Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

勉強会カンファレンス2009

1,557 views

Published on

勉強会カンファレンス二千九

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

勉強会カンファレンス2009

  1. 1. 勉強会カンファレンス 2009 2009 年 6 月 6 日 よしおかひろたか カーネル読書会 / 勉強会勉強会 [email_address]
  2. 2. 勉強会カンファレンス <ul><li>ネライ </li></ul><ul><ul><li>勉強会の価値を高めたい ( 暗黙知を形式知へ ) </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会の価値をもっと広く知ってもらう方法論を議論したい(マーケティング) </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会運営の革新を加速したい </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会主催者のネットワーク </li></ul></ul>
  3. 3. 勉強会カンファレンス2009 <ul><li>参加者全員で創るカンファレンスです </li></ul><ul><li>勉強会主催者の皆さんの智慧を共有させてください </li></ul><ul><ul><li>主催者の皆さんは何かヒントを掴んで自分の勉強会で試してみてください。 </li></ul></ul><ul><li>勉強会の価値を社会へ発信しましょう </li></ul><ul><ul><li>半径5メートルから(会社の同僚、上司、部下) </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会を知らない人々へ </li></ul></ul>
  4. 4. 勉強会カンファレンス2009 <ul><li>名称:勉強会カンファレンス2009 </li></ul><ul><li>開催日時:2009年6月6日(土)、場所:日本オラクル、セミナールーム </li></ul><ul><li>目覚まし勉強会、9時半開場、10時開始 </li></ul><ul><li>勉強会カンファレンス、13時開始 </li></ul><ul><ul><li>社内勉強会 </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会がつなぐ世界 </li></ul></ul><ul><ul><li>懇親会大会議 </li></ul></ul><ul><li>定員:120名程度 </li></ul><ul><li>対象:主に勉強会主催者 </li></ul>
  5. 5. IT勉強会カレンダー <ul><li>https://www.google.com/calendar/embed?src=fvijvohm91uifvd9hratehf65k%40group.calendar.google.com </li></ul><ul><li>id:hanazukin 拍手888 </li></ul>
  6. 6. 勉強会勉強会きっかけ <ul><li>素朴な疑問 </li></ul><ul><ul><li>空前の勉強会ブーム(IT勉強会カレンダー) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>なんで? </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>勉強会のライフサイクル。2から3/4/5のわかれめって何よ? </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>1とりあえづ有志で集まる </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>2おもしろそうだということで回数をかさねる毎に参加者が徐々に増える </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>3マンネリ、内紛、分裂、さまざまな問題にぶつかる(?)衰退へ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>4主催者がいろいろ苦労をかさねる(微妙な平衡状態) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>5特に問題もなく淡々と回数をかさねる </li></ul></ul></ul><ul><li>勉強会の法則(動作原理)の解剖 開催のメリット>開催のコスト </li></ul><ul><li>OSC 2008 Tokyo/Fallでやったら盛り上がった。 </li></ul>
  7. 7. 何を提供できるのか? <ul><li>勉強会の法則に対する理解を深める 開催のメリット>開催のコスト </li></ul><ul><ul><li>この公式が成り立てば勉強会は継続する </li></ul></ul><ul><ul><li>メリットとは何か、どのように最大化するか </li></ul></ul><ul><ul><li>コストとは何か、どのように極小化するか </li></ul></ul><ul><li>勉強会の価値を明示化 </li></ul><ul><li>苦労話、楽しみ、悩み、喜び、運営の Tips などなどを共有する </li></ul><ul><ul><li>過去の経験から課題を抽出し、それを未来へ繋ぎたい </li></ul></ul><ul><ul><li>勉強会開催のコストを下げたい、共有化したい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>勉強会主催って楽しい、それほど難しくない、いっちょやってみるか。 </li></ul></ul></ul>
  8. 8. カンファレンス参加者満足度の評価、KPIを定義したい <ul><li>情報の価値->何か行動を引き起こすこと(どのような行動があったか) </li></ul><ul><li>ブログに本日の感想を書いてもらう </li></ul><ul><li>今日聞いた方法を試してみちゃった♪ </li></ul><ul><li>実際勉強会を主催しちゃった♪ </li></ul><ul><li>知り合いに勉強会を勧めてみた♪ </li></ul><ul><li>知り合いが勉強会を始めちゃった♪ </li></ul>
  9. 9. 伝説のカンファレンス <ul><li>参加者 </li></ul><ul><ul><li>勉強会の達人たち </li></ul></ul><ul><li>情報は公開が原則 </li></ul><ul><li>未来のいつか、この伝説のカンファレンスが誰かに発見される </li></ul>
  10. 10. 勉強会勉強会 http://groups.google.co.jp/group/metacon?hl=ja
  11. 11. <ul><li>ブログ:ユメのチカラ </li></ul><ul><li>http://blog.miraclelinux.com/yume/ </li></ul><ul><li>未来のいつか /hyoshiok の日記 </li></ul><ul><li>http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/ </li></ul>

×