Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アプリ開発

4,702 views

Published on

  • Be the first to comment

アプリ開発

  1. 1. http://www.injus.co.jp
  2. 2. 作成フロー本資料は実機登録とAppleに申請を中心に説明している。用意するもの実機登録プロジェクト作成Appleに申請•デバイス•iPhone SDK•iOS Developer Program•証明書とキーチェーンを紐付ける•実機の登録、起動• iTunes Connect•バイナリーデータをAppleに送る•Xcode•IBやStoryboard
  3. 3. 必要なもの①Mac OSを搭載したパソコンとiPhoneやiPad②iPhone SDKのインストール(App Storeから無料ダウンロード出来る)③iOS Developer Programに登録(④iTunes ConnectとProvisioning Portalをそれぞれブックマーク)
  4. 4. 実機登録①①Mac内アプリケーション、ユーティリティーからキーチェーンアクセスを起動。キーチェーンアクセス→証明書アシスタント→認証局に証明書を要求②下のような画面が出るので、iOSDeveloperProgramで登録したメールアドレス、通称は適当な名前、CAのメールアドレスを空白にし、ディスクに保存と鍵ペア情報を指定にチェックを入れて続けるを押す。③保存先を指定(とりあえずディスクトップで可)する。キーチェーンから証明書
  5. 5. 実機登録②④鍵ペア情報が出たら、下記画像のまま続けるを押す。⑤Provisioning Portalにログイン。左の画像のようなメニューがあるので、Certificatesを選ぶ。Developmentタブを開くと+ボタンがあるので押す→OS App Developmentにチェック→Continue→次もContinue→Choose File…から証明書要求ファイル(先ほどデスクトップに保存したもの)をアップロード→Downloadボタンをクリックすると証明書のダウンロードが始まる。拡張子が.cerのファイルが生成されるので、とりあえずデスクトップなどに保存し、ダブルクリック。キーチェーンが起動し、証明書の登録が完了。
  6. 6. 実機登録③①iPhoneやiPadなどをMacに繋ぎXcodeを起動する。Xcodeメニューのウインドウからオーガナイザーを開く。②下記赤枠内Identiferの個別識別番号をコピーする。③再びProvisioning Portalにログイン。メニュー画面からDeviceを選び、Add Deviceで実機を登録。その際、先ほどコピーした個別識別番号をDevice IDに入力(DeviceNameは任意のものでOK)。デバイスの登録
  7. 7. 実機登録④・実機の登録は以上だが、iTunes Storeに公開するための下準備もここで行っておいた方が良い。Provisioning ProfileはDevelopmentとDistributionと二つ作成しなくてはならず、Certificatesの設定もそれぞれ行わないといけない。DevelopmentとDistribution…そもそもこれら二つは何なのかということだが、Developmentは実機で動かす用で、DistributionはiTunes Storeに公開する用である。Distribution用のCertificatesを取得する方法は本資料の「実機登録②キーチェーンから証明書」内の⑤の部分、「Developmentタブを開くと+ボタンがあるので押す→…」と書いてあるが、これをDistribution用タブに変更→App Store and Ad Hocにチェックを入れ、それ以降はDevelopmentと同じ流れ。・以上、ここまでは基本的に一度設定したらそのままでOK。iPhone本体を変えたり証明書の期間が過ぎた場合はその都度同じ動作をすることになる。Distribution
  8. 8. 実機で動かす①①App IDsを埋める。App ID DescriptionのNameは任意のものでOK、App Servicesのチェックはそのまま、App ID PrefixはUse Team IDが推奨されているのでそれを選ぶ。App ID SuffixはExplicit App IDを選び(Wildcard App IDは後で触れる)、Bundle IDを入力する。ここはポイントで、一般的にはcom.XXXXXX.AppNameとすることが多い。XXXXXXは会社や屋号、個人名を入れ、AppNameは上記のApp IDの名前にする(この後作るDevelopmentのProfile Nameとアプリ本体=プロジェクトの名前も同じにしてしまった方が良い)。②Provisioning ProfileよりDevelopment/Distributionをそれぞれ作成する。下記画像部分の+ボタンを押し、Development→SelectApp ID(①で作ったもの)を選択→Certificates、Deviceにチェック→Profile Nameを入力してGenerate→Downloadしたものを適当なところに保存してダブルクリック→自動的にオーガナイザーが開き登録完了。同じようにDistributionの方も作ってしまう。ちなみに、Profile NameはDevelopmentと同じ物を付けることは出来ない。Provisioning Portal
  9. 9. 実機で動かす②①下記画像、info.plist内のBundle identifierとPROJECT内のBundle Identifierに先ほど作ったBundle IDをそれぞれ入力。Xcode
  10. 10. 実機で動かす③②Build SettingのCode Signingの中にあるAny iOS SDKを先ほど作ったProvisioningProfileに変える(Distributionも一緒に変えてしまいたい場合はReleaseの箇所をDistributionのProvisioning Profileに変える)。③左上からiOS Device(実機が繋がっていれば実機の名前が表示される)を選びRunを押す。④エラーが出なければ実機で動作する。
  11. 11. Appleに申請①①Distribution用のProvisioning Profileを作成(本スライド「実機で動かす①」にてすでに作成している場合は不要)。前回は作り方を端折ったが、下記のようにApp Storeにチェックを入れてContinueを押す。Provisioning Portal
  12. 12. Appleに申請②・Sales and Trendsはダウンロード状況を管理する項目(一定期間経過すると古いものから更新されてしまうので注意が必要)・Manage Your Appsはアプリ管理画面となっており申請時だけでなくアップデートでも使うので使用頻度高い。・Contracts, Tax, and Bankingは税金やアプリ収益の振込み先を指定出来る。基本的に登録時のみ。・Manage Usersはテストユーザーを作る時、必要に応じて使う。iTunes Connect
  13. 13. Appleに申請③①Contracts, Tax, and BankingiOS Paid Applications(販売収入)とiAd Network(広告収入)のContact Info、BankInfo、Tax Infoをそれぞれ入力。・Contact Info入力個所はCompany Contactの5つ。任意項目なので注意事項は特になし。強いて言えばTitleは肩書きなので、Director当たりが無難。・Bank Infoこちらも基本的に指示通りに入力すればOK。入力項目としては下記。Bank Name→銀行名、Account Holder‘s Name→名義人、Account Type→口座のタイプ、Branch/Branch ID→支店、Account Number→口座番号、Zengin Code→銀行コード(4桁)+支店番号(3桁)
  14. 14. Appleに申請④・Tax InfoU.S Taxを選ぶ→次のチェックボックスは基本的に両方ともNo(一つ目の質問は、アメリカに住んでるあるいは籍を置いた企業か、二つ目はアメリカで事業をしているかという内容)を選ぶ。その後、下記のような画面が表示される。1は名前なのでそのまま、2はJapan、3は個人の場合は「Individual/SoloProprietor」を選択、4は住所、5はメーリングリストで、チェックを入れる。「Ideclare that the individual ~」の左にあるチェックボックスにチェックを入れる。「Name of Person ~」は自分の名前を入れ、Titleは肩書き。
  15. 15. Appleに申請⑤②Manage Your Apps・青いボタンのAdd New Applicationを押すと以下を入力するページが出る。Primary LanguageはEnglishを推奨。基本的に英語ベースにして必要に応じて特定の言語を追加していくイメージ。その場合、この後作るアプリの説明文章なども同様に追加する言語分増えていくので、日本人以外は買わないなという場合は日本語にしてもOK。App NameはiTunes Storeで表示されるアプリの名前。SKU Numberは開発者別アプリの識別番号。通し番号にしても良い。その場合は1。Bundle IDはProvisioning Portalで作成したものを選択。・Select the availability date and price tier for your appはアプリリリース日と価格設定。Availability Dateは当日から二週間以上後にする。Price Tierは好きな価格帯。例えばTier1は85円。Discount for Educational Institutions(学生向けにディスカウントするか)のチェックを外し、Custom B2B App(企業用、一般非公開設定)のチェックは外れていると思うのでそのままContinueを押す。・Version Numberは1.0、Copyrightは社名や屋号、個人名、CategoryをPrimaryとSecondaryの二つ選ぶ。Ratingは暴力やエロがあるかどうか。現在、日本ではそこまで影響しない。なければすべてNoneを選択。レートが4になる。Metadataはアプリ説明、Keywordsはitunes Store上で検索ワードに引っかける単語、Support URLのみ必須(ブログ等でもOK)なので入力App Review Informationをそれぞれ入力し、Large App Icon(1024×1024)やスクリーンショットをアップロード→Save
  16. 16. Appleに申請⑥・Saveを押すデータが完成しこのような画面になる。・左下のView Details→Ready to Upload Binaryを押す(登録アドレスにステータスがWaiting For Uploadになったメールが届く)→次の質問は基本的にNoを選択(ちなみに、聞かれていることはSSLの暗号を使っているかどうか)→Continue
  17. 17. Appleに申請⑦・Continueを押すとこのような画面になる。言語を追加したい場合はChoose AnotherLanguageの右にある下向きの三角形を押し、任意の言語を選択。アプリ説明やスクリーンショットなどを個別に設定出来る。・長かったが以上でiTunes Connectの設定は終了。
  18. 18. Appleに申請⑧①Build SettingのCode Signingの中にあるAny iOS SDKを先ほど作ったProvisioningProfileに変える(実機登録時に実行した場合は不要)。②実機の起動と同じようにiOS Device(自分のデバイス名)を選択。Provisioning Portal
  19. 19. Appleに申請⑨③XcodeメニューよりProduct→Archive④ビルドが終わるとOrganizerが起動し下記のような画面になる。右上に「Validate」と「Distribute」ボタンがあるのでValidateを選択。Validateはアプリの最終的な検査。⑤Log in to iTunes ConnectでiTunesConnectのユーザー名とパスワードを求められるのでNext→検証が成功したらArchivesの画面にPassedValidationというステータスの項目が出来る(上記画面は上半分で切断しているが、下の部分)。
  20. 20. Appleに申請⑩⑥次にDistributeボタンを選択。Validateと同じ手順。最終的にSubmit to the iOS AppStoreにチェックを入れてNext→青と白のしましま模様のバーがくるくる回り、アップロード完了⑦iTunes ConnectiTunes Storeからステータス変更のメールが届き、iTunes Connectにアクセスしてみるとアイコン右のStatusが(Prepare For Uploadを経て)Waiting For Reviewに変わる。⑧一週間〜十日経つと、In Reviewとなり審査が始まる。審査に通ればそこから当日中、もしくは翌日に晴れてiTunes Storeに並ぶ。
  21. 21. 作成元株式会社INJUS連絡先:webmaster@injus.co.jp※制作には十分注意をしておりますが、誤情報の掲載ございましたらご指摘等頂ければ幸いです。開発アプリ一覧・うさぎどんの税金管理・さるえもんの生活保護診断・ねずみ先生の診療報酬計算・スマフォ小説・絵心ない芸人・営業メール本資料の無断転載・複製は、二次利用は固く禁止しております。Copyright©2011-2013 INJUS Co.,Ltd. AllRights Reserved.
  22. 22. http://www.injus.co.jp/

×