Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アイデア発想法講座&アイデアワークショップ

5,839 views

Published on

前半=アイデア発想法講座
後半=アイデアワークショップ

Published in: Education

アイデア発想法講座&アイデアワークショップ

  1. 1. 2013年11⽉6⽇ 10:00〜17:00 ***殿 この後、少ししたら、 ばらばらに動きます・ 最初はお好きな所へ お座りください。 アイデア創出の技術・ワークショップ アイデアプラント ⽯井⼒重 rikie.ishii@gmail.com 1
  2. 2. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(開始)10:00 第1部 発想法・ミニレクチャー 1 イマジネーションの準備運動「Brainstorming Card × 破壊ブレスト」(10) 2 短時間でアイデアを発想する「SCAMPER法」(⼀⼈ブレスト⽤の技法)(30) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 10:40 第2部 3 4 5 進行 アイデアワークショップ テーマ紹介( & アイデアフラッシュ & 発想の刺激となる資料「***」)(10) 五分交代のペアブレスト「SpeedStorming」(45) アイデアを書く「アイデアスケッチ」(15) <進⾏調整シロ>(10) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(昼休憩:60分)12:00〜13:00 6 良案を抽出する「ハイライト法」(20) 7 アイデアレビュー(トップ12アイデア+情熱枠3つ)(15) 8 託すワーク(5+5) 9 チームを作る(5+5) 10 アイデアを発展させる(発展ブレスト)(20+10) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(休憩:10分)14:25〜14:35 11 アイデアを強化する「PPCOプロセス」(90) ・説明((10)) ・PP((20))・C((20))・上位3つの懸念事項の決定((5+5))・O((20)) ・<進⾏調整シロ>((10)) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (休憩:5分)16:05〜16:10  12 アイデアの精緻化(20) ・***のフォーマットへ展開&記⼊する((説5+記15)) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 16:30 13 相互プレゼン(5分×2 近くの2グループで、相互にアイデアと感想を紹介しあう) 14 まとめ・質疑応答・メッセージ・進⾏調整シロ(20) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(終了)17:00 2
  3. 3. 発想法ミニレクチャー・パート 3
  4. 4. 1 イマジネーションの準備運動 「 Brainstorming Card 」 × 「 破壊ブレスト 」 4
  5. 5. “破壊ブレスト“ 本来⽬的に対して、あなた⽅はそれを邪魔しに⼊った⼯作員です。 そして今⽇は⼯作員同⼠で、如何にしたらプロジェクトを失敗さ せられるか、 (或いは、課題解決を妨げられるか)をブレストしに こっそり集まりました。 地域の知名度を上げるプロジェクト プロジェクトに送り込まれた⼯作員たちであるあなたがたは 「更に悪い状況にするには」というアイデアを出していきます。 5
  6. 6. Brainstorming Card この4⾊カードはBrainstormのルールを、ゲームの「役」にしたものです。 使っているうちに、⾃然とブレインストーミングの⼼理様式を学ぶことができます。 そのカードに書いてある指⽰の内容(アイデアを出す、等の⾏為)が 実⾏できれば、そのカードを場に出すことができます。 → ⼀つずつ、紹介します。 6
  7. 7. 7
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. 10
  11. 11. やり⽅(グループ対抗の、ブレストの準備運動) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ のカードを各⼈が持つ。 0)4⾊ (⾚/⻩/緑/⻘) 1)「発想のお題」に対して、皆で アイデアを出していきます。その際、 ⾃分の⼿札の内容を実⾏できた 時には、それを場に出します。 2)⼿札を早く使いきった⼈も、 ブレストに参加し続けてください。 「⾚」と「⻘」のカードは、他者のアイデアを受けて⾏う内容なので、 他の⼈たちが、⾯⽩いアイデアを次々出していくと、⾚や⻘のカードが 残っている⼈は、流れに乗って⼿札を切りやすくなります。 3)時間は「5分間」。最も多く 場に出せたグループが優勝です。 11
  12. 12. 1-2 ⽇常のブレストでも、4つの⼼理様式を ぜひ、意図的に実施してください。 創造的なアイデアや、 新しい選択肢を得ることが増えます。 補⾜: 社内などで、1チームだけで使う時には、 →  過去の成績(5分間で出せた枚数)と競う。 →  使い切るまでの「タイム」を競う。 ようにして、使います。(ブレストの前の準備運動として) 本⽇の、以降のワークでは、 Brainstorming Cardは使いません。 今⽇のブレストの際に ⼿元に置いておいて眺めたり、 ⼿帳に挟むなどして ⾃由に使ってください。 (4⾊のカードは、差し上げます) 12
  13. 13. 1-3 「破壊ブレストって、なんのため?」 「⾯⽩いけど、単なる練習でしょ?」 破壊ブレスト について いいえ! 実は、実践にも使える、効果的な発想⼿法です。 以下の、2つのメリットあります。 ■ Not A の 思考 1 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎A領域(本来の問題への解決案)ではなく、「 Not A 」の領域を考えている ◎”ひっくり返す”と、Not A領域のアイデアは、A領域のアイデアになる。 ◎A領域へのアイデアとしては思い⾄れないものが、 Not Aのアイデアを“逆さま“にしたものの中には、結構出てくる。 ■ Free Thinker 2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎A領域だと、⼿堅い解決策を出そうします。いわば「正解探し」。 専⾨家ではない参加者は意⾒を⾔うのを控えてしまいます。 ◎失敗をたくらむ”⼯作員”という皆が素⼈の課題にしてやることで、 専⾨外の⼈も、⾯⽩い意⾒を思いたり。(逆に、成功させるアイデアが出ちゃったり) 13
  14. 14. 2 SCAMPER (スキャンパー) 短時間でアイデアを発想できる⼿法 14
  15. 15. SCAMPERノート 『アイデア・スイッチ』 ダウンロード付録 何かを拡⼤・縮⼩できないか ⾼さ、重さ、サイズ、 強度、頻度、複雑さ、価値 何かを省略・削除できないか 部分、機能、動き、負担、価値 何かを逆にできないか 順序、上下、内外 発想のテーマ: 何かを修正できないか ⾊、外形、⾳、⾳声、意味合い 何かを代⽤できないか 部分、⼈、材料、働き、プロセス 何か他の使い道がないか そのままで別の分野、 ⼀部を変えて新しい⽤途、別の市場 何かを組み合わせられないか 部分、⽬的、応⽤⽅法、材料 何か似たものに適⽤できないか 状況、モノ、⾏為、考え 何かを再構成できないか パターン、配置、組み合わせ、部品 15
  16. 16. SCAMPERノート 1 2 3 発想のテーマを、書く ( 複雑な場合は、少し単純化 ) 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 16
  17. 17. 仮想の設定(A) (問題解決型) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 皆さんは、企業の総務部⾨です。 今、電⼒使⽤量の20%削減に取り組んでいます。 会議中に「アイデアを3つ出せ!」と⾔われた。 “ 困ったなぁ、特にアイデア無いんだけど… ” そんな【アイデアを早く出したい】場⾯だと、思ってください。 17
  18. 18. 1A (現実の)問題を、少し単純化し、書く 現実の 複雑な問題 電力使用量を20%減らすには? 発想テーマ:○○するには、どうすればいいか? 18
  19. 19. 2A 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く 電力使用量を20%減らすには? 組合せ サーバー室の 排熱ダクトを オフィスの 床下に引き込み ヒーターの 稼働を低減 させる? 19
  20. 20. これで出れば、終わり。 「アイデア、出そうなんだけれど、 あと⼀歩、なにかが、欲しいな」 という場合は・・・ 次のステップへ 20
  21. 21. 3A (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 電力使用量を20%減らすには? 効率重視の デスク配置をやめ ⾵の通り道を 考慮した デスク配置に 変更してみるか。。 21
  22. 22. 仮想の設定(B) (新規構想型) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 皆さんは、企画的なガジェットメーカの社員です。 最初の主⼒製品は、充電式カイロでした。 “でも、いつまでもそれだけじゃ⼼もとない。 改良型や、新製品を、企画しよう!“ ということに。 今週中に「アイデアを3つ出せ!」と⾔われたものの… 「困ったなぁ、特にアイデア無いんだけど… 」 そんな場⾯で、次のように使います。 22
  23. 23. 1B (あるいは) ズラしたい(ひねりを加えたい) 既存のアイデアや製品を書く “充電式カイロ“ 充電式カイロ これにひねりを 加えた製品案を 発想したい。 23
  24. 24. 2B 問いかけから思い浮かぶアイデアを書く 充電式カイロ 充電レスに できないかな。 充電式からゼンマイ式に ハンドグリップ 型の充電器を 内蔵させて しばらく握ると 温まる、とか。 24
  25. 25. これで出れば、終わり。 「アイデア、出そうなんだけれど、 あと⼀歩、なにかが、欲しいな」 という場合は・・・ 次のステップへ 25
  26. 26. 3B (枠内の下の⽅に書かれた)観点に フォーカスして、アイデアを考えてみる 充電式カイロ タイマー機能を 内蔵させて 「着替えウォーマー」 って、どうかな。 寒い朝、 着る服が温いと 気持ちいいし 冷える前に着たいから 早く布団から出られそう 古くなった乾電池を 使い切るためのエコカイロ (板状の抵抗とケースだけの簡素なカイロ) 機能 26
  27. 27. コツ: ふっと浮かんだことを、すべて書く ・未成熟なアイデアでもOK ・実現⽅法が分からないものでもOK ・明らかにダメなアイデアも書く ・アイデアではないもの、も、OK (アイデアの通せんぼ を起こさせない) 27
  28. 28. 実践! 発想のテーマ: A) 電⼒の使⽤量を20%減らすには? B) ⾃社の主要製品を少しずらした、“新製品・新サービスアイデア” 〜お好きな⽅で〜 10分間 (そののち、ペアでアイデアを紹介:5分間) 28
  29. 29. (希望者には、カードにしたものを差し上げます。後で⽯井にお声掛けください) 29
  30. 30. アイデアワークショップ・パート 30
  31. 31. 3 テーマ紹介 「 何について、アイデアを出すの? 」 31
  32. 32. 発想のお題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 強みを活かした 新しいビジネスのアイデア *********************** *********************** **************について、 提案してください。 32
  33. 33. 強み? 33
  34. 34. 年頭所感(社⻑インタビュー記事) 〜 ⾃社の強みは、IRページや、年始の社⻑のインタビュー記事に 〜 34
  35. 35. 戦略ページ ⾃社 WEBサイトより 35
  36. 36. **さんから • • • (過去に思い付いていたもの) (成功したもの、や、既に世の中にあるもの) (試したけれど、失敗したもの) ・・・など、 「アイデア・フラッシュ」を、 5分ほど、ご紹介を。 このワークには、リソースグループ(ブレストに参加してくださる皆さん)に、 アイデアの「方向性」「粒度」を暗示的に把握してもらえる効果があります。 36
  37. 37. 今⽇のアイデア=公共財 • 今⽇は、沢⼭の⼈とアイデアを出しあいます。 • 今⽇、この場で出されるアイデアは、この場にいた⼈の 公共財として、参加者の誰でもが、利⽤できる、という 前提にしたいと思います。 • 「他の⼈に使われては困る!」という構想は、本⽇のア イデアワークショップでは、⼼の中にしまっておいてく ださい。 このスライドは、 共創の場から⽣まれる 知財活⽤を 容易にします。 37
  38. 38. 4 スピードストーミング 5分交代のペアブレスト 38
  39. 39. 1.ペア・アイデア出し(他花受粉) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ SpeedStorming • • UC Berkeleyで開発されたアイデアワークの⽅法 異なる専⾨の⼈同⼠の連携ネタを⽣み出しやすい 2⼈で話す メモ 交代 × 5セット 39
  40. 40. 今の場所からできるだけ動いて、 全員で⼤きな円を作ります。→ ペアを形成します 40
  41. 41. やり⽅(30分) ① ペアで、輪に ② 5分間、ペアで (ブレスト。お互いのアイデアを 紹介しあって、拡げる) ずれる ③ 1分間、メモタイム (会話を、徐々に収束) ④ 挨拶、外側が1つ移動 (時計回りに) 〜 計5回、実施 41
  42. 42. ルールを1つだけ。 「プレイズ・ファースト」 idea “アイデアの良い所に 光を当ててコメントする” 42
  43. 43. 「プレイズ・ファースト」 (相⼿のアイデアの良い所に光を当てて、コメントする) 効果1) アイデアを⾔いやすい場ができる 効果2) 創造性のエンジンが回り始める (肯定的⼼理→(刺激)→創造的思考) 43
  44. 44. 5 アイデアスケッチ アイデアを書く 44
  45. 45. あのアイデア、 ⾯⽩かったな 45
  46. 46. あのアイデア、 ⾯⽩かったな アイデアを、 少し具体化 ○○○○○○ ・********** ・******* ・********* アイデア ・スケッチ 46
  47. 47. ⾃分が出した アイデア 等々、頭の中を アイデアのヘッドライン化 他⼈の出した アイデア (⾃分なりに 変えてもOK) 書いているうちに 新たに浮かんだ アイデア ○○○○○○ ・********** ・******* ・********* 補⾜、詳細、3つまで! ● 1シート=1アイデア ● ⼀⼈ 3枚 以上 ● 8分間(+α) 47
  48. 48. アイデア・スケッチ ヘッドライン化したアイデア(アイデアを⼀⾔で表現したもの) アイデアの詳細や補⾜説明、3つまで(絵や図でもOK) ・ ・ ・ このワークシートは、ダウンロードして印刷できます。 URLは http://ishiirikie.jpn.org/article/54396742.html 或いは 「⽯井⼒重 アイデア・スケッチ」で検索して下さい。 48
  49. 49. 60分休憩 (再開=13:00) 49
  50. 50. 6 ハイライト法 良案抽出 50
  51. 51. ハイライト法 ━━━━━━━━━━━━ テーブルを回る。☆を付ける。 ・「⾯⽩い」⼜は ・「広がる可能性がある」と 感じるものに。 ☆いくつでもOK ⾃分のスケッチにも 客観的に⾒て付ける 51
  52. 52. 7 アイデア・レビュー 上位案+α を紹介 52
  53. 53. トップN個を紹介 (N=参加者総数/4) ☆18 この後、グループを作って、アイデアを発展させる ワークを⾏います。このレビューの間に、あとで 題材にしてみたい案を⾒つけておいてください。 53
  54. 54. 情熱枠、あります。 “☆は多くなかった“ 他の⼈のだけれど、 あれは推したい! というものも、OK けれども、 ”これはぜひチーム形成の核となるアイデアとして ノミネートしたい!” というものがあれば、出してください。 (2〜3つ位、OKです。) ※それが意外と、いいアイデアに発展することも、あるんです。 ※でも、その後のチーム形成ワークで、そこにつく⼈数次第では 取り下げさせていただくことはあります。(その時はごめんなさい。) 54
  55. 55. 8 託すワーク アイデアの材料として“上位案+α”に託す 55
  56. 56. アイデアスケッチを託す(5分) ⾃分の成果(スケッチの中⾝)は情報として持ち帰る。 (なので、「書き写す」か「スマフォで撮る」) ⼿元の紙(スケッチ)は「似ている」「関連する」 「混ぜてみたい」と思う所に貼り付ける。 ※ 託す理由: そのグループに⼊った時に、⾃分の案も関連案として、使いやすくなる。 発展ブレストの際に、「アイデアの材料」にもなる。 ※ 託したからといっても、必ずしもそこに⾏かなくても結構です。 (逆に。場合によっては、⼈数調整でそこに⼊れない可能性も。) ※ “これは託さず、紙を持ち帰りたい!”というスケッチがあれば、 貼らない、という選択肢もOKです。 56
  57. 57. 9 チームを作る 気に⼊ったアイデアの所へ集まる 57
  58. 58. チームを作る(2分) ( 上位アイデアを核に、Team Building ) ① トップN案を壁に貼る < 済み > ② 各⾃、好きなアイデアに移動し、チームを形成(4⼈前後)。 ③ 少なすぎ(3⼈以下)の所は、解散し、少な⽬のチームに移動をお願いし 多すぎの所は、2つに分けるか、何名か、他へ移ってもらいます。 58
  59. 59. 10 発展ブレスト 良案を発展させる 59
  60. 60. 発展ブレスト(25分) ⼈数分の椅⼦と机を確保して 荷物を持って集まる (核にしたアイデアスケッチも 持っていく) ◎アイデアスケッチ群を材料にしたり、 元のアイデアをずらしたりして、 より良いアイデアに発展させる。 ◎詳細部分についてのアイデアも出し、 アイデアをより具体的にする。 60
  61. 61. 10分休憩 (再開=14:35) 61
  62. 62. 11 魅⼒的なアイデアの実現性を上げるワーク 「PPCO」 62
  63. 63. • アイデアの強化には、批判は重要です。 • ブレインストーミングは「批判禁⽌」ではなく、 原義は「判断遅延」です。 ↓ • “遅延”、ということは、どこかで切り替え、 「判断(批判)するべき時」が来ます。 • アイデアを強化するには特定の⼿続きで、 【批判能⼒】をチームで効果的に使います。 63
  64. 64. まず、全体像を、ざっくりお⾒せしますと・・・ 64
  65. 65. 3 1 1 2 2 3 PP Plus Potential C Concern O Overcome PPCOプロセス 65
  66. 66. PP=プラス、ポテンシャル ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “褒めるブレスト” … 潜在可能性を⽬いっぱい引き出す … (ヘドが出るまで褒める) 66
  67. 67. C=コンサーン(懸念点) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “批判ブレスト” … あらん限りの懸念点を挙げる … 漠とした懸念は ⇒ 具体的な懸念点へ 67
  68. 68. O=オーバーカム(乗り越える) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “対策案ブレスト” 懸念点 … 1つの懸念点打破に⼒を集中させる … (4位以下は、対策案ブレストをやらない) 68
  69. 69. コツ、QA • なぜPP? – チームの⼼をパンパンにする。 不⼗分だと「C」で折れる。 • Cはどれくらい? – ⼤抵は、30個前後。多くても50〜60個に • Oはなぜ上位3つ? – ⼀番⼤きな壁を穿つと⾃然と問題は⽡解する。 – 解決策のあり⽅も、多様なようでいて、 実は40〜50で埋め尽くされる(傾向がある)。 69
  70. 70. 会議⽤の実施⼿順シート • 強化したい、優れたアイデアを⽤意。 • 良い⾯(PP)を、10分ほど、出しあいます。 • 懸念点(C)を、10分ほど、出しあいます。 • 上位の懸念点をハイライト法で抽出。5分。 • 対策アイデアのブレスト(O)を20分ずつ。 – これ⾃体もブレストですので、便乗したものもOK、⾃由なほめ⽅でOK、 質にこだわりません。 – これもブレストです。ただし第⼀ルールの「判断遅延」だけを、機能停⽌にして。 – ちょっとしたのもOK、あり得ないような⼼配事でもOK、質にこだわりません。 – 皆がペンを持ち、「重要だと思う懸念事項」に☆をつける。いくつでも。 – ☆の多い懸念点トップ3を決めます。 – トップの懸念事項を、無害化するにはどうすればいいか?をテーマにブレスト。 – 出しつくしてなお不⼗分ならば、「あともう1ダース」といって アイデアをさらに12、24、36個と出す。 – 第2、第3についても、同様。 70
  71. 71. やってみましょう 71
  72. 72. 使う道具 ⇒ ⻩の Post‐it A3⽩紙 潜在可能性を引き出す 72
  73. 73. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「良いところ」「潜在可能性」を、列挙する 1⼈で列挙(5分) 6観点リストを使う。 ・・・観点毎に良い所を探し、ポストイットに書く ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 ↓ 「それらがあったなら、起こるかもしれない良い事」を各⾃で列挙(5分) ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 73
  74. 74. 6観点リスト ━━━━━━ (観点毎に考える) 74
  75. 75. 使う道具 ⇒ 緑の Post‐it A3⽩紙 懸念点を列挙する 75
  76. 76. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「懸念点」「⼼配なところ」を、列挙する 1⼈で列挙(5分) アイデア評価軸リストを使う。 ・・・軸毎に懸念点を探し、ポストイットに書く ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 ↓ 1⼈で列挙(5分) (⾔わば・・・) 批判ブレスト 漠然とした懸念点は対策できない。より具体的にしたものも出す。 ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 76
  77. 77. アイデア評価軸リスト 新規性 の面では? コスト の面では? 収益性 (評価軸毎に、考える) の面では? 時間 の面では? 人手 の面では? 技術 の面では? 顧客満足 の面では? 準備や設備 安全性 の面では? の面では? エネルギーや資源 の面では? 77
  78. 78. 使う道具 ⇒ -2 最重要課題を⾒出す 78
  79. 79. 先の【批判ブレスト】で得られた懸念点のリストに対して… そのポストイットを⾒て 「これは重要な懸念点だ」と思うものに ☆印を付けていく 懸念点 (各⾃の判断でOK)(☆はいくつでも) 星が 特に 多いものを 取り出す 時間:5分 トップ3 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2 ☆ ☆ ☆ 1 ☆☆ ☆☆ 3 ☆ ☆ ☆ 79
  80. 80. 使う道具 ⇒ ⻘の Post‐it A3⽩紙 懸念点を打破する 80
  81. 81. 先の作業で得られた【トップの懸念点】に対して・・・ 「その懸念点を、打破するには ( or 無害化するには)どうすればいいか?」 対策案を列挙する。 1⼈で列挙(5分) 智慧カード/アイデアトランプを使う。 ・・・着想のヒントを得て発想し、ポストイットに書く ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 ↓ 1⼈で列挙(5分) 対策案ブレスト → 2,3も 更に、カードと、先に出たアイデアをヒントに、発想し、ポストイットに書く。 ↓ グループで共有・発展(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 81
  82. 82. 参考 (本⽇は、複雑になり過ぎるので、使いませんが・・・) 対策案ブレストを助けるツール 、あります ↓ 問題解決や⼯夫発想に効く発想トリガー • SCAMPER・・・コト系に効果的 • 智慧カード・・・モノ系に効果的 • 他『アイデア・スイッチ』発想トリガー各種 82
  83. 83. PPCO、まとめ 83
  84. 84. PPCOは「魅⼒的だが未成熟な案」の実現性を上げるプロセス C アイデアの実現性を上げる 創造的なアイデアを捕まえる ︵ 創 造 的 ︶ F (実現性) 備考1)芽があるのは「上回り」。 備考2)強くする⼿順を持っていると、「新しい案」が出せるようになる 84
  85. 85. 12 アイデアの精緻化 アイデアをフォーマットへ展開する 85
  86. 86. アイデア ↓ 「***・シート」の項⽬へ展開・記⼊ (15分) その前に、 シートの説明を **さんから (5分) 86
  87. 87. 13 相互プレゼン お互いのチームの記⼊したものと感想を、5分ずつ 87
  88. 88. 会場の中で、適当に、2チームずつ、集合 5分交代のプレゼンテーション ◎記⼊したシートやアイデアスケッチ等を⽤いて、アウトプットを紹介 ◎感想も ◎5分以内であれば、質疑応答もOK 88
  89. 89. 14 終わりに (まとめ・QA・メッセージ) 89
  90. 90. アイデア創出ワーク・プロセス 分析 ⽅向付 情報収集 設定する 問題を捉え、定義する ━━━━━━━━━━━━━━━ 1つ化、具体化、テーマ定型⽂、 オーナーシップ 下に引く⼒ 拡げる ⼤量のアイデア・選択肢を⼿に⼊れる ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ブレインストーミング(BS/BW/SS/FBS) 発想トリガー(SCAMPER(アイデアトランプ) /TRIZ(智慧カード)/6観点リスト /即興⽣成トリガー(エクスカージョン) /Game要素/Design/TRIZfor Biz 発想レシピ(9windows/531ストレンジ /エクストリームゴール/2段階BS) 発想ノート記法(マインドマップ /マンダラート/はちのすノート) 絞る アイデアを評価し、良案を抽出する ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ハイライト法 コンセプトの進化と選択 番付法 セレクト1 IDEAVote 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 観察 具体化 アイデアスケッチ 6W3H 強化する 重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 精緻化&プラン ━━━━━━━━━━━━━ PPCOプロセス アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ ラピッドプロトタイピング コンセプトテスト (〜6w3h想定ユーザヒアリング) ビジネスプラン 他 version:2012-12-23a ━━━━━━━━━━ 90 ⽯井⼒重(IDEAPLANT)
  91. 91. (質疑応答) 91
  92. 92. ⼈間の発想は、カーブの奥。 スタート地点では、思ってもいなかった景⾊が、 途中から⾒えだす。 92
  93. 93. 未踏の闇を行く信念 93
  94. 94. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 94
  95. 95. どんなに頑張る⼈でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 創造の⼈は、発露を反射してくれる⼈が いると、回転数を挙げられる 95
  96. 96. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる⼈が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな⼈と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 社内にブレストできる友⼈が いることって、 結構、⼤きいんです。 96
  97. 97. www.ideaplant.jp 石井力重 アイデアプラント代表 http://ishiirikie.jpn.org/ 97

×