Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ヒッチハイクマッチングサービス 
ビジネスプラン
事業概要 
高速道路を走っている車には80%空席があり 
ます。 
安く移動したい人がその席をお金を払って買う 
ことにより、運転手も座席の無駄をなくし、双方 
が安く移動することが出来るようになります。 
そしてサービスを拡大していって沢山の...
事業概要2 
乗る側、乗せる側共にFacebookアカウントで登録しても 
らいます。安全性確保のために乗せる側は免許証の写 
真を登録してもらいます。 
Facebookを介しての登録のため、会う前に趣味、人柄な 
どが分かり、好きな人を選べ...
動機/理念 
ヒッチハイクを今まで100台以上してきて、沢山の人と出 
会って繋がって来ました。 
その中で人が成長する一番の近道は「人と出会う」こと 
だと確信しました。 
このサービスは誰でも気軽にヒッチハイクすることを可能 
にし、沢山の...
事業環境と市場 
現在の高速バス市場2010年600万人(高速ツ 
アーバス)×一人あたり約4500=337億 
高速バスは移動時間、距離共に、ヒッチハイク 
マッチングサービスが想定しているものに近い 
ためです。 
高速バスに取って代わる移...
ビジネスモデル 
・ウェブページ上の広告収入 
Google AdSense、Amazonアフィリエイト、協賛企 
業広告 
・事業拡大後は物販(グッズ販売) 
・1マッチング毎に乗る側から100円の手数料を 
頂く 
・ガソリンスタンドと提携...
競合 
既存競合 
ライドシェアサービス「のってこ!」 
http://notteco.jp/ 
「のってこ!」の標準的な価格「東京〜大阪」4000円は高すぎる 
高速バスでも平日なら2500円、週末4000円で移動できるのに「のって 
こ!」...
顧客 
スタート時は 
・乗る側 
日本の18歳〜25歳人口9,980,000人 
・乗せる側 
高速道路利用者(人数不明) 
をターゲットにし、サービスが浸透して来たら、ター 
ゲットを広げ全世代に普及させる。
事業戦略 
乗る側はまず、お金のない若い人(比較的新しいサービスに抵抗感がない) 
をFacebookでの拡散と、ぼくの持っているヒッチハイクコミュニティー(500名 
所属)からの口コミで集める。 
利用者には感想をFacebookページに投...
損益計画と資本計画 
事業開始に掛かる費用はサーバーレンタル費とドメイン取得費用のみ。月 
5000円程度。 
Google AdSenseの広告収入で月10万PV程あればプラスマイナス0に持って 
いけます。 
クラウドファンディングCANP...
ヒッチハイクマッチングサービスプレゼン資料
ヒッチハイクマッチングサービスプレゼン資料
ヒッチハイクマッチングサービスプレゼン資料
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ヒッチハイクマッチングサービスプレゼン資料

起業家養成講座の授業でヒッチハイクマッチングサービスを提案した時に使ったパワーポイントです。

  • Login to see the comments

ヒッチハイクマッチングサービスプレゼン資料

  1. 1. ヒッチハイクマッチングサービス ビジネスプラン
  2. 2. 事業概要 高速道路を走っている車には80%空席があり ます。 安く移動したい人がその席をお金を払って買う ことにより、運転手も座席の無駄をなくし、双方 が安く移動することが出来るようになります。 そしてサービスを拡大していって沢山の人に登 録していただき使ってもらうことが出来たら 「いつでも、誰でも、どこへでも」移動できる社会 が実現できます。
  3. 3. 事業概要2 乗る側、乗せる側共にFacebookアカウントで登録しても らいます。安全性確保のために乗せる側は免許証の写 真を登録してもらいます。 Facebookを介しての登録のため、会う前に趣味、人柄な どが分かり、好きな人を選べることから楽しいドライブを することが可能になります。 ・乗る側 どこからどこまで、何円で行きたいかをページに投稿す る。 募集している乗せる側の車を選ぶことも出来る。 ・乗せる側 どこからどこまで、何円で乗せるかをページに投稿する。 募集している乗る側の人を選ぶことも出来る。
  4. 4. 動機/理念 ヒッチハイクを今まで100台以上してきて、沢山の人と出 会って繋がって来ました。 その中で人が成長する一番の近道は「人と出会う」こと だと確信しました。 このサービスは誰でも気軽にヒッチハイクすることを可能 にし、沢山の人と人との出会いを生むことが出来ます。 人が出会うことによって化学反応が起こり、より面白い 社会を実現させたいです。 参考:初めてでも成功するヒッチハイクの方法 http://jimpei.com/how-to-hitchhike/
  5. 5. 事業環境と市場 現在の高速バス市場2010年600万人(高速ツ アーバス)×一人あたり約4500=337億 高速バスは移動時間、距離共に、ヒッチハイク マッチングサービスが想定しているものに近い ためです。 高速バスに取って代わる移動手段にします。
  6. 6. ビジネスモデル ・ウェブページ上の広告収入 Google AdSense、Amazonアフィリエイト、協賛企 業広告 ・事業拡大後は物販(グッズ販売) ・1マッチング毎に乗る側から100円の手数料を 頂く ・ガソリンスタンドと提携し、ガソリンの割引券を 提供してもらう
  7. 7. 競合 既存競合 ライドシェアサービス「のってこ!」 http://notteco.jp/ 「のってこ!」の標準的な価格「東京〜大阪」4000円は高すぎる 高速バスでも平日なら2500円、週末4000円で移動できるのに「のって こ!」を使う人はいないでしょう。 ぼくたちはマッチングサービスなら、高速バスより安くしなければ意味 がないと考えています。 ヒッチハイクマッチングサービスでは移動にかかるお金が高速バスの 半額になる社会を目指して事業を進めていきます。
  8. 8. 顧客 スタート時は ・乗る側 日本の18歳〜25歳人口9,980,000人 ・乗せる側 高速道路利用者(人数不明) をターゲットにし、サービスが浸透して来たら、ター ゲットを広げ全世代に普及させる。
  9. 9. 事業戦略 乗る側はまず、お金のない若い人(比較的新しいサービスに抵抗感がない) をFacebookでの拡散と、ぼくの持っているヒッチハイクコミュニティー(500名 所属)からの口コミで集める。 利用者には感想をFacebookページに投稿してもらうことにより、さらなる拡散 を狙います。 乗せる側は、Facebookページの拡散、ラジオCM等を使い集める。 メリットの少ない乗せる側にモチベーションを与えるために • 乗せる度にポイントを付与しランキングをつける • ポイントを貯めるとグッズと交換できるようにする • 乗せたことによるCO2節約量を可視化する • ガソリン代割引チケットをプレゼントする 最終的には乗りたい人乗せたい人が沢山いて、募集すればほとんど成立す る環境を実現していきます。
  10. 10. 損益計画と資本計画 事業開始に掛かる費用はサーバーレンタル費とドメイン取得費用のみ。月 5000円程度。 Google AdSenseの広告収入で月10万PV程あればプラスマイナス0に持って いけます。 クラウドファンディングCANPFIREを使って資金を集める。共感を呼べると確信 しているので必ず集まります。 寄付額に応じた報酬は以下を想定 ・500円 スッテカー+お礼のステッカー ・1000円 THANKSページに名前を載せる スッテカー+お礼のメール ・3000円 Tシャツ+お礼のメール 30000円 ・半年間TOPページに広告を貼る

×