Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
株式会社らしく ではGoogle Apps Scriptを積極活用&提案中!佐藤 純也@sucre1008
“Googleスプレッドシート+GAS”がすごいと思う7つのポイント1. スプレッドーシートをあたかもDBとして使うことで、入力の効率が高まる。2. スプレッドーシートをあたかもDBとして使うことで、一般的な管理画面の開発が不要になる。3. ス...
株式会社らしく の最近の取り組みA) Google Appsユーザー企業に勤怠管理や経費精算のシステムをGASで構築して納品しました。B) 「Googleスプレッドシート+GAS」を中心にして、商店街やまちイベント向けのツールを構築しています。...
勤怠管理や経費精算システム
構築した機能機能 説明訪問計画の立案 スプレッドシートで訪問スケジュールと移動の交通費を計算し、Googleカレンダーを更新。この際、交通費もカレンダーのイベントに紐づけている。勤怠申請ワークフロー スプレッドシートで勤怠申請を記載。申請を承認...
部署 フロー総務・人事グループ長、庶務担当社員業務とスプレッドーシートおよびスクリプト部署・社員マスタ 勤怠申請承認の履歴ICタイムカードSS社員出勤状況タイムカード打刻勤怠承認申請SS社員休暇管理8:00-21:00の間、5分ごとに更新する。...
まちイベント支援ツール
まちイベント参加店マップをネットで公開マップAPIサービスジオコーダAPIサービス地域の店舗・施設情報管理者 地域の利用者レンタルサーバーやクラウドサービス一般的な方法マップAPIサービスジオコーダAPIサービス地域の店舗・施設情報管理者 地域...
DBの替わりにスプレッドシートを使うGoogleスプレッドシート
5/17(金)の戸越銀座バルイベントでの活用イメージこれまでの課題 改善ポイント店舗情報がEXCELやDBに散在 Googleスプレッドシートで一元管理バルイベントの地図は紙のみで配布•紙以外にも、ウェブ地図でも情報提供。•スマホで地図を参照し...
Google Apps Scriptでプログラミングを学ぶ本
企画の意図• “プログラミング未経験者、初心者が、プログラミングを学ぶ言語や環境として、GASは適しているかも” と思った。• VBAでプログラミングを学ぶ、という企画の本は、けっこう出版されている。• Google Appsユーザー向けに、G...
執筆方法の特徴など• 私を含め、4名で執筆• Googleのクラウドサービスを積極活用– Googleドライブ– Googleドキュメント– Google+– Hangout佐藤さん米澤さん松田さん(non-IT女子)日下さん
今後の展開のイメージ• 4/22(月)に、弊社のウェブサイトでベータ版として公開• 5月より、この本を教材とした教育セミナーをテストマーケティング目的で開催• ブラッシュアップして、夏ごろにはきちんと弊社サービスとして提供開始したい。共催してい...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Google Apps Script活用事例 Tokyo GAS 2013春

6,999 views

Published on

Google Appsを拡張してくれるGoogle Apps Script(通称GAS)の勉強会での資料です。
実際にGoogle Apps Scriptを利用して、お客様に納品したシステムや、開発したウェブサービスなどを紹介しています。
--
This slide is written for study sessions of Google Apps Script (GAS) in Tokyo.
GAS is JavaScript base scripting environment and will expand the Google Apps functions dramatically.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Google Apps Script活用事例 Tokyo GAS 2013春

  1. 1. 株式会社らしく ではGoogle Apps Scriptを積極活用&提案中!佐藤 純也@sucre1008
  2. 2. “Googleスプレッドシート+GAS”がすごいと思う7つのポイント1. スプレッドーシートをあたかもDBとして使うことで、入力の効率が高まる。2. スプレッドーシートをあたかもDBとして使うことで、一般的な管理画面の開発が不要になる。3. スプレッドーシートをあたかもDBとして使うことで、利用ユーザーの学習コストが低くなる。4. GASは可能性が広がっているJavascriptベースの言語5. Google AppsやGoogleのWebサービスとの組み合わせがすごすぎる。6. デプロイが異様に楽。7. トリガー(スケジューラー)が充実している。
  3. 3. 株式会社らしく の最近の取り組みA) Google Appsユーザー企業に勤怠管理や経費精算のシステムをGASで構築して納品しました。B) 「Googleスプレッドシート+GAS」を中心にして、商店街やまちイベント向けのツールを構築しています。C) 「Google Apps Scriptでプログラミングを学ぶ本」のベータ版を4/22(月)に公開します!
  4. 4. 勤怠管理や経費精算システム
  5. 5. 構築した機能機能 説明訪問計画の立案 スプレッドシートで訪問スケジュールと移動の交通費を計算し、Googleカレンダーを更新。この際、交通費もカレンダーのイベントに紐づけている。勤怠申請ワークフロー スプレッドシートで勤怠申請を記載。申請を承認者にメールで通知。承認者がメール内ボタンをクリックし承認。経費申請ワークフロー スプレッドシートで経費申請を記載。申請を承認者にメールで通知。承認者がメール内ボタンをクリックし承認。現在の在席・離席状況一覧現時点の社員の在籍・離席状況を、カレンダーから取得して、スプレッドシートで表現経費精算 スプレッドシートで交通費や事前承認済の経費精算を行う。
  6. 6. 部署 フロー総務・人事グループ長、庶務担当社員業務とスプレッドーシートおよびスクリプト部署・社員マスタ 勤怠申請承認の履歴ICタイムカードSS社員出勤状況タイムカード打刻勤怠承認申請SS社員休暇管理8:00-21:00の間、5分ごとに更新する。TCKポータルサイトより、出勤状況・在籍状況のスプレッドシートを参照修正依頼メールに返信することで、申請者に修正依頼を伝える。毎日6:00に、以下のシートを更新する。・社員休暇管理毎日9:30, 18:00に、以下のシートを更新する。・ICタイムカードSS社員休暇管理を確認し、休暇がある場合、申請可能とする。以下のシートを更新する。・社員休暇管理・勤怠申請承認の履歴承認部署・社員マスタSSスケジュールに経路と交通費を追加SS承認された通知以下のように、出勤状況を更新する。・8:00-10:00, 16:00-19:00: 10分ごと・10:00-16:00, 19:00-21:00:60分ごとconfiglogスケジュールの更新Script
  7. 7. まちイベント支援ツール
  8. 8. まちイベント参加店マップをネットで公開マップAPIサービスジオコーダAPIサービス地域の店舗・施設情報管理者 地域の利用者レンタルサーバーやクラウドサービス一般的な方法マップAPIサービスジオコーダAPIサービス地域の店舗・施設情報管理者 地域の利用者レンタルサーバーGoogle Apps今回ご紹介する方法スクリプトでいろいろな自動化EXCEL利用スキルの継承データメンテナンス画面が不要弊社らしく にて無料ツール作成しました。
  9. 9. DBの替わりにスプレッドシートを使うGoogleスプレッドシート
  10. 10. 5/17(金)の戸越銀座バルイベントでの活用イメージこれまでの課題 改善ポイント店舗情報がEXCELやDBに散在 Googleスプレッドシートで一元管理バルイベントの地図は紙のみで配布•紙以外にも、ウェブ地図でも情報提供。•スマホで地図を参照した際は、現在地も表示できる。•店舗の混雑状況を、参加者がボランティアで更新可能。参加店のリスト参加店のマップ
  11. 11. Google Apps Scriptでプログラミングを学ぶ本
  12. 12. 企画の意図• “プログラミング未経験者、初心者が、プログラミングを学ぶ言語や環境として、GASは適しているかも” と思った。• VBAでプログラミングを学ぶ、という企画の本は、けっこう出版されている。• Google Appsユーザー向けに、GASの教育ビジネスが行えないかなと、妄想している。
  13. 13. 執筆方法の特徴など• 私を含め、4名で執筆• Googleのクラウドサービスを積極活用– Googleドライブ– Googleドキュメント– Google+– Hangout佐藤さん米澤さん松田さん(non-IT女子)日下さん
  14. 14. 今後の展開のイメージ• 4/22(月)に、弊社のウェブサイトでベータ版として公開• 5月より、この本を教材とした教育セミナーをテストマーケティング目的で開催• ブラッシュアップして、夏ごろにはきちんと弊社サービスとして提供開始したい。共催していただけるGoogle Apps代理店さま、講師を担当していただける個人事業主さまを募集していきます。

×