Wikiばな

1,213 views

Published on

WikiばなVol 7
勉強会とパターンとWikiとXPとオープンイノベーションと

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,213
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
134
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Wikiばな

  1. 1. <ul><ul><li>Wiki ばな LT </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会とパターンと Wiki と XP とオープンイノベーションと </li></ul></ul><ul><ul><li>8/8/'09 </li></ul></ul><ul><ul><li>よしおかひろたか(カーネル読書会、 勉強会勉強会、Debug Hacks著者) </li></ul></ul><ul><ul><li>[email_address] </li></ul></ul><ul><ul><li>http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/ </li></ul></ul><ul><ul><li>http://blog.miraclelinux.com/yume/ </li></ul></ul>
  2. 2. Debug Hacks <ul><li>Debug Hacks -- デバッグを極めるテクニック&ツール </li></ul><ul><li>吉岡 弘隆,大和 一洋,大岩 尚宏,安部 東洋,吉田 俊輔 </li></ul><ul><li>ISBN:978-4-87311-404-0 </li></ul><ul><li>オライリー・ジャパン </li></ul><ul><li>2009年4月22日 </li></ul>
  3. 3. 時を越えた創造の原理 <ul><li>勉強会てwikiっぽい </li></ul><ul><li>オープンイノベーションてwikiっぽい </li></ul><ul><li>つーか、オープンイノベーションも勉強会もパターンもwikiもXPも価値を創造する共通の原理があるっぽい </li></ul>
  4. 4. 例えば、勉強会とセミナー
  5. 5. 事例 <ul><li>シンポジウムという形式 </li></ul><ul><li>パネル出席者が、それぞれ発表の後、議論をする。質疑応答は形だけ。(一件とか) </li></ul><ul><li>百科事典的。Wiki的ではない。 </li></ul><ul><li>創発的ではない。ライブではない。 </li></ul><ul><li>そこで何かを生み出すことを期待していない。単にエラい先生のお話を拝聴させてやる。聴講者は能動的に参加していない。 </li></ul>
  6. 6. 勉強会という形式 <ul><li>好き勝手に好き勝手なことをやる。混沌。バザール。 </li></ul><ul><li>発表者も参加者も主催者も、その区別はほとんどない。フラット。 </li></ul><ul><li>勉強会という「点」だけではなくメーリングリスト、Wiki、飲み会、参加者同士の横のつながりがある。(時間軸、空間軸) </li></ul><ul><li>参加者に対する愛がある。 </li></ul>
  7. 7. 勉強会という形式 <ul><li>価値を創造するのは、お題提供者、主催者だけではなく、参加者も。 </li></ul><ul><li>クレージーな参加者を一つのところに集めると化学反応が発生する。(価値を創造する) </li></ul><ul><li>それってプラットフォーム? </li></ul>
  8. 8. 価値創造のプラットフォーム <ul><li>自由なコラボレーションが価値を生む </li></ul><ul><li>不特定多数の人を信頼できるか </li></ul><ul><li>不特定多数の人とコラボレーションできるか </li></ul>
  9. 9. オープンイノベーション <ul><li>I.H.E Inovation Happens Elsewhere </li></ul><ul><ul><li>イノベーションの外部化 </li></ul></ul><ul><ul><li>昔は(企業の)研究所で発明されていた </li></ul></ul><ul><li>オープンイノベーションを推進するエンジンとして勉強会はとっても親和性が高い </li></ul>
  10. 10. 勉強会とパターンとWikiとXPとオープンイノベーションと <ul><li>時を越えた創造の原理 </li></ul><ul><ul><li>有機的秩序の原理 </li></ul></ul><ul><ul><li>参加の原理 </li></ul></ul><ul><ul><li>漸進的成長の原理 </li></ul></ul><ul><ul><li>パターンの原理 </li></ul></ul><ul><ul><li>診断の原理 </li></ul></ul><ul><ul><li>調整の原理 </li></ul></ul>
  11. 11. <ul><li>勉強会は第三の道 </li></ul><ul><ul><li>技術が社会を変える </li></ul></ul><ul><ul><li>社会構造が社会を規定 </li></ul></ul><ul><ul><li>私たちが社会を変える </li></ul></ul>
  12. 12. <ul><li>Love & Peace </li></ul>

×