Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【学会発表2016-1】"アイデアを書くため専用のメモ用紙「猫の手」"(日本創造学会、第38回、名桜大学)

1,154 views

Published on

学会発表のスライドを掲載します。

発表の中身を大つかみに紹介しますと、以下のとおりです。

◎アイデア出しをする際に、良く使う消耗品は、【ポストイット】と【模造紙】です。それらは汎用用途のアイテムであり、アイデア創出専用に絞ることで、もっとアイデア創出作業を良くできるのではないか、という着想は多くの人が繰り返し思いついてきました。
◎アイデアプラントは、そのデザイン開発に取り組み、「猫の手」という連結の機能を持ったメモ用紙を制作しました。

◎そして、98名の方に、それを用いたアイデア創出作業を体験してもらい、アンケートを分析し、アイデア創出の促進効果として、重要な要素を簡単に分析してみました。

◎重要な要素は、想定していたものもありました。しかし、予想よりもはるかに強い要素もありました。「形がかわいいこと、手作業がたのしいこと」というものが予想よりもずっと多い要素でした。

◎また、多くの人が言及したのが、”「発想を書く行為」と「全体との構造・位置づけをする行為」を分割できること”や、”話の流れの途中の分岐にもどって別のアイデアを展開しやすいこと”が挙げられていました。

◎ポストイットや模造紙やあるいは、放射状のメモを書くソフトウエアで、絶対にできない作業ではありませんが、短時間のグループワークにおいて、発想を引き出していく作業をブーストする、という点では、このメモ用紙の特徴が効くようです。


以上、論文の中身に厳密に依拠して書いていませんが、発表したことの大意としては、そんな内容でした。

Published in: Science
  • Be the first to comment

【学会発表2016-1】"アイデアを書くため専用のメモ用紙「猫の手」"(日本創造学会、第38回、名桜大学)

  1. 1. 第38回日本創造学会研究大会in沖縄 研究発表(⽯井⼒重1) アイデアを書くため専用のメモ用紙「猫の手」 A Special Note Paper for Brainstorming “NEKONOTE” 1 ⽯井⼒重 Rikie Ishii アイデアプラント 代表 早稲田大学 非常勤講師 rikie.ishii@gmail.com 2016年11月5日 15:00〜15:30 名桜大学 生涯学習推進センター研修室 C会場 (C) 2016 IDEAPLANT
  2. 2. 【発表の概要】 • 多くのグループワークでは、アイデアを書き出す際に、 各人がポストイットに書いて、次々並べていく作業や、 皆で1枚の模造紙に、アイデアを放射状に書き出す作業が よくなされる。 • このグループでアイデアを書き出す⾏為を より良くする道具の開発を試みた。 • 具体的には、 連結のための構造をもった 特殊なデザインのメモ用紙である。 • 百名弱に体験してもらい、自由記述形式のアンケートに 回答してもらった。各意⾒から、発想を促進している要素を 抽出し分類した。 • 発想作業の道具に重要な要素を考察した。 2(C) 2016 IDEAPLANT
  3. 3. 1.従来の方式、開発の狙い 3(C) 2016 IDEAPLANT
  4. 4. グループでの発想作業では 「ポストイットに、⼀葉⼀案形式で書く」方法や 「模造紙に、発想展開を放射状に分岐する形式で書く」(※) 方法が、よくなされる。 (※)多くの場合、模造紙に書く時は、マインドマップの形式が 用いられる。しかし、それ以外の自由な書き広げ方も⾒られる。 本論ではそれらを包括して「放射状のメモ」と表記する。 4(C) 2016 IDEAPLANT
  5. 5. このグループでアイデアを書き出す⾏為を、 より良くする道具として 「アイデア書き出し用のメモ用紙」 の開発に取り組んだ。 5(C) 2016 IDEAPLANT
  6. 6. 2.アイテムのデザイン 6(C) 2016 IDEAPLANT
  7. 7. (デザイン開発の経緯) 過去に、多様なワークショップにおいて、 人々がアイデアを描き出す作業を観察した。 そこから、デザインの工夫として、 次の3つの観点を得た。 7(C) 2016 IDEAPLANT
  8. 8. 派生の触発 派生意⾒を触発するようにしつつ、 一方で、遂⾏が容易なように、 “派生を3つ促す”ような形状にデザインした。 デザインの工夫 ① 8(C) 2016 IDEAPLANT
  9. 9. 繋がりと再配置 構造化のための繋がりが物理的に形成される ようにしつつ、 一方で、要素の再配置が容易なように デザインにした。 デザインの工夫 ② 9(C) 2016 IDEAPLANT
  10. 10. 単要素記述 書く要素がシンプルになるように、 記入エリアを20⽂字程度かけるような 細⻑いスペースにしつつ、 一方で、横⻑さを抑えるように 湾曲した形状にデザインした。 デザインの工夫 ③ 10(C) 2016 IDEAPLANT
  11. 11. これらのデザイン的考慮に加え、 強度と加工性という現実要素を加味して、 試作と改良を繰り返し、 最適解を⾒出した。 11(C) 2016 IDEAPLANT
  12. 12. 図1︓アイデア専用メモ用紙 最終的には【図1】のようなものになった。(⾚点線は切り込み加工) 12(C) 2016 IDEAPLANT
  13. 13. 初期のころからテストユーザたちは、 この形のモチーフは「猫の手」であると 言及していた。 意図したものではなかったが、 そのテイストが引き出すものは 肯定的であったので、 そのままアイテム名として採用した。 13(C) 2016 IDEAPLANT
  14. 14. 3.大規模アンケートの実施 14(C) 2016 IDEAPLANT
  15. 15. 筆者が担当する授業(※)において、 多様な発想技法の授業の一環として、 このアイテムを用いて、 グループでアイデア発想作業を30分ほどしてもらい、 アンケートを取った。 (※ 早稲田大学・人間科学部・デザイン論、2016年8月31日) 設問は「この道具が発想作業の促進となる点」を 回答してもらうもの。 (なお、他にも「阻害となる点」等、2つの設問を設けている) 被験者の知識前提) この授業15コマの大半は、アイデア発想法の習得を狙ったものであり、 被験者たちは、この道具の使用前に、多様なブレインストーミングの 実践や、マインドマップや他の発想技法の経験をしている学生達である。 15(C) 2016 IDEAPLANT
  16. 16. アンケート回収数は98人分、 そのうち有効回答は96人分であった。 回答は自由記述式。 平均して2〜3個の回答が記入されていた。 そこから発想の促進要素を抽出し、 グループ化した。 なお、 “この道具固有の効果”と考えられる要素と “この道具に限らず「放射状のメモ」でも同様に ⾒られる効果”であると判断される要素は、 区別してグループ化した。 16(C) 2016 IDEAPLANT
  17. 17. 17 (被験者たちの様子) (C) 2016 IDEAPLANT
  18. 18. (C) 2016 IDEAPLANT 18
  19. 19. (C) 2016 IDEAPLANT 19
  20. 20. (C) 2016 IDEAPLANT 20
  21. 21. (C) 2016 IDEAPLANT 21
  22. 22. (C) 2016 IDEAPLANT 22
  23. 23. (C) 2016 IDEAPLANT 23
  24. 24. (C) 2016 IDEAPLANT 24
  25. 25. (C) 2016 IDEAPLANT 25
  26. 26. (C) 2016 IDEAPLANT 26
  27. 27. (C) 2016 IDEAPLANT 27
  28. 28. (C) 2016 IDEAPLANT 28
  29. 29. (C) 2016 IDEAPLANT 29
  30. 30. (C) 2016 IDEAPLANT 30
  31. 31. (C) 2016 IDEAPLANT 31
  32. 32. 被験者98名(全景) (C) 2016 IDEAPLANT 32
  33. 33. 4.結果 33(C) 2016 IDEAPLANT
  34. 34. アンケート結果96名からの 抽出要素は218個あった。 それらをグループ化したところ 次のような、13項目となった。 【図2】 34(C) 2016 IDEAPLANT
  35. 35. ① 取っつきやすい、気軽に書ける(17) ② 面白い、楽しい、ゲーム感覚でできる(28) ③ かわいい、形がきれいなのでやる気が出る(20) ④ 発想、記述、構造化の作業を分割できる(18) ⑤ 組み替えられる、構造がきれいになる(24) ⑥ 個人と集団の作業がしやすい、集団でも出しやすい(30) ⑦ 全体とつながりが⾒やすい(15) ⑧ 可視化されるので進む(14) ⑨ たくさん出せる(4) ⑩ 広がる(18) ⑪ 紙面サイズの制約を受けない(13) ⑫ 表現がシンプルになる(11) ⑬ 形状固有なこと、他(6) (カッコ内はカウント数) 【図2】アンケート記述要素の分類結果 35(C) 2016 IDEAPLANT
  36. 36. ① 取っつきやすい、気軽に書ける(17) ② 面白い、楽しい、ゲーム感覚でできる(28) ③ かわいい、形がきれいなのでやる気が出る(20) ④ 発想、記述、構造化の作業を分割できる(18) ⑤ 組み替えられる、構造がきれいになる(24) ⑥ 個人と集団の作業がしやすい、集団でも出しやすい(30) ⑦ 全体とつながりが⾒やすい(15) ⑧ 可視化されるので進む(14) ⑨ たくさん出せる(4) ⑩ 広がる(18) ⑪ 紙面サイズの制約を受けない(13) ⑫ 表現がシンプルになる(11) ⑬ 形状固有なこと、他(6) (カッコ内はカウント数) 【図2】アンケート記述要素の分類結果 ⑦⑧⑨⑩は、 模造紙を用いた放射状のメモを書き出す グループワークでも、同じ効果は生じえる ものである。 (この道具固有の効果のみをみるためには、除外すべきである。 回答の自由記述の意図を精査し、振り分けを⾏った。) 36(C) 2016 IDEAPLANT
  37. 37. 次に、項目間の数量を⽐較するために、 本質的が近いものを寄せ、 もう一段のグルーピングを⾏った。 大項目間でなるべく項目の 独⽴性があるようにしつつも、 集約しすぎないようにした。 具体的には、 【①②③】 【④⑤】 【⑥】 【⑦⑧】 【⑨⑩】 【⑪】 【⑫】 【⑬】 とした。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ① 取っつきやすい、気軽に書ける(17) ② 面白い、楽しい、ゲーム感覚でできる(28) ③ かわいい、形がきれいなのでやる気が出る(20) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ④ 発想、記述、構造化の作業を分割できる(18) ⑤ 組み替えられる、構造がきれいになる(24) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑥ 個人と集団の作業がしやすい、 集団でも出しやすい(30) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑦ 全体とつながりが⾒やすい(15) ⑧ 可視化されるので進む(14) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑨ たくさん出せる(4) ⑩ 広がる(18) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑪ 紙面サイズの制約を受けない(13) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑫ 表現がシンプルになる(11) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ⑬ 形状固有なこと、他(6) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ❼ ❶ ❷ ❸ ⓸ ⓹ ❻ ❽ 大項目# 37(C) 2016 IDEAPLANT
  38. 38. 6 11 13 22 29 30 42 65 0 10 20 30 40 50 60 70 形状固有なこと、他 表現がシンプルになる 紙面サイズの制約を受けない たくさん出せる、広がる 全体とつながりが⾒やすい、可視化される 個と集の作業がしやすい、集団でも出しやすい 思考作業を分割してできる、組み替えられる 面白い、かわいくてやる気になる 【図3】抽出した回答のカウント数(大分類) ⻘塗のバー︓このアイテム固有と思われるもの。 縞々のバー︓このアイテム固有の効果とは限らず、 放射状のメモを用いる場合でも同様の効果は生じる可能性があるもの。 (⑦、⑧)(⑨、⑩) ❼ ❶ ❷ ❸ ⓸ ⓹ ❻ ❽ 38(C) 2016 IDEAPLANT
  39. 39. 5.考察-1 39(C) 2016 IDEAPLANT
  40. 40. アイデア書き出し促進効果として 被験者の感想で、最も多かったものは 【面白い、かわいくてやる気になる】であった。 具体的には 「繋げていくことが楽しくなって意見が出てくる」 「かわいいのでやる気がでる、親しみやすい」 といった意⾒などが⾒られた。 ❶ 40(C) 2016 IDEAPLANT
  41. 41. このような発想の補助道具において、 手作業が面白い・楽しい、 形がかわいいのでやる気が出る、 といった要素は、 ほどほどの影響しかないだろうと予想していたが、 実際は、強く影響する要素であった。 こうした道具作りには、 手触りやフォルムを考慮した感性的な部分へのデザインも 相当に重要であると認識した。 発想促進道具は、研究開発の余地の多い領域である、 と改めて感じた。 ❶ 41(C) 2016 IDEAPLANT
  42. 42. アイデア書き出し促進効果として 被験者の感想で、二番目に多かったものは 【思考作業を分割してできる、組み替えられる】であった。 具体的には 「考える→つながりを考えず紙に書く→ものをつなげる、 という形で高度な作業をステップごとにできるので、 アイデアを引き出しやすくなる」 「書き出した物を着脱させられるので仕上がりが良い」 といった意⾒などが⾒られた。 ❷ 42(C) 2016 IDEAPLANT
  43. 43. 通常の放射状のメモは大幅な配置構造を直しにくいため、 常に着想と書き付けと構造化の作業を同時しなければ ならない。 それを分割処理できるようにすることで、 発想作業を促進することが分かった。 ❷ 43(C) 2016 IDEAPLANT
  44. 44. また、被験者たちの観察では、 彼らのディスカッション作業が進んでいく中で 『小さな構造を最初に複数仮組みし、 それらを更に組み上げていく作業』や 『構造の改造作業』 も良く観察された。 この操作は、模造紙であれば紙⾯を切り抜いたり、 パソコンの放射状メモのソフトでも可能ではあるが、 通常、短時間のグループワークでは なかなか遂⾏されない。 組み換え容易であることも発想作業を 促進することが分かった。 ❷ 44(C) 2016 IDEAPLANT
  45. 45. アイデア書き出し促進効果として 被験者の感想で、三番目に多かったものは 【個と集の作業がしやすい、集団でも出しやすい】であった。 具体的には 「紙一枚でやる放射状のメモよりも、それぞれが発言権を 持っている感じがするので自分の意見が言いやすい」 「一つ出たアイデアに関して、 どんどん発展や上乗せがしやすくなる」 「書記が必要ない(自分で書いていくので、 きちんと話し合いができる)」 といった意⾒などが⾒られた。 ❸ 45(C) 2016 IDEAPLANT
  46. 46. 放射状のメモを書くワークでは、 通常、ファシリテータからは、 「各自の意⾒をヒントや刺激として良く聞こう。各人発言しながらそれを模造紙に書き広げていこう」 というアナウンスがなされるが、 実際は、自然と書記が決まってゆき、 主導権のある人の意⾒が大半の発言をし、紙⾯にはそれが 書き連ねていくようになりがちである。 アイデアをさっと書けて、好きな場所に連結して、 分岐・別の展開することが容易なようにすることで、 発想作業が促進されることが分かった。 ❸ 46(C) 2016 IDEAPLANT
  47. 47. 5.考察-2 47(C) 2016 IDEAPLANT
  48. 48. 大項目上位3つ(❶❷❸)の内に 「デザインの工夫」は 3つの内、2つが含まれてた。 一方、残る1つは、 下位(❼)の「表現がシンプルになる」であり、 あまり多くの回答は得なかった。 しかし、アンケートをつぶさに読み込むと、 他の効果を支持するものであることがわかる。 特にシンプルに書くことが「要素の組み換えの容易さ」❷ や 「広がりやすさ 」⓹ を生み出している。 それを踏まえて、今後の改良時、記入スペースのサイズは 維持するか大きくするかを検討してゆく。 ❷ ❸ ❼ 48(C) 2016 IDEAPLANT
  49. 49. 6.今後の課題 49(C) 2016 IDEAPLANT
  50. 50. 今回のアンケートの他の設問「改良要素(発想の阻害となるところ)」 や「どのような人(用途)に向いているか」への回答も、 今後詳しく分析してゆく。 “改良要素”として挙がったことは、加工・製造の⾯で改良 できることが大半であり、ものづくりの改良に取り組む。 “向いている人”に関する回答は興味深い記述が多かった。 「着想」と「構造化」を分けてできることから、子どもや 発想系のワークに不慣れな人のグループに向く、といった 意⾒や、「同じ時間に⼀つの場所に集まれないチーム」と いった意⾒がみられた。また、むしろ企画的な作業に秀でた 人の⼀人利用なども多くコメントされていた。 今後、アンケート結果やテストユーザの声を貴重な材料として⼗分に活かし、「アイデアを書く ため専用のメモ用紙」を仕上げ、物として形にし、広く社会に提供してゆきたい。 50(C) 2016 IDEAPLANT
  51. 51. 参考文献: [1] E.P.トーランス 『創造性の教育』 誠信書房、1966年 [2] ヴィクター・パパネック 『生きのびるためのデザイン』 晶文社、1974年 [3] トニー・ブザン 『ザ・マインドマップ』 ダイヤモンド社、2005年 [4] ⽯井⼒重 『アイデア・スイッチ 次々と発想を生み出す装置』 日本実業出版社、 2009年 51(C) 2016 IDEAPLANT
  52. 52. アンケート調査に協力いただいた早稲田大学の学生・教員・TAの皆さま、 アイテムの制作や製造に多大な協力をいただいたマグネットデザインの皆さま、 この場を借りて、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。 石井力重 謝辞 52(C) 2016 IDEAPLANT

×