TRIZの講義3時間目 9Windows(9画面法)+α

2,696 views

Published on

長らく行ってきたワークショップセミナーのコンテンツの一部を、整理し直して、超入門者のための1時間講義コンテンツを作りました。 (ただし、このスライドだけは、2コマ=2時間、必要です。)

3時間目の講義は、「9画面法」です。

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,696
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,132
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

TRIZの講義3時間目 9Windows(9画面法)+α

  1. 1. TRIZの講義・3時間⽬━━━━━━9画⾯法 (+α)━━━━━━宮城TRIZ研究会&アイデアプラント9 W i n d o w s1※ この⼿法は、2コマ必要です
  2. 2. 3-1【内側】と【外側】の未来から、新製品を構想する9windows(TRIZ 9画⾯法)・概要2
  3. 3. 10年後新しい製品?現在の製品(10年後の製品を発想しよう、という場⾯)3
  4. 4. 10年後新しい製品?現在の製品うーむ。。想像⼒だけに頼っていきなり発想しようとする4
  5. 5. 10年後新しい製品?現在の製品あっ!そうだ。それでも優れた案が出る時もあるが…5
  6. 6. 10年後新しい製品?現在の製品全然湧かない…全然発想できない時もある6
  7. 7. 10年後新しい製品?現在の製品全然湧かない…いいアイデアを、何度も⽣み出す⼈は何が違うのだろう?7
  8. 8. 優れた発明家や事業家が発想していく時の頭の中優れた発明家8
  9. 9. 優れた発明家や事業家が発想していく時の頭の中優れた発明家思考⼿順9
  10. 10. 思考⼿順優れた発明家や事業家の思考⼿順をたどれば多くの⼈が、良いアイデアに⾏きつけるのでは?【仮説】10
  11. 11. 新製品を発想する思考⼿順を⼤量に調べる思考⼿順は、バラバラ・・・A⽒の思考⼿順B⽒の思考⼿順C⽒の思考⼿順11
  12. 12. 9windows(9画⾯法)本質へと単純にしていく↓9つの枠で表せたA⽒の思考⼿順B⽒の思考⼿順C⽒の思考⼿順新製品を発想する思考⼿順を⼤量に調べる思考⼿順は、バラバラ・・・12
  13. 13. 9windows13
  14. 14. 9windows構造は、割とシンプルです。まず、どういう構造なのか、ざっくり3つのポイントで紹介します。14
  15. 15. ポイント1:対象の【内側】と【外側】の視点で⾒る対象内外15
  16. 16. (内側の)未来(内側の)今(内側の)過去(外側の)未来(外側の)今(外側の)過去ポイント2:「過去」と「今」から、「未来」を導出16
  17. 17. (内側の)未来(外側の)未来ポイント3:未来の【内側】と【外側】で、出来るものは?17インフラ環境ライフスタイル部品技術この状況下で存在しているであろう製品
  18. 18. 9windowsでは、どうやって発想するか、発想事例で、⼀緒に、思考の道をたどりましょう。18
  19. 19. 3-210年後の⾃転⾞(発想事例)19
  20. 20. 10年後の⾃転⾞発想テーマ:• 皆さんは、新しい⾃転⾞の企画・開発を検討するベンチャーチームです。• これから台頭していく⾃転⾞の姿を描き出し、そこを向かって、技術開発を進めることにしました。• 諸般の条件から、事業化の“射程“として「10年」と定めました。• まずは、「10年後の⾃転⾞」の姿を発想しよう、という段階です。仮想の設定:例として、具体的な製品にしていますが━━━━━━━━━━━━━━━━━━・【10年】⇒【N年】・【⾃転⾞】⇒【他の製品・サービス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━でも、実施するプロセスは同じです20
  21. 21. 10年後の製品⾃転⾞9windows21
  22. 22. 部品、素材、技術(内包するモノ)Step1,2,3取り巻く環境、ユーザライフスタイル(取り巻くモノ)22
  23. 23. Step4,5,6199320年前の相当する製品未来の⼆倍、戻る(変化は徐々に早くなる。それを⼤雑把に補う補正。)23
  24. 24. Step4,5,620年前(から、今⽇まで)の部品、素材、技術20年前(から、今⽇まで)の取り巻く環境、ユーザライフスタイル199324
  25. 25. Step4,5,6199325
  26. 26. Step7,8,91992過去20年の変化≒未来10年の変化1993 2013 202326
  27. 27. Step7,8,919921993 2013 202327
  28. 28. Step7,8,91992「未来にある普通のもの」10年後の「部品」と「環境」が利⽤可能なら、当然、作られているだろうものを描き出す。202328
  29. 29. ◎電動アシスト⼀輪⾞(誰でも乗れるジャイロ、オートマチック変速、フレームはカーボン、軽量⼩型電池、総重量1kg、充電は街中の電気⾃販機にて。電⾞に持ち込めるサイズ)◎多フォルム⾃転⾞(買い物1km⇒通勤10km⇒ツーリング100kmの⾛⾏⽤に変化)◎インテリジェント⾃転⾞(覚えさせた場所へ無⼈で移動する)(マイク、カメラで、歩⾏者や他の⾞両を認識。速度をおさえる。スピーカーやレーザーポインターで、曲がり⾓や、並⾛する他者へ接近時をしらせる。ITSを活⽤し、信号で⽌まらないようにする速度に調整)◎シェア⾃転⾞(シェアカー的。充電パーキングロッドにとめてある。⾃転⾞の免許制度の登場により確たるIDができ、⾼機能⾃転⾞の貸出に対する保証が成⽴。or シェア・バッテリ(充電済み⼩型バッテリをあちこちで受け取れる)も同時に発達)Step7,8,929
  30. 30. 9windows全体像1993 2013 202330
  31. 31. 9Windowsのステップは:・スランプにならずに発想できる「明⽰的な⼿順」を与えてくれます。・発想過程で書き出される要素は、コンセプトの説明材料にも。閃いた!(う〜ん、と考えて、構想を巡らしている時の頭の中)とにかく思い付こう!と唸っている時も、これらを断⽚的にしています。でもそれは、曖昧で、再現の難しい流れです。出来たり、出来なかったり。31
  32. 32. 3-39windowsのツール32
  33. 33. 会議⽤の実施⼿順シート1〜6. Data• まず、現在の「製品、内包、取り巻くもの」• 次に、過去の「製品、内包、取り巻くもの」注)過去の戻り分は、描く未来の“2倍”(時代は徐々に加速する傾向ゆえ)7〜8. Imagine(変化量を、未来に向かって外挿)• 次は、未来の「内包、取り巻くもの」コツ)発想しにくい時は「未来年表」(後述)等を活⽤。9. Design• 最後は、“未来における当たり前”の「製品」未来に使える要素技術、材料、部品(=「7」)と、未来に使える社会環境・ライフスタイル(=「8」)とを使って、作り得る製品を構想する。33
  34. 34. 34www.ideaplant.jp/download/pdf/tools/bp‐02‐a3.pdf
  35. 35. ⼀⼈でブレストチームで(推奨)Post-it構造化した Brainstormingを35公式サイトからPDFをダウンロードできます。www.ideaplant.jp/download/pdf/tools/bp‐02‐a3.pdf或いは、Amazonから⼿に⼊れることもできます。http://www.amazon.co.jp/dp/B002PHCDJ2(ブレイン・ペーパー02)
  36. 36. ところで・・・36
  37. 37. 突⾶すぎる?平凡すぎる?202337
  38. 38. この発想⽅法は「未来において普通にあるはずのもの」を分析的に発想しています。「突⾶すぎる」(あるいは「平凡すぎる」)未来像だったとしても、【内】【外】の発展の様⼦から外挿する未来では、その辺が⼤体⽣じうる姿です。※ ただし、未来予測のステップ(7,8)の部分を描き出す⼒に依拠するところは⼤きいです。 ・・・そこで →突⾶すぎる?平凡すぎる?202338
  39. 39. 情報源:「未来予想に便利な資料」、あります。未来年表 博報堂 ⽣活総研http://seikatsusoken.jp/futuretimeline/技術戦略マップ 経済産業省http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/kenkyu_kaihatu/str‐top.html未来の「技術」未来の「社会」39
  40. 40. 3-4実践 9windows40
  41. 41. • 4⼈組• 発想テーマ「10年後の〇〇〇のアイデア」• (仮想上のリーダ決定)1分• 実践– 20分(現在、過去)– 15分(未来の部品と環境)– 20分(未来の製品のアイデア)最後に、簡単に紹介(ミニ・プレゼン)を(時間がなければ、割愛)実践)9windows⾃転⾞/携帯電話/カメラ/本屋/主要な駅/ホテル41
  42. 42. 3-5資料⾃転⾞の過去の「内側」と「外側」、他42
  43. 43. 2012現在199220年前200210年前取り巻くもの内包するもの回⽣ブレーキ国内⼈⼝ピーク国内四輪ピーク⾞の代替えとしての⾃転⾞⾃転⾞通勤の増加専⽤レーンの社会実験⾃転⾞事故増〜規制の増加キックボードなど新しい遊具の登場1万円ママチャリが台頭LEDライト、スポーク折り畳み電動アシストUDを踏まえた⾃転⾞(強度が⾃由度を)ジャイロ⾞輪UD〜スロープ〜シルバーカー〜キャリーバッグ〜シニアカー異⾳機能(盗難防⽌)ハンドルロック機能(停めやすい)前後ブレーキ⼒配分オートマチック変速機⾃動空気補充3⼈ママチャリスポーツシティー⾞MTGベルトドライブシャフトドライブスマフォのナビ進化ディスクブレーキサイクルメーター⻑期的な経済縮⼩局⾯ 震災⇒省エネ携帯電話の普及メタボの登場駅前の駐輪場の整備GPS20年のInとEnv破損事故増EV〜充電できる駐⾞場シェアカー43
  44. 44. 1813 ━━ ドイツ、ドライジーネ(⾞輪2つ付のフレームに跨る。推⼒は地⾯を⾜蹴り)1839 ━━ スコットランド、ベロシペード(踏み込むタイプのペダルが登場)1863 ━━ フランス、ミショー型ベロシペード(クランク&ペダル≒三輪⾞のペダルが登場)1870 ━━ イギリス、ペニーファージング(前輪を巨⼤化させ、⾼速化したものが登場)1879 ━━ イギリス、セーフティーバイシクル(チェーンギアが登場)1888 ━━ アイルランド、ダンロップの⾃転⾞(空気⼊りタイヤが登場。乗り⼼地と速度)1893 ━━ ⽇本でも、国産⾃転⾞が登場200年。自転車の誕生と進化44
  45. 45. 参考文献石井力重『アイデア・スイッチ』(日本実業出版社、2009)P178~187Darrell Mann『TRIZ 実践と効用(1) 体系的技術革新』(創造開発イニシアチブ、2004)P53~72参考製品IDEAPLANT 『 9windows(新製品アイデア会議用)ボード』http://www.ideaplant.jp/products/bp/02.html45本⼿法の⽂章での説明より根底的で、哲学的な⼿法理解に
  46. 46. 終わりに━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━開発チーム(宮城TRIZ研究会、及び、アイデアプラント)は、これらの知⾒や道具が、挑戦する企業や個⼈のイノベーション活動のサポート道具として活⽤してもらえることを⼼から願っています。なお、TRIZ⾃体は、広⼤で強⼒な知識体系です。ここに紹介したようなフォーマットや簡単に表現したやり⽅を使っていくうちに、物⾜りないと感じるようになったならば、ぜひTRIZの教科書的な本やTRIZシンポジウムなどへと参加してみてください。発想の補助となる膨⼤な知識が、TRIZの領域にはあります。3-646

×