Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ゲームエンジンの歴史概要

3,229 views

Published on

日本デジタルゲーム学会 2016年度研究大会 企画セッション1「ゲームエンジンの歴史と未来」における登壇資料


http://digrajapan.org/conf2016/

Published in: Technology
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • RenderWareも扱われていましたが、そのさらにもっともっとも前も扱われていて、細かいお仕事に感動ありました。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ゲームエンジンの歴史概要

  1. 1. ゲームエンジンの歴史概要 東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 今給黎 隆
  2. 2. 背景 • ゲームエンジン • 現在のゲーム開発では不可欠 • 系統立ててまとめられた情報は少ない • ゲームエンジンの歴史の調査を行う • 情報の整理 • 今後の展望の予測
  3. 3. 調査方法 • インターネットにおける情報を収集 • 現時点で存在しない情報には、internet archive を利用 • 調査内容 • ゲームエンジンの種類・リリースされた年 • ゲームエンジン自体のリリースか、ゲームエンジンを使用し たゲームがリリースされた年 • 大きくバージョンが異なる場合は、別のゲームエンジンとし て計測 • id Tech, id Tech 2, id Tech 3, … • ゲームミドルウェアも調査 • 新規に追加された機能の歴史 • 幾つかのゲームエンジンに関する探索的調査
  4. 4. ゲームエンジンの全体の推移 • 調査対象 • ゲームエンジン:258件 • 上記に含まれないリリース年が不明なゲームエンジ ン:16件 • ミドルウェア:16件
  5. 5. 調査ゲームエンジン ミドルウェア一覧
  6. 6. その他
  7. 7. 新たに作られるゲームエンジンは減少している ・[仮説]大規模ゲームエンジンの台頭で新たな開発の意義が薄れてきた ・[仮説]捕捉されていないゲームエンジンが存在する Unityの登録 ディベロッパー数 100人突破 その他
  8. 8. 3Dゲームエンジン ・1990年前半から増加 ・毎年10件前後のゲームエンジンが産みされてきた ・近年は新規開発数は減少(全体傾向と同じ) その他 Wolfenstein 3D (1992) id Tech 1 (Doom 1993) RenderWare (1996) Unreal Engine (2001) Unity (2005)
  9. 9. 2Dゲームエンジン ・いくつかの山が存在 ・[仮説] ゲームエンジンの比重が3Dに偏っていくことはない その他 コンストラクション ツール スクリプトエンジン iPhone等向けの カジュアルゲーム用 RPGツクール (1987)
  10. 10. OSSとそうでないゲームエンジンに顕著な傾向の差は見られない(OSS:商用=101:157) ・[仮説]商用のゲームエンジンとオープンソースのゲームエンジンのどちらか一方にはならない OSSは分類のための表記であり、厳密な定義に従っている訳ではない
  11. 11. 幾つかのゲームエンジンに関する 新規に追加された機能の歴史 • 調査対象 • Unity • id Tech • SpeedTree
  12. 12. 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 Unity3D の新規機能 1.0 (6/6) 1.1 (8/23) 1.2 (12/21) 1.5 (6/16) 1.6 (11/28) 2.0 (10/10) 2.1 (7/24) 2.5 (3/18) 2.6 (10/28) 3.0 (9/27) 3.2 (1/10) 3.3 (3/1) 3.4 (7/26) 3.5 (2/14) 4.0 (11/13) 4.1 (3/13) 4.2 (7/22) 4.3 (11/12) 5.5 (11/30) 4.4 (7/24) 4.5 (5/27) 4.6 (11/25) 4.7 (12/17) 5.0 (3/3) 5.1 (6/9) 5.2 (9/8) 5.3 (12/8) 5.4 (7/28) 5.6 (3/31) 2017.x (x/x) Mac OS X キーフレームアニメ アセットのドラッグ &ドロップに 対応したエディタ スクリプトでのAI JS, C#, Boo スキンメッシュ パーティクル テクスチャアニメ 法線マップ生成 マルチカメラ スカイボックス レンダーテクスチャ スポットライト バンプマップ シェーダライブラリ Ageia物理 ラグドール メッシュ間衝突 3Dオーディオ Maya, Cinema4D, LW, Motion Builder QuickTime S3TC 自動mip生成 Windows対応 フルスクリーンエフェク ト マテリアルへのテクス チャレンダリング 物理エンジンの改良 ラグドールのウィザード FPSのコントローラー ワークフローの拡張性 マテリアルシステムのリ ファクタリングでの高速 化 半透明を透過した影 ビヘイビアスクリプト追 加 スクリプトの改良 - Windows 版のwebビルド - Mac の universalapplicationに対応 - アニメーションシステム(ブレンド、 ミックス、加算、歩きの同期、時間・速 度・重みの制御、1・2・4骨/頂点の スキニング)、従来からのラグドール - ビークル - ポストエフェクト追 (noise、グロー、コントラスト強調) - Mesh scriptによる動的なメッシュ生成 - オンザフライのテクスチャの生成・修 正 - パーティクルのスクリプトシステム - ライトマップ - TrueTypeフォント - Cinema 4Dファイルのインポート - ドキュメントの充実 - 5つのチュートリアルの導入 -ブラウザへのアクセス - Webへのストリーミング - Vistaサポート -ドキュメントの拡張 -ビデオチュートリアル -オーディオエフェクト -共同開発の改善 -物理エンジンでの レイキャスト -フルの>NETDLLサポート -地形エンジン -ビデオプレイバック -DirectX9 -マルチプレイヤー ネットワークゲーム対応 -動的シャドウ -GUIシステムの改善 -Webへのストリーミング と圧縮 -アセットサーバー -アセットバンドルのストリーム -プロシージャルなキャラクタとア ニメーション(スキンモデルのスク リプト対応) -シェーダの差し替え -Immediateモードのレンダリング -地形のストリーミング -地面へのリアルタイムシャドウ -Editorの拡張性の向上 -アセットプロセスパイプライン -Undo -Windowsでのエディタの 互換性向上 -使いやすさの向上 (ツールへの容易なアクセス) -3ds maxからのインポート -タブインターフェイス -配置の使いやすさの向上 -エディタの完全なカスタマイ ズ -エディタでの適切な情報の表 示 -その他、多くの機能拡張とバ グ修正 -ファイル読み込みの 最適化 -プロファイラ -全オブジェクトへの アニメーションの適 応 -VCSサポート、 VSインテグレーショ ン -AA,AO, シャドウマップの改 善 -エディタ内検索 -配置のスナップ機能 -エディタのプラット フォーム統合 -高品質のライトマッ プ -ディファードレンダ リング -PVSオクルージョン カリング -ソースレベルデバッ ガ -オーディオフィルタ -レンズエフェクト -プロシージャ ルテクスチャ (サブスタンス の技術を統合) -ユーザー指定 シーンビューア イコンや修正可 能なプリミティ ブコライダーな どのエディタ拡 張 -影からアニ メーションなど 全てにおいての パフォーマンス 改善 -シーンやア セットのキャッ シュ付きのダウ ンロード可能コ ンテンツ SWF出力 新しいパーティクルシステム (Shuriken) キャラクターのナビゲーショ ンシステム LOD管理 アセットキャッシュサーバー HDR マルチスレッド化 GPU Profiler 各種グラフィックス最適化 巨大なギズモの扱い可能 低レイテンシーカスタムオー ディオフィルタの導入 iOS、Android 一般的なソーシャルAPIの追 加 等大きなアップデート DX11 アニメーションク リップの編集 Linuxサポート イメージエフェク トの更新 3Dテクスチャ 可変ウィンドウサ イズ対応 新たなプロジェク トブラウザ GUIシステムの刷新 Eclipse対応 カスタムフォント 新しいアクティ ベーションシステ ム Web Player 等多数 Substance カスタムマテリア ルエディタ iOS:完全なマルチ スクリーンサポー ト Mac: GameCenterサ ポート グラフィックス: 光源計算にシェー ダ差し替えをサ ポート オーディオ:サン プル精度用のスク リプトAPI エディタ:コン ソールにおけるエ ラーでのフィルタ リング 影:モバイルでの ハードウェアシャ ドウマップフィル タ 等 Windows Store Apps、 Windows Phone 8、 BlackBerry 10対応 無料範囲の拡大 AAレンダーテクス チャ イメージエフェクト の新規追加と改善 GPUスキニング Android: OpenGL ES 3.0 Android, iOS: ディ ファードライティン グ Perforceサポート メモリプロファイラ iOS:クラッシュレポー トAPIの追加 Linux:video4linux2- supportedでの標準 Webカメラの対応 Mac:64ビットプレイ ヤー メカニム:アバター 生成API 等 2D:新しいレンダ ラーコンポーネント (スプライトレンダ ラー)の追加 2D:スプライトパッ キング(アトラス 化) 2D:Box2D物理エンジ ンと2D物理コンポー ネントの統合 新規アニメーション ウィンドウ エディタコントロー ルをオーバーホール MonoDevelop 4.0.1対 応 WindowsからiOSビル ド モーフターゲット対 応 グラフィックス最適 化 使用量の改善 DX11.1要素の追加 シェーダの機能の拡 張 Windows Store、 Windows Phoneへの 機能追加 プラット フォームを アップデート できるモ ジュールマネ ジャーの導入 シェーダイン ポートの改良 DX11.1でのステ レオレンダリ ング iOSでのOpenGL ES 3.0 サポート 2Dジョイント ギズモの追加 新しいテスト ソリューショ ンUnity Remote4 Win8.1での解像 度変更 Windows Store アプリでのコ ンパスAPI等の 追加 等 新しいUIシステ ム 新しい矩形指定 ツール 拡張可能なイベ ントメッセージ システム 永続的なデリ ゲート(Unityイ ベント) 新たなAndroid ビルドターゲッ ト 物理ベース シェーディン グ Enlightenによる リアルタイムGI オーディオミ キサー HDR反射プロー ブ PhysX3.3による 大規模なパ フォーマンス 改善 アニメーショ ンシステムの メジャーアッ プデート WebGLプレ ビュー 新しいマルチプレイ ヤーネットワーク機 能の追加 新しいネットワーク コンポーネントと NetworkBehavior ベースクラス 新しい NetworkManager Occulus Riftサポート 新しいHDRカラー ピッカー グラフィックス:テ クスチャ圧縮サポー ト Windows での実験的 なOpenGL 4.5, ES3.1 サポート 新しい実行時アサー ションライブラリ Unity アナリティク ス ProjectId Home Window login 統合 Home Window ライ センス統合 2D:アトラス 空間を節約 Cloud Services: アク セス制御のリ ストをサポー ト 全体的に最適 化 Android: IL2CPP の実験 的なサポート WebGL: WebGL 2.0 を 実験的サポー ト Windows Store Apps: Universal Windows アプ リケーション (Windows10) のサポート Plugins: 低レ ベル プラグ イン API の拡 張 その他多数 エディタ: CPU プロファ イラタイムラインでの拡 張。素早いプラット フォーム変更のために キャッシュサーバーを ローカルで作動 グラフィックス: BC4,BC5,BC6,BC7 圧縮テク スチャ フォーマットと RGBAHalfフォーマット。 キューブマップ配列。 OpenGL ES 3.x のAndroid と MetalのiOSでの線形色 空間。新たな(Preview) LookDev エディタウィン ドウ。Unitysplash screen ツール Particles: 新たな CapsuleCollider2D。新た な モジュール:ライトモ ジュール, noise モジュー ル,尾 モジュール シェーダ: レンダーター ゲット前 ブレンドモード VR: HoloLensサポート GI: ライトプローブプロ キシボリューム Graphics: GPU インスタ ンス化サポート。改良 されたマルチスレッド レンダリング。モー ションベクトルレンダ リングサポート IL2CPP: IL2CPP の Android 用公式サポート iOS: オンデマンドリ ソース (ODR) 初期イン ストールタグのサポー トを追加 Physics: さまざまな物理 演算の改良 Services: Performance Reporting サービスの統 合 Shaders: ComputeShader の改良 VR: マルチデバイスサ ポート VR: ネイティブの OpenVR サポートの追加 Windows: UnityEngine.Windows.Spe ech 以下に音声認識API を追加 Unityエディター の機能: 新しいプログレッ シブライトマッ パー 新しいビデオプレ イヤー macOS版Unityエ ディターでMetal 2D ゲーム開発の ワークフロー改善 のための新機能 Google Daydream、 Cardboard、 Facebook Gameroom対応 Vulkan。 Metalを使用した 計算処理をサポー ト コンポーネ ント化 2D Placeholder Assets Creation Tools オイラー曲 線のイン ポート 非同期テク スチャ更新 リモートフ レームデ バッガー グラフィッ クスデバッ ガ 2D物理の多 くの機能拡 張 等 新しい被写 界深度、ブ ルームエ フェクト。 水プレハブ OpenGL ES 2.0での最適 化 シェーダの モバイル最 適化 プレイヤー からデバッ グ可能 スタンドア ロンプレイ ヤーのプロ ファイリン グ Android 6.0 Marshm allow対 応 IL2CPP バグfix その他 バグfix マルチプロセッ サ最適化 ストーリーテリ ングの向上 NintendoSwitch
  13. 13. 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 1.0 (6/6) 1.1 (8/23) 1.2 (12/21) 1.5 (6/16) 1.6 (11/28) 2.0 (10/10) 2.1 (7/24) 2.5 (3/18) 2.6 (10/28) 3.0 (9/27) 3.2 (1/10) 3.3 (3/1) 3.4 (7/26) 3.5 (2/14) 4.0 (11/13) 4.1 (3/13) 4.2 (7/22) 4.3 (11/12) 5.5 (11/30) 4.4 (7/24) 4.5 (5/27) 4.6 (11/25) 4.7 (12/17) 5.0 (3/3) 5.1 (6/9) 5.2 (9/8) 5.3 (12/8) 5.4 (7/28) 5.6 (3/31) 2017.x (x/x) Mac OS X キーフレームアニメ アセットのドラッグ &ドロップに 対応したエディタ スクリプトでのAI JS, C#, Boo スキンメッシュ パーティクル テクスチャアニメ 法線マップ生成 マルチカメラ スカイボックス レンダーテクスチャ スポットライト バンプマップ シェーダライブラリ Ageia物理 ラグドール メッシュ間衝突 3Dオーディオ Maya, Cinema4D, LW, Motion Builder QuickTime S3TC 自動mip生成 Windows対応 フルスクリーンエフェク ト マテリアルへのテクス チャレンダリング 物理エンジンの改良 ラグドールのウィザード FPSのコントローラー ワークフローの拡張性 マテリアルシステムのリ ファクタリングでの高速 化 半透明を透過した影 ビヘイビアスクリプト追 加 スクリプトの改良 - Windows 版のwebビルド - Mac の universalapplicationに対応 - アニメーションシステム(ブレンド、 ミックス、加算、歩きの同期、時間・速 度・重みの制御、1・2・4骨/頂点の スキニング)、従来からのラグドール - ビークル - ポストエフェクト追 (noise、グロー、コントラスト強調) - Mesh scriptによる動的なメッシュ生成 - オンザフライのテクスチャの生成・修 正 - パーティクルのスクリプトシステム - ライトマップ - TrueTypeフォント - Cinema 4Dファイルのインポート - ドキュメントの充実 - 5つのチュートリアルの導入 -ブラウザへのアクセス - Webへのストリーミング - Vistaサポート -ドキュメントの拡張 -ビデオチュートリアル -オーディオエフェクト -共同開発の改善 -物理エンジンでの レイキャスト -フルの>NETDLLサポート -地形エンジン -ビデオプレイバック -DirectX9 -マルチプレイヤー ネットワークゲーム対応 -動的シャドウ -GUIシステムの改善 -Webへのストリーミング と圧縮 -アセットサーバー -アセットバンドルのストリーム -プロシージャルなキャラクタとア ニメーション(スキンモデルのスク リプト対応) -シェーダの差し替え -Immediateモードのレンダリング -地形のストリーミング -地面へのリアルタイムシャドウ -Editorの拡張性の向上 -アセットプロセスパイプライン -Undo -Windowsでのエディタの 互換性向上 -使いやすさの向上 (ツールへの容易なアクセス) -3ds maxからのインポート -タブインターフェイス -配置の使いやすさの向上 -エディタの完全なカスタマイ ズ -エディタでの適切な情報の表 示 -その他、多くの機能拡張とバ グ修正 -ファイル読み込みの 最適化 -プロファイラ -全オブジェクトへの アニメーションの適 応 -VCSサポート、 VSインテグレーショ ン -AA,AO, シャドウマップの改 善 -エディタ内検索 -配置のスナップ機能 -エディタのプラット フォーム統合 -高品質のライトマッ プ -ディファードレンダ リング -PVSオクルージョン カリング -ソースレベルデバッ ガ -オーディオフィルタ -レンズエフェクト -プロシージャ ルテクスチャ (サブスタンス の技術を統合) -ユーザー指定 シーンビューア イコンや修正可 能なプリミティ ブコライダーな どのエディタ拡 張 -影からアニ メーションなど 全てにおいての パフォーマンス 改善 -シーンやア セットのキャッ シュ付きのダウ ンロード可能コ ンテンツ SWF出力 新しいパーティクルシステム (Shuriken) キャラクターのナビゲーショ ンシステム LOD管理 アセットキャッシュサーバー HDR マルチスレッド化 GPU Profiler 各種グラフィックス最適化 巨大なギズモの扱い可能 低レイテンシーカスタムオー ディオフィルタの導入 iOS、Android 一般的なソーシャルAPIの追 加 等大きなアップデート DX11 アニメーションク リップの編集 Linuxサポート イメージエフェク トの更新 3Dテクスチャ 可変ウィンドウサ イズ対応 新たなプロジェク トブラウザ GUIシステムの刷新 Eclipse対応 カスタムフォント 新しいアクティ ベーションシステ ム Web Player 等多数 Substance カスタムマテリア ルエディタ iOS:完全なマルチ スクリーンサポー ト Mac: GameCenterサ ポート グラフィックス: 光源計算にシェー ダ差し替えをサ ポート オーディオ:サン プル精度用のスク リプトAPI エディタ:コン ソールにおけるエ ラーでのフィルタ リング 影:モバイルでの ハードウェアシャ ドウマップフィル タ 等 Windows Store Apps、 Windows Phone 8、 BlackBerry 10対応 無料範囲の拡大 AAレンダーテクス チャ イメージエフェクト の新規追加と改善 GPUスキニング Android: OpenGL ES 3.0 Android, iOS: ディ ファードライティン グ Perforceサポート メモリプロファイラ iOS:クラッシュレポー トAPIの追加 Linux:video4linux2- supportedでの標準 Webカメラの対応 Mac:64ビットプレイ ヤー メカニム:アバター 生成API 等 2D:新しいレンダ ラーコンポーネント (スプライトレンダ ラー)の追加 2D:スプライトパッ キング(アトラス 化) 2D:Box2D物理エンジ ンと2D物理コンポー ネントの統合 新規アニメーション ウィンドウ エディタコントロー ルをオーバーホール MonoDevelop 4.0.1対 応 WindowsからiOSビル ド モーフターゲット対 応 グラフィックス最適 化 使用量の改善 DX11.1要素の追加 シェーダの機能の拡 張 Windows Store、 Windows Phoneへの 機能追加 プラット フォームを アップデート できるモ ジュールマネ ジャーの導入 シェーダイン ポートの改良 DX11.1でのステ レオレンダリ ング iOSでのOpenGL ES 3.0 サポート 2Dジョイント ギズモの追加 新しいテスト ソリューショ ンUnity Remote4 Win8.1での解像 度変更 Windows Store アプリでのコ ンパスAPI等の 追加 等 新しいUIシステ ム 新しい矩形指定 ツール 拡張可能なイベ ントメッセージ システム 永続的なデリ ゲート(Unityイ ベント) 新たなAndroid ビルドターゲッ ト 物理ベース シェーディン グ Enlightenによる リアルタイムGI オーディオミ キサー HDR反射プロー ブ PhysX3.3による 大規模なパ フォーマンス 改善 アニメーショ ンシステムの メジャーアッ プデート WebGLプレ ビュー 新しいマルチプレイ ヤーネットワーク機 能の追加 新しいネットワーク コンポーネントと NetworkBehaviorベー スクラス 新しい NetworkManager Occulus Riftサポート 新しいHDRカラー ピッカー グラフィックス:テ クスチャ圧縮サポー ト Windows での実験的 なOpenGL 4.5, ES3.1 サポート 新しい実行時アサー ションライブラリ Unity アナリティクス ProjectId Home Window login統 合 Home Window ライセ ンス統合 2D:アトラス 空間を節約 Cloud Services: アク セス制御のリ ストをサポー ト 全体的に最適 化 Android: IL2CPP の実験 的なサポート WebGL: WebGL 2.0 を 実験的サポー ト Windows Store Apps: Universal Windows アプ リケーション (Windows10) のサポート Plugins: 低レ ベル プラグ イン API の拡 張 その他多数 マルチプロセッ サ最適化 ストーリーテリ ングの向上 NintendoSwitch エディタ: CPU プロファ イラタイムラインでの拡 張。素早いプラット フォーム変更のために キャッシュサーバーを ローカルで作動 グラフィックス: BC4,BC5,BC6,BC7 圧縮テク スチャ フォーマットと RGBAHalfフォーマット。 キューブマップ配列。 OpenGL ES 3.x のAndroid と MetalのiOSでの線形色 空間。新たな(Preview) LookDev エディタウィン ドウ。Unitysplash screen ツール Particles: 新たな CapsuleCollider2D。新た な モジュール:ライトモ ジュール, noise モジュー ル,尾 モジュール シェーダ: レンダーター ゲット前 ブレンドモード VR: HoloLensサポート GI: ライトプローブプロキ シボリューム Graphics: GPU インスタン ス化サポート。改良され たマルチスレッドレンダ リング。モーションベク トルレンダリングサポー ト IL2CPP: IL2CPP の Android 用 公式サポート iOS: オンデマンドリソース (ODR) 初期インストールタ グのサポートを追加 Physics: さまざまな物理演 算の改良 Services: Performance Reporting サービスの統合 Shaders: ComputeShader の 改良 VR: マルチデバイスサポー ト VR: ネイティブの OpenVR サポートの追加 Windows: UnityEngine.Windows.Speec h 以下に音声認識API を追 加 Unityエディター の機能: 新しいプログレッ シブライトマッ パー 新しいビデオプレ イヤー macOS版Unityエ ディターでMetal 2D ゲーム開発の ワークフロー改善 のための新機能 Google Daydream、 Cardboard、 Facebook Gameroom対応 Vulkan。 Metalを使用した 計算処理をサポー ト コンポーネ ント化 2D Placeholder Assets Creation Tools オイラー曲 線のイン ポート 非同期テク スチャ更新 リモートフ レームデ バッガー グラフィッ クスデバッ ガ 2D物理の多 くの機能拡 張 等 新しい被写界 深度、ブルー ムエフェクト。 水プレハブ OpenGL ES 2.0 での最適化 シェーダのモ バイル最適化 プレイヤーか らデバッグ可 能 スタンドアロ ンプレイヤー のプロファイ リング Android 6.0 Marshm allow対 応 IL2CPP バグfix その他 バグfix HW対応 ・近年ほど、多くのHW, Graphics APIに対応 ・[仮説] 将来的には各種デバイス対応がボトルネックに 開発の大規模化やゲームエンジンの寡占化、機能特化等に分かれうる Unity3D の新規機能
  14. 14. 3rd party 製ライブラリ ・定期的に本流に組み込まれる ・[仮説] 今後も先端的な技術がマイクロサービス的に組み込まれうる 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 1.0 (6/6) 1.1 (8/23) 1.2 (12/21) 1.5 (6/16) 1.6 (11/28) 2.0 (10/10) 2.1 (7/24) 2.5 (3/18) 2.6 (10/28) 3.0 (9/27) 3.2 (1/10) 3.3 (3/1) 3.4 (7/26) 3.5 (2/14) 4.0 (11/13) 4.1 (3/13) 4.2 (7/22) 4.3 (11/12) 5.5 (11/30) 4.4 (7/24) 4.5 (5/27) 4.6 (11/25) 4.7 (12/17) 5.0 (3/3) 5.1 (6/9) 5.2 (9/8) 5.3 (12/8) 5.4 (7/28) 5.6 (3/31) 2017.x (x/x) Mac OS X キーフレームアニメ アセットのドラッグ &ドロップに 対応したエディタ スクリプトでのAI JS, C#, Boo スキンメッシュ パーティクル テクスチャアニメ 法線マップ生成 マルチカメラ スカイボックス レンダーテクスチャ スポットライト バンプマップ シェーダライブラリ Ageia物理 ラグドール メッシュ間衝突 3Dオーディオ Maya, Cinema4D, LW, Motion Builder QuickTime S3TC 自動mip生成 Windows対応 フルスクリーンエフェク ト マテリアルへのテクス チャレンダリング 物理エンジンの改良 ラグドールのウィザード FPSのコントローラー ワークフローの拡張性 マテリアルシステムのリ ファクタリングでの高速 化 半透明を透過した影 ビヘイビアスクリプト追 加 スクリプトの改良 - Windows 版のwebビルド - Mac の universalapplicationに対応 - アニメーションシステム(ブレンド、 ミックス、加算、歩きの同期、時間・速 度・重みの制御、1・2・4骨/頂点の スキニング)、従来からのラグドール - ビークル - ポストエフェクト追 (noise、グロー、コントラスト強調) - Mesh scriptによる動的なメッシュ生成 - オンザフライのテクスチャの生成・修 正 - パーティクルのスクリプトシステム - ライトマップ - TrueTypeフォント - Cinema 4Dファイルのインポート - ドキュメントの充実 - 5つのチュートリアルの導入 -ブラウザへのアクセス - Webへのストリーミング - Vistaサポート -ドキュメントの拡張 -ビデオチュートリアル -オーディオエフェクト -共同開発の改善 -物理エンジンでの レイキャスト -フルの>NETDLLサポート -地形エンジン -ビデオプレイバック -DirectX9 -マルチプレイヤー ネットワークゲーム対応 -動的シャドウ -GUIシステムの改善 -Webへのストリーミング と圧縮 -アセットサーバー -アセットバンドルのストリーム -プロシージャルなキャラクタとア ニメーション(スキンモデルのスク リプト対応) -シェーダの差し替え -Immediateモードのレンダリング -地形のストリーミング -地面へのリアルタイムシャドウ -Editorの拡張性の向上 -アセットプロセスパイプライン -Undo -Windowsでのエディタの 互換性向上 -使いやすさの向上 (ツールへの容易なアクセス) -3ds maxからのインポート -タブインターフェイス -配置の使いやすさの向上 -エディタの完全なカスタマイ ズ -エディタでの適切な情報の表 示 -その他、多くの機能拡張とバ グ修正 -ファイル読み込みの 最適化 -プロファイラ -全オブジェクトへの アニメーションの適 応 -VCSサポート、 VSインテグレーショ ン -AA,AO, シャドウマップの改 善 -エディタ内検索 -配置のスナップ機能 -エディタのプラット フォーム統合 -高品質のライトマッ プ -ディファードレンダ リング -PVSオクルージョン カリング -ソースレベルデバッ ガ -オーディオフィルタ -レンズエフェクト -プロシージャ ルテクスチャ (サブスタンス の技術を統合) -ユーザー指定 シーンビューア イコンや修正可 能なプリミティ ブコライダーな どのエディタ拡 張 -影からアニ メーションなど 全てにおいての パフォーマンス 改善 -シーンやア セットのキャッ シュ付きのダウ ンロード可能コ ンテンツ SWF出力 新しいパーティクルシステム (Shuriken) キャラクターのナビゲーショ ンシステム LOD管理 アセットキャッシュサーバー HDR マルチスレッド化 GPU Profiler 各種グラフィックス最適化 巨大なギズモの扱い可能 低レイテンシーカスタムオー ディオフィルタの導入 iOS、Android 一般的なソーシャルAPIの追 加 等大きなアップデート DX11 アニメーションク リップの編集 Linuxサポート イメージエフェク トの更新 3Dテクスチャ 可変ウィンドウサ イズ対応 新たなプロジェク トブラウザ GUIシステムの刷新 Eclipse対応 カスタムフォント 新しいアクティ ベーションシステ ム Web Player 等多数 Substance カスタムマテリア ルエディタ iOS:完全なマルチ スクリーンサポー ト Mac: GameCenterサ ポート グラフィックス: 光源計算にシェー ダ差し替えをサ ポート オーディオ:サン プル精度用のスク リプトAPI エディタ:コン ソールにおけるエ ラーでのフィルタ リング 影:モバイルでの ハードウェアシャ ドウマップフィル タ 等 Windows Store Apps、 Windows Phone 8、 BlackBerry 10対応 無料範囲の拡大 AAレンダーテクス チャ イメージエフェクト の新規追加と改善 GPUスキニング Android: OpenGL ES 3.0 Android, iOS: ディ ファードライティン グ Perforceサポート メモリプロファイラ iOS:クラッシュレポー トAPIの追加 Linux:video4linux2- supportedでの標準 Webカメラの対応 Mac:64ビットプレイ ヤー メカニム:アバター 生成API 等 2D:新しいレンダ ラーコンポーネント (スプライトレンダ ラー)の追加 2D:スプライトパッ キング(アトラス 化) 2D:Box2D物理エンジ ンと2D物理コンポー ネントの統合 新規アニメーション ウィンドウ エディタコントロー ルをオーバーホール MonoDevelop 4.0.1対 応 WindowsからiOSビル ド モーフターゲット対 応 グラフィックス最適 化 使用量の改善 DX11.1要素の追加 シェーダの機能の拡 張 Windows Store、 Windows Phoneへの 機能追加 プラット フォームを アップデート できるモ ジュールマネ ジャーの導入 シェーダイン ポートの改良 DX11.1でのステ レオレンダリ ング iOSでのOpenGL ES 3.0 サポート 2Dジョイント ギズモの追加 新しいテスト ソリューショ ンUnity Remote4 Win8.1での解像 度変更 Windows Store アプリでのコ ンパスAPI等の 追加 等 新しいUIシステ ム 新しい矩形指定 ツール 拡張可能なイベ ントメッセージ システム 永続的なデリ ゲート(Unityイ ベント) 新たなAndroid ビルドターゲッ ト 物理ベース シェーディン グ Enlightenによる リアルタイムGI オーディオミ キサー HDR反射プロー ブ PhysX3.3による 大規模なパ フォーマンス 改善 アニメーショ ンシステムの メジャーアッ プデート WebGLプレ ビュー 新しいマルチプレイ ヤーネットワーク機能 の追加 新しいネットワークコ ンポーネントと NetworkBehaviorベース クラス 新しいNetworkManager Occulus Riftサポート 新しいHDRカラーピッ カー グラフィックス:テク スチャ圧縮サポート Windows での実験的な OpenGL 4.5, ES3.1 サ ポート 新しい実行時アサー ションライブラリ Unity アナリティクス ProjectId Home Window login統合 Home Window ライセン ス統合 2D:アトラス 空間を節約 Cloud Services: アク セス制御のリ ストをサポー ト 全体的に最適 化 Android: IL2CPP の実験 的なサポート WebGL: WebGL 2.0 を 実験的サポー ト Windows Store Apps: Universal Windows アプ リケーション (Windows10) のサポート Plugins: 低レ ベル プラグ イン API の拡 張 その他多数 エディタ: CPU プロファ イラタイムラインでの拡 張。素早いプラット フォーム変更のために キャッシュサーバーを ローカルで作動 グラフィックス: BC4,BC5,BC6,BC7 圧縮テク スチャ フォーマットと RGBAHalfフォーマット。 キューブマップ配列。 OpenGL ES 3.x のAndroid と MetalのiOSでの線形色 空間。新たな(Preview) LookDev エディタウィン ドウ。Unitysplash screen ツール Particles: 新たな CapsuleCollider2D。新た な モジュール:ライトモ ジュール, noise モジュー ル,尾 モジュール シェーダ: レンダーター ゲット前 ブレンドモード VR: HoloLensサポート GI: ライトプローブプロ キシボリューム Graphics: GPU インスタ ンス化サポート。改良 されたマルチスレッド レンダリング。モー ションベクトルレンダ リングサポート IL2CPP: IL2CPP の Android 用公式サポート iOS: オンデマンドリ ソース (ODR) 初期イン ストールタグのサポー トを追加 Physics: さまざまな物理 演算の改良 Services: Performance Reporting サービスの統 合 Shaders: ComputeShader の改良 VR: マルチデバイスサ ポート VR: ネイティブの OpenVR サポートの追加 Windows: UnityEngine.Windows.Spe ech 以下に音声認識API を追加 Unityエディター の機能: 新しいプログレッ シブライトマッ パー 新しいビデオプレ イヤー macOS版Unityエ ディターでMetal 2D ゲーム開発の ワークフロー改善 のための新機能 Google Daydream、 Cardboard、 Facebook Gameroom対応 Vulkan。 Metalを使用した 計算処理をサポー ト コンポーネ ント化 2D Placeholder Assets Creation Tools オイラー曲 線のイン ポート 非同期テク スチャ更新 リモートフ レームデ バッガー グラフィッ クスデバッ ガ 2D物理の多 くの機能拡 張 等 新しい被写 界深度、ブ ルームエ フェクト。 水プレハブ OpenGL ES 2.0での最適 化 シェーダの モバイル最 適化 プレイヤー からデバッ グ可能 スタンドア ロンプレイ ヤーのプロ ファイリン グ Android 6.0 Marshm allow対 応 IL2CPP バグfix その他 バグfix マルチプロセッ サ最適化 ストーリーテリ ングの向上 NintendoSwitch Unity3D の新規機能
  15. 15. まとめ • ゲームエンジンを調査 • 全体的な調査 • 探索的な調査 • 調査からの仮設 • 大規模ゲームエンジンの台頭で新たな開発の意義が薄れてきた • 捕捉されていないゲームエンジンが存在する • ゲームエンジンの比重が3Dに偏っていくことはない • 将来的には各種デバイス対応がボトルネックに • 開発の大規模化やゲームエンジンの寡占化、機能特化等に分かれうる • 今後も先端的な技術がマイクロサービス的に組み込まれうる • 今後の課題 • より一層の調査 • 仮説の精度向上 • ゲームエンジンのupdateに伴う評価

×