Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JSUG 20141127 「Spring Bootを用いたドメイン駆動設計」

11,402 views

Published on

JSUGの勉強会で話をした際の資料です。

Published in: Engineering
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2F7hN3u ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ♥♥♥ http://bit.ly/369VOVb ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

JSUG 20141127 「Spring Bootを用いたドメイン駆動設計」

  1. 1. 株式会社マネーパートナーズソリューションズ SpringBootを用いたドメイン駆動設計 風間 淳一郎 2014/11/27 JSUG勉強会 今回の実装サンプルはこちらで確認できます https://github.com/jkazama/ddd-java
  2. 2. 自己紹介 風間 淳一郎 株式会社マネーパートナーズソリューションズ システムマネジメント部部長。 Web系のシステム開発を経験した後、2004年より金融系の開発に従事。 2007年より現職。SpringFrameworkは2004年から利用。 GitHub: https://github.com/jkazama Twitter: https://twitter.com/jkazama77 株式会社マネーパートナーズ 外国為替証拠金取引やCFD、有価証券買付けな どを行っている金融事業者。 HP: http://www.moneypartners.co.jp
  3. 3. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで ドメインモデリング ドメインモデリング実装例 アジェンダ
  4. 4. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 2008年 Spring2.5ベースでアーキを構築 ポータル/フロント/バック/各種情報配信、全てを同一 基盤で開発 今日紹介するドメインモデリングのアプローチを採用 大量のデータソース/多数のサービス結合/マルチプロ セス(今だとマイクロサービス?)モデルに対応 その多くが大規模リニューアル無しに現在まで 細かい変更/保守開発が継続している状況。
  5. 5. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 2013年 新基盤の導入を検討 老朽化するJavaアーキテクチャと技術的閉塞感 (Java6ベース) リファクタしても残る長大なコード、設定、保 守工数の増大 マルチチャネル対応の必要性(サーバ側のAPI化) 言語仕様の限界?
  6. 6. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 2014年8月 マネパカードサービス開始 ユースケース400over/他サービス連携も含めそ れなりの規模を消化 新基盤を用いてコード量の軽減やAPIサーバモ デルを確立 ドメインアーキや実装は既存のものをかなり流用
  7. 7. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 2014年8月 マネパカードサービス開始 サーバ側はJavaではなくScalaを採用 Rodも興味持ってたし… コンパイル時間以外、大きな問題も発生せず
  8. 8. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 2014年8月 SpringBootの存在にようやく気づく 槙さんのSpringBoot紹介資料を拝見 SpringはSpringRooとかの流れとライブラリ 肥大化で勝手に終わったと思っていた SpringBoot(Spring4) + Lombok + Gradleを組 み合わせる事でJavaでも効果的な開発は可能 どちらかというと終わっていたのは自分の方だった…
  9. 9. Spring利用経緯とSpringBootに至るまで 前置きはここまで 次からは今回サンプル題材とするドメインにつ いて簡単に解説します。
  10. 10. ドメインモデリング ドメイン概念自体はERモデリングの時代からある古い話です。 Javaの世界ではFowlerのPoEAA(2002)などで紹介された後、 EvansのDDD(2003)でうまいこと体系化されました。 ※厳密にそうなのかはちょっと自信ないですけど。 上述の通り、かなり昔からある理論なのですが、内容が内容だ けに実装解釈の幅は結構広いです。今回紹介するJava実装例は あくまでその一事例としてご覧ください。
  11. 11. ドメインモデリング 想定ユースケース(単純な出金ワークフロー) サービス事業者 金融機関 顧客 システム(ジョブスケジューラ) [出金依頼] [出金依頼締め] [出金指示ファイル出力] [出金実現] T T + n T + 3 依頼確定日(発生日)をTとします。 ※取引じゃないですが、分かりやすいので…
  12. 12. ドメインモデリング 想定モデル 必要最低限の要素だけを定義。 入出金は振込に限らず振替や取引、両替 などからも生み出される。
  13. 13. ドメインモデリング 今回のサンプルで利用するレイヤリング RESTfulAPI UI層 Controller アプリケーション層 Service ドメイン層 Entity インフラ層 DTO DTO SpringBoot Repository Library
  14. 14. ドメインモデリング 今回のサンプルで利用するレイヤリング 特徴 オーソドックスな三層モデルを利用、UI層は APIベースのやり取りを想定 各層からインフラ層へのアクセスを許容 RepositoryとEntityの関係は1-1ではなく1-n
  15. 15. ドメインモデリング モデリングはこんな感じで大雑把にしました 次からは実装例をお見せします。
  16. 16. ドメインモデリング実装例 実装コード前提 Java7以上でLombokを利用 ドメイン実装がシンプルに見えるよう各種ライブラリ を用意済(後ほどGitHubでご確認ください) 項目定義や例外処理などはかなり省略してます
  17. 17. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> クラス定義/フィールド定義 @Entityを定義してJPA概念と紐付け Lombokアノテーションで最低限の必要処理を追加 JpaActiveRecordを継承してCRUDをサポート EntityではDIを用いない Logger等、シリアライズする際に問題となるクラスを インスタンス変数として持たない。 フィールドでは@IdでIDを明示化 制約アノテーションを用いてカラムドメイン定義を明示 必要に応じて@Embeddedでフィールドクラスを分割 @OneToMany等の関連定義は利用目的が抽象的になりが ちなのと、レイヤリングアーキでLAZYロードに起因する トラブルを解決するのが面倒なので利用していません。 ※EAGERフェッチ前提で割り切れるならOK
  18. 18. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> 出金依頼(Entityを生成) 既存出金依頼は存在しないため、クラスメソッドで生成 営業日/日時、UID、設定パラメタなどは引数に取った Repositoryを利用してインフラ層から取得 審査で問題なければ、関連情報を取得して振込入出金情報を永続化。
  19. 19. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> 出金依頼DTO DTOはSerializableにしておく Lombokアノテーションで最低限の必要処理を追加 UI層の入力チェックなどで利用されるのでフィールド単 位の制約定義はきちんと行う ドメイン層のDTOは粒度をユースケース単位で細かく作成していく事を推奨します。 引数が3つ以上になり始めたらパラメタクラスの作成を考えてください。 ※以降の引数追加要求にI/F変更無しで対応できるようになります。 ユースケース処理引数の粒度が粗ければ粗いほど、予期せぬ状態変更の副作用で苦しむ可能性が高くなります。
  20. 20. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> 制約アノテーション 制約アノテーションはデータモデリングにおけるドメインの解釈で 考えると分かりやすい(正規表現も利用可能) フィールド単位の共有カラムドメインを切り出して定義していく @NotNullを外して@AbsAmountEmptyなどのnull許容アノテー ションを合わせて用意しておくと可読性が増す BeanValidationでは制約定義の拡張が可能
  21. 21. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> レポジトリ層アクセサ(dh) インフラ層のコンポーネントの中でドメイン層での利用を許可する ものを束ねたユーティリティヘルパ 利用時はその特性上ネストアクセスが深くなりがちなので、なるべ く短いメソッド名で公開 この他によく使われるコンポーネントは以下のようなものがある -営業日管理(休日概念やT+nの考慮) -アプリケーション設定(オンライン中の動的変更にも対応) -メッセージリソース(i18n)
  22. 22. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> 利用ドメインクラス JPAの管理下に置かれないドメインクラス例 複数Entityを口座資産という大きい概念で束ねている
  23. 23. ドメインモデリング実装例 ドメイン層 – 振込入出金(CashInOut)> 出金依頼確定(自己の状態を変更) 既存出金依頼をload後に呼び出すユースケース処理 自身の情報を変更しつつ、依存する他Entityへ変更結果 を伝搬していく。
  24. 24. ドメインモデリング実装例 アプリケーション層 – 資産(AssetService)> クラス定義 @Serviceを定義してDIコンテナへ登録(シングルトン) ServiceSupportを継承してアプリケーション層の共通的 な振る舞いを実装 Serviceではユースケース処理を記載していきます。基本的にControllerと1-1の関係となります。 Serviceにおけるユースケース処理はドメインのユースケース処理よりもより広義な解釈となっており、トランザ クションや排他処理、メール送信や帳票出力、外接連携等の外部リソースと関連付く内容も含まれます。 ※非機能要件のチューニングなどもアプリケーション層の責務に含まれます。
  25. 25. ドメインモデリング実装例 アプリケーション層 – 資産(AssetService)> サービス基底定義 アプリケーション層ではドメイン層と異なり、インフラ層 のコンポーネントとより密接に紐付きます。 メール送信や帳票出力などはドメイン概念が交じるので、 必要に応じてアプリケーション層でメール送信やレポート 出力のコンポーネントをラップします。 今回は用意していませんが、スレッドやメッセージング を用いた非同期処理やマルチデータソースの管理なども アプリケーション層の責務となります。
  26. 26. ドメインモデリング実装例 アプリケーション層 – 資産(AssetService)> 振込出金依頼 ユースケース処理では利用者行為の監査ログを残したり、 排他ロックやトランザクション制御などを行いつつ、ドメ イン層のユースケース処理へ繋いでいく 非同期処理系は事前にトランザクションの確定保証が必要 (JTAや非同期系のトランザクション概念を混ぜない場合) 実行した際のコンソール出力例
  27. 27. ドメインモデリング実装例 アプリケーション層 – 資産(AssetService)> メール送信クラス インフラ層の単純なMailHandlerを、アプリケーション層 でラップしてドメイン概念を加えている例
  28. 28. ドメインモデリング実装例 アプリケーション層 – 資産(AssetAdminService)> 振込出金依頼締め ジョブスケジューラから呼び出される口座横断的な処理 冗長になりやすいので、トランザクション内部の処理は切り出し 対象を抜き出した後に必要処理を個別実施 ここではジョブ実行中のオンライン要求を許可する前提で実装し ているので、口座単位にアカウントロックを掛けている ここでのジョブは差分更新を許容したいので、失敗時は例外が上 位に飛ばないようにしている(個別例外はログ監視で検知) ※実際はもう少しトランザクション粒度を細かくすべき
  29. 29. ドメインモデリング実装例 UI層 – 資産(AssetController)> クラス定義/振込出金依頼 @RestControllerを定義してDIコンテナへ登録(シングルトン) @RequestMappingでURLを紐付け 利用するサービスをDI 顧客向けなどでEntityが過剰に情報を持っている時(更新者や内 部管理項目 等)は表示用のDTOへ詰替え 引数DTOに@Validを付与する事で、事前にDTOで定義していた カラムドメインの定義に応じたBeanValidationのチェックが発 生する
  30. 30. ドメインモデリング実装例 UI層 – ジョブ(JobController)> クラス定義/振込出金依頼締め ジョブスケジューラから叩かれる際の受け口 ユースケース上の利用者はシステムとなる 戻り値を定義するかはジョブスケジューラの仕様に応じて
  31. 31. ドメインモデリング実装例 アプリケーション起動クラス SpringBoot1.2ではこれだけ @SpringBootApplicationは内部で@Configuration/ @EnableAutoConfiguration/@ComponentScanを呼び 出している 設定ファイルはXMLの代わりにこんな感じで application.yml定義を書くだけ 通常のJavaアプリケーションとしてApplicationクラスを 実行するだけで、Tomcatを内包した常駐プロセスが起動
  32. 32. ドメインモデリング実装例 まとめ SpringBootを利用することで記述量が減る 構造がシンプルになる分、ドメインに集中できる Lombokを利用することで記述量が減る 実装の内容を考えると、Java8やGroovyを使うと もっとシンプルにできる 導入の敷居の高さは会社毎に違うので今回はJava7前提
  33. 33. ドメインモデリング実装例 以上です、ご清聴ありがとうございました。 時間が残っていれば簡単なデモ見せます。
  34. 34. おまけ 自社で作っているものの簡単な紹介 [SpringBootベースのフレームワーク] 設計成果物を開発リソースへと繋ぐ。(開発立ち上げを早く!) 自動生成は支援ツールと割り きって、単方向のみのサポー トを想定 開発生産性の向上。エンタープライズ要件をシンプルに! 認証・認可 ビルド/リリース/運用を簡略化。 + mpx-tools
  35. 35. プロセス 三層サポート おまけ 自社で作っているものの簡単な紹介 [SpringBootベースのフレームワーク] ライブラリはインフラ層のサポートをなるべく手厚く ライブラリ群 日付/日時 POJO(BeanSupport) 設定 ログ 型変換 フォーマット 審査 スケジューラ 非同期 認証/認可 DB MQ メール レポーティング IDロック 監査/イベント/メールログ ドメイン審査 i18n 利用者管理 Webサーバ MQサーバ DIコンテナ(SpringBoot) リモーティング 分散キャッシュ制御 スレッド管理 分散コンポーネント管理
  36. 36. おまけ 自社で作っているものの簡単な紹介 [SpringBootベースのフレームワーク] マルチデータソース利用の例
  37. 37. おまけ 自社で作っているものの簡単な紹介 [SpringBootベースのフレームワーク] 使ってみたい方とか、基盤の仕組みに興味あ る方はこちらまで問合せお願いします。 株式会社マネーパートナーズソリューションズ 営業担当:武田 info@mpsol.co.jp 03-4540-3890

×