第一回Scala会議

3,358 views

Published on

Scala会議の開催経緯とアンケート結果発表

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,358
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
635
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 2010/7ごろのイベントとしてはScala2.8.0finalでした。そのころに始めた人が多いのかもしれません。\n
  • \n
  • 意外に多いというか。徐々に使われ始めているのでしょうか。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 2010/7ごろのイベントとしてはScala2.8.0finalでした。そのころに始めた人が多いのかもしれません。\n
  • \n
  • 2010/7ごろのイベントとしてはScala2.8.0finalでした。そのころに始めた人が多いのかもしれません。\n
  • \n
  • 上位はやはりウェブフレームワークやテスティングフレームワークが占めています。 個人的にはPlay!がnetty対応やUnfilteredもnettyを使ってノンブロッキングI/Oをサポートしているので胸熱です。\n
  • \n
  • JavaとScalaが多いのは予想どおりですね。次はLL勢ですね。\n
  • \n
  • 勉強したい言語。Scala以外ではHaskell。Scalaでイカしたコードを書くためにHaskellを勉強するとつぶやいたことがあるのですが、みなさんもそういうことでしょうかね。で、まだJava勉強したいのですかねw JavaSE7のことですかね。そしてPHPは下から数えたほうが速いですが、もう勉強したくないという意味にも取れますかね。\n
  • \n
  • 感覚編。フィーリングです。大事です。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • それほどまだ使いこんでないという意見もあります。\n
  • \n
  • Eclipseのプラグインのことですかね。だいぶ完成度は高くなっていると思いますが。\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ×