Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Google Apps Scirpt勉強会 #1

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
Aizu.LT::Tokyo #4
Aizu.LT::Tokyo #4
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 18 Ad

More Related Content

Slideshows for you (20)

Viewers also liked (20)

Advertisement

Similar to Google Apps Scirpt勉強会 #1 (20)

More from ikikko (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

Google Apps Scirpt勉強会 #1

  1. 1. Google Apps Script 勉強会 #1 2010/12/16 @クリエイティブホープ
  2. 2. 自己紹介 • 名前:ikikko • 所属 ● work : ヌーラボ ● private : Shibuya.trac : 日本Hudsonユーザ会
  3. 3. アジェンダ ● サンプルアプリの紹介 ● 開発時の注意事項 ● 個人的な雑感 http://www.flickr.com/photos/darrentunnicliff/3371355414/
  4. 4. Google Apps Scriptとは Googleスプレッドシート、もしくは Googleサイトで、定型処理を自動化 するためのスクリプト機能 – Excelのマクロ機能のようなもの – VBAの代わりに、Javascriptで記述 http://code.google.com/intl/en/googleapps/appsscript/
  5. 5. デモ GAS で Twitter http://www.flickr.com/photos/bluesquarething/4285344075/
  6. 6. ソースコード(抜粋) function getOptions_() { var oAuthServiceName = "twitter"; // OAuthServiceConfigの設定 var oAuthConfig = UrlFetchApp.addOAuthService(oAuthServiceName); oAuthConfig.setAccessTokenUrl("http://twitter.com/oauth/access_token"); oAuthConfig.setRequestTokenUrl("http://twitter.com/oauth/request_token"); oAuthConfig.setAuthorizationUrl("http://twitter.com/oauth/authorize"); oAuthConfig.setConsumerKey(CONSUMER_KEY); oAuthConfig.setConsumerSecret(CONSUMER_SECRET); // UrlFetchAppに渡すオプションの設定 var options = { "oAuthServiceName" : oAuthServiceName, "oAuthUseToken" : "always", }; return options; }
  7. 7. ソースコード(抜粋) function timeline() { // APIの実行 var response = UrlFetchApp.fetch( "http://api.twitter.com/1/statuses/home_timeline.json", getOptions_()); var timeline = Utilities.jsonParse(response.getContentText()); // スプレッドシートにAPI実行結果を書き出す ... }
  8. 8. デモ backlog-template-issue ~ Backlogへ課題一括登録 ~ http://www.flickr.com/photos/bluesquarething/4285344075/
  9. 9. 構成 1. スプレッドシートから登録データ取得 2. Backlog APIを用いて、Backlogに課題登録 3. Backlogから課題登録後の登録情報を取得 4. スプレッドシートに登録結果を追記 http://github.com/ikikko/backlog-template-issue-gas/wiki
  10. 10. 使用しているService 通信 ユーザインターフェース ● UrlFetch Services ● Spreadsheet Services ● Xml Services ● Ui Services ● Utilities Services ● Properties Services ● Base Services
  11. 11. 注意事項 http://www.flickr.com/photos/pictureperfectpose/76138988/
  12. 12. サーバサイドスクリプト   クロスドメイン制約がない   ブラウザ間で使用できるAPIに差がない   Windowオブジェクトの使用不可 • setInterval / setTimeout など   DOM Parserの使用不可
  13. 13. 開発環境   どこでも開発できる   スクリプトを分割しにくい   テストしにくい   バージョン管理しにくい
  14. 14. 雑感 http://www.flickr.com/photos/faby74/2698708497/
  15. 15. 何はともあれUrlFetch! ● 他サービス連携の要 ● JSON/OAuthをサポートしている ● XMLをパースするAPIもある ● 足りなければ、自分で作ればいい
  16. 16. お手軽かつ強力! ● 色々な方法でスクリプトを実行できる ● スケジュール駆動 ● Googleフォーム送信時にフック ● スプレッドシートのメニューに追加 ● ブラウザ(+ネット環境)だけで開発できる
  17. 17. ご清聴 ありがとうございました

×