アイデアワークショップ~PPCO編~ コア部分

1,997 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

アイデアワークショップ~PPCO編~ コア部分

  1. 1. 魅⼒的なアイデアの実現性を上げるワーク 「PPCO」 23
  2. 2. まず、全体像を、ざっくりお⾒せしますと・・・ 24
  3. 3. 3 1 1 2 2 3 PP Plus Potential C Concern O Overcome PPCOプロセス 25
  4. 4. PP=プラス、ポテンシャル ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “褒めるブレスト” … 潜在可能性を⽬いっぱい引き出す … (ヘドが出るまで褒める) 26
  5. 5. C=コンサーン(懸念点) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “批判ブレスト” … あらん限りの懸念点を挙げる … 漠とした懸念は ⇒ 具体的な懸念点へ 27
  6. 6. O=オーバーカム(乗り越える) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “対策案ブレスト” 懸念点 … 1つの懸念点打破に⼒を集中させる … (4位以下は、対策案ブレストをやらない) 28
  7. 7. コツ、QA • なぜPP? – チームの⼼をパンパンにする。 不⼗分だと「C」で折れる。 • Cはどれくらい? – ⼤抵は、30個前後。多くても50〜60個に • Oはなぜ上位3つ? – ⼀番⼤きな壁を穿つと⾃然と問題は⽡解する。 – 解決策のあり⽅も、多様なようでいて、 実は40〜50で埋め尽くされる(傾向がある)。 29
  8. 8. 会議⽤の実施⼿順シート • 強化したい、優れたアイデアを⽤意。 • 良い⾯(PP)を、10分ほど、出しあいます。 • 懸念点(C)を、10分ほど、出しあいます。 • 上位の懸念点をハイライト法で抽出。5分。 • 対策アイデアのブレスト(O)を20分ずつ。 – これ⾃体もブレストですので、便乗したものもOK、⾃由なほめ⽅でOK、 質にこだわりません。 – これもブレストです。ただし第⼀ルールの「判断遅延」だけを、機能停⽌にして。 – ちょっとしたのもOK、あり得ないような⼼配事でもOK、質にこだわりません。 – 皆がペンを持ち、「重要だと思う懸念事項」に☆をつける。いくつでも。 – ☆の多い懸念点トップ3を決めます。 – トップの懸念事項を、無害化するにはどうすればいいか?をテーマにブレスト。 – 出しつくしてなお不⼗分ならば、「あともう1ダース」といって アイデアをさらに12、24、36個と出す。 – 第2、第3についても、同様。 30
  9. 9. やってみましょう 31
  10. 10. 1-2 使う道具 ⇒ ⻩の Post‐it A3⽩紙 潜在可能性を引き出す 32
  11. 11. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「良いところ」「潜在可能性」を、列挙する 1⼈で列挙(5分) 補助ツール「アイデア評価軸」リストか「6観点」リストを使う。 ・・・観点毎に良い所を探し、ポストイット■に書く ↓ グループで共有(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。 ↓ 「それらがあったなら、起こるかもしれない良い事」を各⾃で列挙(5分) グループで。さらに広げる。(7分) ↓ 共有したポストイットを刺激剤にして。 出ないときには、補助ツール。さっきと逆の⽅を使う グループで共有・発展(5分) ・・・ポストイット■に書く() ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 33
  12. 12. 補助道具 (良い点を探す観点がどうも狭くなってしまう、という時に) 34
  13. 13. アイデア評価軸リスト 新規性 の面では? 収益性 出典:「IDEAVote」 の面では? コスト (評価軸毎に、考える) の面では? 時間 の面では? 人手 の面では? 技術 の面では? 顧客満足 の面では? 準備や設備 安全性 の面では? の面では? エネルギーや資源 の面では? 35
  14. 14. 6観点リスト ━━━━━━ (観点毎に考える) 36
  15. 15. 1-3 使う道具 ⇒ 緑の Post‐it A3⽩紙 懸念点を列挙する 37
  16. 16. ブレストで得られた【トップアイデア】に対して・・・ そのアイデアの 「懸念点」「⼼配なところ」を列挙する 1⼈で列挙(5分) 「39のパラメータ」を使う。 ・・・軸毎に懸念点を探し、ポストイット■に書く ↓ グループで共有(5分) ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。 ↓ 1⼈で列挙(5分) ↓ グループで。さらに出す。(7分) 共有したポストイットを刺激剤にして。 グループで共有・発展(5分) 出ないときには、補助ツール。さっきと逆の⽅を使う ⼈と同じようなものを持っていたら、寄せつつ。気づいたら追加。 (⾔わば・・・) 批判ブレスト 漠然とした懸念点は対策できない。 まずはとにかく出してみて、そこに漠と したものがあれば、要素や状況を限定し てみて、「具体的な懸念点」も出す。 38
  17. 17. 補助道具 (技術テーマの場合は) 39
  18. 18. 40
  19. 19. 39のパラメータの詳細 (詳しくは紙資料を) 41
  20. 20. 1-4 使う道具 ⇒ -2 最重要課題を⾒出す 42
  21. 21. 先の【批判ブレスト】で得られた懸念点のリストに対して… そのポストイットを⾒て 「これは重要な懸念点だ」と思うものに ☆印を付けていく 懸念点 (各⾃の判断でOK)(☆はいくつでも) 星が 特に 多いものを 取り出す 時間:5分 トップ3 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2 ☆ ☆ ☆ 1 ☆☆ ☆☆ 3 ☆ ☆ ☆ 43
  22. 22. 10分休憩 (再開= ) 44
  23. 23. 1-5 使う道具 ⇒ ⻘の Post‐it A3⽩紙 懸念点を打破する 45
  24. 24. 先の作業で得られた【トップの懸念点】に対して・・・ 「その懸念点を、打破するには ( or 無害化するには)どうすればいいか?」 対策案を列挙する。 あまり具体的じゃ 無くてもOK。 とにかく出す。 1⼈で列挙(5分+α) 道具なしで⾃由に発想し、ポストイット■に書く ↓ 共有・追加(5分+α) 対策案ブレスト 紹介しつつ、同じアイデアを持っていたら、寄せつつ。聞いて気づいたらポストイット■追加。 ↓ 皆でTRIZブレインストーミング(15分+α) 智慧カードをヒントに具体的な解決策をブレスト(発想する、その上にさらに出す)をする。 いいながら、どんどん、ポストイット■に書く。 (その前に、ミニレクチャ:有望な智慧カード10枚は、どのようにして選ぶか?) (研修ではトップ1だけですが、実務では→ 2,3も) 46
  25. 25. 補助道具 (技術テーマの場合) 47
  26. 26. 智慧カード・リスト http://triz.sblo.jp/ 1.分けよ 2.離せ 3.⼀部を変えよ 4.バランスをくずさせよ 5.2つをあわせよ 6.他にも使えるようにせよ 7.内部に⼊り込ませよ 8.バランスを作り出せ 9.反動を先につけよ 10.予測し仕掛けておけ 21.短時間で終えよ 22.良くない状況から何かを引き出し利⽤せよ 23.状況を⼊り⼝に知らしめよ 24.接するところに強いものを使え 25.⾃ら⾏うように仕向けよ 26.同じものを作れ 27.すぐ駄⽬になるものを⼤量に使え 28.触らずに動かせ 29.⽔と空気の圧を利⽤せよ 30.望む形にできる強い覆いを使え 11.重要なところに保護を施せ 12.同じ⾼さを利⽤せよ 13.逆にせよ 14.回転の動きを作り出せ 15.環境に合わせて変えられるようにせよ 16.⼤雑把に解決せよ 17.活⽤している⽅向の垂直⽅向を利⽤せよ 18.振動を加えよ 19. 繰り返しを取り⼊れよ 20.よい状況を続けさせよ 31.吸いつく素材を加えよ 32.⾊を変えよ 33.質をあわせよ 34.出なくさせるか出たものを戻させよ 35.温度や柔軟性を変えよ 36.固体を気体・液体に変えよ 37.熱で膨らませよ 38.そこを満たしているもののずっと濃いものを使え 39.反応の起きにくいものでそこを満たせ 40.組み合わせたものを使え 48
  27. 27. 1パラメータ・メソッド 出典:智慧カード3 「セレクト・ガイド・シート」 49
  28. 28. (ミニレクチャ:有望な智慧カード10枚は、どのようにして選ぶか?) 50
  29. 29. (ユーザの操作が複雑になってしまう) ・時間損失(25) ・装置の複雑度(36) も当てはまりそうだな・・・ “〇〇(トップの懸念事項)を打破する”って、この39個の中のどれだろう? あてはまるものを「改善ニーズ」の39個の中から選ぶ。 複数当てはまりそうなら、複数選んでもOK。その場合は、最もあてはまるものから順次トライ。 51
  30. 30. 先頭(左)ほど、 解決策となる可能性が⾼い ブレークスルー・パターン 52
  31. 31. 53
  32. 32. 54
  33. 33. 55
  34. 34. 1-6 PPCO、まとめ 58
  35. 35. PPCOは「魅⼒的だが未成熟な案」の実現性を上げるプロセス C アイデアの実現性を上げる 創造的なアイデアを捕まえる ︵ 創 造 的 ︶ F (実現性) 備考1)芽があるのは「上回り」。 備考2)強くできる技術があると、「新しい案」が出せるようになる 59

×