Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
会議室利用をIoT
を使って快適に
したい
【RMP×Quipper】Food&Drink meetup #3
@sparkgene
市川 純
▸2014/02 入社
ガテン系→SIer→フリーランス→起業→
mixi→現在
▸担当業務
新規事業のインフラ担当(AWS利用)
開発を支える開発
こんな経験ありませんか?
• 会議室予約したはずだけど誰か居る
• 急遽メンバーと打ち合わせしたいけど場所
がない
• 会議室予約したいけど全部埋まってる
あの画面の機能をみんなでもみたいん
だけど
ホワイトボードとか使いたいから、会議
室取りますね!
使える会議室が空いてなかったから、明
日の13時から部屋を抑えました!
了解しました
手が止まっちゃうし、
明日とか言ってないで、
ササッと決めたいんだけどな。。。
(´・ω・`)
それだけじゃないツラミ
▸ 会議室予約システムはセキュリティーが厳しいネット
ワークにある
▸ 定例会議の為に帯で予約するから、使って無くても予
約する人が多い
ハッカソンで改善案を考えた
せっかくだから試してみたい技術で
▸ Rails 5(APIモード)
▸ vue.js (SPA)
▸ phantomjs、nightmarejs(スクレイピング)
▸ IoT、SORACOM、ラズパイ
動くものも作った
実際に設置
今日の部屋の予約状況 今の状況
空いてる
部屋を探す
初代Verは配線とか汚い
2代目はセンサーも無線化
Slackからも空き状況がわかるbotを作成
botはserver lessな環境で
Datadogで利用状況をモニタリング
“開発に必要な開発は
開発を行うために必要なあらゆる
環境も改善していきます
THANKS!
You can find me at @sparkgene
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

会議室利用をIoTを使って快適にしたい

1,718 views

Published on

【RMP×Quipper】Food&Drink meetup #3 で発表した資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

会議室利用をIoTを使って快適にしたい

  1. 1. 会議室利用をIoT を使って快適に したい 【RMP×Quipper】Food&Drink meetup #3
  2. 2. @sparkgene 市川 純 ▸2014/02 入社 ガテン系→SIer→フリーランス→起業→ mixi→現在 ▸担当業務 新規事業のインフラ担当(AWS利用)
  3. 3. 開発を支える開発
  4. 4. こんな経験ありませんか? • 会議室予約したはずだけど誰か居る • 急遽メンバーと打ち合わせしたいけど場所 がない • 会議室予約したいけど全部埋まってる
  5. 5. あの画面の機能をみんなでもみたいん だけど ホワイトボードとか使いたいから、会議 室取りますね! 使える会議室が空いてなかったから、明 日の13時から部屋を抑えました! 了解しました
  6. 6. 手が止まっちゃうし、 明日とか言ってないで、 ササッと決めたいんだけどな。。。 (´・ω・`)
  7. 7. それだけじゃないツラミ ▸ 会議室予約システムはセキュリティーが厳しいネット ワークにある ▸ 定例会議の為に帯で予約するから、使って無くても予 約する人が多い
  8. 8. ハッカソンで改善案を考えた
  9. 9. せっかくだから試してみたい技術で ▸ Rails 5(APIモード) ▸ vue.js (SPA) ▸ phantomjs、nightmarejs(スクレイピング) ▸ IoT、SORACOM、ラズパイ
  10. 10. 動くものも作った
  11. 11. 実際に設置
  12. 12. 今日の部屋の予約状況 今の状況 空いてる 部屋を探す
  13. 13. 初代Verは配線とか汚い
  14. 14. 2代目はセンサーも無線化
  15. 15. Slackからも空き状況がわかるbotを作成 botはserver lessな環境で
  16. 16. Datadogで利用状況をモニタリング
  17. 17. “開発に必要な開発は 開発を行うために必要なあらゆる 環境も改善していきます
  18. 18. THANKS! You can find me at @sparkgene

×