、採用に効くようになる ・実務的な Scala 勉強会再開( Perl チーム交えて) ・ハッカソンは LL のほうがいいなーと思った
  16. 16. 16   おれたちの Scala ⑥年表 未来?( 2015.2 〜)
  17. 17. 17 未来?( 2015.2 〜) ・結局 Scala を使ってよかったのかと言われれば YES だと思 うが、製品とビジネスの戦略に合わせてテックスタックは柔 軟に適用したい ・実は結構 Scala 回りの技術を実務で使ってる割に Scala の 会社の印象薄いので、もっと情報発信したい ・ Scala がバブってるうちにいい人とりたい ・貴重な女性 Scala プログラマーが在籍しているので、ぜひ Scala 女子会開いてほしい(そして参加したい) ・ mongo 飽きてきたから Spark とかいいかも
  18. 18. 18 まとめ おれたちというかおれの振り返りになって、若干フィクションぽいところもありま すが、赤裸々な悪戦苦闘の年表かとおもいます そしてこんな大胆なチャレンジをやれる会社はなかなかな い! おれたちは次の時代のイノベーションを 手伝ってくれる Scala 戦士を求めて る!
  19. 19. 19 エンジニア絶賛募集中! GREEN http://www.green-japan.com/company/1632 Paiza http://paiza.jp/recruiters/450?job_offer_id=662 わたし https://twitter.com/benzookapi
  20. 20. Thank you! benzookapi 『実戦での Scala 』 LT 2015-02-21 @SmartNews

×