アイディアの育て方

766 views

Published on

ishikitakaibu 20121121

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
766
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
125
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

アイディアの育て方

  1. 1. アイディアの育て方
  2. 2. 今回のLTにあたって・・・全然ネタが出来な い!
  3. 3. はじめのうちは楽観的だった• 自分が面白いと思ったこと• 常日頃思ってること• 最近読んでる本• なんでもできる!• 可能性無限大!
  4. 4. 期日が近づくにつれて・・・• あれ。何もまとまらなくね? – あせりはじめて本を乱読 – 情報であふれて迷走の一途 – もうやめたい
  5. 5. そして昨夜• 何もできていない• プロジェクトで納期直前のバグ発生とい う追い打ち• 完全に頭真っ白
  6. 6. 意識レベルで言うと・・・ ここ!
  7. 7. こんなこと良くあります よね• アイディアを生み出して、育てて、形に するってなかなかできない• 創造的思考能力
  8. 8. 創造的思考が求められるのは何もLT だけじゃない• ITによって、人間の知的活動は創造的思考 へ• 博識な人は単なる雑学王知っている ではなく 考えられる のが人間らしさ。考えられる人間が世の中に必要。
  9. 9. だから• アイディアを生み出し、育てていく力を 身に着けておくと何かと捗る!
  10. 10. そこで• 「思考の整理学」を紹介• 1986年に書かれたエッセイ• 思考する事を考える入門書
  11. 11. この本の要旨• アイディアの育て方–“見つめる鍋は煮えない“
  12. 12. “見つめる鍋は煮えない”• ヨーロッパのことわざ• 鍋が煮えるには、それなりの時間が要る。 まだか、まだかと気にし過ぎて鍋の様子 を何度見ても早く煮えることはない。• 一つの事だけに執着しても、すぐに進展 するものではない
  13. 13. どうすれば??
  14. 14. 一旦、“思考を寝かせる”• 朝から晩までずっと考え続けても無 駄• 集中しすぎると、 大局を見失って 混乱する事 になりかねない。• ある程度で棚上げする
  15. 15. 推敲を繰り返す• 一旦寝かせると、自分の中で整理されて、 客観的に見直すことが出来る。 • 見直す→寝かす→ 見直す →・・・ • こうして、思考は 純化されていく。
  16. 16. 思考を寝かせるには・・・?
  17. 17. 寝る
  18. 18. 忘れる
  19. 19. 思考の整理学を読めば• 受動的に知識を得るだけでなく、自力で 知識を生み出すような人間になれる• ネタを生み出す源泉を得ることが出来る• ネタを育てるノウハウを知ることができ る• かもしれない
  20. 20. おわり

×