無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~

4,708 views

Published on

Bitbucket + Re:VIEW + werckerで動く無料の継続的なソフトウェア製本システムの紹介です
https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony

Published in: Technology
0 Comments
21 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,708
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,637
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
21
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~

  1. 1. 無料な継続的出版システム ~ t-ceremony ~ Bitbucket + Re:VIEW + wercker @imagire
  2. 2. 皆さん執筆 してますか?
  3. 3. オライリー・ジャパンのePUBを制作しているシステム http://www.oreilly.co.jp/community/blog/2012/01/free-opensouce-softwares-support-orj-epub-titles.html 近年、書籍を 執筆する環境が 整いつつあります
  4. 4. GitHub で雑誌・書籍を作る http://www.slideshare.net/inao/githubkaigi でもGitHubだと 有料のプライベート リポジトリが必要です きちんとしたサービスには対価は勿論必要です!
  5. 5. Re:VIEWは 素敵なフォーマット ですが、 Mac,とWindows が混在すると 環境を整えるの面倒
  6. 6. 無料サービスで できるか 考えてみた
  7. 7. Re:VIEW オープンデリバリープラットフォーム DVCS コードホスティングサイト デジタル出版システム
  8. 8. Re:VIEW PDF 4. deploy 1. push 2. check werckerbot 3. compile 継続的出版システム ~ t-ceremony ~ 執筆して 原稿をpushしたら Bitが更新を認識して コンパイルした後 成果物をデプロイする
  9. 9. 公開中!
  10. 10. ただし、中身は Werckerの 設定ファイル だけなので 過度な期待厳禁
  11. 11. 特徴 長所 • 無料でRe:VIEWフォー マットのpdfが作れる • サーバーでコンパイルす るので環境非依存 短所 • コンパイルに時間がかかる – 軽いページでも5分 – 長いとコンパイル失敗も • 利用サービスが、いつ有料化 するかわからない – Bitbucketの無料プライベート アカウントは5人まで • 『[ReVIEW Tips] Dockerで Re:VIEW – Qiita』を、 つまんで作ったので適当 http://qiita.com/takahashim/items/406421d515ef1d4f1189 • サービスの設定が変更された ら追従できないかも
  12. 12. まぁ、でも よろしく お願いします
  13. 13. 以下 設定方法
  14. 14. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  15. 15. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  16. 16. 執筆を複数人で行ったり、 編集の人とのやり取りを考えると、 Bitbucketでチームを作るのが良いでしょう
  17. 17. チーム名 Bitbucketでの呼び名 必要項目を入力して作成
  18. 18. チームが作成されました
  19. 19. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  20. 20. Re:VIEWのソースコードを置く リポジトリを作成します
  21. 21. 必要項目を入力して作成 リポジトリ名 (チームを指定) 公開したくないなら チェック!
  22. 22. リポジトリが作成されました
  23. 23. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  24. 24. プロジェクトをSourceTreeで ローカルにクローン
  25. 25. SourceTreeの起動を許可
  26. 26. 保存先を指定
  27. 27. ローカルにコピーされ SourceTree上でリポジトリが 確認できます
  28. 28. t-celemonyのファイルを ダウンロードして下さい https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony
  29. 29. ダウンロードしたファイルを リポジトリの保存先に展開
  30. 30. リポジトリのsrc以下に Re:VIEWのファイルを展開 ReVIEWサンプル書籍データ(https://github.com/takahashim/review- sample-book) 等からダウンロード
  31. 31. 変更をコミット
  32. 32. 必要項目を入力してコミット変更内容 ここを押して変更ファイルを 更新点として登録する Bitbucketも更新
  33. 33. コミット完了
  34. 34. ブラウザで リポジトリを 確認すると 更新されている はずです
  35. 35. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  36. 36. werckerのアカウントを 作成して下さい http://wercker.com/
  37. 37. アプリの追加
  38. 38. Bitbucketの サービスを指定
  39. 39. Re:VIEWのファイルを置いた リポジトリを指定
  40. 40. リポジトリの更新を 監視するbotを設定
  41. 41. Bitbucketの設定ページが 立ち上がるので、Userに 「werckrbot」を追加
  42. 42. 戻ってNext
  43. 43. Werckerの設定ファイルを 検索しにいき、リポジトリの 「wercker.yml」が発見される
  44. 44. 設定完了 サービスを公開する際は ここにチェックを入れる
  45. 45. アプリ作成
  46. 46. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  47. 47. 作成したPDFを置く リポジトリを作成する
  48. 48. 配布用リポジトリ作成
  49. 49. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  50. 50. 設定で配布先を選択
  51. 51. 配布先に「Custom deploy を指定
  52. 52. 適当な名前を付ける。 Auto deploy はチェック ブランチ名は、「master」
  53. 53. パラメータを設定 (詳細は次ページ) 変数名 値 見せたくないときはチェック
  54. 54. 今回設定するパラメータ Bitbucketのユーザー名 Bitbucketのパスワード git用メアド Bitbucketのチーム名 配布先リポジトリ名
  55. 55. 設定する理由: 設定ファイルwercker.ymlで 動的な変数として指定 スクリプトの配布処理部分
  56. 56. 設定方法 • Bitbucketのチーム作成 • Bitbucketのリポジトリ作成 • ソースを追加してpush • Weckerのアプリ追加 • デプロイ用のBitbucketのリポジトリ作成 • Weckerのデプロイ設定 • 確認
  57. 57. ビルドテスト (コミットしても実行される)
  58. 58. 途中のステップが 確認できます
  59. 59. 成功すると緑に
  60. 60. 引き続き自動で 配布します
  61. 61. 成功すると緑に
  62. 62. 配布先リポジトリが 更新されているはず
  63. 63. outputフォルダ には pdfが
  64. 64. 完成!
  65. 65. 資料 • 本ソースコード – t-ceremony: A Continuous Publishing system: https://bitbucket.org/imagire/t-ceremony • サンプル実行環境 – コード置き場:https://bitbucket.org/mybook/t-ceremony – デプロイ先: https://bitbucket.org/mybook/deploy – Weckerサイト: https://app.wercker.com/#applications/538c398d62ef4e343e001e09/ • 参考サイト – ReVIEWサンプル書籍データ: – https://github.com/takahashim/review-sample-book – [ReVIEW Tips] DockerでRe:VIEW – Qiita: http://qiita.com/takahashim/items/406421d515ef1d4f1189 – Re:VIEW Links: https://github.com/note103/docs/blob/master/ReVIEW_links.md

×