Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WiL_Docomo_IdeaWS

745 views

Published on

アイデアワークショップのフルスライドです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

WiL_Docomo_IdeaWS

  1. 1. WiL LP向けSVイノベーション研修のフォローアップイベント アイデアワークショップ 2017年4月26日 15:30〜18:35 NTTドコモ・ベンチャーズ ラウンジ 石井力重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田大学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 1
  2. 2. “ブレストは、グループの凝集性(Interpersonal closeness)が高い方が、上手くいく” 2
  3. 3. Timer 自己紹介タイム (4分) (全員が終わって時間が余ったら、雑談をしていてください) 3 <目的は、後のワークで“会話しやすくする“こと、にあります>
  4. 4. 1 導入 4
  5. 5. 1-1 頭が持っている 発想の特性? 5
  6. 6. 1.白い紙とペンを 用意してください 2.私が言うものを 大きく 絵で 描いて下さい (10秒間で) 「お題 ⇒ 描く」を 3回やります。 6
  7. 7. 95% 70% ホワイト ボード 7
  8. 8. (アイデアを出そう︕) 8
  9. 9. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ 9
  10. 10. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ “アイデアメーション” 10
  11. 11. でもじゃあ、どうすればいいの︖ 11
  12. 12. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ 12
  13. 13. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ で、ここから更に出していくと・・・ 13
  14. 14. 「あなたしか思いつかないアイデア」が出てくる 独自の発想 14
  15. 15. (これらを、図解しますと) 15
  16. 16. 発想の特性 “アイデアメーション” 初めに出る 5〜6個 =驚くほど、 皆 、同じ 『スウェーデン式アイデア・ブック』 フレドリック・ヘレーン ( Next Zone ) 独創的なアイデアは、 手前にある⾒つけやすいアイデア (当たり前のアイデア)の奥に。 まずは 「手前にあるアイデアを 出し尽くす」必要がある。 『アイデア・スイッチ』 ⽯井⼒重 思いつくことは何でも バカげていても つまらなくても 書かないことには 他のアイディアの 通せんぼをする “アイデアの通せんぼ” 『創造⼒を⽣かす』 A. オズボーン 16
  17. 17. 出し尽くしたら、あと10個 (出すと苦し紛ればかりに思えますが、2〜3/10は、“☆” が) もう少しで、 独創の案に手が届きますよ、 という“シグナル“ ・出し尽くした ・苦しい を と、捉えて・・・ 17
  18. 18. 1500 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 0)自己紹介タイム(5) 1)導入(発想の特性を知る、プロセス紹介、お題説明)(15+3+2) 1525 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2)グループ内で、各社のアセットやリソースを挙げる(3+5+12) 3)未来年表で、2025周辺の事業機会を探索する (方式︓「Free&3」)(5+5+30) <休憩>(10、作業バッファ含め) 1635 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 4)各社の資源(強み)と、スマートシティを巡る事業機会 とを組み合わせて事業アイデアを出す (方式︓構造化されたブレインストーミング「PPGブレスト」)(5+30) 5)アイデアの整理「企画の最⼩骨格 “Plan3“ 」(5+15) 1730 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 6)プレゼン・トーナメント(25) ※時間が押している場合は、「アイデア・ウォール Vote(懇親会10分で回って→トップが発表→本格的に懇親へ)」 7)振り返りとメッセージ(創造的努⼒をする⼈々にとってのヒント)(10) 1805 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イマココ 1-2 進行 表現 素描 着想 収集 導入 18
  19. 19. 本日の発想テーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “スマートシティの範疇で、 2025年の新事業アイデアを創出しよう” 仮想の設定︓ この4〜5⼈は、各社の合弁ベンチャーのプロジェクトメンバーです。 各社の保有するアセットやリソース(貴重な戦⼒、強み、資産、資源) を自由に利用できる⽴場にあります。 構想するビジネスの事業ドメインは どこか一社のドメインだけになるものでも結構ですし、横断的なものでも結構です。 ※そうした想起されたものから、自社の事業領域に引き戻して、ビジネスチャンスを⾒いだすこともあるでしょう。 そうしたものは、ご自身の今後のためにご自由にお使いください。 ※この場で出てくるアイデアは、参加者の共有材、だれもが皆のアイデアを使うことが出来る、という前提です。 ですので、どうしても守秘にしたい、開発中で直近、特許を取ろうとしている、というアイデアがあれば、 それは、出さないでおいてください。 ただ、イノベーションの上策は「オープンイノベーション、のちにクローズド戦略」ですので、 これぐらいの段階では、アイデアは出し合って育ててもらった方が得策ではあります。 1-3 19
  20. 20. グループ内で、各社のアセットやリソースを挙げる (書き出し5分、共有12分) 2 20
  21. 21. ・準備(書き出し)︓5分 (六角カード、1枚〜3枚 各社のアセットやリソースを書き出す。 何を挙げるか、どう書くかは、 基本的に自由。) ・共有(説明と短い質問)︓12分 ・一⼈あたり、3〜4分 (5⼈班は、2分〜2分半) ・質問したい時には短く、時間内に。 各社のアセットやリソースを挙げる 〇〇社グループ の□□です ・・・ ・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・ ・・・・ うちのアセットは・・・ 21
  22. 22. 質問もどうぞ(時間内なら) ファシリからのお願い 短く。でも、濃く (おずおずと、謙虚な表現で説明すると時間がかかります。 「うちの強みはこれ︕それと、意外とこんなものもある︕」 と大胆に、端的に、振り出してください。) 22
  23. 23. 未来洞察 3 2025周辺の事業機会を探索する 23
  24. 24. 出典資料名でググッて 更に詳細な情報を取り 「起こる変化から生じる商機」 を想像する 表⽰される「一⾏予測」の リストを⾒て 「何か気になる」や 「自分に影響する変化だ」と 感じるものをクリック (→ 出典資料名が表⽰される) 自分の描く事業の 「重要なワード」や 「当該の領域」や 「(例えば)2025年」で検索 〇〇 〇〇〇 事 業 □□□ 〇〇〇の未来 (未来年表のサイト) 出典資料名 詳細資料 □□□ ググる 未来年表 ※ 博報堂 生活総研さんの提供するWEBサービス。今回これを活用させてもらいます 24
  25. 25. サイトの使い方をざっと お⾒せしますので、⾒ながら、 手元のスマホで操作を 追いかけてみてください。 25
  26. 26. という、技法(道具)を使って、今回はブレストをします。 さて、そのブレストの方法は︖(次へ) 26
  27. 27. Free & 3 気軽に言いっぱなしOKの ブレスト方法 良いアイデアは雑談から生まれる ふわっとした思い付きを 雑談的に出し合う (15) 気になる未来予測を 年表から拾いながら 各人、 1〜3つ書く (7) 順に一枚ずつ紹介、 他の人は類案集積 (8+α) 雑談 素描 収束 1枚に、以下の2つをセットで書く ◎ビジネスのチャンスとなりえる未来予測 ◎そこから想起されること (事業アイデアももちろん結構ですが、 アイデアでなくてもいいです。 こういうことが起こるんじゃない︖といった 予期的イマジネーションをメモしておきます。) 27
  28. 28. Free & 3 気軽に言いっぱなしOKの ブレスト方法 良いアイデアは雑談から生まれる ふわっとした思い付きを 雑談的に出し合う (15) 各人、 1〜3つ書く (7) 順に一枚ずつ紹介、 他の人は類案集積 (8+α) 雑談 素描 収束 書いたものを順に共有していく その際に︓ 類似するメモを持っている⼈は、 その場でメモを出し、紹介し、 メモを重ねる。 28
  29. 29. 10 再開 17:05 29 休憩 16:55〜17:05 「収束」作業が終わり次第 どうぞ、休憩 🙌 してください。☕ (逆に。 ⻑引いても、必ず、 3分間以上は、休憩を︕)
  30. 30. 4 各社の資源(強み)と スマートシティを巡る事業機会とを 組み合わせて事業アイデアを出す 30
  31. 31. 本来の発想のお題に、進みます。 「スマートシティの範疇で、 2025年の新事業アイデアを創出しよう」 各社の資源(強み)と スマートシティを巡る事業機会 とを組み合わせて・・・ 31
  32. 32. 😥「ブレストって言っても、具体的なアイデア無いよ・・・」 32
  33. 33. 😥「ブレストって言っても、具体的なアイデア無いよ・・・ 」 😏「いや、私にははっきりと、思い浮かんでいるものがある。」 33
  34. 34. 😥「ブレストって言っても、具体的なアイデア無いよ・・・ 」 😏「いや、私にははっきりと、思い浮かんでいるものがある。」 ・・・いろんな方がいますよね。 まずは、⼩さい集団(ペア)で、思い浮かぶ曖昧な アイデアをを、出し合って、広げてみます。×2 (そのあと、グループでさらにアイデア出しします。) 34
  35. 35. PPGブレスト ペアブレスト→ペアブレスト→グループブレスト 35
  36. 36. ペアで6分間、 思い浮かぶことを 話し合う。 別のペアになって 更に6分間。 グループで、ブレスト(15分) 「スマートシティの範疇、 2025年の新事業アイデア」 を。 言 語 化 の 助 走 ブ レ ス ト 36
  37. 37. アイデアの整理 5 37
  38. 38. プレゼントーナメントに向けて、 アイデアを少し整えよう。 で、 最低限、なにが整っていれば、アイデアは伝わりやすくなる︖ → 38
  39. 39. 企画の最⼩骨格「Plan3」 この3要素をはっきり させるだけで、 アイデアはとても 伝わりやすくなる 39
  40. 40. アイデア 【Plan 3】 企画の最⼩骨格 40
  41. 41. アイデア 【Plan 3】 企画の最⼩骨格 何を(製品・サービスの具体的中身) 誰に(想定する顧客) 狙い(顧客に、どんな価値を提供する︖) あるいは、 (顧客が片付けようとする用事にどう役⽴つ︖) 41
  42. 42. アイデアスケッチを描くとき、3要素を意識して書くと、良く伝わります 何を(製品・サービスの具体的中身) 誰に(想定する利用者) 狙い(顧客に、どんな価値を提供する︖) あるいは、 (顧客が片付けようとする用事にどう役⽴つ︖) 42
  43. 43. 皆で、Plan3の要素【誰に】【何を】【(アイデアの)狙い】を 話しつつ、同時並⾏で、紙に、それらを書いてください。 (文字ばかりで結構ですが、絵や図もOKです。表現は、お好きにどうぞ。) (余⼒があれば【使うアセット】【未来の事業機会】も、書いてください。) 時間︓15分 43
  44. 44. プレゼン・トーナメント 場から良案を抽出 6 44
  45. 45. • 3つのチームが集まる。 • じゃんけんで順番を決める(勝った順に、プレゼン) 45
  46. 46. 2分間で、出来るだけポイント(アイデア、未来洞察)を伝えよう (描いていないことを言うのもOKです。が、時間内で) (1:45でタイマー) 46
  47. 47. もっともよい内容のチームをセーノで、指さす(自チーム以外を) 投票 3点 6点 3点 ※各班の⼈数が不ぞろいの場合は、 各班のリーダに投票権をゆだね、 リーダだけが、指さす。 ※一位同点の場合は、 じゃんけんで決める。 47
  48. 48. ファイナリスト登壇 48
  49. 49. 代表チームのプレゼン(2分+)(グループ4全員登壇) 49
  50. 50. 振り返り・メッセージ 7 50
  51. 51. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 方向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 51
  52. 52. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 方向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 52
  53. 53. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 方向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 今回は、このフェーズを やっていませんが 本当は、良い発想には、 とても大事です。 53
  54. 54. (質疑応答) 54
  55. 55. Creative Cognition 実験 ↓ 未踏の闇を⾏く信念 メッセージ 55
  56. 56. 創造的認知 いくつかの実験 56
  57. 57. いくつかの「記号」を与える ↓ 組み合わせでデザインを考案する 57
  58. 58. tf0 やっていくうちに、閃いていく。 ⼈の認知には、そういうところがある。 58
  59. 59. 最後のメッセージ︓ ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 未踏の闇に対して、 ⼈の認知の⼒という“光“は、それほど強くない。 せいぜい、⼆歩先を照らせる程度である。 「そんなのやっても無駄だよ」というのは 「⼆歩先の中には⾒えない」だけのこと。 『自分でもよく分かんないけど、 可能性は、なんか、感じる・・・』 なら、それをハッキリ認識するには、 奥まで、闇の中を歩いてみるしかない。 可能性を感じるなら、まずは、目の前の⼆歩を⾏く 59
  60. 60. 未踏の闇を行く信念 60
  61. 61. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 61
  62. 62. (本日の皆さんの様⼦です︓30秒) 62
  63. 63. 創造の⼈は、発露を反射してくれる⼈が いると、回転数を挙げられる どんなに頑張る⼈でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 63
  64. 64. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる⼈が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな⼈と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 会社の中・会社の外にブレストできる友⼈が いることって、 結構、大きいんです。 64
  65. 65. 石井力重 アイデアプラント代表 http://ishiirikie.jpn.org/ www.ideaplant.jp 65
  66. 66. このファイルの利用許諾について 〇社内活動や社内研修のスライドに用いる、あるいは、無料配布物などに用いる 場合は、許可なく、引用・抜粋改変して用いて結構です。 ただし、原典の作者は明記してください。 〇商業出版物や有償の研修などに 転載、もしくは、一部の加筆修正をして掲載したい場合は 事前にご相談ください。 (引用、の範囲を大幅に超えると判断される場合は、 無料利用許諾はできない場合があります。) 66

×