初めてのプラグイン開発

1,536 views

Published on

2009/01/24 Shibuya.trac 2009新年会

http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/meeting%2F03

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,536
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

初めてのプラグイン開発

  1. 1. 初めてのプラグイン開発 - SAPとTracの連携 - 1
  2. 2. 今の心境 こういった場での発表は、初めてできん ちょーしてます 5分どころか10分以上かかりそうなので、 今回どら娘がこなくてほっとしてます 2
  3. 3. アジェンダ 自己紹介 プラグイン作成の背景 プラグインの概要 今後の課題 3
  4. 4. 自己紹介 id:ikikko  はてな(ブログ:Talking Nonstop)  Gmail, Twitter, Wassr 某SIer所属  客先常駐  商社向けのシステム開発  SAPのアドオン(プラグイン)開発を担当 4
  5. 5. 背景 「Excel+Eメール」での管理にうんざり  管理用のExcelファイルが5~6  同じ内容を別々のファイルに転記  ファイルを複数立ち上げて作業  離れた拠点の連絡は、EメールでExcelを送付  手動でメール送信が無駄な労力  どこに最新のファイルがあるのかも不明 5
  6. 6. 勉強会 ITSで解決できるということを啓蒙するために勉強会を開催! 便利そうだけど、 SSL通信や セキュリティは? ユーザIDによる制御など 一通りのことはできます SAP上の 中をいじってやれば ソースコードと できると思いますが、 連携できる? 標準機能にはないみたいです 6
  7. 7. 勉強会を終えた後の感想 ソースコードのバージョン管理と 無いならば 連携不可なのは不便だよな 作ってしまえ プラグイン! 7
  8. 8. プラグインの概要 - Sap2SvnPlugin - チケット更新時にSAPにアクセスして情報を 取得、その内容をSubversionにコミット SAPへのアクセス:  ActiveXを利用したRFC(Remote Function Call) を利用 Subversionへのコミット  Trac付属のモジュールを利用 8
  9. 9. イメージ図 Trac チケット リポジトリ カスタムフィールド •リリース済 •移送依頼番号 ①:アクセス ③:閲覧 SAP Subversion ②:オブジェクト抽出・コミット 9
  10. 10. SAP用語の解説 リリース  Subversionでのコミット  リリース後は、該当のオブジェクトは変更され ない 移送依頼番号  Subversionでのリビジョン番号  一つの移送依頼番号に複数のオブジェクトが 紐付く 10
  11. 11. プラグイン設定画面 •APサーバ •ユーザ名 •パスワード etc SAPのログイン情報 コミットのための 作業領域 11
  12. 12. チケット更新時 チケット 「リリース済」がチェックされて、 かつ「移送依頼番号」に値がある場合にのみ プラグイン実行 ボタンを押して、10秒くらい待つ・・・ 12
  13. 13. チケット更新後 リポジトリ チケット 概要とチケット番号を コミットログ出力 チェンジセットの番号を追記 相互リンクを実現! 13 ※:画面はイメージです。実際のものとは異なる可能性があります。
  14. 14. 苦労した点 Python初心者  「みんなのPython」で基礎固め 柴田淳氏 著 SAPのプログラム制御初心者  PythonでSAPを制御しようという人が少ないので、Web 上にも情報が少ない Subversionのプログラム制御初心者  APIのドキュメントが少なく、使いにくい ⇒ Google Codeのテストケースで使用方法を調査 Tracプラグイン作成初心者  参考:Shibuya.trac「プラグインの作り方」 (http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/trac%2Fplugindev) 14
  15. 15. 今後の課題 現状はコンセプトの検証レベル プラグインの洗練  バージョン管理対象オブジェクトの対応増  画面制御・レイアウトコード  データベーススキーマ  例外処理の追加  様々な環境での動作検証 15
  16. 16. そして何より・・・ 16
  17. 17. Trac & 自作プラグイン を導入する! 17
  18. 18. 今後の課題 セキュリティに関しても条件厳しい 使ってもらってこそのTrac  実際に使わないと便利さが分からない  使うにつれてプラグインの改善点も見えてくる 使ってもらいたいけど、使うに使えない 堂々巡り状態・・・ 18
  19. 19. うまく導入する方法を アドバイス下さい>< 19

×