Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

技術者向け、未来製品の構想ワーク

720 views

Published on

エンジニア向けのアイデア発想法は、企画者向けのものにくらべてかなり少ないのですが、少し存在します。それもかなりパワフルな技法です。TRIZ、という知見の中に、それはあります。

それをフルに使って、エンジニアが、10年後を構想するためのアイデア創出ワークショップを設計しました。5時間バージョン。

ブログはこちら
http://ishiirikie.jpn.org/article/182831455.html です

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

技術者向け、未来製品の構想ワーク

  1. 1. アイデアワークショップ 2018年3月16日 10:00〜16:00 ***殿 ⽯井⼒重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田大学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 4⼈でワークを⾏います。 できるだけ普段話したことのない⼈と 座ってください。 (かつ、属性が多様な方がいいです) 周囲の⼈に声を掛け合って、 自己紹介したり、雑談しておいてください。 (創造的なワークに向く素地ができます。) 1
  2. 2. 進行 1000 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1)創造性ベーシック ◎発想の特性〜三枚の絵(15) ◎ブレストの準備運動「Brainstorming Card」(20) 1035 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2)技術の進化トレンドで、次世代の姿を発想する ◎レクチャ(15) ◎技法を習得するための練習ワーク(15) ◎実践「***が、一つ先の技術になったとしたら、 それはどういう製品なのだろうか 」(40) +時間調整バッファ(Q&A、発想内容のサンプル発表)(15) 1200 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ <<昼休憩>> 1300 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 3)9windowsで、10年後の製品を発想する ◎レクチャ(25) ◎実践「技術と環境の10年先を予想して***を構想する」(80、含む休憩10) 1445 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎補足コメント(10) ◎サンプル発表(10)もしくは、レビューツアー&ディスカッション(15×2+20) 1545 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 4)Extraセッション「創造⼒の4つのガイド」(5〜20 ※進⾏が前倒しの場合に実施) 5)まとめ・メッセージ「創造的挑戦をする⼈に知っておいてほしいこと」(15) 1600 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2
  3. 3. 創造性ベーシック 3
  4. 4. 1-1 頭が持っている 発想の特性? 4
  5. 5. 1.白い紙とペンを 用意してください 2.私が言うものを 大きく 絵で 描いて下さい (10秒間で) 「お題 ⇒ 描く」を 3回やります。 5
  6. 6. 95% 70% ホワイト ボード 6
  7. 7. (アイデアを出そう︕) 7
  8. 8. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ 8
  9. 9. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ “アイデアメーション” 9
  10. 10. でもじゃあ、どうすればいいの︖ 10
  11. 11. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ 11
  12. 12. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ で、ここから更に出していくと・・・ 12
  13. 13. 「あなたしか思いつかないアイデア」が出てくる 独自の発想 13
  14. 14. (これらを、図解しますと) 14
  15. 15. 発想の特性 “アイデアメーション” 初めに出る 5〜6個 =驚くほど、 皆 、同じ 『スウェーデン式アイデア・ブック』 フレドリック・ヘレーン ( Next Zone ) 独創的なアイデアは、 ⾒つけやすいアイデア (=あたりまえのアイデア)の奥に。 まずは 「手前にあるアイデアを 出し尽くす」必要がある。 『アイデア・スイッチ』 ⽯井⼒重 思いつくことは何でも バカげていても つまらなくても 書かないことには 他のアイディアの 通せんぼをする “アイデアの通せんぼ” 『創造⼒を⽣かす』 A. オズボーン 15
  16. 16. 1枚 今日の全スライド もしも、選ばせてもらえるなら︓ 16
  17. 17. 出し尽くしたら、あと10個 (出すと苦し紛ればかりに思えますが、2〜3/10は、“☆” が) もう少しで、 独創の案に手が届きますよ、 という“シグナル“ ・出し尽くした ・苦しい を と、捉えて・・・ 17
  18. 18. Brainstorming Card ブレストの準備運動 1-2 Warming Up of Brainstorming 18
  19. 19. 1 古タイヤの新しい使い道 New uses for old tires 2 プチプチの面白い使い方 Creative use of bubble wrap 3 楽しく勉強・仕事するには、 どうすればいいか︖ How to enjoy boring job / study? 4 ダイエットを始めて一定の期間で 断念してしまう。あと100日間⻑く 継続させるにはどうしたらいいか︖ How to keep proper weight? 5 恋⼈・家族との会話がだんだんと 減ってきた。どうすれば、今の倍の会 話量になるだろうか︖ How to increase the time with family or partner? 6 勉強・仕事が忙しくて、交友関係 がだんだん狭まってきた。友達を増や すにはどうすればいいか︖ 7 忘れ物を減らす工夫アイデア まず、発想のお題を1つ選ぼう(90秒) 19
  20. 20. Brainstorming Card この4色カードはBrainstormのルールを、ゲームの「役」にしたものです。 使っているうちに、自然とブレインストーミングの⼼理様式を学ぶことができます。 そのカードに書いてある指⽰の内容(アイデアを出す、等の⾏為)が 実⾏できれば、そのカードを場に出すことができます。 You can learn Brainstorming rules with playing card game. 20
  21. 21. ブレスト中に、 アイデアをいっぺんに二個言えば、 このカードの役割達成です。 僅かしか違わないような 二個でOKです。 例(お題が【シルバー向け家電】だったとして) 「洗濯物を、自動で取り込む装置」「布団を、取り込む装置!」 似た案でも、そこから連想される ものは大きく異なります。 ブレストにおいては、 アイデアは、少し違えば別物だ、 と考えて量産するのが得策です。 21
  22. 22. ブレスト中に、 誰かが言ったアイデアに対し、 そのアイデアの良い点に光を当てて コメントすれば、 このカードの役割達成です。 例(お題が【シルバー向け家電】だったとして) 「それって、若い独身者にもかなり売れそう!」 アイデアのいいところを ⾒つけ出してくれる⼈がいると ブレストは盛り上がります。 22
  23. 23. ブレスト中に、 およそ出来そうにないアイデア、 問題が起こりそうな大胆なアイデア、 を出せば、 このカードの役割達成です。 例(お題が【シルバー向け家電】だったとして) 「人型のバスタブとスポンジロボを作って全自動洗人機!」 突飛なアイデアは、 そのままでは使えないものですが それでも、いいんです。 囚われを超えて考える材料を ⾒つける可能性が増します。 23
  24. 24. ブレスト中に、 誰かのアイデアの一部分や本質を 転用して、別のアイデアを出せば、 このカードの役割達成です。 例(お題が【シルバー向け家電】だったとして) 「スポンジロボを超小型にして、自動歯磨きロボに!」 魅⼒がより際⽴つようにしたり、 実現的なやり方へと 派生案を出してみると、 可能性が広がります。 24
  25. 25. やり方(グループ対抗のゲーム) How to play ( team competition ) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 0)4色(⾚/⻩/緑/⻘)の カードを各⼈が持つ。 Every member have 4 cards of each color. 2)手札を早く使いきった⼈も、 ブレストに参加し続けてください。 面白いアイデアを次々出していくと、カードが残っている ⼈は、流れに乗って手札を切りやすくなります。 Enjoy your brainstorming fully 5min. 3)時間は「5分間」。最も多く場に 出せたグループが優勝です。 After 5min, count the number of discarded. Largest team is winner. 自分の手札の内容 を実⾏できたら、 捨てられます。 You can discard your card. After when you complete your role on the card. 1)選んだ「お題」に 対してブレスト開始。 After choosing brainstorming theme, start to brainstorm. 25
  26. 26. 日常のブレストでも、4つの⼼理様式を ぜひ、意図的に実施してください。 創造的なアイデアや、 新しい選択肢を得ることが増えます。 Please remind the cards on the daily job. So that, you can get new ideas. 本日の、以降のワークでは、 Brainstorming Cardは使いません。 今日のブレストの際に 手元に置いておいて眺めたり、 手帳に挟むなどして 自由に使ってください。 (4色のカードは、差し上げます) Please take the cards to your office, and use it. 26
  27. 27. 技術の進化トレンドで、 次世代の姿を発想する 27
  28. 28. 技術の発展パターンをヒントに、現⾏品の次世代の姿を発想する 技術の進化トレンド 2 28
  29. 29. (TRIZ) 技術の進化トレンド 分野を超え、 技術の発展の仕方に 似た傾向(パターン)が ⾒られる。 TRIZが 発展してく中で、 多数のパターンが ⾒出されていく。 技術の進化トレンド (TRIZ) 当初は8個。 今では31個の パターンが。 29
  30. 30. (TRIZ) 技術の進化トレンド 分野を超え、 技術の発展の仕方に 似た傾向(パターン)が ⾒られる。 TRIZが 発展してく中で、 多数のパターンが ⾒出されていく。 技術の進化トレンド (TRIZ) 当初は8個。 今では31個の パターンが。 30
  31. 31. 平面構造 二次元構造 軸対称構造 全三次元構造 11 幾何学的進化(体積的) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔製造や加工の次元が向上。負荷分布、流れ、表 面積、強度、モーメント、適合性、美観が向上。向き の識別・変更、有⽤な機能を有するようになる。 〕 非可動システム 関節可動システム 複数関節 可動システム 全面柔軟システム 流体または 流体圧システム 「場」に基づいた システム 12 可動性の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔可動度が発展。小ささ、連続性、柔軟性、耐衝撃 性が向上する。 更に流体や場によるシステムへと発展。効率、信 頼性や精度、出⼒密度が向上する。〕 未調整の作⽤ 部分調整 された作⽤ 全面調整 された作⽤ 休止期間に 異なる作⽤13 作⽤の調整 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔実⾏されている作⽤(action、動作)の調整が ⾼度になる。時間の無駄削減、能率、外部変化へ の応答、安全性、損傷低減、利便性など面が向上 する。休止期間に異なる作⽤を挿⼊できる。〕 点 (一次元の)線 (二次元の)平面 三次元の表面 10 幾何学的進化(線的) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔製造や加工の次元が向上。負荷分布、流れ、表 面積、強度、モーメント、適合性、美観が向上。向き の識別・変更、有⽤な機能を有するようになる。〕 10の3乗 10のゼロ乗 10の-3乗 10の-6乗 10の-9乗5 マクロからナノスケールへの進化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔空間的、時間的の細かさが発展。リソースの効率 的利⽤、強度/重量の⽐、システムのサイズ、実⾏ 効率、⾼速実⾏、損失抑制の面が向上する。〕 均質なシート構造 二次元の 規則的網目構造 負荷状況に応じた 三次元ファイバ配置 活性要素の付加 6 網目とファイバ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔シートの構造が発展。材料減、柔軟性、変形能⼒、 (負荷のパス上への配置による)強度/重量の改善、 耐久性、新機能、特性変化を有するようになる。〕 10の3乗 10のゼロ乗 10の-3乗 10の-6乗 10の-9乗7 密度の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔密度が低い⽅へ発展。強度重量の⽐、材料リソー スの消費の減少、柔軟性などが向上する。〕 (注意︓連続的な進化であり、離散的な段階からなる進化ではない。 図示の都合上、象徴的に3乗ずつの段階を記したに過ぎない。) 対称的なシステム 部分的な非対称性 外部環境に対応 した非対称性8 非対称性の強化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔非対称な形状に発展。変化のある動作、コンパクト 性、⼈間⼯学的な利点(向きが⾒てわかる、誤使 ⽤の防止、操作の容易さ)の面が向上する。〕 多数の境界 少数の境界 境界なし 9 境界の除去 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔弱点を生じさせる境界面や接合部が減っていく。信 頼性、強度特性、丈夫さ、コミュニケ―ションが、向上 する〕 受動的材料 一通りの 適応型材料 二通りの 適応型材料 全面的 適応型材料1 適応型材料(賢い材料) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔材料の有する機能が⾼度化。大きさや粘性の変 化、熱・電気・応⼒での変化、流動性、形状記憶、 自己分解性などを有するようになる。〕 中実の固体 中空構造 複数空洞構造 細管/多孔質構造 活性要素を⼊れた 多孔質構造2 空間の分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔物体の構造が発展。軽さ、強さ、⾼いモーメント、 熱交換性、大きな表面積、新しい機能や性質変化 が向上する。〕 滑らかな表面 突起をもつ表面 三次元的に 粗くした表面 粗くした表面 +活性な孔3 表面の分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔表面の構造が⾼度化。⾼摩擦、ノイズ⽣成、 抵抗減少、熱伝導性、自己洗浄、変化マーカーの 担持などの機能を有するようになる。〕 分割した流体 (泡、エアロゾル)単一の固体 分割した固体 粉末化した固体 流体 プラズマ 場 真空気体 4 オブジェクトの分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔より少ないものでより多くのことを⾏えるようになる。 固体の分割度合いが発展。輸送性、充填性、複 数機能の分離、応⼒の分離などの面が向上する。 更に流体、泡、気体に発展。粘性低下、混合しや すさ、自己⽔平保持性、表面積、質量あたりの有効 効果、流速の制御性が向上する。 更にプラズマ、場、真空に発展。新しい機能の付加、 損失や⽤いる物質の低減などの面が向上する。〕 TRIZ【技術の進化トレンド】表︓『TRIZ実践と効用(1) 体系的技術革新』 ステップ説明 及び 挿絵︓⽯井⼒重 (2/4)(1/4) 31
  32. 32. 2. 空間の分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔物体の構造が発展。 軽さ、強さ、⾼いモーメント、熱交換性、大きな表面積、 新しい機能や性質変化が向上する。〕 実 空 壁 細 加孔・管 活性要素 32
  33. 33. 対称 ⼈間や外部 のものに対応した形 部分的な対称 8. 非対称性の強化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔非対称な形状に発展。 変化のある動作、設置のコンパクト性、 ⼈間⼯学的な利点( = 向きが⾒てわかる、誤使⽤の防止、操作の容易さ )を有するようになる。〕 33
  34. 34. 固 節 多 柔 流 場 12. 可動性の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔可動度が発展。 小ささ、連続性、柔軟性、耐衝撃性が向上する。 更に流体や場によるシステムへと発展。効率、信頼性や精度、出⼒密度が向上する。〕 34
  35. 35. 一つの操作点に 最適化した設計 二つの操作点に 最適化した設計 数個の離散的操作 点に最適化した設計 連続的に 再最適化した設計 エネルギー変換3回 エネルギー変換2回 エネルギー変換1回 エネルギー変換なし31 エネルギー変換回数の減少(ゼロに) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システム内のエネルギー・フローが改善され能率が 上がる。システムの効率、廃棄物の減少、システム全 体としての複雑性の低減、軽量化、有害な副作⽤の 低減、信頼性、低コスト、等の面が向上する。〕 試⾏錯誤 定常状態を 考えた設計 過渡的効果を 取り⼊れた設計 ゆっくりした劣化効果 を取り⼊れた設計 クロスカップリング効果 を取り⼊れた設計 「マーフィの法則」 を取り⼊れた設計30 設計⽅法論 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システムの信頼性が改善するように設計⽅法が⾼ 度化。設計リソース、開発コストの無駄抑制、材料の 浪費抑制、開発時間短縮、信頼性、等の面が向上 する。「機能を販売するモデル」へ移⾏容易にする。〕 ⼈間 ⼈間+ツール ⼈間+動⼒ツール ⼈間+半自動ツール ⼈間+自動化ツール 自動化ツール29 ⼈間の関与の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔作業へ⼈間が関与する量が減少。⼈間にとって骨 折り仕事の減少、ヒューマンエラーの抑制、正確さ、 ⼈間の能⼒を超える極限的な機能能⼒、疲労低 減、コスト削減、などの面が向上する。〕 直接的な制御作⽤ 仲介を⽤いた 制御作⽤ フィードバックの導⼊ 知的なフィードバック28 制御性 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔制御の仕⽅が⾼度化。安全性、苦労の減少、エ ラー減少、誤操作での故障の回避、適応性、自己 学習機能、自己修復機能、システムの非線形性に よる故障の可能性の抑制、等の面が向上する。〕 複雑なシステム 副次的な 構成要素の消去 副次的な サブシステムの消去 トリミングした システム 27 トリミング ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔機能は維持しつつ、システムの部品点数や全体の 複雑さが減少。複雑性の減少、製造コストの削減、 信頼性、保守性、などの面が向上する。(※システムの 複雑さが現実可能な最大点を超えてから、発現する。)〕 自由度一つ 自由度二つ 自由度三つ 自由度四つ 自由度五つ 自由度六つ26 自由度の増大 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔動く部分の⾃由度が増⼤。操作性、位置に関す る順庵正、⼈間の動きに合わせる動き、ダイナミック な応答、等の面が向上する。 (自由度=XYZ軸⽅向+各軸の周りの回転自由度)〕 性能 信頼性 便利さ 価格23 顧客の購⼊の焦点 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔顧客の購⼊の焦点が性能・信頼・便利さ・価格へ と発展。(ある段階から次の段階にジャンプするのは、 顧客が現在の購⼊の焦点を「十分に」受け取った時 である。様々な顧客たちは様々な位置にいる。)〕 一次産品 製品 サービス 経験 移転24 市場の進化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔顧客の期待は、素材・製品・サービス・体験へ発 展。(顧客の期待は増大し、かつて「興奮」させたも のも急速に「当たり前のもの」になり、⽋くと「不満」を 持つようになる。)〕 大幅に減衰 クリティカルな減衰 軽度の減衰 減衰なし19 減衰の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔ロスの量が減っていく。システム中でのエネルギー損 失の抑制、動的性能、応答時間などの面が向上す る。〕 一つの感覚 二つの感覚 三つの感覚 四つの感覚 五つの感覚20 諸感覚の利⽤の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システムと⼈間の感覚機能との相互作⽤が⾼度化。 相互作⽤の制御の改善、⼈間の関与の増加、感覚 的没頭、シミュレーションの実現感、等の面が向上す る。〕 二⾊の利⽤ 可視スペクトル の利⽤ ⾊の全スペクトル の利⽤ ⾊の不使⽤ (モノクロ)21 ⾊彩の利⽤の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔使う光の波⻑か⾼度化。警告の表示、美的外観、 放射熱の管理、測定の柔軟性、⼈間⽤のインター フェースへの干渉除去、赤外・紫外線で新しい機能 の追加、測定範囲の拡大、等の面が向上する。〕 不透明な構造物 部分的に透明 透明 能動的な透明要素22 透明性の増大 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔透明要素の使⽤が増⼤。自然な照明、省エネ、安 全のための可視性、点検の容易性、美的感覚、エネ ルギー管理、サイズが小さくなった印象を付与、新しい 機能の塚、性質変化、などの面が向上する。〕 単一システム 二重システム 三重システム 多重システム16 単一‐二重‐多重(類似物) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔⼤事な部分が分割され増⼤する。提供可能な有 ⽤機能の量、機能分布(〜負荷分散)、ユーザの 利便性、相乗効果、構成要素あたりのコスト低減な どの面が向上する。〕 単一システム 二重システム 三重システム 多重システム17 単一‐二重‐多重(多様物) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔多様なモノを含むようになる。システムの機能性、 操作性、ユーザの利便性、包装の削減、システム数 の削減、全体の寸法を削減、などの有益さが向上す る。〕 類似の構成要素 異なる特性の 構成要素 逆の特性を持つ 構成要素 さまざまに異なる 構成要素18 単一‐二重‐多重(差異の増大) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔異なる特性、逆の特性のモノを含むようになる。機 能性、異なる使⽤状況への対応⼒、利便性、反対 の機能を実⾏する能⼒、操作の柔軟性、システムの 数やサイズの減少、などの面が向上する。〕 線形として考えた システム 非線形性の 部分的考慮 非線形性の 全面的な考慮15 (外部条件に対応した)非線形性 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔非線形領域の動作も対処したつくりになる。(線形の 範囲内だけにとどまるよう、性能的に妥協したつくりに⽐べ、非線形に対処する設 計⽅法を取ることで)製造やメンテの容易性、信頼性、安 全性、急激な故障の回避などの有益さが増す。〕 (4/4)(3/4) 連続的作⽤ 周期的作⽤ 共振の利⽤ 進⾏波の利⽤14 リズムの調整 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔⼒をかけるリズムが⾼度化。エネルギー使⽤の減少、 廃棄物の減少、コストの減少、時間測定の可能性の 導⼊、共振の増幅効果の利⽤、システムの複雑さの 減少など、有益さが向上する。〕 25 設計の観点 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔稼働性能が最適化された操作点が拡⼤。すべて の動作条件での性能、エネルギー損失、ユーザの操 作の自由度、動作範囲、動作の安全性とゆとり、相 反する要求を吸収する、などの面が向上する。〕 35
  36. 36. 連続 的作用 周期 的作用 共振 の利用 進⾏波 の利用 14. リズムの調整 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔⼒をかけるリズムが⾼度化。 エネルギー使⽤の減少、廃棄物の減少、コストの減少、時間測定の 可能性の導⼊、共振の増幅効果の利⽤、システムの複雑さの減少など、有益さが向上する。〕 36
  37. 37. 「トレンド」の使い方 37
  38. 38. 対象とするモノ(製品、技術システム)の発展の仕方として 当てはまるトレンドを⾒つけ出す。(印をつける) (コツ︓あまり当てはまらないもの、と、最終段階に到達しているトレンドは、どんどんパスする。) そのトレンド上の現在の段階を特定し、 一つ先〜二つ先の段階に注目する。 「現在のモノが、“その段階”に進化したらどんなモノになるか」を 思い浮かべてみる。(思い浮かぶアイデアを書く。言う。) (コツ︓アイデアを結像する作業では、概念適用の柔軟さを上げて、未成熟な考えの表出化を許容しよう。 「次の段階」の指し⽰すものを、現在のモノに無理やり適用してみたらどんな姿になるか、から考え始め てみるとよい。新しいアイデアは、結像し始めの頃は、奇妙な姿をしているものである。) ① ② ③ ⓪ TRIZ【技術の進化トレンド】(シート2枚組)と ペン、紙(白紙でも、ポストイットでもOK)を用意。 38
  39. 39. 平面構造 二次元構造 軸対称構造 全三次元構造 11 幾何学的進化(体積的) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔製造や加工の次元が向上。負荷分布、流れ、表 面積、強度、モーメント、適合性、美観が向上。向き の識別・変更、有⽤な機能を有するようになる。 〕 非可動システム 関節可動システム 複数関節 可動システム 全面柔軟システム 流体または 流体圧システム 「場」に基づいた システム 12 可動性の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔可動度が発展。小ささ、連続性、柔軟性、耐衝撃 性が向上する。 更に流体や場によるシステムへと発展。効率、信 頼性や精度、出⼒密度が向上する。〕 未調整の作⽤ 部分調整 された作⽤ 全面調整 された作⽤ 休止期間に 異なる作⽤13 作⽤の調整 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔実⾏されている作⽤(action、動作)の調整が ⾼度になる。時間の無駄削減、能率、外部変化へ の応答、安全性、損傷低減、利便性など面が向上 する。休止期間に異なる作⽤を挿⼊できる。〕 点 (一次元の)線 (二次元の)平面 三次元の表面 10 幾何学的進化(線的) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔製造や加工の次元が向上。負荷分布、流れ、表 面積、強度、モーメント、適合性、美観が向上。向き の識別・変更、有⽤な機能を有するようになる。〕 10の3乗 10のゼロ乗 10の-3乗 10の-6乗 10の-9乗5 マクロからナノスケールへの進化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔空間的、時間的の細かさが発展。リソースの効率 的利⽤、強度/重量の⽐、システムのサイズ、実⾏ 効率、⾼速実⾏、損失抑制の面が向上する。〕 均質なシート構造 二次元の 規則的網目構造 負荷状況に応じた 三次元ファイバ配置 活性要素の付加 6 網目とファイバ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔シートの構造が発展。材料減、柔軟性、変形能⼒、 (負荷のパス上への配置による)強度/重量の改善、 耐久性、新機能、特性変化を有するようになる。〕 10の3乗 10のゼロ乗 10の-3乗 10の-6乗 10の-9乗7 密度の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔密度が低い⽅へ発展。強度重量の⽐、材料リソー スの消費の減少、柔軟性などが向上する。〕 (注意︓連続的な進化であり、離散的な段階からなる進化ではない。 図示の都合上、象徴的に3乗ずつの段階を記したに過ぎない。) 対称的なシステム 部分的な非対称性 外部環境に対応 した非対称性8 非対称性の強化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔非対称な形状に発展。変化のある動作、コンパクト 性、⼈間⼯学的な利点(向きが⾒てわかる、誤使 ⽤の防止、操作の容易さ)の面が向上する。〕 多数の境界 少数の境界 境界なし 9 境界の除去 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔弱点を生じさせる境界面や接合部が減っていく。信 頼性、強度特性、丈夫さ、コミュニケ―ションが、向上 する〕 受動的材料 一通りの 適応型材料 二通りの 適応型材料 全面的 適応型材料1 適応型材料(賢い材料) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔材料の有する機能が⾼度化。大きさや粘性の変 化、熱・電気・応⼒での変化、流動性、形状記憶、 自己分解性などを有するようになる。〕 中実の固体 中空構造 複数空洞構造 細管/多孔質構造 活性要素を⼊れた 多孔質構造2 空間の分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔物体の構造が発展。軽さ、強さ、⾼いモーメント、 熱交換性、大きな表面積、新しい機能や性質変化 が向上する。〕 滑らかな表面 突起をもつ表面 三次元的に 粗くした表面 粗くした表面 +活性な孔3 表面の分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔表面の構造が⾼度化。⾼摩擦、ノイズ⽣成、 抵抗減少、熱伝導性、自己洗浄、変化マーカーの 担持などの機能を有するようになる。〕 分割した流体 (泡、エアロゾル)単一の固体 分割した固体 粉末化した固体 流体 プラズマ 場 真空気体 4 オブジェクトの分割 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔より少ないものでより多くのことを⾏えるようになる。 固体の分割度合いが発展。輸送性、充填性、複 数機能の分離、応⼒の分離などの面が向上する。 更に流体、泡、気体に発展。粘性低下、混合しや すさ、自己⽔平保持性、表面積、質量あたりの有効 効果、流速の制御性が向上する。 更にプラズマ、場、真空に発展。新しい機能の付加、 損失や⽤いる物質の低減などの面が向上する。〕 TRIZ【技術の進化トレンド】表︓『TRIZ実践と効用(1) 体系的技術革新』 ステップ説明 及び 挿絵︓⽯井⼒重 (2/4)(1/4) 対象とするモノ(製品、技術システム)の発展の仕方として 当てはまるトレンドを⾒つけ出す。(印をつける) (コツ︓あまり当てはまらないもの、と、最終段階に到達しているトレンドは、どんどんパスする。) そのトレンド上の現在の段階を特定し、 一つ先〜二つ先の段階に注目する。 「現在のモノが、“その段階”に進化したらどんなモノになるか」を 思い浮かべてみる。(思い浮かぶアイデアを書く。言う。) (コツ︓アイデアを結像する作業では、概念適用の柔軟さを上げて、未成熟な考えの表出化を許容しよう。 「次の段階」の指し⽰すものを、現在のモノに無理やり適用してみたらどんな姿になるか、から考え始め てみるとよい。新しいアイデアは、結像し始めの頃は、奇妙な姿をしているものである。) ① ② ③ 39
  40. 40. 一つの操作点に 最適化した設計 二つの操作点に 最適化した設計 数個の離散的操作 点に最適化した設計 連続的に 再最適化した設計 エネルギー変換3回 エネルギー変換2回 エネルギー変換1回 エネルギー変換なし31 エネルギー変換回数の減少(ゼロに) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システム内のエネルギー・フローが改善され能率が 上がる。システムの効率、廃棄物の減少、システム全 体としての複雑性の低減、軽量化、有害な副作⽤の 低減、信頼性、低コスト、等の面が向上する。〕 試⾏錯誤 定常状態を 考えた設計 過渡的効果を 取り⼊れた設計 ゆっくりした劣化効果 を取り⼊れた設計 クロスカップリング効果 を取り⼊れた設計 「マーフィの法則」 を取り⼊れた設計30 設計⽅法論 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システムの信頼性が改善するように設計⽅法が⾼ 度化。設計リソース、開発コストの無駄抑制、材料の 浪費抑制、開発時間短縮、信頼性、等の面が向上 する。「機能を販売するモデル」へ移⾏容易にする。〕 ⼈間 ⼈間+ツール ⼈間+動⼒ツール ⼈間+半自動ツール ⼈間+自動化ツール 自動化ツール29 ⼈間の関与の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔作業へ⼈間が関与する量が減少。⼈間にとって骨 折り仕事の減少、ヒューマンエラーの抑制、正確さ、 ⼈間の能⼒を超える極限的な機能能⼒、疲労低 減、コスト削減、などの面が向上する。〕 直接的な制御作⽤ 仲介を⽤いた 制御作⽤ フィードバックの導⼊ 知的なフィードバック28 制御性 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔制御の仕⽅が⾼度化。安全性、苦労の減少、エ ラー減少、誤操作での故障の回避、適応性、自己 学習機能、自己修復機能、システムの非線形性に よる故障の可能性の抑制、等の面が向上する。〕 複雑なシステム 副次的な 構成要素の消去 副次的な サブシステムの消去 トリミングした システム 27 トリミング ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔機能は維持しつつ、システムの部品点数や全体の 複雑さが減少。複雑性の減少、製造コストの削減、 信頼性、保守性、などの面が向上する。(※システムの 複雑さが現実可能な最大点を超えてから、発現する。)〕 自由度一つ 自由度二つ 自由度三つ 自由度四つ 自由度五つ 自由度六つ26 自由度の増大 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔動く部分の⾃由度が増⼤。操作性、位置に関す る順庵正、⼈間の動きに合わせる動き、ダイナミック な応答、等の面が向上する。 (自由度=XYZ軸⽅向+各軸の周りの回転自由度)〕 性能 信頼性 便利さ 価格23 顧客の購⼊の焦点 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔顧客の購⼊の焦点が性能・信頼・便利さ・価格へ と発展。(ある段階から次の段階にジャンプするのは、 顧客が現在の購⼊の焦点を「十分に」受け取った時 である。様々な顧客たちは様々な位置にいる。)〕 一次産品 製品 サービス 経験 移転24 市場の進化 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔顧客の期待は、素材・製品・サービス・体験へ発 展。(顧客の期待は増大し、かつて「興奮」させたも のも急速に「当たり前のもの」になり、⽋くと「不満」を 持つようになる。)〕 大幅に減衰 クリティカルな減衰 軽度の減衰 減衰なし19 減衰の減少 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔ロスの量が減っていく。システム中でのエネルギー損 失の抑制、動的性能、応答時間などの面が向上す る。〕 一つの感覚 二つの感覚 三つの感覚 四つの感覚 五つの感覚20 諸感覚の利⽤の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔システムと⼈間の感覚機能との相互作⽤が⾼度化。 相互作⽤の制御の改善、⼈間の関与の増加、感覚 的没頭、シミュレーションの実現感、等の面が向上す る。〕 二⾊の利⽤ 可視スペクトル の利⽤ ⾊の全スペクトル の利⽤ ⾊の不使⽤ (モノクロ)21 ⾊彩の利⽤の向上 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔使う光の波⻑か⾼度化。警告の表示、美的外観、 放射熱の管理、測定の柔軟性、⼈間⽤のインター フェースへの干渉除去、赤外・紫外線で新しい機能 の追加、測定範囲の拡大、等の面が向上する。〕 不透明な構造物 部分的に透明 透明 能動的な透明要素22 透明性の増大 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔透明要素の使⽤が増⼤。自然な照明、省エネ、安 全のための可視性、点検の容易性、美的感覚、エネ ルギー管理、サイズが小さくなった印象を付与、新しい 機能の塚、性質変化、などの面が向上する。〕 単一システム 二重システム 三重システム 多重システム16 単一‐二重‐多重(類似物) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔⼤事な部分が分割され増⼤する。提供可能な有 ⽤機能の量、機能分布(〜負荷分散)、ユーザの 利便性、相乗効果、構成要素あたりのコスト低減な どの面が向上する。〕 単一システム 二重システム 三重システム 多重システム17 単一‐二重‐多重(多様物) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔多様なモノを含むようになる。システムの機能性、 操作性、ユーザの利便性、包装の削減、システム数 の削減、全体の寸法を削減、などの有益さが向上す る。〕 類似の構成要素 異なる特性の 構成要素 逆の特性を持つ 構成要素 さまざまに異なる 構成要素18 単一‐二重‐多重(差異の増大) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔異なる特性、逆の特性のモノを含むようになる。機 能性、異なる使⽤状況への対応⼒、利便性、反対 の機能を実⾏する能⼒、操作の柔軟性、システムの 数やサイズの減少、などの面が向上する。〕 線形として考えた システム 非線形性の 部分的考慮 非線形性の 全面的な考慮15 (外部条件に対応した)非線形性 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔非線形領域の動作も対処したつくりになる。(線形の 範囲内だけにとどまるよう、性能的に妥協したつくりに⽐べ、非線形に対処する設 計⽅法を取ることで)製造やメンテの容易性、信頼性、安 全性、急激な故障の回避などの有益さが増す。〕 (4/4)(3/4) 連続的作⽤ 周期的作⽤ 共振の利⽤ 進⾏波の利⽤14 リズムの調整 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔⼒をかけるリズムが⾼度化。エネルギー使⽤の減少、 廃棄物の減少、コストの減少、時間測定の可能性の 導⼊、共振の増幅効果の利⽤、システムの複雑さの 減少など、有益さが向上する。〕 25 設計の観点 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 〔稼働性能が最適化された操作点が拡⼤。すべて の動作条件での性能、エネルギー損失、ユーザの操 作の自由度、動作範囲、動作の安全性とゆとり、相 反する要求を吸収する、などの面が向上する。〕 40
  41. 41. 実践︕ 技術の進化トレンド ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ①練習ワーク(15分)ペアで。 「⽂房具か調理道具(の具体的なもの1つ)✐ 🔪」「⻭ブラシ」「ハサミ✂」 「ウエラブル・デバイス⌚」(アップルウォッチ、小型脳波計、など好きなものを対象製品にして) ②実践 「***が、一つ先の技術になったとしたら、 それはどういう製品なのだろうか 」 +時間調整バッファ(Q&A、発想内容のサンプル発表)(15) 一⼈発想ワーク(20分) この技法を一⼈で実施し、アイデアをたくさん書き留めます。 相互コメント(8分×2) 互いに過程と発想したアイデアを紹介しあいます。8分ずつ。 ※トイレ休憩は各自自由にとってください。 41
  42. 42. 昼休憩 60分 再開=13:00 昼休憩 60分 再開=13:00 (クリエイティブワークはグループの凝集性が高いと捗ります。 ぜひ一緒にご飯に⾏って、雑談して⼈となりを知ったり、 あるいは、ブレストの続きもしてみてください。) 42
  43. 43. 9windowsで、10年後の製品を発想する 43
  44. 44. 過去の変化量からジャンプ量を分析し、 “未来のあたりまえ” をデザインする 9windows 3 44
  45. 45. 「エジソンのコンクリート」 45
  46. 46. 時計役と進⾏役をじゃんけんで決めてください 46
  47. 47. 時計役と進⾏役をじゃんけんで決めてください ステップ数が多いため、 チーム毎に進捗速度が異なるため、 1時間強の進⾏をチームに移譲します。 時計役と進⾏役に従い、 各チーム、ワークを進めてください 。 47
  48. 48. 発想のお題︓ 10年後の**事業 48
  49. 49. 本質へと 単純にしていく ↓ 9つの枠で表せた A氏の思考手順 B氏の思考手順 C氏の思考手順 新製品を発想する思考手順を大量に調べる 思考手順は、バラバラ・・・ 思考手順 優れた発明家や事業家の思考手順をたどれば 多くの⼈が、良いアイデアに⾏きつけるのでは︖【仮説】 【TRIZ 9windows】1ページ サマリ 49
  50. 50. 50
  51. 51. いきなり新製品を 発想しようとする 良い新製品アイデアを、コンスタントに生み出す⼈って、 頭の中で、一体何をやっているんだろう︖ 全然、アイデアが 出ない時もある (こっちが圧倒的ですよね) (一⾒して) 突然、優れた案が 出る時もあるが… (10年後の製品を発想しよう、という場面) 51
  52. 52. 優れた発明家や事業家が 発想していく時の頭の中 優れた発明家 52
  53. 53. 優れた発明家や事業家が 発想していく時の頭の中 優れた発明家 思考手順 53
  54. 54. 思考手順 優れた発明家や事業家の思考手順をたどれば 多くの⼈が、良いアイデアに⾏きつけるのでは︖【仮説】 54
  55. 55. 本質へと 単純にしていく ↓ 9つの枠(9windows)で表せた A氏の思考手順 B氏の思考手順 C氏の思考手順 新製品を発想する思考手順を大量に調べる 思考手順は、バラバラ・・・ 思考手順 優れた発明家や事業家の思考手順をたどれば 多くの⼈が、良いアイデアに⾏きつけるのでは︖【仮説】 55
  56. 56. ポイント1︓対象の【内側】(内包する材料)と【外側】(取り巻く環境)を⾒る 対象 内 外 56
  57. 57. (内側の) 未来 (内側の) 今 (内側の) 過去 (外側の) 未来 (外側の) 今 (外側の) 過去 ポイント2︓「過去」と「今」の変化量を目安に「未来」を⾒る 2N年昔 N年後 57
  58. 58. (内側の) 未来 (外側の) 未来 ポイント3︓その未来で、誕⽣している当たり前の製品は︖ イ ン フ ラ環 境 ラ イ フ ス タ イ ル 部 品 技 術 この状況下で 存在している であろう製品 58
  59. 59. 9windows では、どうやって発想するか、 発想事例で、一緒に、 思考の道をたどりましょう。 59
  60. 60. 発想の事例 【10年後の自転⾞】 2013年に⾏った 発想事例です 60
  61. 61. 10年後の自転⾞ 発想テーマ︓ • 皆さんは、新しい自転⾞の企画するベンチャーチームです。 • これから台頭していく自転⾞の姿を描き出し、そこを向かって、 技術開発を進めることにしました。 • 諸般の条件から、事業化の“射程“として「10年」と定めました。 • まずは、「10年後の自転⾞」の姿を発想しよう、という段階です。 仮想の設定︓ 例として、具体的な製品にしていますが ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・【10年】⇒【N年】 ・【自転⾞】⇒【他の製品・サービス】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ でも、実施するプロセスは同じです 61
  62. 62. 10年後の製品 自転⾞ 9windows 2013 62
  63. 63. 部品、素材、技術 (内包するモノ) Step1,2,3 取り巻く環境、 ユーザライフスタイル (取り巻くモノ) 2013 63
  64. 64. Step4,5,6 1993 20年前の 相当する製品 未来への二倍の⻑さ、昔へ (変化は徐々に早くなる。 未来を洞察するときには 二倍遠くの過去を振り返るといい。) 2013 64
  65. 65. Step4,5,6 20年前(から、今日まで)の 部品、素材、技術 20年前(から、今日まで)の 取り巻く環境、ユーザライフスタイル 1993 65
  66. 66. Step4,5,6 1993 2013 66
  67. 67. Step7,8,9 1992 (過去の) 2N年ジャンプ量 1993 2013 2023 (未来への) N年のジャンプ量 67
  68. 68. Step7,8,9 1992 1993 2013 2023 68
  69. 69. “未来にある当たり前のもの” 10年後の「部品」と「環境」が 利用可能なら、当然、作られて いるだろうものを描き出す。 2023 Step7,8,9 69
  70. 70. ◎電動アシスト一輪⾞ ・ジャイロ内蔵で倒れない。 ・AT(自動ギアチェンジ)。 ・高強度フレーム、超小型モータ、重量700g。 ・電⾞に持ち込める。 ・自動販売機が、1コインで急速充電(超急速充電) ⇒⾛⾏距離10kmのコンパクト・バッテリーでOK。 ◎多フォルム自転⾞ ・多用途に合わせて変形。 (買い物 1km ⇒ 通勤 5km⇒ 休日レジャー 50km) ◎インテリジェント自転⾞ ・私有地内で、降りると駐輪場へ自動で移動。 ・ITSを活用し、信号で⽌まらないよう、速度調整。 ◎シェアバッテリー・サービス(自転⾞) ・免許制度により確たるIDができ、 高機能バッテリーのレンタルが現実的に。 ・自分で充電せずに、専用ステーションで10秒交換。 Step7,8,9 70
  71. 71. 9Windowsのステップは︓ ・スランプにならずに発想できる「明⽰的な手順」を与えてくれます。 ・発想過程で書き出される要素は、コンセプトの説明材料にも。 閃いた︕ (う〜ん、と考えて、構想を巡らしている時の頭の中) とにかく思い付こう︕と 唸っている時も、これらを 断片的にしています。 でもそれは、曖昧で、 再現の難しい流れです。 出来たり、出来なかったり。 71
  72. 72. 「技術と環境の10年先を予想して***を構想する」 実践! 今の*** 2028年の *** 72
  73. 73. 9ステップの実践(70+休憩10) 各ステップで、A4白紙1枚、を使ってください(3×3=9枚) 講師(⽯井)が覗きに回りますが、 基本的には、班の単独進⾏状態を是としています。 途中で、全体フィードバックしたほうが良いものがあると 判断したときだけ、マイクからコメントします。 その時だけ、耳を貸してください。 休憩は、チームで相談して随時、どうぞ。 タイムキープ役が、けっこう、大事です。 最後は、どこか1チームはサンプル発表、もしくは、 何らかの形で相互発表してもらいます。 当たったら発表する、という前提でどの班も進めてください。 (発表者の指名は、リーダが独裁的に、どうぞ。) ここに80分 タイマーが 表⽰されます 73
  74. 74. 一⼈作業︓30% (書き出し) 共有と追加(グループ)︓70% (紹介&貼付け、追加書き+貼) ブレストの作業(ステップ7〜9)は、 一⼈Time(アイデア醸成)→グループTime(相互触発)の “Zebraブレスト”※ のような【個】と【集】のディスカッション構造や、 雑談し、のちに書いてまとめるような、“Free&3”※のような構造を。 深くやるコツ 情報を列挙するだけの作業(ステップ1〜6)は、 いきなりみんなで。(既存の要素の列挙はこの方が早い) 早くやるコツ 74
  75. 75. ※ ただ、未来予測のステップ(7,8)の部分を 描き出す⼒に依拠するところは大きいです。 ・・・そこで、よい資料、あります。 75
  76. 76. 情報源︓「未来予想に便利な資料」 未来年表 博報堂 生活総研 http://seikatsusoken.jp/futuretimeline/ 未来の 「技術」 未来の 「社会」 76
  77. 77. ところで・・・ 77
  78. 78. この発想方法は 「未来において当たり前にある はずのもの」を分析的に発想しています。 なので、 「突飛すぎる」(あるいは「平凡すぎる」)未来像だといわれても、 【内】【外】の発展のスピードから外挿する未来では、 その辺が大体生じうる姿である、と自信をもって提案できます。 突飛すぎる︖ /平凡すぎる︖ 2023 (余談︓ ⼈間が徒手空拳に想起する未来のイメージというのは、 往々にして、思い込みにガイドされてしまいます。 偏⾒なしにまっすぐな分析で洞察したものが批難されたとしても、 馬耳東風に、涼しい顔していたらいいんです。 未来の収益の可能性、勝手にすてちゃ、いけません。 78
  79. 79. おまけ)9windowsのツール 79
  80. 80. 会議用の実施手順シート 1〜6. Data • まず、現在の「製品、内包、取り巻くもの」 • 次に、過去の「製品、内包、取り巻くもの」 注)過去の戻り分は、描く未来の“2倍”(時代は徐々に加速する傾向ゆえ) 7〜8. Imagine(変化量を、未来に向かって外挿) • 次は、未来の「内包、取り巻くもの」 コツ)発想しにくい時は「未来年表」(後述)等を活用。 9. Design • 最後は、“未来における当たり前”の「製品」 未来に使える要素技術、材料、部品(=「7」)と、 未来に使える社会環境・ライフスタイル(=「8」)とを 使って、作り得る製品を構想する。 80
  81. 81. 9windows(新製品アイデア会議用)ホード 現在の製品 製品を「取り巻くもの」 製品に「内包されているもの」 “N×2”年前の製品 (つながる装置/インフラ/社会環境/使う⼈の欲求) (要素技術/構成部品/材料など) 当時の製品に「内包されているもの」 (要素技術/構成部品/材料など) 当時の製品を「取り巻くもの」 (つながる装置/インフラ/社会環境/使う⼈の欲求) 5→2の変化量から想起される “N年後”の「内包されているもの」 (要素技術/構成部品/材料など) 6→3の変化量から想起される “N年後”の「取り巻くもの」 (つながる装置/インフラ/社会環境/使う⼈の欲求) 7と8の内容が仮にあったなら、当然、 使われているであろう製品”を発想する “N年後”の製品アイデア http://www.ideaplant.jp 6 3 8 94 1 5 2 7
  82. 82. 一⼈でブレスト チームで(推奨) Post-it 構造化した Brainstormingを 公式サイトからPDFをダウンロードできます。 www.ideaplant.jp/download/pdf/tools/bp-02-a3.pdf 82
  83. 83. ◎補足コメント(10) ◎サンプル発表(10) もしくは、 レビューツアー&ディスカッション(13×2+20) 3-2 (時間次第で調整します) 83
  84. 84. 0)チーム内で、ラウンド1、ラウンド2の「担当者」を決める。 (各ラウンド2名) 1)各チーム、担当者2⼈が居残る。 ほかの⼈は、「聞き役」として、他の島へ。 2)「担当者」は、9windows(と最終的なアイデア)を紹介。 「聞き役」の⼈たちは、随時、質問や発展的なコメントを。(13分) 3)第二ラウンド、担当者交代して、同様。 担担 担担 担担 担担 聞き役聞き役 聞き役聞き役 担担 担担 担担 担担 84
  85. 85. 担当者は ⼈々から貰ったコメントを、 メモしておく。 あとで、チームメンバに共有。 85
  86. 86. ダウンロード (10分) ●【コメントされたこと】を共有 ●それをもとに、 更にディスカッション(アイデアを発展させる) ※その発表は要りませんので、熟議に時間を取ってください。 86
  87. 87. Extraセッション 87
  88. 88. ブレインストーミングのルールの根底にある 「創造的な思考展開モデル」 88
  89. 89. 創造⼒のガイド (ブレストのルールの根底にあるもの) ブレストの根底にある思考展開 89
  90. 90. 一つずつ、⾒てゆきましょう 90
  91. 91. 凡案を出し尽す 91
  92. 92. 量を求める Go for Quantity3 ● ● ● 92
  93. 93. 囚われの外へ 93
  94. 94. 大胆なアイデアを歓迎する Encourage Wild Ideas2 ● ● 94
  95. 95. 面白いとこを使う 95
  96. 96. 既出の案を発展させる Build on the Ideas of Others4 ● ● 96
  97. 97. 「閃き」と「判断」は 同時に使うと ぬるくなる ( でも、打ち消しあうこの2力、両方大事で、両方必要。) 97
  98. 98. 判断を先に延ばす Defer Judgment1 ● ● ● 熟達者は「霜降り」の如く 「閃き・批判の高速切替」 (日本では、このルールの訳として “批判禁⽌”と表現されることが多いですが・・・ ) Creative Critical Blame (気任せにやるとこうなる) (過熱と冷却を時間で区切る) 98
  99. 99. ここだけは、少し、踏み込んだ話を。 99
  100. 100. 「閃き」と「批判」は、時間的にずらす アイデアの欠点じゃなく、良い点に光を当てる 萌芽の時は 「閃き」と「判断」は同時に使うとぬるくなる ( でも、打ち消しあうこの2力、両方大事で、両方必要。) 積極的に 言えば プレイス・ファースト 100
  101. 101. ガイド全体の話に、戻ります。 101
  102. 102. 創造⼒のガイド (ブレストのルールの根底にあるもの) ブレストの根底にある思考展開 102
  103. 103. ブレストの根底にある思考展開 でも、 思考作業中には、複雑なことを思い返したりしていられない。 なので、手短にまとめたい。 そうすると、要はブレストのルールに。 103
  104. 104. ブレストのルール(をロールカードにしたもの) ブレストの根底にある思考展開 104
  105. 105. (各種⽂献より) 105
  106. 106. 量が質を生む 「質を向上させるものは量である」 「創造的な成功は通常、案出した試案の数に正⽐例する」 「試案が百あれば十の場合の十倍の成功率」 「一⾒無謀とも思えるようなものをも含めて、量が物を⾔う」 「試案をつぎつぎに重ねれば創造⼒も⾼まってゆくのだ」 「気落ちは創造⼒の訓練の敵」 「初めのうち良いアイディアが全然浮かばなくても、どうだというのだ? (中略) 継続性と忠実さとねばりがあってこそ、ものになるのだ。 天才と⾔われる⼈たちでさえ然り」 「完全主義には⽤心をしなければならない。 まあまあのアイディアを実⽤する⽅が、 良いアイディアをさらに磨いているのよりははるかに利⼝である」 「競争心が成⼈⼦供を問わず知的作業の遂⾏を50%以上促進する(中略) このような刺激は創造的な思索にとって最も大切なものである。 創造的な思索にまず必要なものは、やってみようという衝動だからだ」 「⽴証済みの解決策を考え出すまでに35もアイデアを出している(中略) 5つか10か20ぐらいでアイデアを出す努⼒をやめていたら、 ヘリコプターによる解決策は⾒逃していただろう」 量を求める Go for Quantity3 出てくる順に傾向あり ★Fredrik Härén「アイデアメーション」 ( IDÉBOK ) 「初めに出てくるアイデアは大抵本当のアイデアではない」 「実験では、アイデアを出す時間の前半と後半ではどのような違いがあるか⽐較された (中略)後半には前半の78%以上のいいアイデアが出されている。 」 独創への早道=掴んだら全部出す 「思いつくことは何でも、バカげていてもつまらなくても、 書かないことには他のアイディアの通せんぼをする」 出し尽して、苦しい= 「創造性のおいしいゾーン」 「判断⼒に創造⼒の邪魔をさせないようにするには、 すべての可能なアイディアが得られるまで、判断を遅らせる(中略) この時が来てもまだ判断⼒を⾏使させようとしてはならない。 良い時機に心をさ迷わせておくと、 さらに良いアイディアの霊感( inspiration )が得られることもある」 ★⽯井⼒重「Brainstomingの量と質の測定実験。出尽くすまでやる。 この時点をt0とする。更に0.5*t0やると「質」が増加。 テクニック+α 出尽くしたら、あと10個 出尽くしてもう出ない、となったら、アイデア発想法を使う。さらに出る。 創造工学の ⽂献各種より 106
  107. 107. 「暗いは一歩ずつ」の傾向 「精神の航海に漕ぎ出すことはそんなに易しいものではない」 「既成概念は新しい考えを受け⼊れる際の障害となる」 「創造⼒を妨げる今一つの傾向は、われわれの”順応したい” という熱望である。」 「 『バカに⾒えるのがいやだから』という怖れは、 ⼈と違っていると思われたくない気持ちと一致する」 「臆病はまた、創造的な試みに乗り出したあとでわれわれを⽴ち止まらせる小⻤」 未成熟な・突飛な案も出す 「少なくとも自分のアイディアが一つぐらいは使いものになるかもしれないと思うだけで よいではないか」 「バカバカしいアイディアでも、グループを息抜きさせるという点では効⽤がある」 「勇気を出してアイディアを考えよう、そしてそれを思い切って試してみよう。 ⼈が何と⾔おうと、かまわないことだ。」 「可能な限り最も奔放なアイディアを思いつく努⼒をしなければならない。 そうすることによって、われわれのアイディア装置すなわちイマジネーションの 準備運動を⾏なう」 「他⼈にバカに⾒えるのと、自分にバカに⾒えるのと、どちらがいけないか? 仮に他⼈が君のアイディアを少々バカげていると思っても、 そのために自分で自分の創造精神を⾒捨ててしまってよいものかね? 」 大胆な案を育成する Encourage Wild Ideas2 よぎれば「可能性」に気づく 「創造⼒の問題においては特に イマジネーションを判断⼒に優先させて、対象のまわりを徘徊させること」 「準備段階のひらめきを小うるさい判断⼒に妨害される前に、紙に書き留めるとよい。 そうすれば、そのうちのどれかが鍵穴と鍵のようにぴたりと合うようになる」 良い所・新しい要素に注目する 「良いアイディアは大抵⽣まれた時には突⾶なものだということを忘れてはならない」 「世の福利はすべて誰かの”バカげた”アイディアからもたらされている」 「どのようなアイディアも、賞賛とはいわないまでも、 少なくとも聞いてもらうことを必要とする。 たとえ役に⽴たないものでも、努⼒を継続させるには激励が必要だ。」 「心中創造的な努⼒を賞賛している」 “突飛さん”=「多様性の担保」 「因襲主義。因襲は独創性の大敵」(因襲︓昔から続いているしきたり) 「自分では『つまらない』と思っているアイディアも 他の誰のよりも優れていることもありうるし、 また、最上のアイディアを作る組み合わせに是非とも必要なものかもしれない」 テクニック+α クリエイティブ・ジャンプの量が大きなアイデア発想法「死者の書」「ブルートシンク」 発想トリガーで「○︓妥当な案を⽣む」「×︓アイデアに結びつかず」の 中間「△︓何か引っかかるが、アイデアとしては結像しない」ものを⾒つけて使う およそ実現性のなさそうな、「2i」のアイデアをこっそりと考えてみる。 創造工学の ⽂献各種より 107
  108. 108. 「少し違う」だけのアイデアも 新しいアイデア・別のアイデア 「特許の多くは他⼈が最初思いついたアイディアを土台にしたもの」 「他⼈のアイディアのちょっとした改良に過ぎない特許はさらに多い」 「完全主義は⼈⽣の視野を狭めてしまい、創造的な努⼒を制限してしまう」 「ほとんどすべてのアイディアは他のアイディアの上に成り⽴っており、 最⾼のアイディアとは前にあったものの改良に過ぎない」 「いいアイデアだね。 その上に、更に、作ろう」 「どんな地位においても妨害の本当の原因は、 あのいまいましい自尊心、すなわち自分の判断⼒に対する自尊心である。 自分の批判⼒がすぐれていると思うために、 仲間のアイディアをつい鼻であしらってしまうのである。」 「『これでもよいが、さらによくするにはどうすべきか︖』を考えるのだ」 芽を⾒つけるのがうまい⼈ +出た芽を伸ばすのがうまい⼈ 「感化⼒も大きな役割を果たす(中略) 『本当のブレーンストーム会議では、 1⼈の頭脳のひらめきが他の⼈々の持つ素晴らしいアイディアに火をつけて、 一連の爆竹のように次々に鳴り渡らせる』 この現象を「連鎖反応」と呼ぶ社員もある」 「良い共同者と一緒だと創造的な仕事が一層よくできる場合は多い」 派生案は必ず有る(5〜10個) 「連想はブレーンストームの際、二様の効果を発揮する。 アイディアを出したものは自動的にそのアイディアによって イマジネーションをかき⽴てられ別のアイディアの⽅に向かう。 一⽅彼のアイディアは他の出席者全員の連想⼒にも働きかける。」 テクニック+α 連想4法則(近接、類似、対照、因果) 類似アイデアでもその周辺の連想空間は異なる( 6→5にするだけ︕も大切 ) 発展の⽅向性=創造的所産の3要素(新規性、有⽤性、実現性) 既出の案を発展させる Build on the Ideas of Others4 創造工学の ⽂献各種より 108
  109. 109. 熱湯と冷⽔ 「一つの蛇⼝から熱湯と冷⽔を出そうとしても、ぬるま湯しか出てこない」 「批判と創造を同時にしようとしても、 冷静な良い批判も熱した良いアイディアも出せない」 「会議中はアイディアだけに専念して批判はすべてお預けにしておこう」 「判断⼒が働きすぎると創造精神は硬化してしまう」 「判断⼒があまりに早く⽔をさすと、 イマジネーションは試案を考え出す努⼒をさっさとやめてしまう」 「熟さぬ判断⼒は創造⼒の炎を消し去り、 さらには芽⽣えかけたアイディアを殺してしまう」 「あまりに旺盛な判断⼒は、⼈間の持って⽣まれたイマジネーションを枯らしてしまう」 「批判精神と創造精神も折合いが悪い。 だからよく調整しないと、すぐお互いの邪魔をするようになる」 「判断⼒とイマジネーションは適切な距離をおいておけばお互いを助け合う」 「創造的な努⼒においては、判断⼒は時宜を得た場合にのみ望ましいものとなる」 「決定を下すにあたって初めて、 それまでの創造的過程での熱中を捨てて冷静に判断しなければならない」 新しいアイデア=暗部探索 「判断⼒が⼿持ちの事実だけに頼りがちなのに対して、 イマジネーションは未知のものに向かって⼿を差し伸べ(後略)」 暗部探索をしやすくする 「ブレーンストームが⽣産的な理由は、創造的な思索のみに集中し イマジネーションを萎えさせる批判や邪魔を排するから」 「ちょっとでも失敗はないかという完全主義は排斥しなければならない」 「『正しい時に賢明に判断せよ』を肝に銘じておくべき」 アイデアを褒めるのは良い (プラス側の判断はOK) 「創造的な努⼒においてはアイディアの最終選択に⾄らないうちは アイディアの価値を⽐較する必要はない」 ・・・とはいうものの 「創造的思索は肯定的態度を必要とする」 「創造的な努⼒は賞賛を好む」 「肯定的態度は『創造的な⼈々の特⾊である』」 「”イエス”に反応して新しいアイディアを形づくる習慣をつけよ。 まず、それがよい理由を考えるのだ」 「希望と熱意と勇気と、さらには自信が必要なのだ」 テクニック+α 批判が浮かぶときは、書き出して忘れる 批判は逆さにして発想の切り⼝にする 捨てるアイデアを批判するのは時間ロス 後に、批判(懸念点抽出)作業をする 判断を先に延ばす Defer Judgment1 創造工学の ⽂献各種より 109
  110. 110. まとめ・メッセージ 110
  111. 111. アイデア創出ワーク・プロセス Idea creation process ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する Theme setting 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する Reinforcement 他 情報収集 Information gathering 方向付 Direction 分析 Analysis 具体化 Embodiment 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする Refinement & Plan 説明 クライアント が語るべき 6つのこと Explanation 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に⼊れる Generation 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する Selection version:2017-10-14 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 Polishing 洞察 Insight 観察 Observation 111
  112. 112. アイデア創出ワーク・プロセス Idea creation process ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する Theme setting 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する Reinforcement 他 情報収集 Information gathering 方向付 Direction 分析 Analysis 具体化 Embodiment 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする Refinement & Plan 説明 クライアント が語るべき 6つのこと Explanation 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に⼊れる Generation 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する Selection version:2017-10-14 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 Polishing 洞察 Insight 観察 Observation 112
  113. 113. アイデア創出ワーク・プロセス Idea creation process ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する Theme setting 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する Reinforcement 他 情報収集 Information gathering 方向付 Direction 分析 Analysis 具体化 Embodiment 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする Refinement & Plan 説明 クライアント が語るべき 6つのこと Explanation 拡げる大量のアイデア・選択肢を手に⼊れる Generation 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する Selection version:2017-10-14 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 Polishing 洞察 Insight 観察 Observation 113
  114. 114. 参考⽂献 等 1『アイデア・スイッチ 〜次々と発想する装置〜』(拙著) (創造的思考のためのガイドや、多様な発想の方法など) 2『創造的問題解決 ― なぜ問題が解決できないのか︖』 (CPS – Creative Problem Solving - の教科書的書籍。 創造⼒について⽰唆深いが、本質を理解に⾄るには実践が必要) 3『創造⼒を生かす―アイディアを得る38の方法』 (A.オズボーンの著書。創造的イマジネーションについて⽰唆深い。) 4『図解TRIZ』 (TRIZの⼊門書。絶版だが、現在の書籍の中良い⼊門書。) 5『TRIZ実践と効用(1)体系的技術革新』 (TRIZの教科書的書籍。網羅的に解説。本格的にやる⼈のための本) 6『発想法 ― 創造性開発のために』 (KJ法の川喜田二郎氏の著書) 7『発想法の使い方』 (加藤昌治著。「死者の書」や「属性分析」など、分析的と直感的の発想法をカバー) 114
  115. 115. Idea Plant 発想道具一覧 IDEAPLANT 『 ブレインストーミング・カード 』 http://www.ideaplant.jp/products/bc/ IDEAPLANT 『 アイデアトランプ 』 http://www.ideaplant.jp/products/ideatrump/ IDEAPLANT 『 ブレスター 』 ブレインストーミング学習ツール IDEAPLANT 『 智慧カード 』の英語版 http://www.ideaplant.jp/products/chiecard3/ IDEAPLANT 『 ブレインライティングシート2 』 http://www.ideaplant.jp/products/bws2/ IIDEAPLANT 『 IDEAVote 』 アイデアを創造的に絞り込む方法を学ぶツール IDEAPLANT 『 ASOPICA(連想の4法則カード) 』 http://www.ideaplant.jp/products/asopica/ IDEAPLANT 『 neko note(ねこのーと) 』 http://ideaplant.jp/products/nekonote/ アイデア出し専用メモ用紙 IDEAPLANT 『 Yomo(よも) 』 http://ideaplant.jp/products/nekonote/ ポストイット作業を改善するメモ台紙 IDEAPLANT 『 Roku+Core(ろく たす こあ) 』 http://ideaplant.jp/products/rokucore/ アイデアの中核を抽出し次のアイデアへ展開させる TRIZ Brainstorming Cards 115
  116. 116. 終わりに (メッセージ) 116
  117. 117. ⼈間の発想は、カーブの奥。 スタート地点では思ってもいなかった景色が、 途中から⾒えだす。 117
  118. 118. 未踏の闇を行く信念 118
  119. 119. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 119
  120. 120. 創造の⼈は、発露を反射してくれる⼈が いると、回転数を挙げられる どんなに頑張る⼈でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 120
  121. 121. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる⼈が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな⼈と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 社内・社外にブレストできる友⼈が いることって、 結構、大きいんです。 121
  122. 122. 未達でも“取組むこと”が増益を導く Even if you can’t achieve innovation, creative efforts lead to increased profits 122
  123. 123. イノベーションに「取り組んでいない」企業の多くが減収傾向である。 イノベーションを「達成した」企業の多くが増益傾向である。 イノベーションに「取り組んだ」企業は、「達成した」企業とほぼ同じ傾向である。 Many companies that are "not engaged" in innovation are on a decrease trend. Many companies that "achieved" innovation are on an increase trend. Companies that “engaged in” innovation are about the same trend as companies which "achieved". イノベーション達成状況別に⾒た経常利益の傾向 Trends in pretax income analyzed by innovation achievement status 引用︓『中小企業白書(白皮書)2015』第2-1-16図 ( Extract graph of product innovation) Companies not engaged in innovation activities Companies that achieved innovation Companies engaged in activities to make innovation (but they have not yet achieved innovation) Increase trend Decrease trendFlat n= Number of companies 123
  124. 124. イノベーションに「取り組んでいない」企業の多くが減収傾向である。 イノベーションを「達成した」企業の多くが増益傾向である。 イノベーションに「取り組んだ」企業は、「達成した」企業とほぼ同じ傾向である。 Many companies that are "not engaged" in innovation are on a decrease trend. Many companies that "achieved" innovation are on an increase trend. Companies that “engaged in” innovation are about the same trend as companies which "achieved". イノベーション達成状況別に⾒た経常利益の傾向 Trends in pretax income analyzed by innovation achievement status 引用︓『中小企業白書(白皮書)2015』第2-1-16図 ( Extract graph of product innovation) Companies not engaged in innovation activities Companies that achieved innovation Companies engaged in activities to make innovation (but they have not yet achieved innovation) Increase trend Decrease trendFlat n= Number of companies 124
  125. 125. イノベーションに「取り組んでいない」企業の多くが減収傾向である。 イノベーションを「達成した」企業の多くが増益傾向である。 イノベーションに「取り組んだ」企業は、「達成した」企業とほぼ同じ傾向である。 Many companies that are "not engaged" in innovation are on a decrease trend. Many companies that "achieved" innovation are on an increase trend. Companies that “engaged in” innovation are about the same trend as companies which "achieved". イノベーション達成状況別に⾒た経常利益の傾向 Trends in pretax income analyzed by innovation achievement status 引用︓『中小企業白書(白皮書)2015』第2-1-16図 ( Extract graph of product innovation) Companies not engaged in innovation activities Companies that achieved innovation Companies engaged in activities to make innovation (but they have not yet achieved innovation) Increase trend Decrease trendFlat n= Number of companies 125
  126. 126. イノベーションに「取り組んでいない」企業の多くが減収傾向である。 イノベーションを「達成した」企業の多くが増益傾向である。 イノベーションに「取り組んだ」企業は、「達成した」企業とほぼ同じ傾向である。 Many companies that are "not engaged" in innovation are on a decrease trend. Many companies that "achieved" innovation are on an increase trend. Companies that “engaged in” innovation are about the same trend as companies which "achieved". イノベーション達成状況別に⾒た経常利益の傾向 Trends in pretax income analyzed by innovation achievement status 引用︓『中小企業白書(白皮書)2015』第2-1-16図 ( Extract graph of product innovation) Companies not engaged in innovation activities Companies that achieved innovation Companies engaged in activities to make innovation (but they have not yet achieved innovation) Increase trend Decrease trendFlat n= Number of companies 126
  127. 127. 達成できないなら意味がない︖ Is it meaningless if you can't achieve innovation? 否。 No! 挑戦を続けることが、増益へ導く。 Continuing the challenge leads to increased profits. (もちろん、許容度の中での挑戦、という冷静さをもって、博打にしない範囲であれば、ですが。) (Of course, not gambling, within sustainable range.) 127
  128. 128. Idea Plant‘s philosophy We make creative world, through supporting creative leader. 石井力重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 Founder and President of Idea Plant www.ideaplant.jp 128
  129. 129. 129
  130. 130. 130
  131. 131. 準備物リスト ご準備いただきたいもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □プロジェクター(HDMIの刺さるもの)可能であれば2台 (一台はメインとしてスライドを投影、もう一台はサブとしてワークのタイマーなどを投影) □ホワイトボード1台(なければなしで結構です) □A4白紙 (4⼈1島あたり、20枚) □ポストイット(これは使いたい⼈がいれば使っていただく用ですので、事務所にある半端物で結構です。無ければ無しで結構です) □印刷物 handout.pdf (A4モノクロ両面、ホチキスどめ)各自一セット worksheet.pdf (A3モノクロ片面)各自一セット 講師(⽯井)が持参するもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ノートPC(ThinkPad X1 Carbon、HDMI出⼒2つ、VGA出⼒1つ) □ポインター、タイマー、マーカー □ブレインストーミング・カード(24⼈分)→ワークショップ消耗品です。 0302版 131
  132. 132. 配席は、通常のスクール形式で⼗分です。 ですが、『ゼロから並べるのでどのような配席でも手間は同じ』という 場合は、次のページに⽰すような、「向き」と「配置」をご検討ください。 (ですが、これは面倒な方法ですし空間も広く必要になりますので、 あくまでも、『ベストはこうです』という情報です。 向きだけでも方式をとっていただければ、⼗分です。) 132
  133. 133. スライドスライド 教室 机の向きは、 スクリーンの中央から、 テーブルの中央までを結んだ線に 並⾏にならべると、後ろ向きの座席が なくなり、全員が⾒やすいです。 133
  134. 134. スライドスライド 教室 島の配置は、 スライドに近いほど開く「V」型に。 前方班が、後方の方の視界の邪魔に なりにくくなります。 講師が奥まで⼊っていくことも、 しやすくなります。 距離が近い島は、 幾分『互い違い』にするだけでも、 だいぶ、距離感が変わります。 島 島 島 島 島 島 島 講師 134

×