Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Knowledge capital ideathon_ishiirikie2017

742 views

Published on

ナレッジキャピタル(大阪)とドコモさんの合同で実施したアイデアソンのスライドを公開します。

Published in: Design
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Knowledge capital ideathon_ishiirikie2017

  1. 1. ナレッジキャピタル×ドコモ 合同アイデアソン 2020のその先の5年後に、ICTを活⽤して関⻄2府4県を元気にするサービスをみんなで考えよう︕ 2017年3月23日 14:00〜17:00 ナレッジキャピタル CAFE Lab (グランフロント⼤阪北館⼀階) 石井力重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田⼤学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 1
  2. 2. 1 導入 2
  3. 3. 1-1 頭が持っている 発想の特性? 3
  4. 4. 1.白い紙とペンを 用意してください 2.私が言うものを ⼤きく 絵で 描いて下さい (10秒間で) 「お題 ⇒ 描く」を 3回やります。 4
  5. 5. 95% 70% ホワイト ボード 5
  6. 6. (アイデアを出そう︕) 6
  7. 7. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ 7
  8. 8. 初めに出る5〜6個 ↓ 驚くほど、皆 同じ “アイデアメーション” 8
  9. 9. でもじゃあ、どうすればいいの︖ 9
  10. 10. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ 10
  11. 11. 凡案・駄案であるかは気にしないで出す、出し尽くす︕ で、ここから更に出していくと・・・ 11
  12. 12. 「あなたしか思いつかないアイデア」が出てくる 独自の発想 12
  13. 13. (これらを、図解しますと) 13
  14. 14. 発想の特性 “アイデアメーション” 初めに出る 5〜6個 =驚くほど、 皆 、同じ 『スウェーデン式アイデア・ブック』 フレドリック・ヘレーン ( Next Zone ) 独創的なアイデアは、 ⼿前にある⾒つけやすいアイデア (当たり前のアイデア)の奥に。 まずは 「⼿前にあるアイデアを 出し尽くす」必要がある。 『アイデア・スイッチ』 ⽯井⼒重 思いつくことは何でも バカげていても つまらなくても 書かないことには 他のアイディアの 通せんぼをする “アイデアの通せんぼ” 『創造⼒を⽣かす』 A. オズボーン 14
  15. 15. 出し尽くしたら、あと10個 (出すと苦し紛ればかりに思えますが、2〜3/10は、“☆” が) もう少しで、 独創の案に⼿が届きますよ、 という“シグナル“ ・出し尽くした ・苦しい を と、捉えて・・・ 15
  16. 16. 1400 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1)導入(発想の特性、プロセス・お題の紹介)(15) 2)インプットワーク1「スマートライフのプレゼンテーション」(15) 3)インプットワーク2「未来年表で未来洞察」(⽅法︓Free&3)(30) <休憩︓10> 1510 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 4)アイデア発想(Zebraブレスト)(10+30) 5)アイデアスケッチの描き⽅(4分絵心教室、Plan3)(15) 6)描く時間(20) 1625 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 7)発表(洞察とアイデアを模造紙で)(⽅法︓ 3チーム相互プレゼン、 ファイナリスト登壇)(25) 8)まとめ(10) 1700 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 進行 イマココ 1-2 16 勝ち上ったチームには 良いことが︖︕
  17. 17. 本日の発想テーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “ 2025年のICTを用いた スマートライフのアイデア ” 社会インフラが整う2020以降には、街や暮らしが変わります。 家の中の⾏動をもっと良いものにする道具や、 ⽣活圏を元気に・便利にする仕組みのイメージを広げ、 新しいプロダクトやサービスを考案してみます。 ※新製品、新サービスのアイデアは、必ずしも、自分たちだけで出来なくてはいけない、という制限の中で なくとも結構です。 2025頃のICTが利⽤できれば、当然存在しているだろうものを描き出す、というスタンスで結構です。 ※そうした想起されたものから、自社の事業領域に引き戻して、ビジネスチャンスを⾒いだすこともあるでしょう。 そうしたものは、ご自身の今後のためにご自由にお使いください。 ※この場で出てくるアイデアは、参加者の共有材、だれもが皆のアイデアを使うことが出来る、という前提です。 ですので、どうしても守秘にしたい、開発中で直近、特許を取ろうとしている、というプランがあれば、 それは、出さないでおいてください。 ただ、イノベーションの上策は「オープンイノベーション、のちにクローズド戦略」ですので、 これぐらいの段階では、アイデアは出し合って育ててもらった⽅が得策ではあります。 1-3 ( スマートライフ ≒ スマートホーム + スマートシティ を包含する範疇です。スマートライフを省エネや蓄エネなどの賢いエネルギー管理の意味とする定義もありますが、ここではその範疇よりも、もっと広い概念を指します ) 17
  18. 18. 2 インプットワーク1 「スマートライフのプレゼンテーション」 18
  19. 19. 未来洞察 3 (インプットワーク2) 19
  20. 20. 出典資料名でググッて 更に詳細な情報を取り 「起こる変化から生じる商機」 を想像する 表⽰される「⼀⾏予測」の リストを⾒て 「何か気になる」や 「自分に影響する変化だ」と 感じるものをクリック (→ 出典資料名が表⽰される) 自分の描く事業の 「重要なワード」や 「当該の領域」や 「(例えば)2027年」で検索 〇〇 〇〇〇 事 業 □□□ 〇〇〇の未来 (未来年表のサイト) 出典資料名 詳細資料 □□□ ググる 未来年表 (※ 博報堂 生活総研の提供するWEBサービス を使った発想法) 20
  21. 21. という、技法(道具)を使って、今回はブレストをします。 さて、そのブレストの⽅法は︖(次へ) 21
  22. 22. Free & 3 気軽に言いっぱなしOKの ブレスト⽅法 良いアイデアは雑談から生まれる ふわっとした思い付きを 雑談的に出し合う (15) 気になる未来予測を 年表から拾いながら 各人、 1〜3つ書く (7) 順に一枚ずつ紹介、 他の人は類案集積 (8+α) 雑談 素描 収束 1枚に、以下の2つをセットで書く ◎想起材料となる未来予測 ◎想起されるアイデア(プロダクト・サービス) 22
  23. 23. Free & 3 気軽に言いっぱなしOKの ブレスト⽅法 良いアイデアは雑談から生まれる ふわっとした思い付きを 雑談的に出し合う (15) 各人、 1〜3つ書く (7) 順に一枚ずつ紹介、 他の人は類案集積 (8+α) 雑談 素描 収束 各自のスマホで 未来年表を検索しつつ、 気になる情報を⾒つけて 逐次共有していく (雑談的に言いっぱなしで結構です。) 印象に残った未来予測を メモカードに書く (1〜3つ) 元データを調べ 補足情報を加えてもOK (個々人の作業) 書いたものを順に共有していく その際に、類似するメモを 持っている人は、その場で メモを出し、内容を紹介する 23
  24. 24. 5 再開 15:10 24
  25. 25. ゼブラ・ブレスト (Zebra-BS) 4 25
  26. 26. 発想作業時の人々の状態を「集団⇔個人」を交互に。 ブレスト グループで ⼀人発想作業 ⼀人で 26
  27. 27. グ ル ー プ ⼀ 人 グ ル ー プ ⼀ 人 時間 グ ル ー プ 時間 チームで発想する、といったら、ずっと白熱の状態でいないといけない、という先入観がありますが、実は・・・ ずっと集団 < 「個人⇔集団」を繰り返す output 複数人で⾏う知的作業のデザインのコツとして、知っておくと便利です。 27
  28. 28. ⼀ 人 で 2分間、⼀人発想作業 (まずは⼀人で、アイデアを考えてみる) 軽く考え メモする。 グ ル ー プ 5分間、ブレスト (互いに、発想内容を言い、⽰唆を得る) ざっと、 話し合う。 深く考える。 書き出す。 ⼀ 人 で 8分間、⼀人発想作業 (沈思黙考し、アイデアを考える) グ ル ー プ 11分間+α、ブレスト (アイデアを共有しつつ、 話し合いながら良案を発展させる) 話し合い、 更に発展。 Zebra Brainstorming 28
  29. 29. 本日の発想テーマ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ “ 2025年のICTを用いた スマートライフのアイデア ” 社会インフラが整う2020以降には、街や暮らしが変わります。 家の中の⾏動をもっと良いものにする道具や、 ⽣活圏を元気に・便利にする仕組みのイメージを広げ、 新しいプロダクトやサービスを考案してみます。 ※新製品、新サービスのアイデアは、必ずしも、自分たちだけで出来なくてはいけない、という制限の中で なくとも結構です。 2025頃のICTが利⽤できれば、当然存在しているだろうものを描き出す、というスタンスで結構です。 ※そうした想起されたものから、自社の事業領域に引き戻して、ビジネスチャンスを⾒いだすこともあるでしょう。 そうしたものは、ご自身の今後のためにご自由にお使いください。 ※この場で出てくるアイデアは、参加者の共有材、だれもが皆のアイデアを使うことが出来る、という前提です。 ですので、どうしても守秘にしたい、開発中で直近、特許を取ろうとしている、というプランがあれば、 それは、出さないでおいてください。 ただ、イノベーションの上策は「オープンイノベーション、のちにクローズド戦略」ですので、 これぐらいの段階では、アイデアは出し合って育ててもらった⽅が得策ではあります。 お題 再掲 ( スマートライフ ≒ スマートホーム + スマートシティ を包含する範疇です。スマートライフを省エネや蓄エネなどの賢いエネルギー管理の意味とする定義もありますが、ここではその範疇よりも、もっと広い概念を指します ) 29
  30. 30. <ミニ・レクチャー> なんも思いつかない︕ という時のために (+知識の習得) これは、 時間がなければ割愛。 皆の興味次第でも、 有り無し、を調整。 30
  31. 31. 消費者向け製品やサービスの アイデアを発想する⽅法、6種 31
  32. 32. 消費者向け製品・サービスの アイデアのブレスト これを⼤量に観察 ↓ 魅⼒的なアイデアに⾄る発想の仕⽅ には いくつかのパターンがある 32
  33. 33. 未踏路線 熟成路線 無理路線 時間路線 意外路線 不苦路線 33
  34. 34. ざっくり、言うと・・・ • 未踏路線︓まだ“昭和のまま”の⾏動(体験)を、⾒つけ出す • 不苦路線︓「不」と「苦」を沢⼭集め、興味深いものを抽出 • 熟成路線︓既存の製品市場に、切りこむ • 無理路線︓ニーズはあるが⼿だてが無いことに、回り込む • 時間路線︓製品を使うには短すぎる⾏動を、分解してみる • 意外路線︓既存機能の意外な利用法で、ひねりを効かせる 34
  35. 35. 未踏路線 熟成路線 無理路線 時間路線 意外路線 不苦路線 35
  36. 36. 「既存に楽しさ」 • 既存の製品市場に、切りこむ • 自然なアプローチ – 機能の⾼度化 • 発想法 – ゲーム要素ブレスト 熟 • ゲーム要素をランダム に1〜2個選ぶ。 • 既存製品とその要素を 無理に組合せてみて、 それが意味を持つとし たら︖で、ブレスト 36
  37. 37. ━━━━━━━━━━━━ ゲーム要素Map ━━━━━━━━━━━━ の補助資料 熟 37
  38. 38. ArtArtBusinessBusiness FamilyFamily DarkDark だ ま 騙す 解く 創る 壊す 交渉する 導く 習う 命令する 探索する 逃げる 競争する 狩る 救う 売買する 騒ぐ 戦う (右脳的)(左脳的) 発想の仕⽅ ━━━━━━━ 熟成しユーザ層の⼤きい 製品を1つ上げる 例「換気扇」 ↓ 16個の要素の中から ランダムに1つ選ぶ 例「導く」 ↓ 製品×ゲーム要素、 これが意味を持つとしたら 何だろうか、と考えてみる 例「換気扇×導く」 ↓ 「換気で何かを導く︖ 人︖煙︖」 ↓ 「疲労を検知して、 コーヒールームへ導く」 「夕飯のできるころになると いい匂いで リビングへ導く」 マス市場の製品には なりにくいが、非常に ユーザ市場が広いため ニッチ⾼額製品でも 額は結構多くなる。 38
  39. 39. アイデアの描き⽅ 5 39
  40. 40. 模造紙に、皆で素描を、わいわいと(不整合な未来像もOK) で、その前に 40
  41. 41. 😥「アイデアはあるが、絵に描くのって難しいよ・・・ 」 41
  42. 42. 😥「アイデアはあるが、絵に描くのって難しいよ・・・ 」 😏「絵は得意。 ・・・でも、アイデアのどの要素を描くかが難しい・・・」 42
  43. 43. 😥「アイデアはあるが、絵に描くのって難しいよ・・・ 」 😏「絵は得意。 ・・・でも、アイデアのどの要素を描くかが難しい・・・」 ・・・いろんな⽅がいますよね。 “わいわい描き広げ” の前に、 描くコツのセミナー、ちょっとだけ、やりましょう。 43
  44. 44. 4分 絵心教室 頭の中のアイデアを、 絵に描くための ミニマム・ノウハウ (⼀緒に書きながら、聞いてください) 44
  45. 45. 4分 絵心教室 • 顔=【輪郭は○】+【口】+【目】+【眉】 • 人=棒人間の【胴体を□】で描く • モノ=【細線】+【太い輪郭】+【機能部分カラー塗り】 • 雰囲気=まんぷ「€」、吹き出し「⼆重線」、点々輪郭 (技法原典「タムラカイ氏」「〃」「IAMAS⼩林茂先生」「漫画学部のノウハウ」) 45
  46. 46. 目 ギュッ つむ わら ぱち きょう 口 いう つむ ちぇ えー ほー 眉 つり そり やま さがしず 顔=【輪郭は○】+【口】+【目】+【眉】 46
  47. 47. 人=棒人間の【胴体を□】で描く 47
  48. 48. モノ=【細線】+【太い輪郭】+【機能部分カラー塗り】 48
  49. 49. 雰囲気=まんぷ「€」、吹き出し「⼆重線」、点々輪郭 49
  50. 50. マーカーなので、かき直せないのが⾟い︖ ↓ 仕上がりを気にせず描くことが⼤事。 描き損じたら、ポストイットを上張りし、修正すればOK なんだったら、最初に、A4ぐらいの紙に描いて、それを切り貼りしてもOK 「上手く描こう」という枷(かせ) を外し 「描いて、直して、描いて」 をすること 補足︓ 50
  51. 51. 企画の最⼩骨格「Plan3」 この3要素をはっきり させるだけで、 アイデアはとても 伝わりやすくなる 51
  52. 52. アイデア 【Plan 3】 企画の最⼩骨格 52
  53. 53. アイデア 【Plan 3】 企画の最⼩骨格 何を(製品・サービスの具体的中身) 誰に(想定する顧客) 狙い(顧客に、どんな価値を提供する︖) あるいは、 (顧客が片付けようとする用事にどう役⽴つ︖) 53
  54. 54. アイデアスケッチを描くとき、3要素を意識して書くと、良く伝わります 何を(製品・サービスの具体的中身) 誰に(想定する利用者) 狙い(顧客に、どんな価値を提供する︖) あるいは、 (顧客が片付けようとする用事にどう役⽴つ︖) 54
  55. 55. 三要素は、描出しやすい⽅法で表現すればOK (短文やタイトルを入れる描き⽅もOK) 絵のみ スタイル もOK︕ 絵と短文 スタイル もOK︕ 絵と短文とタイトル スタイル もOK︕ 55
  56. 56. 描く時間 6 56
  57. 57. ⼤きな紙に描き広げる(多少は不整合でもOK) 皆でわいわいと、同時並⾏で、1つの模造紙の上に、 これまでのアイデアやその⼟台となった未来洞察を描く。 (今回は、短時間なので各自の描くことの整合性がなくてもOK。) 20分 短いです︕ 57
  58. 58. 発表(プレゼン・トーナメント) 場から良案を抽出 7 58
  59. 59. • 3つのチームが集まる。 • じゃんけんで順番を決める(勝った順に、プレゼン) 59
  60. 60. 3分間で、出来るだけポイント(アイデア、未来洞察)を伝えよう (描いていないことを言うのもOKです。が、時間内で) (2:45でタイマー → 発表をしめてください) 60
  61. 61. もっともよい内容のチームをセーノで、指さす(自チーム以外を) 投票 3点 6点 3点 ※各班の人数が不ぞろいの場合は、 各班のリーダに投票権をゆだね、 リーダだけが、指さす。 ※⼀位同点の場合は、 じゃんけんで決める。 61
  62. 62. ファイナリスト登壇 7-2 62
  63. 63. 代表チームのプレゼン(3分)(グループ4全員登壇) 63
  64. 64. 振り返り・メッセージ 8 64
  65. 65. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 ⽅向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる⼤量のアイデア・選択肢を⼿に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 65
  66. 66. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 ⽅向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる⼤量のアイデア・選択肢を⼿に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 66
  67. 67. アイデア創出ワーク・プロセス ポイント ・どのフェーズの会議をするのか、皆で初めに確認。 ・発散と収束は同時にしない。時間で分ける。 ・そのテーマに⼗分な情報が無いときは、集めてから⾏う。 設定する問題を捉え、定義する 強化する重要な懸念点を抽出し、 対策案を考案する 他 情報収集 ⽅向付 分析 具体化 精緻化&プラン アイデアを精緻にし、 プランにする ━━━━━━━━━━━━━━━ 説明 クライアント が語るべき 6つのこと 拡げる⼤量のアイデア・選択肢を⼿に入れる 絞るアイデアを評価し、良案を抽出する version:2016-05-17 ━━━━━━━━━━ ⽯井⼒重(IDEAPLANT) 研磨 洞察 観察 今回は、このフェーズを やっていませんが 本当は、良い発想には、 とても⼤事です。 67
  68. 68. (質疑応答) 68
  69. 69. Creative Cognition 実験 ↓ 未踏の闇を⾏く信念 メッセージ 69
  70. 70. 創造的認知 いくつかの実験 70
  71. 71. いくつかの「記号」を与える ↓ 組み合わせでデザインを考案する 71
  72. 72. tf0 やっていくうちに、閃いていく。 人の認知には、そういうところがある。 72
  73. 73. 最後のメッセージ︓ ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 未踏の闇に対して、 人の認知の⼒という“光“は、それほど強くない。 せいぜい、⼆歩先を照らせる程度である。 「そんなのやっても無駄だよ」というのは 「⼆歩先の中には⾒えない」だけのこと。 『自分でもよく分かんないけど、 可能性は、なんか、感じる・・・』 なら、それをハッキリ認識するには、 奥まで、闇の中を歩いてみるしかない。 可能性を感じるなら、まずは、目の前の⼆歩を⾏く 73
  74. 74. 未踏の闇を行く信念 74
  75. 75. (・・・とはいえ、つらいもんはつらい、ですよね) 75
  76. 76. 創造の人は、発露を反射してくれる人が いると、回転数を挙げられる どんなに頑張る人でも、だれも輻射熱を かえしてくれなければ、いつか冷える。 76
  77. 77. あなたの発するものに、共振し、 それを反射してくれる人が この場には、 たぶん、たくさんいます。 ぜひ、いろんな人と、 創造的な話し合うムードを 持続、発展させてください。 部署の中・部署の外にブレストできる友人が いることって、 結構、⼤きいんです。 77
  78. 78. (本日の皆さんの様⼦です︓30秒) 78
  79. 79. 石井力重 アイデアプラント代表 http://ishiirikie.jpn.org/ www.ideaplant.jp 79
  80. 80. このファイルの利用許諾について ◎受講者の⽅で、このファイルをご希望の⽅には、 各社事務局さんへ、メールで依頼して、ファイルを受け取ってください。 (受講日から三日以内は受け取りが可能です。 それ以降は、事務局さんの負担を下げるために受け付けません。) 〇社内活動や社内研修のスライドに用いる、あるいは、無料配布物などに用いる 場合は、許可なく、引用・抜粋改変して用いて結構です。 ただし、原典の作者は明記してください。 〇商業出版物や有償の研修などに 転載、もしくは、⼀部の加筆修正をして掲載したい場合は 事前にご相談ください。 (引用、の範囲を⼤幅に超えると判断される場合は、 無料利用許諾はできない場合があります。) 80

×