ASP.NET vNextが背景とするk開発スタイルの考察 業開中心 20140712 lt用資料

1,201 views

Published on

ASP.NET vNextでの雑感

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,201
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
84
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • ソースコードの変更が常態化されるので、ソースコードベースの変更の必要性がある。
  • 発注者の視点、特に企業内IT部門
  • 受注者の視点
  • ふくいんかわざわいか

    個人の視点
  • 考えていきましょう。
  • ASP.NET vNextが背景とするk開発スタイルの考察 業開中心 20140712 lt用資料

    1. 1. ASP.NET vNextが背景とする 開発スタイルの考察 ~ASP.NET vNextは業務アプリケーションの基盤たり得るのか~ 石坂忠広 (http://opcdiary.net)
    2. 2. お断り 発表者の所属企業と発表との間に何ら関係はありません。 Microsoft Corp., 日本マイクロソフト株式会社の見解では当然ありません。 まだ考察中のことも多く、特に結論のある話ではありません。 この話は心にとめて、今後の皆様の思考の種にでもなればと思います。
    3. 3. 現状の業務アプリケーション開発 契約・業務形態 一括請負・部分請負 見積→受注→開発→試験→納品。 後のことはよくわからない。納品後、連絡があるのはクレーム。 プロジェクトの管理 ウォーターフォール、ユニファイドプロセス、スクラムのような何か。 納品で原則チームは解散。 ソフトウェアシステムの動作環境 オンプレミス、クラウドと言ってもIaaS。 クライアントはPC。たまにスマートフォン(WEB、サーバーサイドレンダリング)
    4. 4. ASP.NET vNextが想定している 開発のスタイル 契約・業務形態 内製、継続的な自社内での開発、日常的な業務改善。 自社展開サービスを構築するためのソフトウェア開発 ソフトウェア開発プロフェッショナルとしての外部業者 アーキテクチャコンサルティング、RDBMSチューニングプロフェッショナル… パートタイムとしての人手 納品は無い。 プロジェクト管理 スクラム、その他アジリティの高いプロジェクト管理。 ビジネス環境の変化→バックログの追加 明確なゴールなし。マイルストーンはある。チームは継続性が高い。 ソフトウェアシステムの動作環境 クラウド、PaaS主体。 SaaSとの組合せを伴うハイブリッド。 タブレット、スマートフォンのネイティブアプリ、Web(HTML5, SPA)、PC。
    5. 5. ソースコードの寿命 業務アプリケーション 納品で死亡。 納品で固定化されて、不具合修正か機能追加以外ではそれ以降は基本的に顧みられない。 顧客のビジネス的な変化は、再度発注があるまで関係ない。 ASP.NET vNextが想定している世界 生き続けるソースコード コードのライフサイクルはサービスのライフサイクルとシンクロする ビジネスは常に改善が要求される。 サービスは常に改善が要求される。 ソースコードは常に改善が要求される。 ソースコードの変更が常態化する。
    6. 6. ASP.NET vNextに存在する Consoleアプリケーションプロジェクト 何のために? 誰のために?
    7. 7. vNextで変わる.NETの世界観 見えてくる地平線が変わる。 vNextはただのバージョンアップでは無さそう。 破壊的変更。 破壊されるのはコードでは無い。 我々の前提、そして心(心象)だ。 次の10年への布石 「まだだ!まだ終わらんよ!」https://www.youtube.com/watch?v=QJuYj7uWur4
    8. 8. 「業務アプリケーション」とは アプリケーション開発・配布なのか、 自社向けサービス提供なのか?
    9. 9. 「受託開発」なのか 専門技術を提供する 「サービス」なのか
    10. 10. vNextは 福音か 厄か
    11. 11. THINK! http://www-03.ibm.com/ibm/history/ibm100/jp/ja/icons/think_culture/

    ×