DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃

19,792 views

Published on

0 Comments
57 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
19,792
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7,208
Actions
Shares
0
Downloads
72
Comments
0
Likes
57
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

DevOpsが引き金となるインフラエンジニアの進撃

  1. 1. Developer Migration 2013 インフラエンジニアの進撃     どうする?ディベロッパ 株式会社 ソニックガーデン 安達 輝雄
  2. 2. 自己紹介安達 輝雄 ( id:interu )ブログ: http://interu.hatenablog.comアプリ開発からインフラ構築運用まで手がけている自称ハイブリットエンジニア チーフプログラマ http://www.skipaas.jp http://messageleaf.jp
  3. 3. SonicGardenが手がけるサービス一覧 自社サービス パートナーシップモデル ・データ販売サイト ・植物栽培キッド販売サイト ・ドキュメント配信 ・SEO関連サービス ・Flash動画生成サービス          ・・・etc たった7名のメンバーでやってました。 2月から新メンバー2人追加決定!
  4. 4. お伝えしたいこと変化することは大切なことDevOpsは方法論であって万能なものではない
  5. 5. 経歴
  6. 6. 2007年SIer の TIS に入社
  7. 7. 2007年ごろ 社内向けSNSや開発支援ツールのサービス提供 チーム 8名 アプリチーム 6名 インフラチーム 2名 Id:rx7 インフラエンジニアとして 仮想化技術 / HA技術 / OSS関連 の調査・検証 サービスの運用・保守 アプリ開発基盤の整備
  8. 8. 2008年社内ベンチャーとして SonicGarden設立
  9. 9. お客様が社内から社外へ変化 同時に クラウド利用へシフト
  10. 10. さっそくクラウドの恩恵にあずかる
  11. 11. インフラの仕事が減少物理サーバの管理が不要に ホストOSの管理も不要にバックアップサーバが不要に S3 / EBSスナップショットの活用開発・テスト環境のメンテが楽に
  12. 12. インフラ管理が効率化され 時間が余るように…
  13. 13. どうする オレ?サボるインフラを極める別の事をする
  14. 14. そうだ!流行りのシステム自動化だ!
  15. 15. puppetでシステム自動化 システムの構成管理 システム構築自動化 個別パラメタはLDAPで管理詳しくは『SonicGardenでのpuppet活用事例』http://interu.hatenablog.com/entry/20101207/1291695019
  16. 16. あれ??また仕事が減った。。。
  17. 17. どうする オレ?サボるインフラを極める別の事をする
  18. 18. ちょうどその時に・・・ もっとサーバと戯れたい!
  19. 19. メンバーが8名から5名へ
  20. 20. TISから独立していて 自分たちの食いぶちも稼がないと自社サービスだけで稼げるようになるには まだ時間がかかる 会社としては受託等で 稼ぐ必要も
  21. 21. どうする オレ?サボるインフラを極める別の事をする
  22. 22. 受託を受けるにはプログラマが必要  なら、 やっちゃおう!   アプリも作れるようになりたいと思ってたし。 You!やっちゃいなよ!Ops が Dev に チャレンジ!
  23. 23. インフラエンジニアを軸にしつつアプリエンジニアにも手を伸ばそう! SonicGardenにおける DevOps のはじまり。
  24. 24. 問題が・・・インフラ Lv アプリ Lv 基本のみ理解 かじった程度 書けない
  25. 25. やると言ったものの・・・ 何をすれば?
  26. 26. ペアプロ的な。 どうやってるか観察 わからないところは質問
  27. 27. とにかく教わる!独学はシンドい…かわりにインフラスキルを教える! Give & Take で互いにスキルアップ!
  28. 28. SonicGardenにおけるDevOps
  29. 29. ちなみにDevOps って?
  30. 30. 世間一般では… 引用元 : http://www.publickey1.jp/blog/11/devops.html
  31. 31. 引用元 : http://www.publickey1.jp/blog/12/devops_1.html
  32. 32. DevとOpsがお互いを尊重し サービス提供という 同じゴールに向かって 進むこと。
  33. 33. SonicGardenでは・・・OpsもDevができること。DevもOpsができること。DevとOpsの概念を無くすこと。
  34. 34. 何が変わった?
  35. 35. 変化【1】 不安で仕方が無かったリリースが楽に コードを読めばリリース内容がわかる!バグ・障害となりそうなコードを事前検出! 障害対応スピードも早くなったよ! ただ、対応時はペアオペするように。
  36. 36. 変化【2】 システム制御処理もRubyにDevもOpsも理解できる => 共通化 テストも書ける => 効率化
  37. 37. 変化【3】開発・運用するサービスが激的に増加 個々人のスキルアップの恩恵 SaaSの活用や新しいフレームワークの利用、ライブ ラリの活用などの恩恵も。
  38. 38. 10名にも満たないメンバーで20以上のサービスを開発・運用 できるようになりました。
  39. 39. DevOps万歳!! ただ・・・
  40. 40. DevOpsが流行っているが・・・“何のためにDevOpsをするのか” を明確にしてください
  41. 41. DevOpsは所詮プラクティス真似れば改善されるというわけではない
  42. 42. 何が問題で、 どのようにすれば 解決するかをきちんと考えてください
  43. 43. 繰り返します。 “何のためにDevOpsをするのか” を明確にしてください手段と目的を履き違えないでください。
  44. 44. さらに・・・
  45. 45. DevOpsの実践は個人レベルだけでは無理。組織が変化することも重要。 組織が変化を拒むなら…
  46. 46. 最後に。
  47. 47. インフラエンジニアって… システムを正常稼働させて当たり前 障害が発生すると怒られる いくら頑張っても褒められることはない と思っているあなた!
  48. 48. 今のままインフラ屋を続けていても評価/期待されるエンジニアにはなれません!
  49. 49. 何かを変えない限りは・・・
  50. 50. クラウド時代に突入した今こそ
  51. 51. トレンドと共に自分のスキルセットを 見直そうじゃありませんか!
  52. 52. おそらくプログラミングできないエンジニアは 淘汰されていきます。
  53. 53. 今のうちから少しずつプログラミングを勉強し 将来に備えましょう。
  54. 54. Opsが変化したらつぎはDevの番。
  55. 55. プログラミングできるOps (スーパーエンジニア)が出現しはじめましたよ。どうする?Developers

×