Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

小林研究会最終発表

446 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

小林研究会最終発表

  1. 1. 小林研究会最終発表慶應義塾大学3年 環境情報学部中井 研
  2. 2. 目的• カーボンフットプリントによって私たちの生活 はどう変わるのか?また変えられるのか?• 問題点とその解決への展望▫ 表示方法次第でマイナス印象をもたれる可能性も▫ より良く行われるためのアイデアと付加価値• 本当に必要なのか?普及・浸透していくのか?
  3. 3. 概要• すでに普及しつつある欧米を中心としたカーボ ンラベルの形式やルール▫ 各国のカーボンラベルの重点箇所▫ 英国で開発された計算プロトコルPAS2050• 日本におけるカーボンフットプリント(CFP)▫ 現在の進行状況
  4. 4. 問題点• マイナス面、プラス面の強調が極端▫ 飛行機輸送マーク▫ ランク表示• 消費者に対して情報判断負担を強制• 最適な表示方法がまだ定まっていない▫ エコプロダクツ展でも同じマークの違う数値、説 明がついているものを並べたアンケートを実施
  5. 5. 日本のカーボンフットプリント• 近年の動向 ▫ カーボンフットプリ ントの算定・表示に 関する一般原則 ▫ カーボンフットプリ ント算定キット ▫ カーボンフットプリ ント制度における第 3者認証スキームの 在り方を検討する委 員会
  6. 6. 私がこれから必要だと考える事• 統一規格の決定と普及▫ 算出方法やLCAを明確に伝達• 企業、消費者ともに環境改善が1番の目的ではな いことを考慮していくこと▫ いつも低炭素排出商品を買うようにするのではな く、カーボンラベルを指標にそれを混ぜつつ購入 していくような姿勢• カーボンフットマラソン▫ 同じ値段でどこまで低炭素な買い物が出来ている か競争できるwebサービスなど
  7. 7. 参考文献• CO2を見える化するカーボンラベル―フットプ リントの算定から新動向まで▫ 著者:上妻 義直(2011)• カーボンフットプリント制度の在り方(指針)▫ CO2排出量の算定・表示・評価に関するルール 検討会(座長:稲葉敦)(2009)• カーボンフットプリント▫ 編著:稲葉敦(2007)▫ 出版:工業調査会

×