Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

C言語よくある誤り

6,673 views

Published on

  • Follow the link, new dating source: ❤❤❤ http://bit.ly/2Qu6Caa ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ❤❤❤ http://bit.ly/2Qu6Caa ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

C言語よくある誤り

  1. 1. Cプログラミング よくある誤り 山本 和英長岡技術科学大学 電気系
  2. 2. このスライドは...● C言語プログラミング初心者を対象に作成して います。● C言語でよく見かける誤り(計14種類)をレベル 別に例示し、解説しています。 – 解答を見る前に、何が誤りかを自分で考えてみて ください。● このスライドに書かれている誤りを一通り覚える ことでかなりの初歩的なミスを回避できると思 います。
  3. 3. 誤りには4段階ある● レベル1: コンパイルエラー – コンパイルできないのですぐに気付く● レベル2: 実行時エラー – 実行中にエラーが出てプログラムが停止● レベル3: エラー表示されない – 正しくない出力が出るだけなので気付きにくい● レベル4: アルゴリズムの誤り – 最も気付きにくい
  4. 4. レベル1:コンパイルエラー (6問)
  5. 5. 問1-1if (a < b) brake;どこかに間違いがあるので(以下同様)、次のスライドを見る前に、何が誤りなのかを考えてみてください。
  6. 6. 解1-1: スペルミスif (a < b) break; break; や continue; など、つ づりを間違う。
  7. 7. 問1-2int 0, p, q;
  8. 8. 解1-2: 見間違いint o, p, q; 0(ゼロ)と O(オー)、1(いち) と l(エル)などを間違う。 表示しているフォントに よってはほとんど見分け がつかない場合もある。 なお、O(オー)やl(エル)と いう変数が宣言されて いるとコンパイルエラー は出ないので、難易度が レベル2にアップする。
  9. 9. 問1-3printf ("Hello!!")
  10. 10. 解1-3: 記号忘れprintf ("Hello!!"); 閉じ括弧"}"やセミコロン ";"を忘れる。 左の例では文末のセミコ ロン ; を忘れている。
  11. 11. 問1-4for (i=1, i<10, i++) printf ("%d", i):
  12. 12. 解1-4: 記号間違いfor (i=1; i<10; i++) コンマ"," コロン":" セミコ ロン";"の使い方を間違え printf ("%d", I); る。左の例では、 ● for文の , →; ● printf の最後 :→; の2つ(3ヶ所)が間違い。
  13. 13. 問1-5i = i + 1;
  14. 14. 解1-5: 全角スペースi = i + 1; コメントやprintf ("...")以外 に全角スペース(「 」)が (うっかり)入力されてい る。これは(当然ながら)見 た目では全く分からない のでエラーメッセージで 判断するしかない。 前のスライドでも文中に 全角スペースが入ってい る。
  15. 15. 問1-6void main(void){ int p=0; for (i=0; i<10; i++) printf ("%d", p);}
  16. 16. 解1-6: 変数の未宣言void main(void){ 使っている変数を宣言し ていない。 int i, p=0; 左の例では i を宣言して いない。 for (i=0; i<10; i++) printf ("%d", p);}
  17. 17. レベル2:実行時エラー (2問)
  18. 18. 問2-1int s = 0;int t = 3 / s;
  19. 19. 解2-1: ゼロで割り算している。int s = 0; 自分が予期しない理由で ある変数が0になってしint t = 3 / s; まい、その変数で除算を してしまう時がある。 この本当の原因は割り算 している部分ではなく、他 の場所で変数が正しく代 入されないことなので、 割り算部分に問題はな い。
  20. 20. 問2-2int i, a[10];for (i=0; i<=10; i++){ scanf ("%d", &a[i]);}
  21. 21. 解2-2: 配列の範囲外使用int i, a[10]; int a[10] の 宣 言 は a[0] ~ a[9]を確保するのでa[10]for (i=0; i<=10; i++){ は存在しない。 scanf ("%d", &a[i]); このエラーは一応レベル 2に入れたが、実行時に} エラーが出ないこともあ る(つまりレベル3の場合 がある)ので注意。
  22. 22. レベル3: エラー表示されない(間違った結果になる) (6問)
  23. 23. 問3-1int a=3, b=5;printf ("%fn", a / b);
  24. 24. 解3-1: 数値型の誤りint a=3, b=5; 特に割り算において、小数点 以下も必要なのに整数型を 整数型で割ってしまう。printf ("%fn", 左の例の場合、%fのように実 (double) a / b); 数で表示させようとしても、 表示させる以前の a / b を計 算した瞬間に 0 になる(割る 数と割られる数の両方が整 数だと答えは必ず整数で計 算しようとする)。
  25. 25. 問3-2double r = 0.0;while (r != 1.0) { ... r += 0.1;}
  26. 26. 解3-2: 実数による条件分岐double r = 0.0; 実数には若干の誤差が 出るので、条件判断(if, for,while (r != 1.0) { while) に実数を使う時は 注意しないといけない。 ... 左の例では、r がぴったり 1 にならない可能性が高 r += 0.1; いので、正しく動作しない} 可能性が高い。
  27. 27. 問3-3int a;a = a + 3;
  28. 28. 解3-3: 初期化を忘れるint a = 0; 変数を宣言すると初期 値は0だと思い込んでいa = a + 3; ろんな処理をしてしまう。 とても大きくおかしな値 が出 力さ れる 時は だ い たいこれが原因である。 コンパイル時にエラーが 出ない。
  29. 29. 問3-4if (a = b) break;
  30. 30. 解3-4: "=" と "==" を間違えるif (a == b) break; 初心者にとてもよくある 誤り。左の例の場合、コン パイルでエラーは出ない ことに注意。
  31. 31. 問3-5for (i = 1; i < 10; i++); printf ("表示n");
  32. 32. 解3-5: ;のつけすぎfor (i = 1; i < 10; i++) エラーも出ないので初心 者にはかなり気付きにく printf ("表示n"); い。 C言語の「文末」には ; が 必要と覚えていると、左 の例のように for 文にま でつけてしまう。
  33. 33. 問3-6// aが 0 以外なら"表示2"を表示させたいif (a == 0) if (b == 0) printf ("表示1");else printf ("表示2");}
  34. 34. 解3-6: if と else の対応// aが 0 以外なら"表示2"を表示させたい 前スライドのプログラムは問題な さそうだが、「表示2」が表示されif (a == 0) { るのはaが0でbが0以外の時(※)で あり、決してaが0以外の時ではな if (b == 0) { い。つまり else は一番近い if に対 する else である。また、字下げ(イ printf ("表示1"); ンデント)にだまされてもいけな } い。(コンパイラにとって字下げは 関係ない)} else { ※のようにしたいのであれば左の ようにすればよい。誤解を減らす printf ("表示2"); ために if文には常に {...} をつける ことを推奨する。}
  35. 35. レベル4:アルゴリズムの誤り (0問)
  36. 36. アルゴリズムの誤り● そもそもプログラム以前にアルゴリズムが間 違っている場合。 – 例えば、4行4列の行列式にサラスの方法を用い る、など。● 自分では正しいと思っているからそのアルゴリズ ムを使用しているため、間違いに最も気付きにく い。 – 検証可能な出力をする、などの方法で確認するし かなく、場合によっては検証できない問題もあ る。
  37. 37. おわりに
  38. 38. 間違いを減らすために● エラーが出ている場合は、エラーメッセージをよ く読む – 英語の場合は読むのが大変だが、それでも読ん だほうが近道だ● エラーが出ない誤りの場合は、このスライドで紹 介したような誤りをよく記憶しておく – 出力結果が何かおかしいと感じた時に、「気付き にくいエラー」をしていないかよく考える
  39. 39. 本スライドに関する照会先山本 和英長岡技術科学大学 電気系yamamoto@jnlp.orgこのスライドは 2012年4月23日に作成しました。

×