2013 hcs jp

290 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
290
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
34
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013 hcs jp

  1. 1. Hyundai CapitalHyundai Capital is... Investor Presentation Hyundai Capital 2013
  2. 2. Disclaimer These presentation materials have been prepared by Hyundai Capital Services., Inc. (“HCS or the Company”), solely for the use at this presentation and have not been independently verified. No representations or warranties, express or implied, are made as to, and no reliance should be placed on, the accuracy, fairness or completeness of the information presented or contained in this presentation. Neither the Companies nor any of theirs affiliates, advisers or representatives accepts any responsibility whatsoever for any loss or damage arising from any information presented or contained in this presentation. The information presented or contained in this presentation is current as of the date hereof and is subject to change without notice and its accuracy is not guaranteed. Neither the Companies nor any of their affiliates, advisers or representatives make any undertaking to update anyand its accuracy is not guaranteed. Neither the Companies nor any of their affiliates, advisers or representatives make any undertaking to update any such information subsequent to the date hereof. This presentation should not be construed as legal, tax, invest- ment or other advice. Certain information and statements made in this presentation contain “forward-looking statements.” Such forward-looking statements can be identified by the use of forward-looking terminology such as “anticipate,”“believe,”“considering,”“depends,”“estimate,”“expect,” “intend,”“plan,” “planning,” “planned,” “project,” “trend,” and similar expressions. All forward-looking statements are the Companies’ current expectation of future events and are subject to a number of factors that could cause actual results to differ materially from those described in the forward-looking statements. Caution should be taken with respect to such statements and you should not place undue reliance on any such forward-looking statements. Certain industry and market data in this presentation was obtained from various trade associations, and the Companies have not verified such data with independent sources. Accordingly, the Companies make no representations as to the accuracy or completeness of that data, and such data involves risks and uncertainties and is subject to change based on various factors.involves risks and uncertainties and is subject to change based on various factors. This presentation does not constitute an offer or invitation to purchase or subscribe for any shares or other securities of the Companies and neither any part of this presentation nor any information or statement contained therein shall form the basis of or be relied upon in connection with any contract or commitment whatsoever. Any decision to purchase shares in any offering of shares of the Companies should be made solely on the basis of the information contained in the offering document which may be published or distributed in due course in connection with any offering of shares of the Companies, if any. The contents of this presentation may not be reproduced, redistributed or passed on, directly or indirectly, to any other person or published, in whole or in part, for any purpose.
  3. 3. Key Highlights 2013 • 安定したFundamentals - 業界平均に比べて高い収益性:2013年の営業利益4,349億ウォン、ROA1.9%実現 - 安定的な資産健全性:30日以上の延滞率2.7% 1 - 堅実な資本構造:資産レバレッジ6.6倍、CAR15.1% • 二大株主の協力な支援力と支援意志 - 現代自動車、好調な実績続く(2013グローバル販売量、前年比7.3%増) - GE Capitalの積極的かつ持続的な財務および運営面での支援 • 優秀な信用格付け - Global信用格付け:S&P (BBB+)“Positive”、Moody’s (Baa1)、Fitch (BBB+) - Niche Market信用格付け:RAM (AAA), JCR (A+) - 韓国の信用格付け:AA+ • 新成長エンジン:海外事業の拡大 - 海外市場進出により国内市場の限界を超えCaptive Financing Armとしてグローバル営業Coverageを拡大
  4. 4. - 内需市場のLeading player - 安定的な営業基盤を提供 Committed Shareholder Financial & GE Support History 二大株主との関係 GE Capitalの財務的支援 2 2013201320132013 - GE Capitalの投資総額:約1.6兆ウォン(2013年末) -GE Capital、9億ドルFundingを提供 - GE Capital Credit Lineの増額 :6億ドル→10億ドル 56.5% - 全国的な営業ネットワークを活用 - Captive finance company - 現代車グループのmarketing tool - 最も成功したJoint Venture - 韓国における有一の消費者金融事業 Channel 2009200920092009 2007200720072007 2012201220122012 - GE Capital Credit Lineの延長 - GE Capital、HCS持分38%を取得 - 5%追加Optionの実行 :43.3%の持分を取得 - GE Capital、6億ドルCredit Lineを提供 43.3% - 先進リスク管理手法を提供 - 強力な財務支援 - 直接的な経営参画 2006200620062006 2005200520052005 2004200420042004
  5. 5. Hyundai Motors Group Structure Global OEMは“Automotive Division”と“Financial Service Division”を通じてシナジー効果を創出 Financial Service Divisionを通じて多岐のマーケティング活動を展開するなど、自動車販売に向けたグループ内での 中核の子会社として認識 3 Automotive Division Financial Service Division • 現代キャピタルを中核としたCaptive Finance Company • 自動車販売コンサルティングおよび市場調査 1. Auto Captive Finance Sector1. Auto Captive Finance Sector1. Auto Captive Finance Sector1. Auto Captive Finance Sector :オートグループの成長エンジン:オートグループの成長エンジン:オートグループの成長エンジン:オートグループの成長エンジン 2 12Hyundai Motors KIA Motors MOBIS WIA Power Tech DYMOS …. EuropeAmericasAsia / Pacific HCS (韓国) BHAF(中国) India Australia HCA (US) Brazil HCE HCUK (イギリス) HCG(ドイツ) RussiaETCETCETCETC OEM Steel Parts Others 153 Hyundai Steel Hyundai Hysco Hyundai BNG Steel Glovis (流通) イノーション(マーケティング) …… Australia RussiaETCETCETCETC • 自動車顧客を対象にしたX-sell 2. Other Finance Sector2. Other Finance Sector2. Other Finance Sector2. Other Finance Sector:金融産業におけるシナジーを創出:金融産業におけるシナジーを創出:金融産業におけるシナジーを創出:金融産業におけるシナジーを創出 ライフCommercial現代カード HMC投資証券 Steel Others Source: Company data
  6. 6. Strategically Integrated with Group HMCとGHC(Global Hyundai Capital)のシナジー効果創出と運営効率性の極大化に向けた統合マーケティング戦略を追求 HMCの広範囲にわたるSales Networkを活用してシナジー効果を極大化 4 Global Strategic Partner with HMG Growing Global Sales ofGrowing Global Sales ofGrowing Global Sales ofGrowing Global Sales of HMGHMGHMGHMG HMGHMGHMGHMG販売販売販売販売 (単位:万台) グローバル競争力グローバル競争力グローバル競争力グローバル競争力 強化強化強化強化 ブランド価値 強化 Eco-mgt System 構築 商品ライン 多岐化 経営革新 追求 737 '06 '08 '09 '12 '13 77.7% 77.8% 71.1% 83.8% 85.4% 382 400 385 710 海外 韓国内 HMGHMGHMGHMG販売販売販売販売 (単位:万台) グローバル金融資産グローバル金融資産グローバル金融資産グローバル金融資産 (単位:兆ウォン) 海外 割合 44.4 39.2 Lifetime financial service for drivers 強化強化強化強化 戦略的戦略的戦略的戦略的 マーケティングマーケティングマーケティングマーケティング パートナーパートナーパートナーパートナー 韓国内 海外* 海外販売の急激な成長に伴ってAuto Finance中心の 安定的な成長潜在力を保持 '06 '08 '09 '12 '13 7.5% 19.4% 19.5% 48.0% 54.1% 14.6 19.9 20.5 海外 割合 * 海外:HCA、HCUK、BHAF含む
  7. 7. 5 Expanded Coverage of HMG’s Auto-Sale in All Major Markets 20121989 2015 2016~ USA UK,CHN CAN, GER BRA, AUS, RUS, IND 1993 KOR 非金融法人金融法人 現代キャピタルは韓国市場のみならずグローバル市場を全てカバーする真のCaptive社として躍進 US △0.4% Korea △4.3% EU △4.8% 744782 +17.0% China +18.5% +3.7%+3.7%+3.7%+3.7% India Russia Germany UK 1,2561,261 1,0991,148 1,5741,328 744782 7 manufacturing plants ( ), 6 R&D facilities ( ), 12 direct sales subsidiaries ( ), sales in more than 190 countries globally Source: Company data (大型商用船積含む/CKD 現地販売除く) (単位:千台)2012 2013 グローバル現地販売 2012 2013 Aus Brazil 2,709 7,1017,1017,1017,101 7,3677,3677,3677,367
  8. 8. Resilient Economic Growth and Sluggish Demand for New Cars 経済成長率&失業率 6 2010 2011 2012 2013 GDP成長率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% Key Highlights GDPGDPGDPGDP成長成長成長成長率、率、率、率、2222年連続年連続年連続年連続2%2%2%2%台の低成長が続く台の低成長が続く台の低成長が続く台の低成長が続く - 政府の支出拡大にもかかわらず、緩やかな回復 Source:韓国銀行 自動車内需販売量(単位:千台) HMC+KMC Market Share GDP成長率 6.1% 3.6% 2.0% 2.8% 失業率(年平均) 3.7% 3.4% 3.2% 3.1% 78.2% 79.9% 81.5% 79.4% - 政府の支出拡大にもかかわらず、緩やかな回復 自動車内需販売の停滞自動車内需販売の停滞自動車内需販売の停滞自動車内需販売の停滞 - ニューモデルがなく、輸入車のシェアが増加 - HMG M/S 80%レベルを維持 Source:韓国自動車工業協会 1,466 1,475 1,411 1,383 2010 2011 2012 2013 持続的な政府の景気テコ入れ意志、景気回復が期待される持続的な政府の景気テコ入れ意志、景気回復が期待される持続的な政府の景気テコ入れ意志、景気回復が期待される持続的な政府の景気テコ入れ意志、景気回復が期待される 新車発売にともなって自動車販売の増加新車発売にともなって自動車販売の増加新車発売にともなって自動車販売の増加新車発売にともなって自動車販売の増加 - 現代/起亜車の主力モデルのFull Changeで販売拡大 (ジェネシス、ソナタ、ソレント)
  9. 9. 資産ポートフォリオ Low Risk-focused Product Portfolio 7 Key Highlightsおよび戦略 AutoAutoAutoAuto資産資産資産資産 - 新車:取扱手数料廃止および競争激化のため ‘13年上半期 GECK, 0.7% Others, 1.8% に取扱い減少→下半期から回復中 NonNonNonNon----AutoAutoAutoAuto資産資産資産資産20%20%20%20%以内以内以内以内でででで維持維持維持維持 - Mortgage:政府の税制優遇措置の影響で増加 - Personal Loan:収益性アップに向けた一時的な取扱い増加 New Car, 51.5% Lease, 19.5% Used Car, 7.3% P. Loan, 10.3% Mortgage, 8.8% オートオートオートオートvs.vs.vs.vs.非オート資産の割合非オート資産の割合非オート資産の割合非オート資産の割合8888::::2222基調を維持基調を維持基調を維持基調を維持 - 新車効果(ジェネシス、ソナタ)および新車取扱の拡大、 資産割合の増加 * GECK:2012年GE Commercial Korea買収 ** Auto資産:新車、リース、中古車 AutoAutoAutoAuto割合:割合:割合:割合:78.3%78.3%78.3%78.3% 与信規模トータル:与信規模トータル:与信規模トータル:与信規模トータル:20.420.420.420.4兆兆兆兆ウォンウォンウォンウォン
  10. 10. 2010 2011 2012 2013 YoY 営業収益* 28,890 31,259 30,714 29,209 -4.9% 損益計算書(単位:億ウォン) Good Profitability, albeit Slow Economy Key Highlightsおよび戦略 8 営業収益の減少営業収益の減少営業収益の減少営業収益の減少 - 取扱手数料の廃止など、規制の影響 営業費用* 22,593 24,664 24,767 24,860 0.4% 貸倒償却費 1,455 3,542 3,768 4,531 20.2% 営業利益 6,297 6,594 5,947 4,349 -26.9% 当期純利益 4,890 5,074 4,367 3,914 -10.4% ROA - 内需販売の低迷および競争激化による取扱い減少 営業費の増加営業費の増加営業費の増加営業費の増加 - マクロ経済の悪化による貸倒費用の増加 業界の平均業界の平均業界の平均業界の平均よりよりよりより高い水準の高い水準の高い水準の高い水準のROAROAROAROA((((1.9%1.9%1.9%1.9%)))) * 外為効果除く 2.8% 2.6% 2.2% 1.9% 2010 2011 2012 2013 ROA ROA 収益性向上および収益性向上および収益性向上および収益性向上およびTurnaroundTurnaroundTurnaroundTurnaround基盤づくり基盤づくり基盤づくり基盤づくり - 景気回復および自動車販売増加による売上げ拡大 - 競争力のある商品・金利で取扱高の拡大、費用の効 率化
  11. 11. Stable Asset Quality and Conservative Reserve Policy 30日以上の延滞率(%) 全体資産 9 買入れNPL除く Key Highlightsおよび戦略 2012201220122012年に比べ延滞率が増加、年に比べ延滞率が増加、年に比べ延滞率が増加、年に比べ延滞率が増加、2013201320132013年第1四半期から安定化年第1四半期から安定化年第1四半期から安定化年第1四半期から安定化 - 景気低迷および家計負債への懸念などマクロの影響2.5% 2.7%2.7% *2012年12月末から銀行より買収したNPL資産を除く 引当金積立高(単位:億ウォン) - 景気低迷および家計負債への懸念などマクロの影響 - 新規買入れNPLの影響 - リスク資産に対する審査基準強化により延滞率増加傾向は 安定化 引当金積立高の増加引当金積立高の増加引当金積立高の増加引当金積立高の増加(金融監督院の積立要求の100%以上) 1.6% 2.0% 2.5% 2.3% 2.4% 2010 2011 2012 2013 * * 1H13 2010 2011 2012 2013 実際積立高* 4,736 6,099 6,650 7,626 資産比積立率 2.5% 3.1% 3.3% 3.7% * 貸倒引当金+貸倒準備高 審査基準強化基調の維持および審査基準強化基調の維持および審査基準強化基調の維持および審査基準強化基調の維持およびCollectionCollectionCollectionCollection強化により強化により強化により強化により 資産健全性の改善を資産健全性の改善を資産健全性の改善を資産健全性の改善を図る図る図る図る
  12. 12. Sound Capital Structure Maintained レバレッジ(単位:億ウォン) 10 9.3X 総資本 総資産/自己資本 レバレッジ規制 < 8X Key Highlightsおよび戦略 22,368 26,565 30,307 32,348 9.3X 8.3X 7.2X 6.6X 2010 2011 2012 2013 利益内部留保利益内部留保利益内部留保利益内部留保によるによるによるによるレバレッジの減少レバレッジの減少レバレッジの減少レバレッジの減少 資本適正性 2010 2011 2012 2013 調整自己資本比率 13.7% 13.0% 14.5% 15.1% 金融監督院ガイドラインのレバレッジ金融監督院ガイドラインのレバレッジ金融監督院ガイドラインのレバレッジ金融監督院ガイドラインのレバレッジ8888倍範囲倍範囲倍範囲倍範囲内内内内でででで 配当政策を維持配当政策を維持配当政策を維持配当政策を維持 * 金融監督院ガイドライン:7%
  13. 13. Diversified Funding by Type, Duration & Region 商品別借入金の構成 11 ABS, 13.6% Key Highlightsおよび戦略 市場状況を反映した戦略的市場状況を反映した戦略的市場状況を反映した戦略的市場状況を反映した戦略的FundingFundingFundingFunding - 長・短期金利差の縮小により長期の割合を増やす • 借入金残高:17兆7,548億ウォン • 長期借入金割合:72.1% • 海外借入割合:34.6% Bonds, 76.1% CP, 1.8% Loans, 8.4% 65.4%KRW 通貨別借入金の構成 - 長・短期金利差の縮小により長期の割合を増やす - 低金利基調を活用したBondの割合を増やす - オーストラリアのカンガルーボンド初発行、サムライ 10回目の発行など市場のdiversification 0.5% 3.7% 1.4% 3.4% 4.6% 20.9% 65.4% CNY JPY MYR AUD CHF USD KRW 2013年以後の海外借入 • カンガルーボンド:2.5億AUD、4年 • サムライボンド:250億JPY、2年 ABSABSABSABS割合割合割合割合20%20%20%20%以内、以内、以内、以内、CPCPCPCP割合割合割合割合10%10%10%10%以内以内以内以内でででで維持する維持する維持する維持する PortfolioPortfolioPortfolioPortfolioを組むを組むを組むを組む
  14. 14. 39.1% 63.5% 69.2% 73.7% 12 流動性の現状(単位:億ウォン) Credit Line現金 短期借入金Coverage Ratio* Strong Liquidity Position and Well-Spread Debt Maturity Key Highlightsおよび戦略 10,266 12,971 11,004 13,045 13,379 25,106 24,795 23,448 23,645 38,077 35,799 36,492 2010 2011 2012 2013 39.1% * 短期借入金Coverage Ratio =(現金+未使用credit line)/1年以下満期到来借入金の残高 現金保有の増加により現金保有の増加により現金保有の増加により現金保有の増加によりLiquidity PositionLiquidity PositionLiquidity PositionLiquidity Position強化強化強化強化 ALMALMALMALM基盤の基盤の基盤の基盤のfundingfundingfundingfunding でででで1111年以内の満期到来年以内の満期到来年以内の満期到来年以内の満期到来28%28%28%28% 負債満期>資産満期:負債満期>資産満期:負債満期>資産満期:負債満期>資産満期:ALM140%以上を維持 短期借入金短期借入金短期借入金短期借入金Coverage 60%Coverage 60%Coverage 60%Coverage 60%以上を維持以上を維持以上を維持以上を維持 49,530 47,351 36,528 27,033 14,806 2,300 27.9% 26.7% 20.6% 15.2% 8.3% 1.3% ~1Y 1-2Y 2-3Y 3-4Y 4-5Y Over 5Y 借入金満期の現状(単位:億ウォン)
  15. 15. Appendix
  16. 16. Korean Consumer Finance Market’s Unique Features • 保守的な金融傾向 - 自動車購入パターン:30%前払金+70%分割払い - 自動車分割払い金融の平均満期:1.5年(36ヶ月&元利金の均等返済) 13 - 自動車分割払い金融の平均満期:1.5年(36ヶ月&元利金の均等返済) - 低いリボルビングカード利用率 • Auto captive finance companyに有利な市場構造 - 自動車メーカーの販売チャネルを直接管理 - 安定した中古車価格の推移 • 政府規制および先進的なインフラ - 監督機関の先制的かつ厳しい規制(LTV、DTIR) · 住宅担保ローン平均LTV:50%水準(銀行圏) - 安定的なCredit Bureauシステム
  17. 17. • 月賦月賦月賦月賦金融会社の資産総計金融会社の資産総計金融会社の資産総計金融会社の資産総計 Hyundai Capital's Position in the Industry 産業内における優れた位置づけ** 競合競合競合競合他社他社他社他社に比べて優れた収益性および資産健全性に比べて優れた収益性および資産健全性に比べて優れた収益性および資産健全性に比べて優れた収益性および資産健全性 産業内総資産規模: 46兆2,363億ウォン • 収益性:収益性:収益性:収益性:ROEROEROEROE(当期純利益(当期純利益(当期純利益(当期純利益////総資本)総資本)総資本)総資本) 14 OthersHCS 21.3% 22.0% 20.3% 14.8% 14.7% 5.8% 5.5% 4.6% 4.6% 5.3% 2009 2010 2011 2012 3Q13 46兆2,363億ウォン • 月賦月賦月賦月賦金融会社の営業利益金融会社の営業利益金融会社の営業利益金融会社の営業利益 産業内営業利益規模: • 資産健全性:資産健全性:資産健全性:資産健全性:30303030日以上の延滞率日以上の延滞率日以上の延滞率日以上の延滞率 OthersOthersOthersOthers 52.5%52.5%52.5%52.5% HCSHCSHCSHCS 47.5%47.5%47.5%47.5% 産業内営業利益規模: 6,809億ウォン * Source:金融統計情報システム、2013年第3四半期基準 ** 月賦金融会社基準 1.8% 1.6% 2.0% 2.5% 2.6% 3.2% 3.2% 2.8% 3.2% 3.5% 2009 2010 2011 2012 3Q13 OthersOthersOthersOthers 42.6%42.6%42.6%42.6% HCSHCSHCSHCS 57.4%57.4%57.4%57.4% * Source:金融統計情報システム、2013年第3四半期基準 ** 月賦金融会社基準
  18. 18. Committed to Transparent Corporate Governance Board of DirectorsBoard of DirectorsBoard of DirectorsBoard of Directors • Members : HMC側理事4名、 GECC側理事3名、 15 GECC側理事3名、 GECCのveto right Risk Control CommitteeRisk Control CommitteeRisk Control CommitteeRisk Control Committee • 構成員:HMC側5名、GECC側5名 • 毎月開催 • Function - リスク政策策定および施行 Executive Finance CommitteeExecutive Finance CommitteeExecutive Finance CommitteeExecutive Finance Committee • 構成員:HMC側4名、GECC側3名 • 毎月開催 • Function - 事業/資金計画の策定、費用執行の Compliance Review BoardCompliance Review BoardCompliance Review BoardCompliance Review Board • 構成員:HMC側9名、GECC側7名 • 四半期ごとに開催 • Function -コンプライアンス戦略と計画の策定 - リスク政策策定および施行 - 事業/資金計画の策定、費用執行の 承認 -コンプライアンス戦略と計画の策定 および実行 • 役員陣:副社長、財務担当、リスク担当、マーケティング担当、会計担当およびController • 実務担当陣:GE所属の役職員が実務に参画 • BPS(Best Practice Sharing)を通じて多岐の分野のノウハウを共有 GE 経営参画
  19. 19. 16 (Unit : KRW Bn, %) 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 自動車内需販売 計(1,000 unit) 1,164 1,219 1,154 1,394 1,465 1,474 1,411 1,383 HMC/KMC M/S 73.2% 73.6% 76.9% 80.0% 78.1% 79.8% 81.6% 79.4% 計 13,472 15,130 16,030 16,480 18,788 19,806 20,286 20,397 新車 63.3% 59.9% 56.8% 58.1% 57.2% 57.6% 54.2% 51.5% リース 14.4% 14.3% 14.8% 15.8% 16.3% 17.3% 18.8% 19.5% Key Indicators 資産構成 リース 14.4% 14.3% 14.8% 15.8% 16.3% 17.3% 18.8% 19.5% 中古車 9.4% 8.0% 8.0% 7.2% 8.4% 7.9% 6.9% 7.3% Personal Loan 7.4% 7.8% 7.8% 7.4% 8.7% 9.1% 9.7% 10.3% モーゲージ 4.0% 7.7% 10.9% 9.9% 8.8% 7.4% 8.1% 8.8% 収益性 営業利益 320 476 505 541 630 659 595 435 資産健全性 30日以上延滞率 1.7% 1.6% 2.3% 1.8% 1.6% 2.0% 2.3%* 2.4%* 貸倒引当金 364 382 423 442 474 345 385 437 実際積立高** 364 382 423 442 474 610 665 763 資本&レバレッジ 調整自己資本比率 12.8% 11.7% 11.5% 15.7% 13.7% 13.0% 14.5% 15.1% 資産 10.2X 9.7X 9.7 7.4X 9.3X 8.3X 7.2X 6.6X 計 12,568 13,412 14,335 14,378 16,560 17,330 17,338 17,755 借入金構成 計 12,568 13,412 14,335 14,378 16,560 17,330 17,338 17,755 社債 56.7% 57.2% 60.0% 65.6% 67.5% 72.0% 74.2% 76.1% 一般債 9.9% 8.3% 10.3% 8.2% 7.4% 8.7% 9.4% 8.4% CP 13.3% 16.9% 10.6% 6.8% 8.5% 4.3% 3.4% 1.8% ABS 20.1% 17.6% 19.1% 19.4% 16.5% 15.0% 13.0% 13.6% 流動性 現金 401 398 707 739 1,027 1,297 1,100 1,304 Credit Line 931 938 1,082 1,367 1,338 2,511 2,480 2,345 短期借入金カバレッジ 25.0% 23.7% 30.4% 36.0% 39.1% 63.5% 69.2% 73.7% * 地元銀行から買収したNPLは除く ** 貸倒準備金を含む
  20. 20. 2008 2009 2010 2011 2012 2013 YoY Good Profitability, albeit Slow Economy Income Statement (単位:億ウォン) KKKK----IFRSIFRSIFRSIFRSKKKK----GAAPGAAPGAAPGAAP 17 営業利益 43,298 29,893 32,742 33,315 35,416 32,222 -9.0% (外為効果を除く) 23,841 24,847 28,890 31,259 30,714 29,209 -4.9% 営業費用 38,244 24,483 26,445 26,721 29,469 27,873 -5.4% (外為効果を除く) 18,788 19,437 22,593 24,664 24,767 24,860 0.4% 利子費用 6,741 6,787 8,902 9,560 8,953 8,006 -10.6% リース費用 5,866 5,499 5,573 5,052 5,170 5,059 -2.1% 販売管理費 4,982 4,960 5,860 6,034 6,311 6,717 6.4% PPOP 6,001 7,172 7,752 10,136 9,715 8,880 -8.6% 貸倒償却費 947 1,762 1,455 3,542 3,768 4,531 20.2% 営業利益 5,054 5,410 6,297 6,594 5,947 4,349 -26.9% 税引き前の利益 5,177 5,382 6,392 6,634 5,900 5,243 -11.1% 当期純利益 3,770 4,112 4,890 5,074 4,367 3,914 -10.4% ROA 2.4% 2.6% 2.8% 2.6% 2.2% 1.9% ROE 25.1% 21.3% 22.0% 20.3% 14.8% 12.1%
  21. 21. Funding by Currency & Outstanding Global Bonds 通貨別の借入金残高 Outstanding Global Bonds* Issue Date Maturity Amount 144A/Reg S 2009年11月 5.5年 5億ドル 2011年1月 5.5年 7億ドル 18 JPY 3.7%JPY 3.7%JPY 3.7%JPY 3.7% AUD 3.4%AUD 3.4%AUD 3.4%AUD 3.4% CCCCNYNYNYNY 0.70.70.70.7%%%% 144A/Reg S 2011年1月 5.5年 7億ドル 2012年3月 5.5年 5億ドル Samurai 2012年11月 1.5年 200億円 2012年11月 2年 80億円 2013年10月 2年 250億円 スイス・フラン 2010年7月 5年 1.5億 CHF 2010年10月 4年 2億 CHF 2011年5月 5年 1.5億 CHF KRWKRWKRWKRW 65.4%65.4%65.4%65.4% USDUSDUSDUSD 20.9%20.9%20.9%20.9% CHF 4.6%CHF 4.6%CHF 4.6%CHF 4.6% MYR 1.4%MYR 1.4%MYR 1.4%MYR 1.4% 2012年2月 5年 2億 CHF マレーシア・リンギット 2012年2月 5年 3.2億 MYR 2012年5月 3年 3.7億 MYR オーストラリア・ドル 2012年6月 3年 1.75億 AUD Kangaroo 2013年5月 4.0年 2.5億 AUD Dim sum 2012年9月 1.5年 5 億 RMB (*As of Dec, 2013) • 借入金残高:KRW 17.8兆ウォン • Foreign Exchange Risk: -外貨借入れはスワップ契約により、為替レート変動 によるリスクを100%ヘッジ
  22. 22. 19 Credit Ratings & Rationale 現代キャピタルの海外における格付け Credit Rating Rationale BBB+ A+ AAA • Strong Standalone Profile – 強固なファンダメンタルに基づいて優秀な実績を堅持 – 低リスク群中心の商品ポートフォリオと慎重なリスク管理政策Baa1(S) ("Positive”) BBB+(S) Moody's S&P Fitch JCR RAM 競合他社の信用格付け AA+ AA- – 低リスク群中心の商品ポートフォリオと慎重なリスク管理政策 の実行 – 適切な流動性と堅固な資本適正性を維持 – 現代自動車のCaptive金融会社として示す強力な市場支配力 • Capable & Willing Shareholder Support - GE Capitalによる継続的なCredit Lineの提供と財務支援および 運営面での支援 AA- A+ A+ Hyundai Capital W Financial A Capital W Capital - 親企業として現代自動車が強力に支援:危機が発生した場合、 有償増資を通じた財務支援や営業面での支援が可能
  23. 23. 20 Overseas Business Highlights HCAHCAHCAHCA BHAFBHAFBHAFBHAF HCUKHCUKHCUKHCUK 主な日付 • 設立日:1989年9月 (vs. HCS 1993) • 設立日:2012年6月 • 2012年下半期営業スタート • 設立日:2011年12月 • 2012年下半期営業スタート 事業モデ ル • Captive分割払い/リース商品 を提供 • 在庫金融、中古車、保険金融 商品を提供 • Captive販売金融商品を提供 • Captive分割払い/リース商品 を提供 • Dealer対象の在庫金融商品を 提供 財務情報 • 資産規模:USD 21.1 Bn • 2013年売上げ:USD 20.3 Bn • 納入資本:USD 1.9 Bn • 資産規模:RMB 4,011 Mn • 2013年売上げ:RMB 4,757 Mn • 納入資本:RMB 962 Mn • 資産規模:£ 693 Mn • 2013年売上げ:£ 2,296 Mn • 納入資本:£ 43 Mn HMG M/S 8% 9% 6% 持分 関係 • HMA:85% • KMA:15% • HCS:46% • HMC:14% • 北京汽車:40% • HCS:29.99% • HMUK:10.00% • KMUK:10.00% • Santander UK:50.01%
  24. 24. Robust OEM Parent 営業利益および営業利益率(単位:十億ウォン) 8.8% 10.3% 10.0% 9.5% 営業利益 営業利益率 部門別売上げおよび金融割合(単位:兆ウォン) 9.8% 10.9% 12.9% 11.3% 自動車 金融割合金融 その他 21 5,918 8,029 8,441 8,316 2010 2011 2012 2013 現金および現金等価物(単位:兆ウォン) 19.1 21.7 57.2 67.1 71.3 71.5 6.6 7.3 8.7 9.9 3.2 3.4 4.5 5.9 2010 2011 2012 2013 67.0 77.8 84.5 87.3 13.6 15.4 19.1 2010 2011 2012 2013 世界で販売量5位、190カ国あまりに輸出 最近3年間の年間営業利益率は平均10%と高い水準 20兆ウォンを超える豊富な現金性資産 Source: HMC public filing, based on consolidated K-IFRS financial statements
  25. 25. Investor Relations Contacts キム・チョンサンチーム長 Phone 02 2167 7034 jungsang.kim@hyundaicard.com チェ・ソイェ課長 Phone 02 2167 7541 sychoi@hyundaicard.com イ・チョンヨプ代理 Phone 02 2167 8082 justin.j.lee@hyundaicard.com ムン・チェヨン代理 Phone 02 2167 5312 jaymoon@hyundaicapital.com http://ir.hyundaicard.com/ justin.j.lee@hyundaicard.com チャン・ヒョンヨン代理 Phone 02 2167 6955 Hyunyoung.jang@hyundaicard.com jaymoon@hyundaicapital.com

×