Successfully reported this slideshow.

Facebookでパワーブランディング&集客する方法

2

Share

1 of 28
1 of 28

Facebookでパワーブランディング&集客する方法

2

Share

Download to read offline

オウンドメディアで優良顧客を創る方法
http://professionalmarketing.jp

無料ebook「成果の出るオウンドメディアの作り方」
http://professionalmarketing.jp/ebook/ebook-ownedmedia-begin

オウンドメディアで優良顧客を創る方法
http://professionalmarketing.jp

無料ebook「成果の出るオウンドメディアの作り方」
http://professionalmarketing.jp/ebook/ebook-ownedmedia-begin

More Related Content

More from 伊藤 剛志

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Facebookでパワーブランディング&集客する方法

  1. 1. 【ネット集客エキスパート養成講座】 Facebookでパワーブランディング &集客する方法 伊藤 剛志
  2. 2. 今回の目的と内容                                                                                                  他のソーシャルメディアと比べ、 初心者でも圧倒的にスピーディーにパワフルに ブランディング&集客していけるのがFacebookです。 Facebookパワーブランディングとは? Facebookパワーブランディングの実例 Facebookパワーブランディングの実践方法 2
  3. 3. Facebookパワーブランディング
  4. 4. Facebookをビジネス利用する場合の目的 目的 【ブランディング】:影響力(数・信用)のある人になる ・自分を知ってもらう:プロフィールを書く、投稿する Facebookの やること ・交流し、仲良くなる:たくさん友達になる、いいね、コメントする 使い方① ・ランチ会などリアルイベントに参加もしくは開催し、更に仲良くなる ・爽やか(好意がもてる)、楽しい、面白い ポイント ・「利他の精神」(人の為になることを優先)を大切にする ・ウオールはブランディングを意識して綺麗にする 目的 【集客】:セールスに繋げていく ・ビジネス活動を知ってもらう:ウオールで情報発信 Facebookの やること ・ターゲットを特定:ニーズのある人を見込み客リストに整理 使い方② ・アプローチ:見込み客を体験会、セミナー等に招待する ・見込み客に、役立つ情報提供をしていく ポイント ・スマートさが大事(有益、役に立つ) ・セールス的な情報発信が多いと、スパム扱いされるので要注意 4
  5. 5. 影響力のある人になる① 友達を増やし、友達と交流し ていくことで、信頼関係を培 うことができます FBでは、応援しあうという善 意のキャッチボールが働きや すい文化があります 5
  6. 6. 影響力のある人になる② プロフィールで自分の「夢」 や「志」をオープンにしてい くことで、それに共感・共鳴 してくれる人からコンタクト があります 日常では出会えない、 同志やビジネスパートナー、 見込み顧客とのたくさんの 出会いのチャンス 6
  7. 7. 影響力のある人になる③ 「リアルな出会い」+「Facebookで交流」=共感できるいい仲間と深く繋がる 7
  8. 8. パワーブランディングで良い仲間との繋がりを増やす 共感してくれる 自分の 興味を持ってくれる リアルでいい仲間 プロフィールを 仲間と交流し、 との繋がりができる 知ってもらう 仲良くなる ・最強のプロフィールを作成 ・FB友達を作る ・リアルで会うことで、  ①ストーリー(生きざま) ・情報発信していく  ①アドバイザー   ※Low to High ・コミュニケーション  ②ビジネスパートナー(仲間)  ②使命(志) (いいね、コメント、シェア)  ③見込み顧客   ※インパクトで差別化 ※「爽やか」&「スマート」  と深く繋がる  ③ライフワーク ※「利他の精神」 自分軸(使命) 影響力(存在感) 人との出会いで を明確にする のある人になる ビジネスが発展していく セルフブランディングは、プロフィール&ウオールブランディングが勝負 8
  9. 9. Facebookパワーブランディングとは? ■自分の認知を広げる  ・Facebookは、オンライン上での自分の分身。  ・友達を増やし、広く認知してもらう最高のツール。  ・Facebookページは、SEOにも効果的。 ■共感できる人を増やす=「人となりを伝えていく」  ・プロフィールが勝負。  ・ウオールブランディングで自分の専門分野の知識、ビジョン、日々の活動や成果   などを公開。  ・ラポールの法則(5つの共通点&コミュニケーション頻度)で共感を育む。 ■集客に繋げる  ・ブログ、HP、ユーチューブ等の他のメディアへのアクセスを増やす。  ・オプトインページ(LP)を紹介し、見込み顧客を獲得する。  ・セミナーや商材の参加/購入などのセールスに繋げる。 ■顧客の囲い込み=「コミュニティー作り」  ・コンセプトのあるコミュニティーを作る。  ・仲間を巻き込み、コミュニティーを育てる。  ・顧客との関係性を強めていく。 9
  10. 10. Facebookページの利用目的 ■FBページの利用目的は「露出効果」「ブランディング」「新規顧客の獲得」が多い。 (引用)「FBページ運営白書」調査結果より 10
  11. 11. Facebookページを利用すべき10のメリット FBページは他のメディアと比べて下記の通りマーケティングに大きな効果をもたらしてくれる 優れたプラットフォームなので、パワフルなツールです。 安価に開設できる アクション率(クリック率)が高い ファンとコミュニケーションを取れる ファン化の障壁が低い ファンへの告知が簡単にできる 情報に信頼感が上積みされやすい 拡散性が強い 荒れにくい 情報が滞留しやすい ポジティブな反応が見込める 11
  12. 12. Facebookの最新トレンドと今後の対策 ■最新トレンド Facebookは一般ユーザーにも広く認知される Facebook離れも進む ・会員数1382万人(▲329万人) ・TV、雑誌、新聞等のマスメディアで企業の  →不正アカウントの削除、フェイスブック離れ  フェイスブックプロモーションが活発になる ・スパム利用者も増える ・スマホの推奨アプリとして基本搭載  →大量友達申請、スパムメッセージ ・主要ネットサービス(ヤフー/食べログ等)でも  →過剰な露出や広告目的の投稿  ソーシャルプラグイン利用が広まる ・ユーザビリティーやマナーの悪いフェイスブックよりも、  親しい人とのコミュニケーションツールとしてLINEが台頭 ・今後も企業プロモーションを推進するために、フェイスブック広告が活性化してくる傾向。 ・一般ユーザーにとって、安心/便利/快適なコミュニケーションツールとして、フェイスブックのき  め細かい改善努力があれば、2013年もSNSのナンバー1ツールとなる可能性もあるが、一部  のアクティブユーザー(積極的な情報発信層)だけが盛り上がるSNSとなる可能性もある。 ■今後の対策  ・セルフブランディングや集客(外部メディアへの誘導、イベント集客等)、   独自のコミュニティー作りなど、自分のビジネスに戦略的に活用する。 12
  13. 13. Facebookパワーブランディング
 <成功事例>
  14. 14. Facebookパワーブランディング成功事例① 「起業して初月からコンサル会員獲得し、 セミナー、コンサルなど半年で月収100万円モデルを構築」 ■戦略を明確にしたFacebookブランディングで自分の存在を広く伝える。 ■オンライン上で交流しながら、関係性を構築。 ■オフラインで仕事の引き合いが増える。 ■オフラインイベント(ランチ会/勉強会/セミナー)を開催し、関係を強める。 ■Facebookグループでコミュニティーを作り、関係性を強める。 ■顧客紹介やビジネスチャンスが増える。 14
  15. 15. Facebookパワーブランディング成功事例② 「たった3ヶ月で5000人以上のコミュニティーを作り上げ、 コミュニティーリーダーとして安定的な集客の仕組みを構築し、 ビジネスをスピーディーに拡大」 ■戦略を明確にしたフェイスブックブランディング。 ■リアルでも様々なコミュニティーで知り合いを増やす。 ■参加者を惹き付ける(ビジョン/メリットのある)コミュニティーを作る。 ■ウェビナーなど開催し、コミュニティー参加者に集客してもらう。 ■リアルのイベントやセミナーの集客に繋げる。 ■オフラインビジネスもスピーディーに加速。 15
  16. 16. Facebookパワーブランディング成功事例③ 「熱狂的な固定ファンを獲得し、関係構築しながらビジネスも拡大」 ■戦略を明確にしたフェイスブックブランディング。 ■リアルでも様々なコミュニティーで知り合いを増やす。 ■フェイスブックでまめにコミュニケーションしながら関係強化。 ■色んな人からビジネスチャンスの話を貰う。 ■オフラインビジネスもスピーディーに加速。 ■固定ファンが増えていき、独自のコミュニティーが出来上がる。 16
  17. 17. Facebookパワーブランディング
 <実践方法>
  18. 18. Facebookパワーブランディングの実践ステップ フェーズ① フェーズ② フェーズ③ ブランディング 関係構築〜集客 コミュニティ化 ブランド 仲間と コンセプト 情報発信 友達を増やす 集客に繋げる 関係を深める を明確化 ・ブランドコンセプトを作成 ・プロフィール ・友達を増やす ・ブログ等他メディアへ  ・コミュニティコンセプト ・コンテンツを設計 ・情報発信 ・コミュニケーション  連携 ・仲間を巻き込む ・集客の仕組みを設計 ・リスト登録を促進 ・顧客の囲い込み ・セミナー集客 ターゲット/メッセージ 自分の存在を 人に喜ばれる /どのように伝え、 共感できる仲間と 独自コミュニティーを わかりやすく伝える 情報(価値)を提供し、 集客するかの 仲良くなる 作り上げる (爽やか、共感) 集客に繋げる 戦略を明確化 フェイスブックブランディングでは、単なる友達の数の多さでなく、 関係性の作れている仲間を増やし、エンゲージメント(愛着/親近感)を高めることが重要 18
  19. 19. 最強のプロフィールの作り方 ■最強のプロフィールの作り方のステップ ①人生の棚卸をする  ・達成感を得た経験、悔しかったこと   ※自分の成功パターン、失敗パターンを知る ②今後の人生の目標(得たい人生の基準)を明確にする ③自分の使命を明確にする ④戦略を明確にする  ・誰のどんな悩みを解決し、どんな結果を提供するか?  ・自分の売り(差別化のポイント) ⑤プロフィールを作成する  ・テンプレートに従い、埋めていく ■プロフィール作りのポイント Ø 本物のプロフィールが、人に共感してもらえる Ø 本物のプロフィールを作るには、自分自身が自分の全て(欲望、恐怖、トラウマ・・・)を受け入れ、   オープンにして、自分軸:コンセプト(ストーリー、実現したい志・ライフワーク)を明確にする Ø その明確な自分軸を効果的にコピーライティングする Ø 最高のコンディションの時に一気に書き上げる Ø 完璧でなくても、人に見てもらいながら、FBをもらいながら、ブラッシュアップしていく 19
  20. 20. 【ワーク】自分のブランドコンセプトを作る ◆自分の使命(夢、志)をオープンに書き出しましょう(誰に、どんなこ幸せをもたらすか・・・) ◆どんな人達に対して、どんな貢献やメッセージを伝えていきたいか?  その結果、どんな社会を創っていきたいか ◆なぜ、それをしていきたいのか?(理由、問題意識、そう思うに至った背景) ◆同業者との違い(差別化ポイント) ◆自分自身を表すもしくは理想の世界で大切にしたい5つのキーワード ◆私がメッセージを伝えたい相手とシェアしたいコアメッセージは何か? 20
  21. 21. プロフィールを作成する プロフィールの構成 戦略ポイント 実践ポイント(例示) ・仕事、興味 要約 読み手の興味を惹く ・読み手へのメッセージ ・どんな人と交流したいか ・low to highなストーリーで、イメージさせて、  マイワールドに惹きこむ 共感 ・共感ポイントを沢山盛り込む ストーリー  ※生い立ち、  ※仕事の実績  ※出会った/学んだメソッド ・人柄を伝える ・野望(我欲)ではなく、人が応援したくなる      志・夢 インパクト  「志」を書く ・ぶっとんだ夢で他人と差別化(オンリーワン) ・情熱を伝える ・仕事内容 同志、関心のある人を ・どういう人にどうコンタクトして欲しいか ライフワーク 引き寄せる 明記する ・自分メディアへのリンクを貼る 21
  22. 22. フェイスブックの交流の仕方 ■毎日1回∼3回程度、投稿する ・朝(6時∼8時)、昼間(11時∼14時)、夜(18時∼23時)など、人がフェイスブックを使う時間帯に 投稿するのが効果的。 ・投稿する時は、「写真」を添付するのがベスト。動画やリンクも良いが、写真が最も反応を得やすい。 ・「写真」は、風景、料理、ペット、赤ちゃんなどが反応を得やすい。人と一緒にいる写真も良い。   →見た人の感性を刺激するインパクトのある写真(ex.顔をUPで撮影等)がベター ・自分の投稿に「コメント」がついたら、出来るだけ早く返答する。 ■FB友達の投稿に「いいね」「コメント」する ・自分の投稿に「いいね」「コメント」してもらうには、自分がして欲しいことを相手にしてあげる。    ■FB友達を増やす ・リアルで知り合った人(セミナー、交流会、名刺交換等)とは、必ずFB友達になる。 ・友達の友達などに友達申請していく。 ・見込み客のいそうなコミュニティ(Facebookページ/グループ)にいる人に友達申請していく。 ※これらを1日30分∼1時間程度を目安に毎日フェイスブックを利用するのを習慣にする。 22
  23. 23. フェイスブックで成功する為のマインドセット ソーシャルメディアマーケティングの成功の秘訣は、 「爽やか」&「スマート」 ■爽やかな人とは  ・プラスのエネルギーに れている人、誠実な人、真 な人、人が好感を持てる人。  ・「利他の精神」にフォーカスし、人を応援する人、愛に れている人。    人を応援することに全力な人が人からも応援される人となっていきます ■スマートな人とは  ・相手の悩みや欲を効果的に満たす、わかりやすいといった本物の価値を提供。  ・お金をかけずにソーシャルメディアをうまく活用してブランディング/マーケティングする。  ・相手の期待する10倍の価値を提供できる人。 ■なぜ、「爽やか」&「スマート」が大切なのか?  ・ソーシャルメディアマーケティングは、人と人とのつながり(関係性)がベースとなります。  ・どんなに価値提供できても好感がもてる人でなければ、良い絆も作れません。  ・なので、まずは人から好かれる、人から好意をもってもらえる「爽やかさ」が大切です。  ・その上で、エキスパートとして、「スマート」に人の問題解決をする(価値を提供する)ことで、   人から喜ばれる、感謝される、人を幸せにする人となっていく。  ・そうした「爽やか」&「スマート」な人の存在や振舞いは、それを受けた相手が、   感謝/感動を口コミで伝播していってくれます。 23
  24. 24. フェイスブックで成功する為のマインドセット 成功できる人は、「利他の精神」にフォーカスしてる人! ■利他の精神とは  ・人を幸せにすることで、自分も幸せになれる  ・人を成功させることで、自分も成功できる ■ご縁を大切にする  ・人との出会いが、人生を変える。 ■感謝の気持ちを大切にする  ・人生に起こることは全てあなたにとって必要なこと(必然)。 ■利他の精神で相手の心を焼き尽くすことで、相手がファンになっていく  ・全ては自分から、オープンマインドで、先に愛情を注ぎ、あとから受け取る  ・相手の知りたいこと、欲しがってることを与える  ・10倍の価値を提供し続ける ■自分が最高のコンディション(エネルギーレベル)を身につける  ・伝えるべきは、愛とエネルギーが8割。ノウハウ(スキル)は2割。  ・自分軸(使命)を明確にすることで、無限大のエネルギーを得る。 24
  25. 25. Facebookのよくある質問と回答 Q.友達は沢山増やした方が良いのか?   これはFacebookをどういう目的で利用したいのかにもよってきます。   しかし、ビジネス利用を主目的とした場合、広く自分の存在を知ってもらうブランディングが   大切になってくるので、友達は増やしていくことをおすすめします。   友達は、全く知らない人へ友達申請していくのでなく、リアルで知り合った人、また自分の所属   するコミュニティーに参加している人、友人の友人など、繋がりを広げていく方向で、   増やしていくのがおすすめです。 Q.どんな投稿をしていけば良いのか?   ブランディングしていくことを目的とした場合、自分がどういう人物かを知ってもらう為に日常の   活動(どこでどんなことをしているか?誰と会っているか?等)や、また仕事の専門知識や   使命といったビジネス活動の内容をバランス良く投稿していくのがおすすめです。 25
  26. 26. エクササイズ エクササイズをやることで、 今回の学びをあなたの進化に繋げることができます。 ①今回学んだこと、感想 ②行動すると決めたこと ③質問 以上3点を下記のコメントに投稿してシェアして下さい。 26
  27. 27. コンサル起業実践講座 コンサル型ビジネスで成功する方法を 無料オンラインセミナー(全7回)で期間限定で公開。 【講座内容】  1回:「コンセプト、サービスの作り方」  2回:「クライアントを獲得する方法」  3回:「最強のセールステンプレート」  4回:「クライアントとビジネスパートナーになる方法」  5回:「結果を出すコンサルティングのやり方」  6回:「プロデューサーになる方法」  7回:「収益を増やす方法」 ▼お申込みは今すぐコチラ▼   http://expertbusiness.tv/seminar/ 27
  28. 28. 講師紹介 伊藤 剛志 https://www.facebook.com/ito.takesi    著者プロフィールはコチラ    お問合せはコチラまで takeshi.ito@expertbusiness.tv <運営メディア>  「起業実践会」   https://www.facebook.com/kigyoujissenkai  「起業実践会レビュー」  http://ameblo.jp/kigyoujissenkai/  「コンサル起業実践講座」  http://expertbusiness.tv/seminar/   28

×