Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
第5回 
商品開発の授業 
〜⾯⽩いアイデア、育つ商品を⽣み出そう〜2014年10⽉27⽇(⽉) 10:30〜17:50 
商機発⾒アイデア創出企画コンセプト 
練成 
26 
事業化努⼒
DAY5 進⾏10:30〜17:50 修正バージョン 
10:30 P.事業開発の経過報告(プレゼン形式。できるところのみ。 
チーム解消もOK⇒今⽇は⾛れるチームを題材に) 20 
10:50 イマジネーション・ストレッチ「Creative ...
28 
事業開発の経過報告(20分) 
・プレゼン形式。できるところのみ。 
・チーム解消もOK 
・今⽇は⾛れるチームを題材に)
29 
今⽇のイマジネーション・ストレッチ(20分) は・・・ 
Creative applications(⽤途創造) 
テーマ:大量のあひる(玩具)
30 
今⽇のイマジネーションの準備運動は、 
「⼤量在庫のあひる(玩具)」を「宝(商業的価値)」に変えてみる、 
というお題(Creative applications型)でのブレストです。 
仮想の状況 
◎ 470,000個のアヒル(玩具...
31 
レクチャー1.アイデアを磨く⼿法「PPCO」(50分) 
アイデアは考えだせても 
事業化への活動をはじめると、 
しょっちゅう、考えてなかったことでつまづく 
もっと効果的にアイデアをブラッシュアップしたい! 
でも、それって、なにし...
PPCO ( アイデアの実現可能性を上げる技法) 
3 
1 
2 
1 
2 
3 
PP C O 
Plus Potential Concern Overcome 
32 
懸念点 
(上位抽出) 
良い点を最⼤限まで 
掘り出すブレスト ...
33 
レクチャー2.PR⽅法の講義(120分) 
(講師:NPO法⼈Mブリッジ理事⻑⽶⼭哲司⽒) 
このスキルがあると無いとじゃ、⼤違い。 
商品開発〜事業開発において、強⼒な武器、プロから学ぼう
34 
ブレインストーミング(30分) 
<題材案件のPRアイデアを出してみよう>
35 
レクチャー3.商品開発活動の全ステップを学ぶ 
「商品開発50カード」 
(あひるビジネスのアイデアを題材に) 
この授業は、実際どこまでやっているの?他に何があるの? 
⇒ 4/50 (うっすらのものを含めても8/50) 
今から話す...
36 
商品開発50カード
37 
進め⽅⼯夫:⼀枚ずつ、“歩を進めながら”説明します 
1)各⼈の担当するカードを決めます 
2)話がそのカードまで進んだら、⽯井と考えを対話形式で答えてもらいます 
3)なので、⾃分が選んだカードの内容を 
(間違っててもいいので汲み取...
38 
m.まとめ 
・次回までの活動についてアドバイス 
⇒(事業化活動をすすめる、or、アイデア出しから再構築) 
(メンターを⾒つけよう) 
・次回の講義内容(予定)を案内 
⇒ 皆さんから、ニーズがあれば、それにそって軌道修正します。
10:30 
P.事業開発の経過報告(各チーム25分プレゼンテーション×3) 75 
11:45 0.アドバイス(事業開発の今後の展開について) 15 
12:00 昼休憩(教員チームでの検討) 60 
13:00 1.商機発⾒(上級レクチャ)...
40 
準備物リスト 
ご準備いただきたいもの(⽶⼭さんの提⽰されたものの他に) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
□ノートPC ・・・1台 
□マイク・・・できれば2本 
□ホワイトボー...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

県岐商_商品開発の授業 Day5

1,331 views

Published on

県岐商のSPHの授業「商品開発」のDAY5です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

県岐商_商品開発の授業 Day5

  1. 1. 第5回 商品開発の授業 〜⾯⽩いアイデア、育つ商品を⽣み出そう〜2014年10⽉27⽇(⽉) 10:30〜17:50 商機発⾒アイデア創出企画コンセプト 練成 26 事業化努⼒
  2. 2. DAY5 進⾏10:30〜17:50 修正バージョン 10:30 P.事業開発の経過報告(プレゼン形式。できるところのみ。 チーム解消もOK⇒今⽇は⾛れるチームを題材に) 20 10:50 イマジネーション・ストレッチ「Creative applications:あひるビジネス」 1.アイデアを磨く⼿法「PPCO」 70 12:00 昼休憩(各案件の進捗の共有) 60 13:00 2.PR⽅法の講義(講師:三重のNPOセンター⻑、⽶⼭さん) ・伝える⼒ ・⼼をつかむキャッチフレーズ ・タイムマシンを開発したらどう広報するか? 120 15:00 休憩10 15:10 ブレインストーミング<題材案件のPRアイデアを出してみよう> 30 15:40 休憩10 15:50 (あひるビジネスのアイデアを題材に) 100 3.商品開発活動の全ステップを学ぶ「商品開発50カード」 17:30 (〜17:50) m.まとめ(次回の予定を案内。次回までの活動についてアドバイス) 宿題紹介(事業化活動をすすめる、or、アイデア出しから再構築) 30 27
  3. 3. 28 事業開発の経過報告(20分) ・プレゼン形式。できるところのみ。 ・チーム解消もOK ・今⽇は⾛れるチームを題材に)
  4. 4. 29 今⽇のイマジネーション・ストレッチ(20分) は・・・ Creative applications(⽤途創造) テーマ:大量のあひる(玩具)
  5. 5. 30 今⽇のイマジネーションの準備運動は、 「⼤量在庫のあひる(玩具)」を「宝(商業的価値)」に変えてみる、 というお題(Creative applications型)でのブレストです。 仮想の状況 ◎ 470,000個のアヒル(玩具)がLOB部に寄付されました。 ◎ ほぼ完全品ですが、ちょっとB品や不良も⼊ってます。 ◎ その平均的なサンプルがこれです。(きりよく47個あります) ◎ この⼤量のあひるは、どう使ってもOK、あなたの⾃由です。 ◎ これを活かして収益を上げてください。 ◎ もっとも良いビジネスを考案した学⽣チームの総取りです。 (ほしくない、という声は無視して)47個全部、差し上げます! ◎ ブレスト時間は12分。 ◎ ビジネス案を1枚に書く(3分:時間厳守。⽩紙はNG) ◎ 各チーム60秒プレゼン(採点は、⽯井の独断です!)
  6. 6. 31 レクチャー1.アイデアを磨く⼿法「PPCO」(50分) アイデアは考えだせても 事業化への活動をはじめると、 しょっちゅう、考えてなかったことでつまづく もっと効果的にアイデアをブラッシュアップしたい! でも、それって、なにしたらいいんだろう・・・?
  7. 7. PPCO ( アイデアの実現可能性を上げる技法) 3 1 2 1 2 3 PP C O Plus Potential Concern Overcome 32 懸念点 (上位抽出) 良い点を最⼤限まで 掘り出すブレスト あらん限りの懸念点 を挙げるブレスト 漠とした懸念点は、 具体的な懸念点へ。 「重要だ」と思うも のに☆印をつける 1つの懸念点に絞っ て対策案をブレスト 上位3つのみでOK。 4位以下は対策無⽤。 仮に実現できたら、 期待できることを。 ☆の多いものの中か ら上3つを選ぶ。 ⻩の Post‐it 緑の Post‐it ⻘の Post‐it
  8. 8. 33 レクチャー2.PR⽅法の講義(120分) (講師:NPO法⼈Mブリッジ理事⻑⽶⼭哲司⽒) このスキルがあると無いとじゃ、⼤違い。 商品開発〜事業開発において、強⼒な武器、プロから学ぼう
  9. 9. 34 ブレインストーミング(30分) <題材案件のPRアイデアを出してみよう>
  10. 10. 35 レクチャー3.商品開発活動の全ステップを学ぶ 「商品開発50カード」 (あひるビジネスのアイデアを題材に) この授業は、実際どこまでやっているの?他に何があるの? ⇒ 4/50 (うっすらのものを含めても8/50) 今から話すことは、将来、挑戦する時の肥やしになります。 開発成功のノウハウ、つまびらかに全部出します。
  11. 11. 36 商品開発50カード
  12. 12. 37 進め⽅⼯夫:⼀枚ずつ、“歩を進めながら”説明します 1)各⼈の担当するカードを決めます 2)話がそのカードまで進んだら、⽯井と考えを対話形式で答えてもらいます 3)なので、⾃分が選んだカードの内容を (間違っててもいいので汲み取って、お題に対して)考えておいて下さい でかい カード でかい カード でかい カード でかい カード 学⽣ ⽯井 内容的には***なんだけれど、 今回のテーマで具体的にはどうい ういう⾵がいいと思う? そうですね、、、 例えば、□□□みた いにしたらどうで しょう?
  13. 13. 38 m.まとめ ・次回までの活動についてアドバイス ⇒(事業化活動をすすめる、or、アイデア出しから再構築) (メンターを⾒つけよう) ・次回の講義内容(予定)を案内 ⇒ 皆さんから、ニーズがあれば、それにそって軌道修正します。
  14. 14. 10:30 P.事業開発の経過報告(各チーム25分プレゼンテーション×3) 75 11:45 0.アドバイス(事業開発の今後の展開について) 15 12:00 昼休憩(教員チームでの検討) 60 13:00 1.商機発⾒(上級レクチャ)【仮】 • はてなタクシー • 未来年表 • あるもの探し • 価値交換 120 15:00 休憩10 15:10 2.アイデア創出(上級レクチャ)【仮】 • 緻密に特性を拾って分けて発想する分析的な発想法「属性分析」 • 意外な⾔葉の組み合わせから発想する「ブルートシンク」 • ゲーム要素MPA • ストーリー要素カード 120 17:10 休憩10 17:20 m.メッセージ「収益性と顧客への愛」20 (〜17:50) • m.まとめと宿題紹介(徹信、創造的努⼒の習慣) 20 17:20 DAY6 進⾏10:30〜17:50 (予定) 39
  15. 15. 40 準備物リスト ご準備いただきたいもの(⽶⼭さんの提⽰されたものの他に) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □ノートPC ・・・1台 □マイク・・・できれば2本 □ホワイトボード・・・(できれば2⾯以上) □プロジェクター・・・1台 □A4⽩紙・・・30枚/チーム □ペン・・・4,5本(いろんな⾊)/チーム(各⾃の筆記⽤具でもOK) □ポストイット3⾊(できれば、サイズ=75×75mm、⾊=⻩、緑、⻘) ・・・50枚/チーム □印刷物(①②は、すでに依頼済みです。念のため書きます) ①50カード(をA3⼀枚にまとめたもの) ・・・⼀⼈⼀枚 ②50カード(カードをA3に出⼒した50枚セット) ・・・1セット/全体 ③印刷⽤スライド・・・⼀⼈1セット(モノクロで結構です) 講師が持参するもの ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □あひる(玩具)・・・⼤量(47個) □ボードマーカー、⾳楽、タイマー

×