Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

中堅Webクリエイティブ職のキャリアを考える(条件と市場性編)

4,201 views

Published on

このスライドは、中堅Webクリエイティブ職がキャリアを選択する際に、前回スライド(希望編)で取り上げた希望のほかに、条件、市場性に目を向ける必要性をまとめたものです。以前のスライド(序章)を土台としています。
直近の市場性を確保するにはこの技術を習得すべし!的な内容には一切踏み込んでいませんが、中堅層のキャリアを俯瞰して検討したいときにお役立ていただければ幸いです。

Published in: Career

中堅Webクリエイティブ職のキャリアを考える(条件と市場性編)

  1. 1. 2013.3.15 キャリアカウンセラー 林真理⼦
  2. 2. 2
  3. 3. 3
  4. 4. 4
  5. 5. 5
  6. 6. 6 人が役割をもって生きている3領域 A.生物学的・社会的関わり合い B.仕事・キャリアへの関わり合い C.家族関係への関わり合い 出典:「自己、仕事、家庭の複合体としての個人を把握するモデル」Edger h. Schein 『新版キャリアの⼼理学 キャリア支援への発達的アプローチ』渡辺三枝子編著 生物学的・社会的 (自己発達のための) 環境 仕事・キャリア の環境 家族関係 A B C 個人 家族における役割 は、年齢段階に そって変化するこ とが多く、⺟親・ 子などは(通常)放 棄できない 誰しも、生まれ育っ た土地や時代の文化 的規範に影響を受け、 年齢段階にそって環 境と関わる
  7. 7. 7 生物学的・社会的サイクル 仕事・キャリアサイクル 家族関係サイクル 子ども 兄弟 /姉妹 夫 /妻 父親 /⺟親学生 企業人 自営業 ボラン ティア 人種 /宗教 日本 国⺠ 男性 /⼥性 今○歳 地域 学校 職場 家庭 ▼担う役割、受ける影響 コミュニティ 平成 生まれ 大阪 育ち 先天的 資質 性格 /嗜好 主婦 /主夫 年⾦ 生活者 余暇人 加藤家 家訓! リーダー シップ ○○社○○ 課の課⻑と して 我が校の生 徒であるか らには 大阪で ⽣まれた⼥ やさかいー ▼それぞれの役割を演じる場
  8. 8. 8 生物学的・社会的サイクル 仕事・キャリアサイクル 家族関係サイクル ●家庭のしつけ ●結婚 ●離婚 ●家業を継ぐ/継がない ●家を買う、引越す ●妊娠、出産 ●育児 ●子どもの養育費を稼ぐ ●配偶者のキャリア転機(転 勤、転職、失業、独⽴など) ●子どもの入学、卒業 ●⼦どもが⾃⽴する ●家族の病気、介護 ●家族との死別 ●誕生 ●義務教育を受ける ●地域における教育 ●成人したら社会に出て働く ●勤労の義務 ●納税の義務 ●子に教育を受けさせる義務 ●中年の危機 ●65歳で定年退職する ●社会情勢や時代背景の影響 ●地域活動のイベント ●趣味活動のイベント ●学校選び、受験、合否 ●入学 ●学校教育 ●卒業/できない ●希望の職に就く/就かない ●就職 ●業界や勤め先の風土 ●異動、転勤 ●昇進昇格、昇給 ●部下をもつ ●降格 ●退職 ●解雇、失業 ●転職 ●独⽴ ●引退/早期退職
  9. 9. 9
  10. 10. 10
  11. 11. 11
  12. 12. 12 成⻑・空想・探求 0〜21歳 教育と訓練 16〜25歳 初期キャリア 17〜30歳 中期キャリア 25〜45歳 幼少期から⻘年期初期。こ の段階におけるキャリアは、 職業についての固定概念に すぎない。どのような職業 を選択したとしても、その 後必要となる教育訓練に備 える段階となる。 仕事と組織のメンバーとし て意味あるセルフ・イメー ジを確⽴する時期。⾼度な 責任をもつようになり、⻑ 期のキャリア計画を⽴てる。 キャリア計画には仕事、家 庭、自己の3領域が統合され るよう調整する必要がある。 仕事の世界への参加と基本 的訓練の時期。仕事の目標 が明確化されたり、変化し たりするために何らかの選 択をすることが必要になる。 自分と組織の要求を調和さ せることを学び、職業に応 じて教育と訓練が必要。 現実の仕事がどのようなも のか、仕事に対してどのよ うに取り組むかを学ぶ時期。 仕事の義務を果たす上で自 分の才能、動機、価値観な どが本格的に試され、その なかで、より明確な職業上 の⾃⼰概念を開発する。 中期キャリアの危機 35〜45歳 後期キャリア 40歳〜定年 衰えと離脱 40歳〜定年 引退 これまでの歩みを再評価し、 現状維持かキャリアを変え るか、新しいより⾼度な仕 事に進むか決定する。家庭 とキャリアそれぞれの欲求 に葛藤が発生し、その問題 解決を⾏うためにさまざま な努⼒が必要となる。 職業活動から引退。自己の アイデンティティと自尊感 情の維持、自分のこれまで の経験と知恵をいかす。他 者への⽀援とその役割発⾒ の時期。 管理者、メンターの役割を 果たす。専門性を高める一 方で組織内における自己の 重要性の低下を受け入れる。 現状維持、仕事以外での自 ⼰成⻑を求める場合には、 ⾃⼰のポジション、影響⼒ の減少を認め受容する。 速度を落とし、徐々に引退 を考えるようになる。引退 に向けての準備を⾏う。地 域活動、家庭、趣味など新 たな満足を得られるものを 探す。配偶者との関係の再 構築の時期。 ※出典:「キャリアカウンセリング」宮城まり子著(駿河台出版社)※一部要約
  13. 13. 13
  14. 14. 成⻑・空想・探求 0〜21歳 教育と訓練 16〜25歳 初期キャリア 17〜30歳 中期キャリア 25〜45歳 幼少期から⻘年期初期。こ の段階におけるキャリアは、 職業についての固定概念に すぎない。どのような職業 を選択したとしても、その 後必要となる教育訓練に備 える段階となる。 仕事と組織のメンバーとし て意味あるセルフ・イメー ジを確⽴する時期。⾼度な 責任をもつようになり、⻑ 期のキャリア計画を⽴てる。 キャリア計画には仕事、家 庭、自己の3領域が統合され るよう調整する必要がある。 仕事の世界への参加と基本 的訓練の時期。仕事の目標 が明確化されたり、変化し たりするために何らかの選 択をすることが必要になる。 自分と組織の要求を調和さ せることを学び、職業に応 じて教育と訓練が必要。 現実の仕事がどのようなも のか、仕事に対してどのよ うに取り組むかを学ぶ時期。 仕事の義務を果たす上で自 分の才能、動機、価値観な どが本格的に試され、その なかで、より明確な職業上 の⾃⼰概念を開発する。 中期キャリアの危機 35〜45歳 後期キャリア 40歳〜定年 衰えと離脱 40歳〜定年 引退 これまでの歩みを再評価し、 現状維持かキャリアを変え るか、新しいより⾼度な仕 事に進むか決定する。家庭 とキャリアそれぞれの欲求 に葛藤が発生し、その問題 解決を⾏うためにさまざま な努⼒が必要となる。 職業活動から引退。自己の アイデンティティと自尊感 情の維持、自分のこれまで の経験と知恵をいかす。他 者への⽀援とその役割発⾒ の時期。 管理者、メンターの役割を 果たす。専門性を高める一 方で組織内における自己の 重要性の低下を受け入れる。 現状維持、仕事以外での自 ⼰成⻑を求める場合には、 ⾃⼰のポジション、影響⼒ の減少を認め受容する。 速度を落とし、徐々に引退 を考えるようになる。引退 に向けての準備を⾏う。地 域活動、家庭、趣味など新 たな満足を得られるものを 探す。配偶者との関係の再 構築の時期。
  15. 15. 15
  16. 16. 16
  17. 17. 17 働く人 採用する人
  18. 18. 18 仕事に対するやる気 具体的な業務を⾏うために特化 した能⼒。OSあってこそ作動 する 物事を速く正しくマスターした り処理する能⼒ 仕事を操作する上での基盤能⼒ パソコンに例えると ※出典:「能⼒の概念図」(「キャリアデザイン⼊⾨[I]基礎⼒編」⼤久保幸夫著(⽇経⽂庫)) 職業を問わず 共通して必要 になる能⼒ 特定の職業に 必要な能⼒
  19. 19. 19 (ソフトウェア) (CPU / OS) 対⼈能⼒ 対⾃⼰能⼒ 対課題能⼒ 処理⼒ 思考⼒ 専⾨知識 専門技術 - 子ども時代から着実に育て、30代までに完成が望 まれる能⼒。若いうちに伸ばしておかないと、後 からはなかなか鍛えられない。 - 普遍性・汎⽤性が⾼く、⼀度習得すれば息が⻑い 市場価値。また基礎⼒がない状態で専⾨⼒を習 得・使用しても活かしきれない。 - 多くは、その職業についてから⾝につける能⼒。 その分野のプロと呼ばれるまでには10年から20 年の⽉⽇を要する。 - 市場背景や顧客ニーズの変化を受け、求められる 能⼒が変化する。常に動向をキャッチアップし、 専⾨⼒のアップデートが求められる。Web業界の 変化スピードは、とりわけ速い。 + ※参考:「能⼒の概念図」(「キャリアデザイン⼊⾨[I]基礎⼒編」⼤久保幸夫著(⽇経⽂庫))
  20. 20. 20
  21. 21. 仕事に対するやる気 具体的な業務を⾏うために特化 した能⼒。OSあってこそ作動 する 物事を速く正しくマスターした り処理する能⼒ 仕事を操作する上での基盤能⼒ パソコンに例えると 職業を問わず 共通して必要 になる能⼒ 特定の職業に 必要な能⼒
  22. 22. 25
  23. 23. 26
  24. 24. 27

×