CMSならではの考え方(2013/09/07/JAWS-UG山形)

979 views

Published on

JAWS-UG山形 × わにる.jp Cloud Revolution 2013秋

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
979
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
611
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CMSならではの考え方(2013/09/07/JAWS-UG山形)

  1. 1. CMS Hisato Ishikawa Sep 7, 2013
  2. 2. 自己紹介 石川 寿刀 フロントエンドエンジニア [twitter] @gamura ひさと 山形のウェブクリエーターコミュニティ
  3. 3. みなさんはどんなツールをご存知でしょうか これらを総称してCMSと呼びます
  4. 4. コンテンツマネジメントシステム Webコンテンツを構成するテキストや画像などの デジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信 など必要な処理を行うシステムの総称 ウィキペディアより → さまざまな要素を部品として管理・処理できる
  5. 5. CMSならではの考え方 ※個人的主観に基づきます
  6. 6. 末端ページを作りこむ。 管理画面に入れば入力欄が揃ってる タイトル、カテゴリ、本文、サマリー、 日付、キーワード、タグ、画像やファイルのアップロード CMSはこれらの要素を組み合わせてページを生成している
  7. 7. Movable Type の 記事投稿画面はこんな感じ
  8. 8. ページ構成図(サイトマップ) Webサイトをつくるときに考える構造
  9. 9. ページ構成図(サイトマップ) CMSが処理して構築する順番
  10. 10. まとめ CMSを導入するなら ● インデックスより先に詳細(末端)ページを考えよう ● CMSが処理する順番で考えてみよう 結果、高品質のウェブサイトの完成!
  11. 11. さいごに コンテンツあっての ウェブサイトです ● CMSは便利な入れ物にすぎません ● コンテンツが充実していれば、発揮するチカラは大きい! CMSのご利用は計画的に。
  12. 12. おしまい。 Hisato Ishikawa Sep 7, 2013

×