Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
UXD&開発&ゲーム業界が
コラボレートする価値
HDIfes(hcdvalue)  伊藤英明@itow_̲ponde
2014.7.5  ゲームコミュニティサミット2014
伊藤英明と申します
twitterID(@itow_̲ponde)
⾃自⼰己紹介
株式会社Uʼ’eyes  Design
デザインコンサルティング事業部  DC第2部  ディレクター
⾃自動⾞車車および⾞車車載機器、家電製品、モバイル機器、医療...
「H」  :hcdvalue  →HCD、UXD
「D」  :DevLOVE    →開発
「I」  :IGDA⽇日本  →ゲーム
「fes」:〜~の、お祭り
HDIfesとは
・「現場で使えるHCD(⼈人間中⼼心設計)の実践」をコンセプトと
したコミュニティ
・2011年年2⽉月、産業技術⼤大学院⼤大学履履修証明プログラム「⼈人間中⼼心
デザイン」のメンバーが中⼼心となり⽴立立ち上げ
・現在は、産技⼤大のメンバー以外...
「⼈人間中⼼心設計(HCD)」とは、インタラクティブシステムを使
いやすくするためにユーザの⽴立立場や視点に⽴立立って設計を⾏行行うことで、
その設計を⾏行行なう際のプロセスが⾮非常に重要とされています。
⼈人間中⼼心設計プロセス
出典:ISO...
使っている
人・現場
を確認
お試し案
を複数作る
どのくらい
使いやすく
するべきか判断
ニーズ、ウォンツ
の確認・推測
評価する
使えるかを確認
人間中心設計プロセス
HCDプロセス=UXのデザインプロセス
・開発(Develop)を愛する⼈人たちの集まり
・開発の楽しさを再発⾒見見し、広げるために、
  「開発の楽しさを発⾒見見しよう。広げよう」
  「開発の現場を前進させよう」
  のコンセプトのもと、明⽇日の開発の現場に役に⽴立立つことを
 ...
・国際ゲーム開発者協会(International  Game  Developers  
Association)の⽇日本⽀支部
・⽇日本の地域優位性に⽴立立脚し、ハイテク産業に最適化されたダイナ
ミックな情報交流流が常時活発である状態を作り...
きっかけ
猫好き「⼈人間中⼼心デザイン」同期
メガネ
⾯面⽩白いのでイベント化してみようということに
話してみたら共通点がいっぱいあった
2013/2
HDIfes  #01
「価値のためのテスト」
HDIfes  #02
「『ユーザーが毎⽇日
使いたくなる』ために
できること」
HDIfes  ...
各業界における「テスト」
  ・ソフトウェアテスト
  ・ユーザビリティテスト
  ・A/Bテスト
  ・プレイテスト
  ・ロケテスト
→実は「テスト」と⼀一⾔言で⾔言ってもいろいろあった
HDIfes  #01「価値のためのテスト」
ソフトウェア開発業界における「テスト」
  →作り⼿手の意図したとおりに“プログラムが”動作するか
UXD、ゲーム業界における「テスト」
  →作り⼿手の意図したとおりに“ユーザーが”使ってくれるか
→いろいろあったがやりたいことは⼀一緒だった...
UXとUIデザインのお話をしました
Game  Community  Summit  2013参加
・ユーザーが“毎⽇日使う”アプリ
  モバイルのコンテクスト(利利⽤用状況)を考慮
  したデザイン
HDIfes  #02
「『ユーザーが毎⽇日使いたくなる』ためにできること」
・ユーザーが“毎⽇日プレイしたくなる”ゲーム
  ゲームに“はま...
開発者がもっと企画に関わるためのアプローチとしての
「リーン・スタートアップ」
HDIfes  #03
「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」
引用:現場の開発者でもできるユーザー中心かつ繰り返し型の企画アプローチ
https://spea...
ゲームの企画書に望まれるものと期待されるもの
「ユーザーにとってどんなゲームなのか」→作品としての魅⼒力力
「利利害関係者にとってどういうゲームなのか」→商品としての魅⼒力力
HDIfes  #03
「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」
...
UXデザインとコンセプト評価
いかにアイデアを作り、アイデアをコンセプトへと磨いていくか
HDIfes  #03
「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」
引用:UXデザインとコンセプト評価	
 〜	
  俺様企画はだめなのよ
http://...
・伝説の?「第0回」ゲーム・開発・UXD  情報交換会  
異異業界がコラボする価値とは
2013/2 2013/10 2014/6
各業界内のホットな話題を紹介しあう場として設定
2012/10
HDIfes  #01
「価値のためのテスト」...
引用:DevLOVEコミュニティ紹介	
  
https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell	
 
異異業界がコラボする価値とは
引用:DevLOVEコミュニティ紹介	
  
https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell	
 
異異業界がコラボする価値とは
引用:DevLOVEコミュニティ紹介	
  
https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell	
 
異異業界がコラボする価値とは
共感する参加者も多数
HDIfesは、
毎回のテーマについて⼤大いに学びそれについて
楽しく(ここ重要)語れる場
・共通点を⾒見見つける。⽬目的が共通であることに気づく
・お互いのやり⽅方を知る。その中での⼯工夫、独⾃自性に
  注⽬目する
まとめ
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Gcs2014 itow ponde_140705

1,116 views

Published on

Published in: Design
  • If you are looking for trusted essay writing service I highly recommend ⇒⇒⇒WRITE-MY-PAPER.net ⇐⇐⇐ The service I received was great. I got an A on my final paper which really helped my grade. Knowing that I can count on them in the future has really helped relieve the stress, anxiety and workload. I recommend everyone to give them a try. You'll be glad you did.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Gcs2014 itow ponde_140705

  1. 1. UXD&開発&ゲーム業界が コラボレートする価値 HDIfes(hcdvalue)  伊藤英明@itow_̲ponde 2014.7.5  ゲームコミュニティサミット2014
  2. 2. 伊藤英明と申します twitterID(@itow_̲ponde) ⾃自⼰己紹介 株式会社Uʼ’eyes  Design デザインコンサルティング事業部  DC第2部  ディレクター ⾃自動⾞車車および⾞車車載機器、家電製品、モバイル機器、医療療機器、 公共機器、サービス等、オールラウンドな分野での業務経験を 活かし、それらの知⾒見見を取り⼊入れた企画開発、評価、提案業務 に従事しています。 →今、流流⾏行行りのフルスタックなんちゃら的な…
  3. 3. 「H」  :hcdvalue  →HCD、UXD 「D」  :DevLOVE    →開発 「I」  :IGDA⽇日本  →ゲーム 「fes」:〜~の、お祭り HDIfesとは
  4. 4. ・「現場で使えるHCD(⼈人間中⼼心設計)の実践」をコンセプトと したコミュニティ ・2011年年2⽉月、産業技術⼤大学院⼤大学履履修証明プログラム「⼈人間中⼼心 デザイン」のメンバーが中⼼心となり⽴立立ち上げ ・現在は、産技⼤大のメンバー以外にも、HCDに興味がある⽅方々が 多数参加 →イベント開催の他、「UX⽩白書」の翻訳、 「ISO9241-‐‑‒210  」の翻訳などを実施 hcdvalueとは
  5. 5. 「⼈人間中⼼心設計(HCD)」とは、インタラクティブシステムを使 いやすくするためにユーザの⽴立立場や視点に⽴立立って設計を⾏行行うことで、 その設計を⾏行行なう際のプロセスが⾮非常に重要とされています。 ⼈人間中⼼心設計プロセス 出典:ISO9241-210 インタラクティブシステムのための HCD(2010)
  6. 6. 使っている 人・現場 を確認 お試し案 を複数作る どのくらい 使いやすく するべきか判断 ニーズ、ウォンツ の確認・推測 評価する 使えるかを確認 人間中心設計プロセス
  7. 7. HCDプロセス=UXのデザインプロセス
  8. 8. ・開発(Develop)を愛する⼈人たちの集まり ・開発の楽しさを再発⾒見見し、広げるために、   「開発の楽しさを発⾒見見しよう。広げよう」   「開発の現場を前進させよう」   のコンセプトのもと、明⽇日の開発の現場に役に⽴立立つことを   ⽬目指した勉強会やイベントを開催   →6年年間で170回以上のイベントを実施 DevLOVE  とは
  9. 9. ・国際ゲーム開発者協会(International  Game  Developers   Association)の⽇日本⽀支部 ・⽇日本の地域優位性に⽴立立脚し、ハイテク産業に最適化されたダイナ ミックな情報交流流が常時活発である状態を作り出すことで、(⽇日 本の)ゲームやゲーム産業の発展に貢献する ・ゲーム開発や開発者に関係する何らかの問題意識識を持っている⼈人 がその問題や課題を解決するための⼀一つの場 →  各種SIGの活動 IGDA⽇日本とは SIG-‐‑‒AI Internationalization  Task  Force SIG-‐‑‒Academic SIG-‐‑‒Indie SIG-‐‑‒eSports SIG-‐‑‒Board  Game SIG-‐‑‒ARG SIG-‐‑‒Glocalization SIG-‐‑‒Audio SIG-‐‑‒TA 東京ロケテゲームショウ Working  Group 福島GameJam  Task  Force
  10. 10. きっかけ 猫好き「⼈人間中⼼心デザイン」同期 メガネ
  11. 11. ⾯面⽩白いのでイベント化してみようということに 話してみたら共通点がいっぱいあった 2013/2 HDIfes  #01 「価値のためのテスト」 HDIfes  #02 「『ユーザーが毎⽇日 使いたくなる』ために できること」 HDIfes  #03 「⾯面⽩白いことに育てる ために『考える』」 2013/10 2014/6
  12. 12. 各業界における「テスト」   ・ソフトウェアテスト   ・ユーザビリティテスト   ・A/Bテスト   ・プレイテスト   ・ロケテスト →実は「テスト」と⼀一⾔言で⾔言ってもいろいろあった HDIfes  #01「価値のためのテスト」
  13. 13. ソフトウェア開発業界における「テスト」   →作り⼿手の意図したとおりに“プログラムが”動作するか UXD、ゲーム業界における「テスト」   →作り⼿手の意図したとおりに“ユーザーが”使ってくれるか →いろいろあったがやりたいことは⼀一緒だった   という「気付き」 HDIfes  #01「価値のためのテスト」
  14. 14. UXとUIデザインのお話をしました Game  Community  Summit  2013参加
  15. 15. ・ユーザーが“毎⽇日使う”アプリ   モバイルのコンテクスト(利利⽤用状況)を考慮   したデザイン HDIfes  #02 「『ユーザーが毎⽇日使いたくなる』ためにできること」 ・ユーザーが“毎⽇日プレイしたくなる”ゲーム   ゲームに“はまる”仕掛け  =  ゲームニクス 各書籍の執筆者による講演
  16. 16. 開発者がもっと企画に関わるためのアプローチとしての 「リーン・スタートアップ」 HDIfes  #03 「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」 引用:現場の開発者でもできるユーザー中心かつ繰り返し型の企画アプローチ https://speakerdeck.com/shida/xian-­‐chang-­‐falsekai-­‐fa-­‐zhe-­‐ demodekiruyuzazhong-­‐xin-­‐katu-­‐jia-­‐shuo-­‐jian-­‐zheng-­‐xing-­‐falseqi-­‐hua-­‐apuroti
  17. 17. ゲームの企画書に望まれるものと期待されるもの 「ユーザーにとってどんなゲームなのか」→作品としての魅⼒力力 「利利害関係者にとってどういうゲームなのか」→商品としての魅⼒力力 HDIfes  #03 「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」 引用:常識を疑え~ゲームの企画書に望まれるものと期待されるもの   http://www.slideshare.net/uehara1974/uehara1974-­‐20140621
  18. 18. UXデザインとコンセプト評価 いかにアイデアを作り、アイデアをコンセプトへと磨いていくか HDIfes  #03 「⾯面⽩白いことに育てるために『考える』」 引用:UXデザインとコンセプト評価 〜  俺様企画はだめなのよ http://www.slideshare.net/masaya0730/hd-­‐ifes-­‐140621
  19. 19. ・伝説の?「第0回」ゲーム・開発・UXD  情報交換会   異異業界がコラボする価値とは 2013/2 2013/10 2014/6 各業界内のホットな話題を紹介しあう場として設定 2012/10 HDIfes  #01 「価値のためのテスト」 HDIfes  #02 「『ユーザーが毎⽇日 使いたくなる』ために できること」 HDIfes  #03 「⾯面⽩白いことに育てる ために『考える』」 「第0回」 ゲーム・開発・UXD   情報交換会  
  20. 20. 引用:DevLOVEコミュニティ紹介   https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell 異異業界がコラボする価値とは
  21. 21. 引用:DevLOVEコミュニティ紹介   https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell 異異業界がコラボする価値とは
  22. 22. 引用:DevLOVEコミュニティ紹介   https://speakerdeck.com/papanda/devlove-­‐in-­‐a-­‐nutshell 異異業界がコラボする価値とは
  23. 23. 共感する参加者も多数
  24. 24. HDIfesは、 毎回のテーマについて⼤大いに学びそれについて 楽しく(ここ重要)語れる場 ・共通点を⾒見見つける。⽬目的が共通であることに気づく ・お互いのやり⽅方を知る。その中での⼯工夫、独⾃自性に   注⽬目する まとめ

×