Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

RPA活用オープンデータハンズオン開催方針(3/4差し替え)

835 views

Published on

3/7開催予定のハンズオンセミナーに関する方針です

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

RPA活用オープンデータハンズオン開催方針(3/4差し替え)

  1. 1. RPA活用オープンデータハンズオン 開催方針 ~触ってみよう、RPA!見てみよう、気象データ!~※参加者向け 2020/3/4 Code for Kitakyushu事務局 ※本資料の内容(方針)は、資料作成時点のものです。 最新の状況はイベントページをご確認ください。 https://code4kitakyushu.connpass.com/event/167682/ 1
  2. 2. 資料構成  基本方針  背景  開催方式詳細  必要となる事前準備  本イベントにおける新型コロナウイルス対策  参加方式フローチャート 2
  3. 3. 基本方針  3月7日に予定しているRPA活用オープンデータハンズオンセミナー 「触ってみよう、RPA!見てみよう、気象データ!」~オープンデータデ イ2020 in 北九州は、オンライン開催とします!  イベント当日の朝、参加者向けにオンライン参加用のURLをconnpassメッ セージによりお送りしますので、開始時間になりましたらそちらにアクセ スしてください(受付開始時間の13:30よりアクセス可能です) 。  参加者を交えた懇親会は実施を取りやめますm(_ _)m  参加者の中で、自宅にオンラインミーティング環境がない、かつ、新型コ ロナウイルス対策が行える方のみ、会場へお越しいただけますが(詳細は 後述)、オンラインと比べたメリットはありません。  事前準備(ツールのインストール)や接続確認を行いたい方は、当日の午 前中(10:00~11:30)にサポートさせていただきます。希望者はイベント ページからお問い合わせください。 3
  4. 4. 背景  皆さんご存知の通り、新型コロナウィルス発生により国内が未曽有 の状況に至っています。  その結果として、企業活動はもちろん全国のIT系勉強会なども中止・ 延期の判断をしている方々が多くいらっしゃいます。  その陰で、普段、イベントや勉強会を支えていただいているコワー キングスペースやシェアオフィスは事業成立自体が難しくなってき ています。  「ITの力で社会を良くしよう」という理念のもと形成されたコミュニ ティとして、何が正解かを数週間にわたり事務局として議論し、ま た、関係者と調整を重ね、内部リハーサルを実施しました。  その結果、スタッフ(講師/サポーター)は現地集合してオンライ ン開催することで、100%ではありませんが実現可能と判断しました。 4
  5. 5. 実施方式詳細  オンラインミーティング開催支援アプリ(ツール)であるZoomを用いてイベントを実施し ます。  Zoomの特徴として、他のアプリとの比較で必要とされるPCの機能やインターネット回線が低ス ペックのため、多くの環境で利用可能です。  Zoomとは(参考): https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/  プログラム前半のセミナー部分(主催者挨拶~気象台オープンデータ説明)までは、 Zoom機能で主催者側の画面を皆様のPCに共有しながら配信します。これをウェビナー 方式といいます。  プログラム中盤のRPAハンズオン部分は、Zoom機能で講師(UiPath様)の画面を共有し ながら説明し、演習時間にはワンツーマンでのサポート体制を設けます。  演習時間でのサポートはZoomの「ブレイクアウトルーム」機能を用い「ヘルプ部屋1~X」とい う部屋分けを行ったうえで、ヘルプ部屋には、質問者とサポーターの2名が入ります。(参考) https://zoom-tatsujin.com/point/  上記ワンツーマンのほか、チャット機能によるフォローも並行します。  プログラム後半のグループワーク部分は、当日提示するカテゴリ毎に4~5名程度のグ ループにてオープンデータを活用したRPAの応用を考えていただきます。  この際も、Zoomのブレイクアウトルーム機能を用い、サポーターがグループ毎のホスト役を務め ます。 5
  6. 6. 必要となる事前準備 1. ノートパソコンの機能確認 ⚫ マイクとカメラはついていますか? ⇒現地参加の場合でも今回はマイクとカメラを使用するため、付いていない場合、 大変申し訳ありませんが今回はご参加いただけません。 ⚫ Zoom利用のシステム要件が満たされていますか?システム要件はこちら⇒ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-System-Requirements-for-PC-Mac-and-Linux ⇒プロセッサ(CPU/GPU)およびメモリ要件に不安がある場合、ビデオ表示をオフにすることで解消される場合があります。前 述の通り当日10:00~11:30に事前確認が可能ですので、お試しください。 ⇒Zoom自体にも接続確認機能がありますので、お試しください 2. Google Chromeの事前インストール  ハンズオン内でWebブラウザ「Google Chrome」を使いますので、下記サイトを参考にインストールし ておいてください  https://support.google.com/chrome/answer/95346?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja 3. UiPath Community Editionの事前インストール  ハンズオンで使用するRPAツール「UiPath」を下記サイトを参考にインストールしておいてください。  https://www.uipath.com/ja/resources/knowledge-base/uipath-community-edition-studio-install  「UiPath Cloud Platform」登録画面はこちら⇒ https://www.uipath.com/ja/start-trial  途中の選択では「UiPath Studio」「Stable」を選択 6
  7. 7. (補足) UiPath StudioXを選択し てインストールした場合の対処  “UiPath StudioX”を選択してインストールしていても、「メニュー」 ⇒「設定」⇒「ライセンスとプロファイル」⇒「プロファイルを確認 または変更」から”UiPath Studio”に切り替えることが出来ます。 7
  8. 8. 本イベントにおける新型コロ ナウイルス対策(参考)  本イベントの実施を決定するにあたり、感染拡大防止を第1優先とし て事務局内で協議した結果、下記対策を実施いたします。 1. 参加者の原則オンライン化  オンライン参加が難しい場合は対策が取れる場合のみ当日現地参加可 (次項参照) 2. 講師についてもオンライン可とし、現地入りする方については所属組織 で規定されている対策を取っていただく(マスク/除菌ジェル利用等) 3. 当日お手伝いいただくサポーターには事務局よりマスク配布(会場まで の道程でもマスク推奨) 4. 懇親会の中止 8
  9. 9. 参加方式フローチャート  参加可否および参加方式(オンライン参加/現地参加)は下記チャートにより決定して下さい ご 自 宅 に P C で 接 続 で き る イ ン タ ー ネ ッ ト 環 境 は あ り ま す か ? ( ※ 1 ) ※1ビデオ通話を行いますので、常時接続可能なインターネット回線をお勧めします。パケットに上限のあるテザリングなどの場合は「無」として下さい 有 オンライン 参加(推奨) ご 自 宅 の P C は 機 能 要 件 ( P 5 参 照 ) を 満 た し て い ま す か ? 9 満たし ている 大変申し訳ございませんが 今回はご参加いただけません 満たしていない 体 調 不 良 の 自 覚 症 状 は あ り ま せ ん か ? ( ※ 2 ) 無 有 マ ス ク 着 用 を 含 む 感 染 予 防 対 策 は 行 っ て い た だ け ま す か ? ( ※ 3 ) 無 行えない 行える 現地参加 (非推奨) ※2 体調不良の基準は、厚生労働省のWebサイトを参照してください⇒ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00006.html ※3 マスク着用、こまめな手洗い、咳エチケットなど ご自宅にマスクがない場合は北九州市内事業者で手作り マスク販売なども行われています(有料)。 http://mutenkahouse.shop- pro.jp/?mode=cate&cbid=1878233&csid=0

×