Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド

2,110 views

Published on

IoTWorldの報告レポート

Published in: Business

IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド

  1. 1. IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ~ IoT World 2016 より ~ IoTビジネス企画部 米田 隆幸
  2. 2. Agenda 1 ■ 自己紹介 ■ IoT world 2016 について ■ IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ■ 番外編 ■ まとめ
  3. 3. 自己紹介 2 外資系製薬会社 製薬業界ベンチャー企業 ニフティ 2000 2005 2011 製薬会社向け コンテンツビジネス コンサルティング MR 地域担当 大学病院担当 シュフモ関連の新規系 約4ヶ月のサンフランシスコ出張 レシートリワード立ち上げ 新規事業推進室イノベーション推進部 ・Nifty Business Bootcamp運営 ・社外と連携した新規事業創出 米田 隆幸 ニフティ株式会社 IoT推進室 IoTビジネス企画部
  4. 4. Agenda 3 ■ 自己紹介 ■ IoT world 2016 について ■ IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ■ 番外編 ■ まとめ
  5. 5. IoT worldとは 4 世界最大級、最も総合的なIoTの展示会 開催日時:5月10日、11日、12日 開催場所:サンタクララコンベンションセンター スポンサー: CaltrainもIoT Worldラッピング https://iotworldevent.com/
  6. 6. 会場の場所:サンタクララ 5 サンフランシスコ 国際空港 サンタクララ コンベンションセンター 車で30分~1時間 Super Bowl が行なわれた、SF49ers の本拠地、Levi’s studiumの隣
  7. 7. 来場者、講演者も多数!! 6 https://iotworldevent.com/
  8. 8. 会場が広い! 7 https://iotworldevent.com/
  9. 9. 大盛況です 8 Key note 会場 Hackathon 会場 展示会場 スタートアップブース
  10. 10. 日本企業ではHITACHが大きなブースを出展 9 新たなプラットフォームの発表や、IoT領域への積極的 な投資の姿勢を表明し、大きなブースでも存在感を発揮
  11. 11. 10
  12. 12. Wearable World Congressも同時開催 11
  13. 13. Agenda 12 ■ 自己紹介 ■ IoT world 2016 について ■ IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ■ 番外編 ■ まとめ
  14. 14. IoTがもたらすもの 13 “Everything as a Service” 全てのものがサービス化される世界の到来 IoTはそれを実現させるための手段
  15. 15. 米国企業の IoTの意思決定状況 14 73% の企業はIoTにお ける意思決定を まだしていない 52% の企業は、今まさ に戦略を策定中 米国企業における、IoTに関する意思決定の状況 LUXSOFT講演資料より
  16. 16. 15 皆さんの会社はどうですか? IoTに関する意思決定 1.既に行われ、動き出している 2.まだ意思決定は行われていない
  17. 17. 参考)日本 16
  18. 18. 米国企業の IoTの意思決定状況(再掲) 17 73% の企業はIoTにお ける意思決定を まだしていない 52% の企業は、今まさ に戦略を策定中 米国企業における、IoTに関する意思決定の状況 LUXSOFT講演資料より
  19. 19. 米国企業の IoTの意思決定 18 27%の企業は、IoTに関する意思決定を行い、 動き出している 既にキャズムを超え、アーリーマジョリティのところまできている
  20. 20. 米国企業は何をやっているのか 19 小さく始めて、IoTジャーニーを繰り返し、 本当の価値を探し出す形で動き出している Key note : “Creating the Internet of Your Things”; Sam George Director for Azure IoT Microsoft より
  21. 21. 何を考えなければならないのか 20  IoTが高付加価値をもたらす領域の特定  自社のE2Eのビジョンがクロスする領域を見てみる  新しい事業機会を考えるためにオープンでセキュアなIoTプラッ トフォームを利用する  小さく始めることが可能なので、大きく考え、今すぐはじめよう Keynote:The Internet of Things Revolution: From ”Things“ to Business Outcomes;Dr. Tanja Rueckert EVP IoT & Customer Innovation SAP
  22. 22. Something as a Serviceをはじめるにあたって一番重要なこと 21 自社のビジネスの コアコンピタンスは何なのか? を考える
  23. 23. ビジネスモデルの変革が本当に意味するところ 22 サービスを提供するということは、サービス を運用し続けなければならないこと ・PLのバランスが変わる ・運用コストがかかり続ける(運用・監視・障害対応) ・提供をし始めたサービスは簡単にやめることは出来ない ・月額課金の請求スキームへの対応 ・増え続けるデータへの対応 ・セキュリティの維持 ・サービスとしてのUXのノウハウが必要 →解決策 1社でやらずにパートナーとやること!
  24. 24. IoTのビジネスに関して考えなければならないこと 23
  25. 25. 24 “IoT is massive; no one vendor can do it all." Nigel Upton HPE director and general manager of IoT
  26. 26. 25 “Don’t do it alone"
  27. 27. 米国のIoT最新トレンドまとめ 26  Everything as a Serviceというパラダイムシフトに対応するため に各社動き出していて、IoT自体がどうこうという議論は既に無用  米国企業におけるIoTの取り組みでは、27%の企業が意思決定 を行い動き出しており、キャズムを超えアーリーマジョリティの領域 に入ってきている  表に見えているビジネスの潮流としては、コンシューマーよりインダ ストリアル寄りのIoTの流れが現状は強いが、コンシューマー領域 でもPoCは多数回されている  IoTを用いてSomething as a Serviceを実現するには、自社のコ アコンピタンスが何かを明確にし、コアコンピタンスでない部分は 、ノウハウや体制がないので他社と協力すべき  とにかく小さく初めて仮説検証を繰り返すこと
  28. 28. Agenda 27 ■ 自己紹介 ■ IoT world 2016 について ■ IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ■ 番外編 ■ まとめ
  29. 29. 番外編 ① TESLA 28 https://www.teslamotors.com/
  30. 30. 番外編 ② Uber pool 29
  31. 31. 番外編 ③-1 Fry’s 30
  32. 32. 番外編 ③-2 Fry’s 31
  33. 33. 番外編 ③-3 Fry’s 32
  34. 34. 番外編まとめ 33 ◆ TESLAがものすごい勢いで増加している →日本からは見えていないところで、IoT化は進んでいる ◆ UBERはユーザーの利便性を追及し、より多くのデータを取得 →IoTの世界は、世の中にある全てのものがデータとして可視化される そのときに、どれだけデータを持っていることが出来るか ◆ C向けの市場はスマートホームは一旦落ち着き、ドローンが盛り上がっている また、Echoなどのパーソナルアシスタントデバイスの一般化も進んでいる →家庭とクラウドをつなぐハブになるものは何か、覇権争いは未決着
  35. 35. Agenda 34 ■ 自己紹介 ■ IoT world 2016 について ■ IoT先進国、米国の最先端IoTトレンド ■ 番外編 ■ まとめ
  36. 36. まとめ 35  Everything as a Serviceという視点で何が提供 できるのか考えることが必要  Something as a Serviceを実現するためにはお そらくIoTの活用が必須となる  自社のコアコンピタンスが何かを明確にし、コア コンピタンスでない部分は、ノウハウや体制がな いので他社と協力すべき  流れに乗り遅れないために、とにかく小さく仮説 検証を繰り返すことが重要
  37. 37. 最後に 36 Everything as a Service の実現をニフティとともに! http://iot.nifty.com/ • 本誌領内に記載されている、会社名、団体名、製品名、店舗名、商品名は各社の商標または登録商標です。 • サイトURLが併記された掲載の写真およびイラストキャプチャーは、各サイトURLより引用しています。

×