Emacsでの翻訳 - Emacsで訳す、gettextで国際化されたソフトウェア

3,000 views

Published on

Emacs上でpo-mode、lookup、text-translatorを使ってgettext化されたソフトウェアのpoファイルを翻訳する

Vine Linuxユーザの集い 2010.03
http://trac.vinelinux.org/wiki/OfflineMeeting/201003

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,000
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
24
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Emacsでの翻訳 - Emacsで訳す、gettextで国際化されたソフトウェア

  1. 1. Emacsでの翻訳 Emacsで訳す、gettextで国際化されたソフトウェア IWAI, Masaharu (iwaim) Vine Linuxパッケージャ
  2. 2. アウトライン メジャーモード紹介 Vine Linux 5での使い方 実演 質疑応答 1/20
  3. 3. 便利なメジャーモードなど lookup 辞書検索インターフェース text-translator 翻訳ウェブサイトとの通信 po-mode gettextのpoファイル用 2/20
  4. 4. lookup (1) 辞書検索インタフェース 対応形式 EPWING辞書 (互換JIS X 4081形式) SDIC辞書 NDTPサーバ DICTサーバ 3/20
  5. 5. lookup (2) インストール apt-get install lookup plusカテゴリ URL http://openlab.jp/edict/lookup/ 4/20
  6. 6. lookup設定 (1) NDTPサーバを使う設定例 (autoload 'lookup "lookup" nil t) (autoload 'lookup-pattern "lookup" nil t) (autoload 'lookup-region "lookup" nil t) (autoload 'lookup-word "lookup" nil t) (setq lookup-use-kakasi t) (define-key ctl-x-map "l" 'lookup) (define-key ctl-x-map "y" 'lookup-region) (define-key ctl-x-map "?C-y" 'lookup-pattern) (define-key ctl-x-map "?C-w" 'lookup-word) (setq lookup-search-agents '( (ndtp "localhost") )) 5/20
  7. 7. lookup設定 (2) Vine Linux5での設定例 (setq lookup-use-kakasi t) (define-key ctl-x-map "l" 'lookup) (define-key ctl-x-map "y" 'lookup-region) (define-key ctl-x-map "?C-y" 'lookup-pattern) (define-key ctl-x-map "?C-w" 'lookup-word) (setq lookup-search-agents '( (ndeb "/usr/share/dict/jisx4081/gene95") ;; GENE95 (ndeb "/usr/share/dict/jisx4081/engJMD") ;; EDICT )) 6/20
  8. 8. Vine Linux 5での辞書 (1) 英和 EDICT辞書 dict-jisx4081-edictパッケージ plusカテゴリ GENE95辞書 self-build-dict-jisx4081-gene95 non-freeカテゴリ 7/20
  9. 9. Vine Linux 5での辞書 (2) 和英 EDICT辞書 dict-jisx4081-edictパッケージ plusカテゴリ 8/20
  10. 10. text-translator (1) 翻訳ウェブサイトと通信 リージョンを翻訳ウェブサイトに渡し、結果を取得する 対応ウェブサイト Google翻訳、エキサイト翻訳など デフォルトはGoogle検索 (英和) 9/20
  11. 11. text-translator (2) インストール apt-get install text-translator plusカテゴリ URL http://www.emacswiki.org/emacs/TextTranslator 10/20
  12. 12. text-translator設定 (1) 設定例 (require 'text-translator) (global-set-key "C-xM-t" 'text-translator) ;; use translation type auto selection (english/japanese only) ;; set function that use auto selection (setq text-translator-auto-selection-func 'text-translator-translate-by-auto-selection-enja) ;; set global-key (global-set-key "C-xt" 'text-translator-translate-by-auto-selection) (setq text-translator-default-engine "excite.co.jp_enja") 11/20
  13. 13. text-translator設定 (2) Vine Linux 5での設定例 (setq text-translator-default-engine "excite.co.jp_enja") 12/20
  14. 14. po-mode (1) gettext化されたソフトウェアのpoファイルの編集 fuzzy/unfuzzy、msgfmt実行など 13/20
  15. 15. po-mode (2) インストール apt-get install po-mode mainカテゴリ URL http://www.gnu.org/software/gettext/ 14/20
  16. 16. po-mode設定 (1) 設定例 (autoload 'po-mode "po-mode") (setq auto-mode-alist (cons '(".po[tx]?'|.po." . po-mode) auto-mode-alist)) 15/20
  17. 17. po-mode設定 (2) Vine Linux 5での設定例 ;; なし 16/20
  18. 18. po-modeキーバインド とりあえず覚えておくキーバインド u : 次の未翻訳に移動 [tab] : unfuzzy (fuzzyをとる) C-j : 翻訳元の文字列を翻訳箇所にコピー [Enter] : 翻訳モードに入る C-c C-c : 翻訳モードを終了する s : 翻訳箇所のソースコードを開く V : 保存してmsgfmt実行 17/20
  19. 19. 翻訳の流れ 1. 未訳箇所を探す キーバインド: u (po-mode) 2. 原文をコピー キーバインド: C-j (po-mode) 3. 参考訳取得 キーバインド: C-x M-t (text-translator) 4. 単語を辞書で引く キーバインド: C-x y (lookup) 5. 訳す 翻訳後: C-c C-c (po-mode) 18/20
  20. 20. 実演 とりあえず何か訳してみる 19/20
  21. 21. 質疑応答 なにかあれば。 20/20

×