Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

(KOF2017 )FOSS/LibreOffice status in Ethiopia

193 views

Published on

関西オープンフォーラム2017でのLibreOfficeインターンAschalew Aregaの発表資料です。
「エチオピアでのLibreOffice事情」
https://k-of.jp/2017/session/1090

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

(KOF2017 )FOSS/LibreOffice status in Ethiopia

  1. 1. Free and open source software/LibreOffice status in Ethiopia エチオピアの FOSS と LibreOffice のステータス Aschalew Arega Ademe アスチャラゥ アレガ アデメ aschalew.arega1@gmail.com Kansai Open Forum, KOF Osaka /ATC, Japan Date: Nov. 11, 2017
  2. 2. 2 Agenda 議題 ● Self-introduction ● FOSS at a glance in Africa ● Ethiopia at a glance ● Ethiopian Free and Open Source Software Network (EFOSSNET) ● LibreOffice status in Ethiopia ● Facts about LibreOffice ● Current LibreOffice translation ● Conclusion ● 自己紹介 ● アフリカでの FOSS の概要 ● エチオピアについて ● エチオピア・フリー & オープンソースソフト ウェアネットワーク( EFOSSNET ) ● エチオピアでの LibreOffice について ● LibreOffice に関する事実 ● 現在の LibreOffice の翻訳 ● 結論
  3. 3. 3 Who am I? 私は誰? ● Aschalew Arega ● JICA scholarship ● Graduated from Kobe Institute of computing, Graduate school of Information Technology – M.Sc. in information systems ● Long-term intern, 6 months at iCRAFT – Working on FOSS/LibreOffice ● アスチャラゥ アレガ ● JICA 奨学金 ● 神戸情報大学院大学情報科学研究 科卒業 – 修士(理学)情報システム ● 長期インターン中、 iCAFT で 6 ヶ月 間 – FOSS / LibreOffice での作業
  4. 4. 4 FOSS at a glance in Africa(1) アフリカでの FOSS の概要 ● Free software and open Source foundation for Africa (FOSSFA) – Is African information society initiative since 1995 – To promote the use of FOSS and the FOSS model in African development – To bring together individuals and organizations working on open source in Africa ● アフリカ・フリーソフトウェア & オープン ソース基金( FOSSFA ) – 1995 年からアフリカ情報社会イ ニシアチブ – アフリカ開発における FOSS と FOSS モデルの使用を促進する – アフリカのオープンソースで働く個 人や団体を集める
  5. 5. 5 FOSS at a glance in Africa(2) アフリカでの FOSS の概要 ● Projects: (1) Tunapanda bring digital literacy to Africa – To create and share "an education on a hard drive." – Launched computer learning hubs in Kenya, Tanzania, and Uganda – Customized version of Edubuntu (Ubuntu Education Edition) ● プロジェクト: (1)Tunapanda: アフリカ にデジタルリテラシーをもたらすプロジェ クト – 「教育用コンテンツ」を作成して共 有する。 – ケニア、タンザニア、ウガンダでコン ピュータ学習の拠点を開始 – Edubuntu のカスタマイズ版 ( Ubuntu Education Edition )
  6. 6. 6 FOSS at a glance in Africa(3) アフリカでの FOSS の概要 Projects: (2) Giving Sub-Saharan African communities an online presence プロジェクト:( 2 )サハラ以南アフリカのコミュニ ティにオンラインでの存在感を与える ● People in Sub-Saharan Africa face a difficulty to get online. ● サハラ以南アフリカの人々はオンラインにな るのが難しいです。 – The region lags behind in internet connectivity due to – この地域は、インターネット接続のために遅れてい る ● High costs of service and / 高いサービスコスト ● Poor infrastructure / インフラが貧弱 https://en.wikipedia.org/wiki/Sub-Saharan_Africa
  7. 7. 7 FOSS at a glance in Africa(4) アフリカでの FOSS の概要 ● The region less contributing in code development of OSS through GitHub ● Tunisia has active OSS community in North Africa region and has got Mozilla most active contributor award in 2014 ● GitHub を通じた OSS の開発に貢献 が少ない地域 ● チュニジアは北アフリカ地域で活発な OSS コミュニティを持ち、 2014 年に Mozilla への貢献によって、最も活動 的な貢献者賞を受賞しています https://medium.com/@hoffa/github-top-countries-201608-13f642493773
  8. 8. 8 Ethiopia at a glance エチオピアについて ● Located in East Africa, Horn of Africa ● Population: 102.4 million (2016, World Bank) ● Major Languages Spoken: – Amharic (29.3% )- Amharic is Official language – Afaan Oromo (33.8%) – Tigrinya (5.9%) – Sidama (2%) ● 東アフリカのアフリカの角に位置する ● 人口: 1 億 240 万人( 2016 年、 世界銀行) ● 主な言語: – アムハラ語( 29.3 %) - 公用 語 – オロモ( 33.8% ) – ティグリニャ( 5.9% ) – シダマ( 2 %)
  9. 9. 9 Ethiopian Free and Open Source Software Network (EFOSSNET) ● EFOSSNET since February 2005 – Network of ICT professionals – Aim is to promote FOSS – Programme of awareness raising, research and training on FOSS ● EFOSSNET 2005 年 2 月より – ICT 専門家ネットワーク – FOSS を推進することを目指す – FOSS に関する意識向上、研 究、訓練プログラム
  10. 10. 10 EthioICT village ● Currently the government interested in ICT industry expansion – Recently build EthioICT village ● The technology park – To strengthening the local ICT industry and business sector ● エチオピア政府は、 ICT 業界の拡大 に関心 – 最近 EthioICT 村と呼ばれるテ クノロジーパークを建設した – エチオピアの ICT 産業とビジネス セクターを強化する
  11. 11. 11 LibreOffice status in Ethiopia エチオピアでの LibreOffice の状況
  12. 12. 12 Facts about LibreOffice LibreOffice に関する事実 ● Free and open source office suite ● LibreOffice supports a wide variety of languages and now available in 110 Languages ● Available in variety computing forms(Windows, macOS, Linux) ● Available in the form of online office suite ● Current Fresh branch(5.4) vs still branch(5.3) ● 自由で無料のオフィススイート ● LibreOffice は多種多様な言語をサ ポートしており、現在 110 の言語プロ ジェクトがあります ● さまざまなコンピューティング・プラット フォーム ( Windows 、 macOS 、 Linux )で 利用可能 ● オンラインで利用可能 ● 現在の最新版( 5.4 )と安定版 ( 5.3 )
  13. 13. 13 LibreOffice Amharic Version LibreOffice Amharic バージョン ● Amharic Language package: libreoffice-l10n-am ● This package contains the localization of LibreOffice in Amharic ● You can try if you want: sudo apt-get install libreoffice-l10n- am ● Amharic translation is done by the language team(actually a one person, Samson Belete) ● Amharic 言語パッケージ: libreoffice-l10n-am ● このパッケージには、 Amharic の LibreOffice のローカリゼーションが 含まれています ● Debian/Ubuntu ではパッケージがあ ります: sudo apt-get install libreoffice-l10n-am ● アムハラ語の翻訳はアムハラ言語 チーム(実際には Samson Belete が1人で)によって行われています
  14. 14. 14 Current LibreOffice Translation status Languages Help (% Translated) User Interface (% Translated) LibreOffice Version Amharic 99.8 99.4 5.4 Afaan Oromo 79.6 49.4 5.4 Tigrigna - 0.4 5.4 Sidamo 71.0 62.9 5.4
  15. 15. 15 LibreOffice Translation: Amharic
  16. 16. 16 LibreOffice Translation: Amharic [UI, Help]
  17. 17. 17 LibreOffice Translation: Afaan Oromo
  18. 18. 18 LibreOffice Translation: Tigrinya
  19. 19. 19 LibreOffice Translation: Sidama
  20. 20. 20 My challenge to accelerate usage of LibreOffice 私の今後の挑戦 : エチオピアの LibreOffice 利用促進 ● To scale up LibreOffice awareness – Let local people use it easily ● To create awareness among private companies – Those don’t show interest to use open source solutions and tend to use pirated software instead. ● To support, help and involve in FOSS contributions ● LibreOffice の認知度を高める – エチオピアの人々が簡単に使用で きるようにする ● 民間企業の認知度を高める – これらの企業はオープンソースソ リューションの利用に興味を示さ ず、代わりに海賊版ソフトウェアを 使用する傾向があります ● FOSS への貢献を支援し、巻き込む
  21. 21. 21 FOSS / LibreOffice can benefit FOSS/LibreOffice はメリットがあります ● Local government offices ● Private/business companies ● Educational institutions (Schools) ● 地方公共団体 ● 民間企業 ● 教育機関(学校)
  22. 22. 22 Conclusion(1) / 結論 ● Even if there is FOSSFA in Africa, the region is still less contributor to FOSS community. ● アフリカに FOSSFA があっても、 FOSS コミュニティへの貢献度は依然として 低いです ● LibreOffice is not going well in Africa region unlike Europe, South East Asia, North America and South America ● LibreOffice は、ヨーロッパ、東南アジア、北米、南米と異なり、アフリカ地域で はうまくいっていない
  23. 23. 23 Conclusion(2) / 結論 ● Individual volunteers are translating LibreOffice in different local languages in Ethiopia (no LibreOffice community). ● 個々のボランティアは、 LibreOffice をエチオピアの異なる言語で翻訳しています ( LibreOffice コミュニティはありません) ● Individuals from different languages of Ethiopia make LibreOffice community working together and to connect with Africa's FOSS community to share knowledge and build LibreOffice community of each country ● エチオピアの異なる言語の人々が一緒に活動する LibreOffice コミュニティを作る ● アフリカの FOSS コミュニティを繋いで、ナレッジをシェアして各国のコミュニティの発 展をめざしたい
  24. 24. 24 References / 参考文献 http://www.fossfa.net/ https://opensource.com/life/14/7/giving-sub-saharan-african-communities-online-presence https://opensource.com/education/14/8/crowdsourcing-open-education-africa https://en.wikipedia.org/wiki/Languages_of_Ethiopia http://www.mcit.gov.et/web/english/the-technology-park http://techxav.com/4-countries-that-strongly-support-open-source/ https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Flag_of_Ethiopia.svg
  25. 25. 25 THANK YOU! どうもありがとうございました !

×