Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Let's design MVP #devlove #leanstartup

1,928 views

Published on

リンスタカフェvol3でお話した、リーンスタートアップという文脈での仮説の検証実験の設計についてです

Published in: Business
  • Be the first to comment

Let's design MVP #devlove #leanstartup

  1. 1. Let’s Design MVP Recruit Hondlings Media Technology Lab Kuroda Itsuki
  2. 2. 自己紹介 • リクルートホールディングス メディアテクノロジーラボ 黒田 樹 ( @i2key ) • 全世界でシリーズ累計1000万DLされているアプリ (cameran)全体の技術責任者。開発したり、採用したり、 プロセス考えたり、予算考えたり、CTOみたいな何か。 • 組織全体にリーンスタートアップやスクラム導入を推進中
  3. 3. What’s LEANSTARTUP
  4. 4. ・リーンキャンバス書かないといけない ・MVPを実装しなければならない ・BUILDしてMEASUREしてLEARNし なければならない ! まあ、そうなんだけどさ・・・・
  5. 5. 「最も効果的な判断をしているか」
  6. 6. 効果的とは ! ・コストに対する学びを最大化する ・失敗による損失を小さくする  ≠ 成功を保証するプロセス ! そのために、効率的(例:小さく/短く/安く)に 仮説を検証して学びを得る(ことが多い) ! インプットになる仮説の質が重要
  7. 7. MVPとは Minumum Viable Productだけど、製品じゃなくてよい。 目的は仮説を検証できればよいので、 それができるものならなんでもMVPと言ってよい(と思う)
  8. 8. つまり、こういうこと MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する MVPで検証する
  9. 9. 有名な仮説検証の事例
  10. 10. ファイル同期がいかに便利か、どのように動作する のかのプロモーション動画を作成し、Youtubeに アップロードして、自分のソーシャル上で拡散する ! 事前登録サービス(launchrock)へのリンクを掲 載しておき、事前登録してもらえるようにしておく。
  11. 11. ブログではじめて、運用の クーポン発行は人力でメール 送信。ニーズを検証
  12. 12. サンフランシスコにある自分のオフィス のMTGルームを人が泊まれるようにし て、Googleに広告を出して、人が応募し てきて、お金を払って、泊まるのかを検証 して、泊まった人にインタビューしてみる
  13. 13. いろんな検証の仕方ががある。 良質な仮説をたてて、いかに検証するかが、腕の見せ所。 仮説は検証可能な状態に設計することが大事。 (開発における、テスタビリティの高いコードと似ている。 テストコードを書くと自然とテストし易い実装になってい く。) ! コンシェルジュ型 人力型(Groupon) クラウドファンディング型(KickStarterで募集) 労働力とかでいうと、ランサーズで発注してバリデート ダミー型 LP型…etc
  14. 14. 仮説検証の設計の仕方 ! 仮説検証のサイクル(BUILD-MEASURE-LEARN)を まわすためには、下記の流れで検証の設計をします。 (1)仮説は何か (2)仮説を実証するために、何を学ぶか (3)そのために必要なデータは何か (4)そのデータをどう計測するか (5)計測するために何が必要か (6)それをどう構築するか(複数案考える)    その中で最も効果的な方法は何か選択する
  15. 15. ①仮説 思考プロセス ②何を学ぶのか ③必要なデータは? ⑥どう構築するか? ⑤必要なものは? ④どうやって計測する?
  16. 16. ⑫仮説を調整する 実証プロセス ⑪学ぶ ⑩データを元に検証 ⑦構築する ⑧完成したMVP ⑨データを計測する
  17. 17. 空いているスペース(もしくは留守中の自分の家)を貸し出せ ば、それを使ってくれる人がいるのではないか。 ※AirBnBを題材にした本スライド用の例であり私の妄想です ! 大きなチャンクで実験してもツラいので仮説を分解してみる <貸し出す側> ・そもそも貸すのか ・貸す場合は、借りてがつくクオリティの状態の家がでるのか ・需要に対する供給量が確保出来るのか ! <貸りる側> ・本当に借りるのか(リスクが一番高い。優先度1) ・どのような部屋なら借りるのか(立地、値段、間取り・・)
  18. 18. ①仮説 ・人の家でもお金を払って借り②何を学ぶのか ・本当に借りるのか ・いくらなら借りるのか ③必要なデータは? 1回以上の利用 応募数 ⑥どう構築するか? ・マッチングサイト構築 ・自分のオフィス使う ⑤必要なものは? 集客する装置 ④どうやって計測する? (特になし) 思考プロセス
  19. 19. 思考プロセス ⑥どう構築するか? (MVP案1)マッチングサイト作る (MVP案2)地域を絞って実験する (MVP案3)オフィスを使う もっとも効果的に学びが得られるMVPはどれか選択する ・費用対効果 ・期間 ・工数 ・この検証方法により回避できる将来のリスク ・この検証方法により逆に発生する将来のリスク
  20. 20. ⑫仮説を調整する 実証プロセス ⑪学ぶ ⑩データを元に検証 ⑦構築する (MVP)オフィス ⑧完成したMVP ⑨データを計測する
  21. 21. MVP Canvas説明 http://www.slideshare.net/aerodynamic/mvp-canvas
  22. 22. 思考プロセスと検証プロセスをフォーマット化したものが MVP Canvasになります。仮説検証の実験を設計するときの 思考フレームとして使います。(MTL x AppSocially) 仮説 何を学ぶのか 仮説実証に 必要なデータ 条件 MVP構築に 必要なコスト 仮説実証に 必要な時間 回避/発生する 将来のリスク 結果と、得た学び MVPのタイプ ・紙プロト ・インタビュー ・A/Bテスト ・動くデモ etc 学ぶために何を用意するのか どうやってそのMVPで実証するのか
  23. 23. 例:AirBnBのMVP案1 条件によっては他人の家でもお金を支払ってでも泊まる ユーザーが本当に泊まるのか プロダクト借りたい人と貸したい人のマッチングをするような サイトを構築し、本当に借りるのか検証する。 CVR ○○% 15人日3weeks 使われなかったときの コスト損失が大きい 結果と、得た学び
  24. 24. 例:AirBnBのMVP案2 条件によっては他人の家でもお金を支払ってでも泊まる ユーザーが本当に泊まるのか オフィス自分のオフィスの空いているスペースに値段をつけて 宿泊できるような応募ページを1ページ作成。 そのページへの送客をGoogleアドで実施。 実験に必要最低限の送客を行う。 CVR ○○% 応募数0.5人日1weeks フルスクラッチのリスク回避 結果と、得た学び
  25. 25. Appendix
  26. 26. Lean Canvas <ビジネス仮説> MVP Canvas <仮説検証MVPの設計> Out of Building!!! Product Backlog <MVP構築タスク> MVPがインタビューの場合 MVPがエンジニア稼働必要な場合 改善タスク ・改善目的A/Bテスト ・計測装置導入 メンテナンスタスク ・技術的負債解消 ・OSバージョンアップ対応 ・バグ対応 アライアンスタスク 直接仮説検証には 関係ないけど サービス維持に 必要なタスク
  27. 27. Acquisition Retention Reactivation Churn Churn(Uninstall) Referral Activation Revenue

×