Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

洞察する(見つける、定める)

1,629 views

Published on

アイデアワークショップで、発想する前に、見つける、定める、をしてもらうためのワークです。最短で30分。標準40分。座学的要素も重視する場で55分でs。

Published in: Education
  • Be the first to comment

洞察する(見つける、定める)

  1. 1. 1 洞察する 1
  2. 2. 「アイデア創出」 「アイデアをふるいにかける」 「即興で作り、確かめてみる」 「形にする」 洞察 発想 具体 実現 良い創造活動には 「発想」の前にも “ 捉えにくい思考過程 ” がある 2
  3. 3. (⾒つける) (定める) 「アイデア創出」 「アイデアをふるいにかける」 「即興で作り、確かめてみる」 「形にする」 洞察 発想 具体 実現 良い創造活動には 「発想」の前にも “ 捉えにくい思考過程 ” がある 3
  4. 4. 「困った」「願った」を⾒つける 「目の付け所」の転換 → 解くべき課題を定める 「アイデア創出」 「アイデアをふるいにかける」 「即興で作り、確かめてみる」 「形にする」 洞察 発想 具体 実現 良い創造活動には 「発想」の前にも “ 捉えにくい思考過程 ” がある 4
  5. 5. 洞察の作業1「見つける」 ◎7時(=朝起きて)〜22時(=眠るまで)の間の⾏動を、動詞を含めて書き出していく。 ●特に、その⾏為の中で「困った」(or「願った」)ものがあれば、書いておく。 ●(イイヒトも、この作業の間だけは、)世の中を批判的に⾒る。 ◎最後に、『この困りごとが解消できたなら多くの人がうれしいな』というものを選び出す。 ワークシート「1DAY・バーブ・サークル」 5
  6. 6. 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 ⾦曜日 土曜日 日曜日 春 梅雨 夏 休暇 秋 Xmas〜正月 冬 7 8 9 10 11 12 13 141516 17 18 19 20 21 22 1DAY・バーブ・サークル (⼀日の⾏動を「動詞」で振り返り「困った」「願った」を探す)(大きなタイムスケールなら) 6
  7. 7. 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 ⾦曜日 土曜日 日曜日 春 梅雨 夏 休暇 秋 Xmas〜正月 冬 7 8 9 10 11 12 13 141516 17 18 19 20 21 22 1DAY・バーブ・サークル (⼀日の⾏動を「動詞」で振り返り「困った」「願った」を探す)(大きなタイムスケールなら) 「昼から起きてくる」等、 生活時間帯の違う人は 始まり時刻を書き換える (例︓11時 → 深夜27時 ) 線を引き出し、さっとに書く (雑に素早く書いてく。 自分だけが分かればよい) 起きて⻭を磨く 7
  8. 8. 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 ⾦曜日 土曜日 日曜日 春 梅雨 夏 休暇 秋 Xmas〜正月 冬 7 8 9 10 11 12 13 141516 17 18 19 20 21 22 1DAY・バーブ・サークル (⼀日の⾏動を「動詞」で振り返り「困った」「願った」を探す)(大きなタイムスケールなら) 最終的には、もちろん新事業・新サービスのアイデア発想に つなげるのですが、 この段階では、 事業化と無関係な事柄、 お金でどうにか出来ること ではない悩み、 一瞬だけ出現するような 小さな困った、 ・・・で結構です。 8
  9. 9. 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 ⾦曜日 土曜日 日曜日 春 梅雨 夏 休暇 秋 Xmas〜正月 冬 7 8 9 10 11 12 13 141516 17 18 19 20 21 22 1DAY・バーブ・サークル (⼀日の⾏動を「動詞」で振り返り「困った」「願った」を探す)(大きなタイムスケールなら) 食べ過ぎて眠くなる、 まだやりたいことがあるのに 翌日に必要なことを忘れそうで寝付けない 家族が先に寝ているので準備できない 昼に食べたものが夕食と被る ウォーキングに出たらほどなく 雨が降ってきて、戻る セミナー中などに、マナーモードにし忘れた時、 一振りで携帯がしずかになればいいのに。 満員になりそうなバスや列⾞がわかればいいのに 迷路みたいな駅で、⾏きたい場所に 向かうための道しるべがでればいいのに 雨や花粉対策の必要な時には、 外出時に知らせてくれればいいに レストラン店員が 不愛想で悲しい 歩きスマホの人がぶつかってきそう 空調の強い風が吹き付けてきて、きつい タクシーで目的地の 住所をつたえるものの 運転手がわからない 時間がないので休憩がとれず、 集中⼒が回復できず、もたつく レシートと小銭がたまりストレス 寝癖が治らない ⾃宅に持って帰ってきたものを 鞄に入ったままでかけちゃう。 用事が次々たまると、 優先度の衝突や、 リスケの手間がかかる 着ていくものを選ぶのに手間取る 例 起きて⻭を磨く こんな「ど〜でもいい」 ようなことでいいんです 9
  10. 10. 困りごと困りごと で、「⾒つけた」これ、次にどうするか︖ 10
  11. 11. (じゃ、困りごと防止商品を作ろう) (例「寝ぐせ」→「寝ぐせ防止ヘッドカバー」) 困りごと困りごと こりゃ問題だ︕ なんとかせねば︕ 11
  12. 12. (じゃ、困りごと防止商品を作ろう) (例「寝ぐせ」→「寝ぐせ防止ヘッドカバー」) 困りごと困りごと こりゃ問題だ︕ なんとかせねば︕ 突進する前に、ちょっと待って。 12
  13. 13. 困りごとを⾒つけると「困らない状態にする道具があればいいのにー」という 考えが自然に⽴ち上がる。 これは “もぐら叩き的なアイデア”。 これに突進する前に、ちょっと待って。 13
  14. 14. 困りごとを⾒つけると「困らない状態にする道具があればいいのにー」という 考えが自然に⽴ち上がる。 これは “もぐら叩き的なアイデア”。 これに突進する前に、ちょっと待って。 ■ 直線的に発想して解決できるものは、大抵、誰かが先にやっている。 ( 「寝ぐせ防止ヘアカバー」→ (〜古くからある) 「ナイトキャップ」) ■ ( 誰もやってない︖そういうものは、)直線的に切り込むと別の困りことが出る。 ◎弊害 (例︓髪を全部覆うヘアカバー → 髪の毛を全部を入れるのが面倒。これをつけて寝ると邪魔すぎる。) ◎大がかりな装置・大きなコスト (例︓常に髪を直してくれるロボットアーム) 14
  15. 15. 正対せず、回り込んでいくと、良い攻め⼝が⾒い出せる。 (※良い攻め⼝ =解決可能な課題として捉え直せるような攻め⼝) 困りごと こりゃ問題だ ・・・が、 待てよ。 いろんな観点から、困りごとのいろんな側面を考えてみる。 15
  16. 16. 洞察の作業2「定める」 ◎問題を「6観点」で、捉えてみる。 ※ 6観点=よい発想観点を大量に収集し6つの類型にしたもの。(詳しくはワークシート内に) 各観点で⾒た時、その問題に関して気づくこと(=取るに足らないことでよい)、 問題の⼀側面として⾒えてくることは、全部メモする。(ワークシートの空きスペースに) ◎「ルート・バスター」(問題出現の根っこに掘り下げてみる) → 重たい重りをぶら下げたまま引き上げてみても持ち上がらない。まず、下から。(事例を、ホワイトボードにて) ワークシート「Issue Palette」 16
  17. 17. 洞察の作業2「定める」 ◎問題を「6観点」で、捉えてみる。 ※ 6観点=よい発想観点を大量に収集し6つの類型にしたもの。(詳しくはワークシート内に) 各観点で⾒た時、その問題に関して気づくこと(=取るに足らないことでよい)、 問題の⼀側面として⾒えてくることは、全部メモする。(ワークシートの空きスペースに) ◎「ルート・バスター」(問題出現の根っこに掘り下げてみる) → 重たい重りをぶら下げたまま引き上げてみても持ち上がらない。まず、下から。(事例を、ホワイトボードにて) ワークシート「Issue Palette」 17
  18. 18. 困りごと 広い視点で考える広い視点で考える 人 モノ プロセス・関係性 環境 意味・価値 五感 問題出現の根っこに問題出現の根っこに 掘り下げてみる Issue Palette 仕事を進める方法。手順。 “⽮印概念”として、 人と人の 関係性も、 含む。 まわりを取り巻く周囲の状態や世界。 取り囲み、相互に関係し合って、 間接的に影響を与える外界。 ※大きな時間、 大きな空間、 も含む。 困りごとの 根源根底で、解決を妨げているものは何︖ (で、これを取り除くことは可能︖ NOなら、それを妨げているものは︖) 18
  19. 19. 困りごと 広い視点で考える広い視点で考える 人 モノ プロセス・関係性 環境 意味・価値 五感 Issue Palette 仕事を進める方法。手順。 “⽮印概念”として、 人と人の 関係性も、 含む。 まわりを取り巻く周囲の状態や世界。 取り囲み、相互に関係し合って、 間接的に影響を与える外界。 ※大きな時間、 大きな空間、 も含む。 くせ毛だからなぁ。 寝相もあるかな。 静電気の出る毛布 の時は出やすい。 風呂上がりすぐ寝ると よくつく。 乾燥してる日は ハネが2割増しだよ。。。 あ、でも、湿気の高い 日は、それはそれで。 寝ぐせ直しに 朝の貴重な時間を 使うのは惜しい “寝癖が治らない” 例 (思いつかず) 問題出現の根っこに問題出現の根っこに 掘り下げてみる 困りごとの 根源根底で、解決を妨げているものは何︖ (で、これを取り除くことは可能︖ NOなら、それを妨げているものは︖) 19
  20. 20. 洞察の作業2「定める」 ◎問題を「6観点」で、捉えてみる。 ※ 6観点=よい発想観点を大量に収集し6つの類型にしたもの。(詳しくはワークシート内に) 各観点で⾒た時、その問題に関して気づくこと(=取るに足らないことでよい)、 問題の⼀側面として⾒えてくることは、全部メモする。(ワークシートの空きスペースに) ◎「ルート・バスター」(問題出現の根っこに掘り下げてみる) → 重たい重りをぶら下げたまま引き上げてみても持ち上がらない。まず、下から。(事例を、ホワイトボードにて) ワークシート「Issue Palette」 20
  21. 21. 困りごと 広い視点で考える広い視点で考える 人 モノ プロセス・関係性 環境 意味・価値 五感 問題出現の根っこに問題出現の根っこに 掘り下げてみる Issue Palette 仕事を進める方法。手順。 “⽮印概念”として、 人と人の 関係性も、 含む。 まわりを取り巻く周囲の状態や世界。 取り囲み、相互に関係し合って、 間接的に影響を与える外界。 ※大きな時間、 大きな空間、 も含む。 困りごとの 根源根底で、解決を妨げているものは何︖ (で、これを取り除くことは可能︖ NOなら、それを妨げているものは︖) 21
  22. 22. 困りごと 広い視点で考える広い視点で考える 人 モノ プロセス・関係性 環境 意味・価値 五感 問題出現の根っこに問題出現の根っこに 掘り下げてみる Issue Palette 仕事を進める方法。手順。 “⽮印概念”として、 人と人の 関係性も、 含む。 まわりを取り巻く周囲の状態や世界。 取り囲み、相互に関係し合って、 間接的に影響を与える外界。 ※大きな時間、 大きな空間、 も含む。 困りごとの 根源根底で、解決を妨げているものは何︖ (で、これを取り除くことは可能︖ NOなら、それを妨げているものは︖) “寝癖が治らない” 寝苦しくて動いてもつれるから寝癖になる、のだとしたら<=仮説> 寝苦しい、のが根っこにある問題。これ解決できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデアは・・・、解消には、動き始めたら、温度制御︖︖)) 風呂上り⽣乾きですぐ寝るから寝癖になる、のだとしたら<=仮説> 早めに風呂に入らない、のが根っこにある問題。これ解消できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデア ・・・ 特になし )) 「直すための十分」を急きょ作ると大慌て。寝ぐせは予測できない。 これが問題の根っこかも。これ解消できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデアは・・・、部屋の乾燥度+起床アラーム時刻の⾃動変更︖)) 例 22
  23. 23. 困りごと 広い視点で考える広い視点で考える 人 モノ プロセス・関係性 環境 意味・価値 五感 問題出現の根っこに問題出現の根っこに 掘り下げてみる Issue Palette 仕事を進める方法。手順。 “⽮印概念”として、 人と人の 関係性も、 含む。 まわりを取り巻く周囲の状態や世界。 取り囲み、相互に関係し合って、 間接的に影響を与える外界。 ※大きな時間、 大きな空間、 も含む。 困りごとの 根源根底で、解決を妨げているものは何︖ (で、これを取り除くことは可能︖ NOなら、それを妨げているものは︖) “寝癖が治らない” 寝苦しくて動いてもつれるから寝癖になる、のだとしたら<=仮説> 寝苦しい、のが根っこにある問題。これ解決できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデアは・・・、解消には、動き始めたら、温度制御︖︖)) 風呂上り⽣乾きですぐ寝るから寝癖になる、のだとしたら<=仮説> 早めに風呂に入らない、のが根っこにある問題。これ解消できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデア ・・・ 特になし )) 「直すための十分」を急きょ作ると大慌て。寝ぐせは予測できない。 これが問題の根っこかも。これ解消できる︖ ((⽴ち上がってくるアイデアは・・・、部屋の乾燥度+起床アラーム時刻の⾃動変更︖)) Issue(良い課題)に辿り着くと 強いアイデアが⽴ち上がってくる 例 23
  24. 24. 困りごと 根源 24
  25. 25. 困りごと 根源 の 根源 25
  26. 26. 困りごと 根源 の 根源 の 根源 の 根源 ・ ・ ・ ⼀番下 まず、この妨げから壊す。⼀番下は壊せる。 (大変すぎる︖ → 深くて7、8) 26
  27. 27. Issue Palette から思い浮かぶことの中には、 「これ、新しいサービス事業として、アリかも・・・」 という感じが、うっすら⽴ち上がるものも あったかと思います。 それを、次のブレストの時の発想材料として、 頭の片隅で、あたためておいてください。 27

×