Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

県岐商_商品開発の授業 Extra day(3と4の間)

861 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

県岐商_商品開発の授業 Extra day(3と4の間)

  1. 1. 商品開発の授業 〜⾯⽩いアイデア、育つ商品を⽣み出そう〜 6時間× (6+1)回 講師:⽯井⼒重(アイデアプラント、早稲⽥⼤学) 会場:岐⾩県⽴商業⾼校 Ver.005 1
  2. 2. 第1回 (7/12開始) 第2回 (10⽇後) 第3回 (8⽇後) 第4回 (20⽇後) 第5回 (41⽇後) 第6回 (46⽇後) 構想説明 • 思想 • 構成 事業化努⼒ • 宿題のプレ ゼンT 準備運動 • SCAMPER プレゼンの予 ⾏演習 事業開発の経 過報告 事業開発の経 過報告 準備運動 • Brainstormi ng Card 準備運動 • 連想の4法 則(ASOPICA) 商機 • メガトレン ドの傍流 アイデア・ ショーケース (プレゼン) 準備運動 • 6観点リス ト 事業開発の今 後の展開につ いて 商機 • 世の困り事 から抽出 商機 • 理想解から 戻ってくる アイデア創出 • フリップB ブレスト 候補企業さん との意⾒交換 会 PR⽅法の講義 (三重のNPOセン ター⻑、⽶⼭さん) 商機(上級レクチャ) • はてなタクシー • 未来年表 • あるもの探し • 価値交換 アイデア創出 • スピードス トーミング アイデア創出 • ブレインラ イティング 事業化努⼒ • 宿題のプレゼ ン(全員) 独⾃事業化を ⾏う案の検討 会 アイデア創出 • ブレスト (PR⽅法) アイデア創出(〃) • 連想の4法則 • 創造⼒の使い⽅ • ブレストの本質 • 属性分析 企画練成 • 「誰に、狙 い、内容」 企画練成 • 6W3Hシー ト 企画練成 • Plan to Biz プレゼン 事業化WGを 結成する 企画練成 • PPCO(事業 化課題へ) 事業化努⼒ • ビデオプレ ゼン 事業化努⼒ • ビデオプレ ゼン 事業化努⼒ • ⼝頭プレゼ ン 事業開発(根の努⼒)各項 ⽬のアイデアを出す 項⽬ごとに、グループ内か らテーマリーダーを決める メッセージ • 収益性と顧客 への愛 宿題(各⾃) • やりたい案→6W3H 宿題(各⾃) • メガトレンド調べ • 理想解でアイデア 発展&6W3H反映 宿題(Team) • チーム形成 • 発案→6W3H • コンセプトテスト • プレゼン練習 宿題 • 上記の続き • 事業化の活動をは じめる 宿題 • 戦略的にPR • 事業化活動(主・ 補佐) 宿題 • 徹信 • 創造的努⼒の習慣 2 Extra 回(8/26 )(25⽇後)
  3. 3. 3 Extra DAYのための中間報告 プレゼン内容を、⽯井へ送ること (パワーポイントで作る。) 期⽇:8⽉23⽇(全グループ分を⼀括で送ってください) (このタイミングまでに、何をどのように進めるかを計画し、実⾏しながら過ごすこと)
  4. 4. 4
  5. 5. extra回 商品開発の授業 〜⾯⽩いアイデア、育つ商品を⽣み出そう〜2014年8⽉26⽇(⽕)10:30〜17:50 アイデア創出企画コンセプト 商機発⾒事業化努⼒ 練成 5
  6. 6. 6 Extra DAY 進⾏10:30〜17:50 Extra 回(8/26) 10:30 本番と同じプレゼンを実施(後半組みは、模擬経営者役)(5分+質疑3分) オーディエンスからの質問あり(諸先⽣⽅、関係者) 模擬経営者からの質問(想定する企業の社⻑、副社⻑になって、本気でぶつけよ) チェック(of ⽯井) ・Creative Idea のCheck(新しい?有⽤性は?) ・SFは+か? ・回せる? ・儲かる?(顧客は何故、それをその値段で買う?)(競合ないの?) ・強みに依拠してる?(組む前提なら具体的にどこ?相⼿はその提案に乗る?) 20×3 +30 12:00 昼休憩60 13:00 午前と同じ(後半3チーム)に対して⾏う。 20×3 +30 休憩10 14:40 チームで、フィードバック内容の反映⽅法を議論。 プランの⾒直し。残り⽇数での具体的な活動を列挙する。スケジュールを⽴てる。全部 やれないなら⾒直す。全部できるなら、それを全部クリアしたときに、充分なビジネス プランにしあがるかをチェック。Noならプランから練り直す。 90 16:10 質疑応答(何が不安、アイデアもっと広げる?それとも?) (知識のインストールより、⼀緒に、考えよう) 60 17:10 メッセージ+バッファ40
  7. 7. 7 10:40〜12:00 本番と同じプレゼンを実施(後半組みは、模擬経営者役)(5分+質疑5分) オーディエンスからの質問あり(諸先⽣⽅、関係者) 模擬経営者からの質問(想定する企業の社⻑、副社⻑になって、本気でぶつけよ) チェック(of ⽯井)(10分) ・Creative Idea のCheck(新しい?有⽤性は?) ・SFは+か? ・回せる? ・儲かる?(顧客は何故、それをその値段で買う?)(競合ないの?) ・強みに依拠してる?(組む前提なら具体的にどこ?相⼿はその提案に乗る?) 10:40〜 チームA 11:05〜 チームB 11:30〜 チームC PC(パワーポイント) にて実施
  8. 8. 8 本番と同じプレゼンを実施(交互に、模擬経営者役。CEOも決めて) Dグループ(想定企業のCEOになって、聞く) Aグループ(プレゼンする) 社⻑ 副社⻑ □□部⻑ 〇〇部⻑ プレゼン 厳しい質問 午前はA,B,C (午後はD,E,F) そうてい企業になってシビアな質問・鋭い質問を、質問を浴びせる!
  9. 9. 9 PC(パワーポイント) にて実施 13:00〜14:30 本番と同じプレゼンを実施(後半組みは、模擬経営者役)(5分+質疑5分) オーディエンスからの質問あり(諸先⽣⽅、関係者) 模擬経営者からの質問(想定する企業の社⻑、副社⻑になって、本気でぶつけよ) チェック(of ⽯井)(10分) ・Creative Idea のCheck(新しい?有⽤性は?) ・SFは+か? ・回せる? ・儲かる?(顧客は何故、それをその値段で買う?)(競合ないの?) ・強みに依拠してる?(組む前提なら具体的にどこ?相⼿はその提案に乗る?) 13:10〜 チームD 13:35〜 チームE 14:00〜 ⼩休憩 14:05〜 チームF
  10. 10. 10 ⾃分達だけじゃできない事業は、誰か(どこか)と組む ↓ じゃあ、どういう企業が候補になりえるのか。
  11. 11. 11 パートナー候補クライテリア 企業が開発的に投資できる⾦額はいくらか? 売り上げの4%も投資できたらとても⼤きい。イノベーション企業の⽔準。 仮に最⼤でみつもり4%を採⽤するとして、 売り上げが1億円の⼩規模の企業なら、400万円。 開発、試作、⼩ロット⾼コスト製造、販売、代⾦回収、顧客対応・不具合対応の リアルコスト&担当者の⼈件費を、その中でまかなう、ということになる。 かなり簡単に作れて、売る作業をこちら側で担う、と⾔うところまでして、 ようやく可能性が出てくる。(そして売って、収益化していく覚悟もいる) 組むべき相⼿が、10億円の売り上げならば、4000万円。ただし、すべてをこちらの 案件に使うというのは、勝⼿すぎる想定であり、これよりもっと少ないと 思っておかないといけない。 じゃあ、売り上げが1000万円の企業は?40万。この中で出来ることは何がある? 可能性がゼロだろうか。これはこれで、創造的に可能性をつむぎだせるだろう。
  12. 12. 12 組みたい候補企業がみつかったら: これ、今回までに、 どれほどやった? 具体的に何をしたか、 教えてください。 その会社の事業や開発投資動向を、ネット記事や新聞やIR情報から、良く調べよ。 どんな事業に意欲的か、どういう⽬線で事業をしているかを良く知ることなしに 相⼿と組めるわけがない。 また、1社だけしか候補がないと、そこに断られたら終わりになってしまう。 2社以上の候補企業をみつけて、それら企業の事業や開発投資動向をしらべておく。 どの企業からまず当たりたいかも、議論しておくこと。
  13. 13. 13 14:40〜16:10 チームで、フィードバック内容の反映のしかたを議論。 プランの⾒直し。 残り⽇数での具体的な活動を列挙する。 スケジュールを⽴てる。 →【全部やれないなら】=活動計画の議論へ戻る(練り直し) →【全部できるなら】=それを全部クリアしたときに、 みんなの使える時間の 合計を超えた活動計画 にしないこと。活動に かかる時間をも積もる のもリーダーの⼒ 充分なビジネスプランにしあがるかを検討。 →【Noなら】=活動計画の議論へ戻る。(練り直し) →【Yesなら】=本⽇のミッション、クリア
  14. 14. 14 16:10〜17:10 質疑応答 (何が不安、アイデアもっと広げる?それとも?) (知識のインストールより、⼀緒に、考えよう) 17:10〜 メッセージ+バッファ
  15. 15. 15 宿題for Day4 ● マイルストーンを作れ ● タイムキーパーを作れ 起業を学ぶ、というのは、楽しい⼈⽣を⽣きる⼒を⾝につけること。 しかし、楽して⽣きる道とは違う。 情熱量の⾜りない者は、⽣き残れない。 さりとて、根性論だけでもだめ。 正しい努⼒の仕⽅をしないと無駄になる。 クールに計画し、全⼒で進むこと。実践して⾝に着けよ。
  16. 16. 16 先⽣⽅へのお願い 次の⼆枚をご覧ください。 企業さんへのご案内が掲載されています。 1)8⽉28⽇までに、リスト表の中⾝を完成させてください。 2)9⽉1⽇までに、関係者(県庁さんや、協⼒してくださる⽅・組織)へ 企業さんをご招待いただけるように、協⼒依頼をしてください。 (その際に、次の⼆枚を、適宜書き直してお使いください) (※駐⾞場の利⽤を希望される⽅へのご案内も添付してください。) 3)協⼒依頼をした⽅に、9⽉11⽇頃、協⼒への御礼と、 打診後の感触をそれとなく聞くような*** お電話をお願いします。 それが、やんわりとした、プッシュになるでしょう。
  17. 17. お願い(県岐商を応援してくださっている関係者の皆様へ) 学⽣達の取り組みに対して、事業化について真剣に向き合って くださる可能性のある企業さんに、 ショーケースのご案内(次ページ案内⽂章)を お送りいただき、お誘いいただけましたらば、幸いです。 ご案内をお送りいただきたい企業さん ◎ 提案するプランと事業領域が近い企業さん あるいは、 ◎ 新製品開発や新しい取り組みに意欲的な企業さん
  18. 18. 県岐商「アイデア・ショーケース」のご案内 岐⾩県⽴岐⾩商業⾼校では、3ヶ⽉にわたり学⽣達による商品構想活動を⾏ってきました。この度、アイデア・ショーケースと題して、新 商品構想の公開プレゼンテーションの場を設けることとなりました。 つきましては、6つの学⽣チームの企画した商品アイデアの発表に対して聴講者として参加してくださる企業さんを募集しております。 当校としては、これらのプランは、地域企業の皆様と事業化への努⼒を展開し、全国区の商品へと育ててゆきたいと考えております。プ ランや本取り組みにご興味あれば、ぜひご参加ください。 なお、ご参加くださる場合には、下記リストの中で、御社の事業領域に近い製品プラン、あるいは、共同での開発に向けて検討できる余 地があるプランがあれば、右端の記⼊欄に〇印※をお付けください。該当プランの発表時には優先席にお座りいただけるようにします。 (〇印は、複数お付けいただいても結構です。) ⽇時:2014年9⽉15⽇(⽉・祝)13:00〜15:00(開場12:50) (その後、約1時間ほど、プランごとに分かれてのブレインストーミング・タイムがあります。こちらへの参加は必須ではありません。) 場所:県⽴岐⾩商業⾼校4階メディア教室(?) (駐⾞場は、事前にご連絡いただいたナンバーの⾞のみ、お停めいただけます。別紙「駐⾞場のご案内」をご覧ください) 発表予定アイデア・リスト: プラン名概要※記⼊欄 1 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇□□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ □□□□ 2 3 4 5 6 2014⽉8⽉吉⽇ 岐⾩県⽴岐⾩商業⾼校 ※参加応募の締め切りは、9⽉12⽇の朝12時です。 申し込みは、岐⾩商までこの紙⾯のをAXいただくか、お電話ください。 アイデア・ショーケース担当“〇〇” FAX **** 電話:***** 御社名: お名前(役職): お電話:
  19. 19. 19 ⽤意いただきたいもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 機材 □ノートPC(パワーポイント、PDFビューアーの⼊っているもの。全チームのプレゼンが⼊った状態で) □タイマー(チーム⽤、タイムキーパー⽤) □差し棒1本 □スライドをめくるためのマウス(あれば無線マウス。無ければナシで結構です。) 1つ □書画カメラ(なにかアナログ物を⾒せたいチーム⽤に) □マイク3つ( プレゼンター⽤、企業さん⽤、司会=⽯井⽤) 印刷物 □印刷⽤スライド【A4】モノクロでOKです【⼀⼈⼀セット】→添付“ ExtraDAY(印刷⽤)“ □関係者⽤配布物× 10セット(ホチキス⽌め) →添付“ご案内の3枚セット” 常備品 □マーカー(太くかけて、うらうつりしないもの)(⼈数分) □A4,A3,適宜(前にどさっと。必要な⼈⽤) 特殊なもの→ 前回のあまり分だけでOKです □ポストイット・ラベルシール(フリップ貼り付け⽤)×100⽚×8班 □ポストイット・ラベルシール(6W3Hシート貼り付け⽤)×70⽚ ↓ http://www.a‐one.co.jp/product/search/detail.php?id=84265 あわせて、1パックでOK □丸型シール(100⽚) ↓ http://www.a‐one.co.jp/product/search/detail.php?id=86928 1パックでOK 講師の持参物 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ノートPC □無線マウス □マーカー
  20. 20. 20 席の構成 本番と同じ形式にします。 スライド 講師席 企業さん机 3.5m 企業さん机企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 企業さん机 Nextチーム控え席 Nextチーム控え席 ⽣徒席 ⼣⽅のグループ 作業⽤の机は、 こちらに はけておく ⼊り⼝

×