Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Node-REDについて
自己紹介
氏名: 古城 篤(Atsushi Kojo)	

所属: 株式会社ウフル / データサイエンス研究所	

役割: 所長 / 主席研究員	

特徴: 元営業マンの技術屋	

ウフル技術ブログのメイン執筆者(現在)

http://def...
enebular.comはじめました
enebular.comは(ほとんど)Node-REDでできてる
http://nodered.org/
node(モジュール)
I/Oをはじめフィルタ処理などを行うfunction系やソーシャル!
リスニングやエンゲージメント/通知などを行うsocial系と各種!
DBやCDNなどのstorage系、そして将来的にはデータマイニン!
グ系モジュー...
モジュールを組み合わせてflowを作る
データ変換もできる
プログラミングできる(javascript)
もともとはIoTで使うために作った
でもIoT以外でも色々役に立った
流れているのは”msg”
input
module.exports = function(RED) {	

function LowerCaseNode(config) {	

RED.nodes.createNode(this,config);	...
Loopもできるよ(方法は他にもあると思う)
実はflowの例は以下にたくさんある
http://flows.nodered.org/
このflowをインポートするには…
http://flows.nodered.org/flow/6c3b201624588e243f82
このJSONをコピー
以下のように貼付けると…
ここにペースト
こうなる(nodeがないとこうなる)
なぜNode-RED?
node.jsの環境があれば動く	

簡単にWebサーバに組み込める

http://nodered.org/docs/embedding.html	

enebular.comのようにホスティングすればちょっとしたこと...
ただ単にnode.jsが好きなだけかも
ということでnode.jsが好きな
人はウフルに来てください!
“ご清聴ありがとうございました”
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Node-REDについて

6,827 views

Published on

Published in: Technology

Node-REDについて

  1. 1. Node-REDについて
  2. 2. 自己紹介 氏名: 古城 篤(Atsushi Kojo) 所属: 株式会社ウフル / データサイエンス研究所 役割: 所長 / 主席研究員 特徴: 元営業マンの技術屋 ウフル技術ブログのメイン執筆者(現在)
 http://deferloader.blog.uhuru.co.jp/ Twitter: joeartsea Blog: http://artsnet.jp/
  3. 3. enebular.comはじめました
  4. 4. enebular.comは(ほとんど)Node-REDでできてる http://nodered.org/
  5. 5. node(モジュール) I/Oをはじめフィルタ処理などを行うfunction系やソーシャル! リスニングやエンゲージメント/通知などを行うsocial系と各種! DBやCDNなどのstorage系、そして将来的にはデータマイニン! グ系モジュールの開発も予定
  6. 6. モジュールを組み合わせてflowを作る
  7. 7. データ変換もできる
  8. 8. プログラミングできる(javascript)
  9. 9. もともとはIoTで使うために作った
  10. 10. でもIoT以外でも色々役に立った
  11. 11. 流れているのは”msg” input module.exports = function(RED) { function LowerCaseNode(config) { RED.nodes.createNode(this,config); var node = this; this.on('input', function(msg) { msg.payload = msg.payload.toLowerCase(); node.send(msg); }); } RED.nodes.registerType("lower-case",LowerCaseNode); } output • メインのデータはmsg.payload • グローバルはcontext.global node(モジュール)
  12. 12. Loopもできるよ(方法は他にもあると思う)
  13. 13. 実はflowの例は以下にたくさんある http://flows.nodered.org/
  14. 14. このflowをインポートするには… http://flows.nodered.org/flow/6c3b201624588e243f82 このJSONをコピー
  15. 15. 以下のように貼付けると… ここにペースト
  16. 16. こうなる(nodeがないとこうなる)
  17. 17. なぜNode-RED? node.jsの環境があれば動く 簡単にWebサーバに組み込める
 http://nodered.org/docs/embedding.html enebular.comのようにホスティングすればちょっとしたことがす ぐできる(かゆいところに手が届く) 適材適所で使われる世の中が正しいような気がする
  18. 18. ただ単にnode.jsが好きなだけかも ということでnode.jsが好きな 人はウフルに来てください!
  19. 19. “ご清聴ありがとうございました”

×