Shibuya.trac勉強会 第4回
      (2009/07/12)
   id:ikikko(壱岐っこ)
     はてな
     Wassr, Twitter
                         ココ

   仕事:
     メーカー系SIer ⇒ 現職(2009/07~:研修中)...
 TracとかRedmineとか
 SourceRepo.comとかSharePoint
  とか
 細かい話は省略…
日本発
ASP型の

プロジェクト管理ツール
   プロジェクト管理ツールの基本機能搭載
     課題(チケット)
     Wiki

     バージョン管理システム連携(Subversion)

     ファイル共有

     バーンダウンチャート・ガントチャート
...
Trac Lightning
             で大分楽にはな

   開発者主体      りましたが…


    環境構築が面倒
    カスタマイズ・機能拡張が充

     実(プラグインなど)
   プロジェクトに携わる全員が主体
       楽しくコミュニケーション♪




       誰でもすぐに始められる!
        (環境構築の手間不要)
   プロジェクトがうまくいくこと
    TracだろうがBacklogだろうが
    各自のノウハウを蓄積して

    交換・洗練できたらいいよね
Backlog公式サイト
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~

1,571 views

Published on

2009/07/12 Shinjyuku.trac 勉強会 第4回

http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/meeting%2F04

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,571
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Yet anothor プロジェクト管理ツール ~Backlog~

  1. 1. Shibuya.trac勉強会 第4回 (2009/07/12)
  2. 2.  id:ikikko(壱岐っこ)  はてな  Wassr, Twitter ココ  仕事:  メーカー系SIer ⇒ 現職(2009/07~:研修中)  前回の勉強会(2009/01/24)では、「SAPとTracの 連携」というタイトルでTracのプラグインについてお 話させてもらいました
  3. 3.  TracとかRedmineとか  SourceRepo.comとかSharePoint とか  細かい話は省略…
  4. 4. 日本発 ASP型の プロジェクト管理ツール
  5. 5.  プロジェクト管理ツールの基本機能搭載  課題(チケット)  Wiki  バージョン管理システム連携(Subversion)  ファイル共有  バーンダウンチャート・ガントチャート  ASP型(有料、フリープラン有)  Backlog API(XML-RPC)による機能拡張  マルチプロジェクトの管理
  6. 6. Trac Lightning で大分楽にはな  開発者主体 りましたが… 環境構築が面倒 カスタマイズ・機能拡張が充 実(プラグインなど)
  7. 7.  プロジェクトに携わる全員が主体  楽しくコミュニケーション♪  誰でもすぐに始められる! (環境構築の手間不要)
  8. 8.  プロジェクトがうまくいくこと TracだろうがBacklogだろうが 各自のノウハウを蓄積して 交換・洗練できたらいいよね
  9. 9. Backlog公式サイト

×