なぜいまファブラボなのか2013年度情報社会学会総会公文俊平2013.05.25
ソーシャルファブの時代へ2000-2050(2075)(機械化と商品化の中で)                (ネット化と通品化の中で)デジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティ...
近代化の中のデジタル化とソーシャル化デジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)(機械化と商品化の中で)                (ネット化と通品化の中で)近代化16世紀後半:出現:軍事化=国軍化+領土化→強さ18世紀後半:突...
現代の位置づけデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)4産業化:経済(取引)力情報化:軍事化:軍事(脅迫)力195017501550突 破 成 熟出 現情報化:社会(説得)力195017501550突 破 成 熟出 現現在(ララ...
同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C)局面:情報→拡張現実(認識)デジタル ソーシャルコンピューティング→ [ネットワーク社会] ← コミュニケーション5Bits操作1950-2000(2025)...
同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)デジタル ソーシャルコンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション出現の出現:[國領のいう第一期の情報化:ハード中心]メ...
同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)注意:[出現の成熟]局面は、[突破の出現]局面と同時進行出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):も...
ファブ社会の到来出現から突破へデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):もの→拡張物質マニュファク ファブリケーショ...
ソーシャルファブの時代いずれは突破から成熟へデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):もの→拡張物質マニュファクチュ...
ソーシャルファブの時代今後の課題デジタル化(第三次産業化) とソーシャル化(第一次情報化)の突破を達成すること→両者の相互連携を通じた、「ファブ社会」の実現bits操作とatoms操作の融合コミュニケーションネットワークとものネットワークの融合...
残された問い以上のような解釈枠組みのもとで• 出現の定着局面の特徴は? たとえば– 第三次産業化:internet of things, stochastification– 第一次情報化:gamification• 「生物」とビッツ、ないしI...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kumon whyfablab may2013

1,163 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,163
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kumon whyfablab may2013

  1. 1. なぜいまファブラボなのか2013年度情報社会学会総会公文俊平2013.05.25
  2. 2. ソーシャルファブの時代へ2000-2050(2075)(機械化と商品化の中で)                (ネット化と通品化の中で)デジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーションメーンフレーム hard 1950‐ 新意識と文化ダウンサイジングsoft 1975‐ ネットワーキングクラウド/モバ化data 2000‐ ソーシャルメディア突破(M&F):もの→拡張物質マニュファクチュァリング ファブリケーションMakers運動 FabLabs運動ファブ産業 ファブ社会成熟(S&I):ひと→拡張社会サービシング [共働社会] インスティチューション[ファブ社会]2Bits操作Peoples操作Atoms操作2050-2000-1950-
  3. 3. 近代化の中のデジタル化とソーシャル化デジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)(機械化と商品化の中で)                (ネット化と通品化の中で)近代化16世紀後半:出現:軍事化=国軍化+領土化→強さ18世紀後半:突破:産業化=機械化+商品化→豊さ第一次産業化:消費財第二次産業化:消費者用サービス生産機械第三次産業化:生活者用もの製造機械20世紀後半:成熟:情報化=ネット化+通品化→愉しさ第一次情報化:インターネット3通品:sharables 通有される情報・知識、財・サービス
  4. 4. 現代の位置づけデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)4産業化:経済(取引)力情報化:軍事化:軍事(脅迫)力195017501550突 破 成 熟出 現情報化:社会(説得)力195017501550突 破 成 熟出 現現在(ララストモダンへ)ポストモダン化も軍事化=国軍化+領土化近代化
  5. 5. 同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C)局面:情報→拡張現実(認識)デジタル ソーシャルコンピューティング→ [ネットワーク社会] ← コミュニケーション5Bits操作1950-2000(2025)[私たちがこれまで目にしてきた社会変化][それをさらに詳しくみると]C C
  6. 6. 同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)デジタル ソーシャルコンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション出現の出現:[國領のいう第一期の情報化:ハード中心]メーンフレーム 1950‐ 新意識と(対抗・サブ)文化出現の突破:[國領のいう第二期の情報化:ソフト中心]ダウンサイジング 1975‐ ネットワーキング運動出現の成熟:[國領のいう第三期の情報化:データ中心]クラウド/モバイル化 2000‐ ソーシャルメディア普及6Bits操作1950-2000(2025)[出現局面自体は、さらに三つの小局面に分解できる]
  7. 7. 同時進行するデジタル化(第三次産業化) と ソーシャル化(第一次情報化)注意:[出現の成熟]局面は、[突破の出現]局面と同時進行出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):もの→拡張物質デジタル ソーシャルマニュファクチュァリング ファブリケーション[突破の出現]Makers運動 2000- FabLabs運動[突破の突破?]ファブ産業? 2025- ファブ社会 ?[突破の成熟?]? 2050- ?7Bits操作Atoms操作2000-1950-[Makers運動とFabLabs運動は同時並行して進行]
  8. 8. ファブ社会の到来出現から突破へデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):もの→拡張物質マニュファク ファブリケーションチュァリング FabLabs運動Makers運動 [ファブ社会]8Bits操作Atoms操作2000-1950-[もう一度まとめてみると][21世紀前半は、共に突破の局面へ][そこでファブ社会化がネットワーク社会化にかぶさる]M F
  9. 9. ソーシャルファブの時代いずれは突破から成熟へデジタル化(第三次産業化) ソーシャル化(第一次情報化)出現(C&C):情報→拡張現実(認識)コンピューティング [ネットワーク社会] コミュニケーション突破(M&F):もの→拡張物質マニュファクチュァリング ファブリケーションMakers運動 突破の出現 FabLabs運動突破の突破ファブ産業 ファブ社会突破の成熟成熟(S&I):ひと→拡張社会サービシング [共生社会?] インスティチューション[ファブ社会]9Bits操作Peoples操作Atoms操作2050-2000-1950-S I
  10. 10. ソーシャルファブの時代今後の課題デジタル化(第三次産業化) とソーシャル化(第一次情報化)の突破を達成すること→両者の相互連携を通じた、「ファブ社会」の実現bits操作とatoms操作の融合コミュニケーションネットワークとものネットワークの融合さらにその先にデジタル化とソーシャル化の成熟がデジタル・サービシング:ものからサービスへ:産業化の中で繰り返し反復ソーシャル・インスティチューションものから社会的な仕組みつくりへ:情報化の挑戦10
  11. 11. 残された問い以上のような解釈枠組みのもとで• 出現の定着局面の特徴は? たとえば– 第三次産業化:internet of things, stochastification– 第一次情報化:gamification• 「生物」とビッツ、ないしITとの関係はどう捉えたらいいだろう– 産業化:スマートアグリ:農業へのITの応用– 情報化:創種ラボ LifeLab :遺伝子工学の普及(新種のペットの創造など)• 「ロボット」の発展の方向や普及のあり方は?– 産業化:人間の労働がほとんど不要になる社会– 情報化:日常生活でロボットと共生するようになる社会

×