Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2015年03月22日
JAWS Days 2015
#jawsdays
SonicGarden 安達輝雄
DevOps が普及した今だからこそ
考える DevOps の次の姿
JAWS DAYS 2015
キャンペーン企画
TwitterでJaws Daysに参加しよう!
たくさんリツイートされた人にプレゼント!
@jawsdays
参加方法は簡単!3ステップ
@awscloud_jp +
#jawsdaysをつけてツイート投稿!
1番リツイート数を集めた人が
優...
安達 輝雄 ( Teruo Adachi )
システム構築/運用からアプリの開発まで幅広く対応している
福岡出身の32歳、自称フルスタックエンジニア
teruo.adachi @interu
http://interu.hatenablog.c...
さっそく
はじめます
DevOps が流行り始めて早数年
DevOps の実践が
当たり前の世の中に!?
DevOps 実践できている人!?
多くの方々 が
実践 しているはず..
ところで
DevOps って??
DevOpsの定義
Quotes from Google
今日のセッションでの
定義
ビジネスゴールに向かって
開発者(Dev) と 運用者(Ops)が
互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に
サービスを開始/成長させるための手法
セッションでのDevOpsの定義
という 訳 で…
DevOps 事情
AWS での 基本構成
OpsWorks を採用
Amazon
Route 53
Auto Scaling
Amazon S3
Amazon RDS
AWS OpsWorks
VPC subnet
Elastic Load
Balancing
instances
AWS基本構成
OpsWork...
Amazon
Route 53
Auto Scaling
Amazon S3
Amazon RDS
AWS OpsWorks
VPC subnet
Elastic Load
Balancing
instances
AWS基本構成
OpsWork...
Deploy自動化
Amazon
Route 53
Auto Scaling
Amazon S3
Amazon RDS
AWS OpsWorks
VPC subnet
Elastic Load
Balancing
instances
コードレビュー
自動テスト
自...
活用しているSaaS
PaaS
ログ管理・検索自動コードレビュー
パフォーマンス監視・分析 エラー監視・管理
メール送信
OpsWorks + SaaS
の構成で
多くのサービスを 開発/運用
『納品のない受託開発』で
WEBサービスの開発運用支援
詳しくは
『納品のない受託開発の先にある
エンジニアの働き方の未来』 へ
14:00〜 @ビッグトラック
開発/運用サービス
『納品のない受託開発』
における
DevOps の 変化
DevOpsの変化
 デプロイメントの効率化
 単体/統合テストの自動化
 システム運用の効率化
開発と運用の効率化
これまでのDevOps
DevOpsの変化
開発/運用の 効率化 により
ボトルネック が変化
サービス の開始/成長には
さまざまな 作業 が 必要
サービス開発成長のための作業
 分かりやすい画面構成
 スタイリッシュなデザイン
 検索エンジン最適化で上位表示
 効果計測
 行動分析
 etc..
サービス開発成長のための作業
 デザイン
 マーケティング
 データマイニング
 etc..
サービスを構成する要素
これらの作業にも効率性が
要求されはじめた
DevOps って…
ビジネスゴールに向かって
開発者(Dev) と 運用者(Ops)が
互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に
サービスを開始/成長させるための手法
ビジネスゴールに向かって
開発者(Dev) と 運用者(Ops)が
互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に
サービスを開始/成長させるための手法
プログラマ
デザイナー
ウェブマーケター
データアナリティスト
Dev ≠ ...
Dev と Ops で区切ったが
Dev の中にも様々な 障壁 が…
Development
プログラマ デザイナー
ウェブ
マーケター
データ
アナリティスト
コンテンツ
制作者
etc..
Dev と Ops で区切ったが
Dev の中にも様々な 障壁 が…
Development
プログラマ デザイナー
ウェブ
マーケター
データ
アナリティスト
コンテンツ
制作者
etc..
プログラマもどうしればよいかわからないことも..
どうすればよいか?
での 取り組み
 デザイン
 マーケティング
 行動分析
にフォーカスして紹介
 デザイン
 マーケティング
 行動分析
Bootstrap や Compass
の登場により
プログラマも デザイン し易く
デザイナーの 仕事 は
これだけではない
 バナーなどの素材作成
 アイキャッチなどの素材調達
 トレンドのキャッチアップ
 情報の整理・整頓
 色やフォントの使い分け
 クロスブラウザ対応
 要望を引き出すためのヒアリング
 etc..
デザイナーとしての
クリエイティブ能力 も
必要
デザイナーとしての
クリエイティブ能力 を
プログラマがすぐに
習得 できるものではない
though
デザイン にも 理屈 がある
Not only 感性
詳しくは こちら posted by AKATSUKA
という 訳 で…
デザイン・メンター
【メンター】指導者/助言者
事例は こちら から
http://www.sonicgarden.jp/201501_interview_d
esigner1
デザイン界隈で スゴイ人 に
メンターをお願いしてます
@machida @ken_c_lo @yokizo
デザイン・メンターの効果(一例)
 強調したい情報を目立たせる
 単位には span をつける 100円 → 100 円
 情報のゾーニング
 ページ毎にコンバージョンを意識
 不必要な情報/アクションの削減と整理
デザイン・メンターの効果(一例)
 強調したい情報を目立たせる
 単位には span をつける 100円 → 100 円
 情報のゾーニング
 ページ毎にコンバージョンを意識
 不必要な情報/アクションの削減と整理
勘所を理解すること...
 デザイン
 マーケティング
 行動分析
自社サービスでも利用/意識
 Analytics / TagManager
 Adwords
 SEO
 HeatMap
バリバリ活用できてない…
サービスを 広める ためには
マーケティング や 行動分析 も
必要
WEBマーケティングを
得意 とする お客様 から
学びつつ 実践!
 SEOに強いサイト構成とは
 検索用キーワードの選定方法とは
 計測するためのページ構成とは
 イベントトラッキングとは
 etc..
他 にも
サービスを運営していると
ちょっとした フレーズ変更 は
頻繁 に 発生 する
その都度、修正とデプロイは
エンジニアにとっても 手間
デプロイ 不要 な仕組みを開発
『氏名』に変更したい
キーコマンドで
変更のための画面を表示
フォームで変更
クリック
すぐに反映
修正 したい人が
すぐに 修正できるように
効果
 最初からSEOに強い構成
 計測できるようにするための仕組み
 分析のやり方/考え方
 Deployなしでフレーズ変更できるサービス
マーケティング/行動分析の
業務理解により開発設計も変化
 デザイン
 マーケティング
 行動分析
 デザイン
 マーケティング
 行動分析 マーケター
データ
アナリティ
スト
デザイナープログラマ
互いの業務内容を理解することで効率化
という 訳 で…
まとめ
DevOps が普及した今だからこそ
考える DevOps の次の姿
まとめ
ビジネスゴールに向かって
開発者(Dev) と 運用者(Ops)が
互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に
サービスを開始/成長させるための手法
まとめ
マーケター
データ
アナリティス
ト
デザイナープログラマ
Development
互いの業務内容を理解することで効率化
まとめ
OpsもDevのことを理解し
積集合領域の拡大も目指しビジネスゴール
への近道を追い求めましょう
Development Operations
Opsもプログラミング出来て当たり前!
次のフェーズへ!
完
ご聴講いただき
ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

JAWS DAYS 2015 「DevOpsが普及した今だからこそ 考える DevOpsの次の姿」

9,109 views

Published on

DevOpsが流行り始めて早数年。
DevOpsも世間に浸透し、実践しているのが当たり前の世の中になってきました。
DevOpsがうまくいきはじめたことにより、エンジニアリングやオペレーションの粋を超え、更なる進化が求められ始めてきているのも事実です。
そこで今回は、ソニックガーデンが「納品のない受託開発」を通じて現場(エンジニア)に求められDevOpsを超えた技術要素にフォーカスし、
DevOpsの次の姿がどのようなものになっていくかを経験談を踏まえてお話します。

Published in: Business

JAWS DAYS 2015 「DevOpsが普及した今だからこそ 考える DevOpsの次の姿」

  1. 1. 2015年03月22日 JAWS Days 2015 #jawsdays SonicGarden 安達輝雄 DevOps が普及した今だからこそ 考える DevOps の次の姿
  2. 2. JAWS DAYS 2015 キャンペーン企画
  3. 3. TwitterでJaws Daysに参加しよう! たくさんリツイートされた人にプレゼント! @jawsdays 参加方法は簡単!3ステップ @awscloud_jp + #jawsdaysをつけてツイート投稿! 1番リツイート数を集めた人が 優勝者です! AWS公式TwitterとJAWS DAYS公式Twitterをフォロー ?? 17:00~の懇親会で優勝者発表です。 ※9:00~16:50のTweetが対象です。 + Kindle JAWS Tシャツ + ウェアラブル Moff Band JAWS Tシャツ Step 1 (参加条件になります) Step 2 Step 3 (Jaws Daysに関する投稿なら何でもOK!) JAWS Tシャツ
  4. 4. 安達 輝雄 ( Teruo Adachi ) システム構築/運用からアプリの開発まで幅広く対応している 福岡出身の32歳、自称フルスタックエンジニア teruo.adachi @interu http://interu.hatenablog.com/ AWS技術書執筆 〜2009年〜 講演・登壇 実績 • AWSイベント(JAWS DAYS 2014) • AWS OpsWorksを活用したサービス事例 • AWSを活用している現場リーダーのトークイベント • JAWS FESTA Kansai 2013 in 京セラドーム • SonicGarden流DevOps • JAWS-UG in Nagoya • 少人数で複数のサービスを運用するコツ 自己紹介
  5. 5. さっそく はじめます
  6. 6. DevOps が流行り始めて早数年 DevOps の実践が 当たり前の世の中に!?
  7. 7. DevOps 実践できている人!?
  8. 8. 多くの方々 が 実践 しているはず..
  9. 9. ところで
  10. 10. DevOps って??
  11. 11. DevOpsの定義 Quotes from Google
  12. 12. 今日のセッションでの 定義
  13. 13. ビジネスゴールに向かって 開発者(Dev) と 運用者(Ops)が 互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に サービスを開始/成長させるための手法 セッションでのDevOpsの定義
  14. 14. という 訳 で…
  15. 15. DevOps 事情
  16. 16. AWS での 基本構成 OpsWorks を採用
  17. 17. Amazon Route 53 Auto Scaling Amazon S3 Amazon RDS AWS OpsWorks VPC subnet Elastic Load Balancing instances AWS基本構成 OpsWorks を採用
  18. 18. Amazon Route 53 Auto Scaling Amazon S3 Amazon RDS AWS OpsWorks VPC subnet Elastic Load Balancing instances AWS基本構成 OpsWorks の活用 • ELB連携 • RDS連携 • Auto Healing • Load/Time -Base Scaling • Clone Stack
  19. 19. Deploy自動化
  20. 20. Amazon Route 53 Auto Scaling Amazon S3 Amazon RDS AWS OpsWorks VPC subnet Elastic Load Balancing instances コードレビュー 自動テスト 自動デプロイ Deploy自動化 コードセキュリティチェック
  21. 21. 活用しているSaaS PaaS ログ管理・検索自動コードレビュー パフォーマンス監視・分析 エラー監視・管理 メール送信
  22. 22. OpsWorks + SaaS の構成で 多くのサービスを 開発/運用
  23. 23. 『納品のない受託開発』で WEBサービスの開発運用支援 詳しくは 『納品のない受託開発の先にある エンジニアの働き方の未来』 へ 14:00〜 @ビッグトラック
  24. 24. 開発/運用サービス
  25. 25. 『納品のない受託開発』 における DevOps の 変化
  26. 26. DevOpsの変化  デプロイメントの効率化  単体/統合テストの自動化  システム運用の効率化 開発と運用の効率化 これまでのDevOps
  27. 27. DevOpsの変化 開発/運用の 効率化 により ボトルネック が変化
  28. 28. サービス の開始/成長には さまざまな 作業 が 必要
  29. 29. サービス開発成長のための作業  分かりやすい画面構成  スタイリッシュなデザイン  検索エンジン最適化で上位表示  効果計測  行動分析  etc..
  30. 30. サービス開発成長のための作業  デザイン  マーケティング  データマイニング  etc.. サービスを構成する要素 これらの作業にも効率性が 要求されはじめた
  31. 31. DevOps って…
  32. 32. ビジネスゴールに向かって 開発者(Dev) と 運用者(Ops)が 互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に サービスを開始/成長させるための手法
  33. 33. ビジネスゴールに向かって 開発者(Dev) と 運用者(Ops)が 互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に サービスを開始/成長させるための手法 プログラマ デザイナー ウェブマーケター データアナリティスト Dev ≠ Programmer
  34. 34. Dev と Ops で区切ったが Dev の中にも様々な 障壁 が… Development プログラマ デザイナー ウェブ マーケター データ アナリティスト コンテンツ 制作者 etc..
  35. 35. Dev と Ops で区切ったが Dev の中にも様々な 障壁 が… Development プログラマ デザイナー ウェブ マーケター データ アナリティスト コンテンツ 制作者 etc.. プログラマもどうしればよいかわからないことも..
  36. 36. どうすればよいか?
  37. 37. での 取り組み
  38. 38.  デザイン  マーケティング  行動分析 にフォーカスして紹介
  39. 39.  デザイン  マーケティング  行動分析
  40. 40. Bootstrap や Compass の登場により プログラマも デザイン し易く
  41. 41. デザイナーの 仕事 は これだけではない
  42. 42.  バナーなどの素材作成  アイキャッチなどの素材調達  トレンドのキャッチアップ  情報の整理・整頓  色やフォントの使い分け  クロスブラウザ対応  要望を引き出すためのヒアリング  etc..
  43. 43. デザイナーとしての クリエイティブ能力 も 必要
  44. 44. デザイナーとしての クリエイティブ能力 を プログラマがすぐに 習得 できるものではない
  45. 45. though
  46. 46. デザイン にも 理屈 がある Not only 感性 詳しくは こちら posted by AKATSUKA
  47. 47. という 訳 で…
  48. 48. デザイン・メンター 【メンター】指導者/助言者 事例は こちら から http://www.sonicgarden.jp/201501_interview_d esigner1
  49. 49. デザイン界隈で スゴイ人 に メンターをお願いしてます @machida @ken_c_lo @yokizo
  50. 50. デザイン・メンターの効果(一例)  強調したい情報を目立たせる  単位には span をつける 100円 → 100 円  情報のゾーニング  ページ毎にコンバージョンを意識  不必要な情報/アクションの削減と整理
  51. 51. デザイン・メンターの効果(一例)  強調したい情報を目立たせる  単位には span をつける 100円 → 100 円  情報のゾーニング  ページ毎にコンバージョンを意識  不必要な情報/アクションの削減と整理 勘所を理解することで全体的な効率改善
  52. 52.  デザイン  マーケティング  行動分析
  53. 53. 自社サービスでも利用/意識  Analytics / TagManager  Adwords  SEO  HeatMap バリバリ活用できてない…
  54. 54. サービスを 広める ためには マーケティング や 行動分析 も 必要
  55. 55. WEBマーケティングを 得意 とする お客様 から 学びつつ 実践!
  56. 56.  SEOに強いサイト構成とは  検索用キーワードの選定方法とは  計測するためのページ構成とは  イベントトラッキングとは  etc..
  57. 57. 他 にも
  58. 58. サービスを運営していると ちょっとした フレーズ変更 は 頻繁 に 発生 する
  59. 59. その都度、修正とデプロイは エンジニアにとっても 手間
  60. 60. デプロイ 不要 な仕組みを開発
  61. 61. 『氏名』に変更したい
  62. 62. キーコマンドで 変更のための画面を表示
  63. 63. フォームで変更 クリック
  64. 64. すぐに反映
  65. 65. 修正 したい人が すぐに 修正できるように
  66. 66. 効果  最初からSEOに強い構成  計測できるようにするための仕組み  分析のやり方/考え方  Deployなしでフレーズ変更できるサービス マーケティング/行動分析の 業務理解により開発設計も変化
  67. 67.  デザイン  マーケティング  行動分析
  68. 68.  デザイン  マーケティング  行動分析 マーケター データ アナリティ スト デザイナープログラマ 互いの業務内容を理解することで効率化
  69. 69. という 訳 で…
  70. 70. まとめ DevOps が普及した今だからこそ 考える DevOps の次の姿
  71. 71. まとめ ビジネスゴールに向かって 開発者(Dev) と 運用者(Ops)が 互いに協力し合い Elastic かつ Speedy に サービスを開始/成長させるための手法
  72. 72. まとめ マーケター データ アナリティス ト デザイナープログラマ Development 互いの業務内容を理解することで効率化
  73. 73. まとめ OpsもDevのことを理解し 積集合領域の拡大も目指しビジネスゴール への近道を追い求めましょう Development Operations Opsもプログラミング出来て当たり前! 次のフェーズへ!
  74. 74. 完 ご聴講いただき ありがとうございました

×