Smart deviceとhtml5

1,537 views

Published on

第28回 HTML5とか勉強会 講演資料

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,537
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Smart deviceとhtml5

  1. 1. スマート・デバイスとHTML5、そのビジネス 2012年4月13日(金) 株式会社KDDI総研 リサーチフェロー 小林雅一
  2. 2. 1. スマート・デバイスとは何か、その全体的イメージ 1
  3. 3. スマート・デバイスへの前哨:Siri http://www.youtube.com/watch?v=KrTE6b_bJHE http://www.youtube.com/watch?v=ZWP8OUytprE 2
  4. 4. CES 2012: Internet (Smart) TV, LG 3
  5. 5. 手間のかからない直観的UI(Augmented Reality) 4
  6. 6. Instant data processing with NFC 5
  7. 7. Voice Control for automobile, Ford Sync Gen.2 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cdgQpa1pUUE 6
  8. 8. 2. スマート・デバイスに至る歴史的背景 7
  9. 9. スマート・デバイスの原点:1960年代に開始されたUI研究 “Man–Computer Symbiosis(人のコンピュータの共生)”:1960年 人(ユーザー)とコンピュータの関係を著した論文 論文のポイント ①コンピュータの用途を、それまでの単なる数値計算から「統計的推論」、 「行動方針の提案」、「決定理論」など多様な情報処理に拡張することを 提案 J.C.R. Licklider ②コンピュータと人間のinteraction(対話的操作方法)を提案 情報工学者 DARPA (国防高等研究計画局) IPTO(情報処理技術部)部長 8
  10. 10. 情報機器のUI研究は、早い時期にAIとIAの2派に分れた 「コンピュータはある種の知的能力に おいて人間と対等の存在になり得る」 Artificial Intelligence(AI)研究予算を配分 “A Conceptual Framework for the Augmentation of Men’s Intellect Intelligence Amplification(IA) (人の知能を増強するための 概念的枠組み)”:1962年 「コンピュータはあくまでも人 間の知的活動を支援する Douglas Engelbart ツールである」 情報工学者 9
  11. 11. IA派とAI派:対照的なアプローチ• IA派の考え方:機械と人が互いに歩み寄る。機械を使い易くする ために高度な技術開発もするが、人の方でも、その技術に適応 する必要がある。つまりコンピュータとはツールである。•=現実的なアプローチ• AI派の考え方:人が機械に適応しようと努める必要はない。機械 の方が、人に合わせて何でもしてくれる。つまりコンピュータとは ロボットである。•=SFユートピア的アプローチ 10
  12. 12. これまではIA派が優勢だったが、これからはAIの時代普及度 着実な発展の道を辿ってきたが、 これ以上、進化する余地はない GUIの完成 プルダウン・メニュ (そろそろ、限界) ツール・バー デスクトップ・メニュ 最初から山あり、谷あり ハイパーテキスト マルチ・ウィンドウ 長らく日陰の道を歩んで来 ビットマップ・ディスプレイ たが、ここに来て運気が ぐゎっと上がってきた Siri(音声操作) マウスの発明 Google Goggles プロローグ推論マシン IA派 第5世代プロジェクト (画像認識AR) AI派 AIの冬 AIの冬 1962年 1980年 2012年 11
  13. 13. なぜAI的アプローチが今、脚光を浴びているのか? 必要は発明の母 モバイル端末の普及によって、GUI(IA)の限界が露呈 機械(ロボット)が人間に合わせてくれる関係(AI)が本当に必要となってきた IA(ツール):もう限界 AI(ロボット):楽ちん 12
  14. 14. 音声操作以外のAI事例:AR(Augmented Reality) 13
  15. 15. 3種類のAR:その実力は?• ①位置情報を使ったAR• 既に製品化されているが、商用化に耐え得るARシステムを構築するには位置 情報だけでは無理。位置情報は、むしろ補助的に使う方がいい。• ②マーカーを使ったAR• ビデオ・ゲームなどで既に製品化されている。• ③画像解析によるAR• Googleやソニーなど一部の先端的企業が製品化しているが、本格的な商用化 には、さらなる研究・開発が必要 14
  16. 16. Google Goggles:画像解析とWeb集合知を融合させたAR 15
  17. 17. スマート・デバイスを構成するAI以外の要素 ワンタッチの情報処理: 人(ユーザー)の手をかける ことなく、端末(機械)の方 が面倒な仕事をしてくれる 16
  18. 18. NFCとは何か• NFC (Near Field Communication) : 13.56MHzの電磁波を使った近 距離無線通信規格• デバイス(端末)同士、あるいはデバイスとタグなどが近距離(数cm~ 70cm)でコミュニケーションするための技術• NFCのデータ転送速度:106K/212K/424K/848K bps• 能動通信(両方が電源を持つ)と受動通信(片方が電源を持たない) の両方が可能• NFCは非接触ICカードの無線通信部分の技術を規格化したもの 17
  19. 19. 非接触ICカードとNFCの関係 ISO/IEC 14443 Type A FeliCa (Myfare) ISO/IEC 14443 Type B ISO/IEC 15693 FeliCa OS Myfare OS 何らかのOS 何らかのOSファイル・システムエア・プロトコル(無線通信規格) NFCIP-1 (ISO/IEC 18092) NFCIP-2 (ISO/IEC 21481)=NFC 近傍型(70cm以下) 近接型(10cm以下) 18
  20. 20. NFCの応用事例:韓国SK Telecomの野球場サービス 19
  21. 21. 3. スマート・デバイスを巡る業界動向(MWC2012の取材も交えて) 20
  22. 22. スマート・デバイス(AI的アプローチ)をリードするApple Multi touch data fusion Contactless payment Voice Control 21
  23. 23. Siri:外部の既成技術を組み合わせるアップルの真骨頂 元々は米DARPA(国防高等研究計画局)の研究プロジェクト CALO(Cognitive Assistant that Learns and Organizes) ここで培われた技術を携えて起業したベンチャー企業Siriを、アップルが2010年に買 収 SiriはAI(人工知能)とWeb集合知を組み合わせたサービス 背後でWolfram Alpha(http://www.wolframalpha.com/ )が大きく寄与している 22
  24. 24. Mobile World Congress(MWC)2012 モバイル関連の国際見本市・会議としては世界最大 のイベント。毎年バルセロナで開催 今回は2012年2月27日~3月1日まで開催 参加者は6万7000人毎年MWC会場となる「Fira de Barcelona」背後にある宮殿はカタルーニャ美術館 基調講演・パネル討議には、世界 の主要通信キャリアやIT企業、端 末メーカーなどのトップが参加する 見本市にも同じく、世界の主要ICT 企業がブースを構える 23
  25. 25. MWC2012: 通信キャリアからIT企業、韓国企業に主導権が移行 MWCは元々、欧米の通信キャリアが中心になって始めたイベントだが、最近は 彼らよりもグーグルなどIT企業や韓国メーカーの存在感が強くなっている。 24
  26. 26. MWC2012: 日本企業の存在感は今一つ MWC 2012に出展した主な日本企業: NEC, NTT DoCoMo, Gree, 富士通 日本の中小企業合同ブースも設けられた。 25
  27. 27. MWC2012:スマートフォンとタブレットLGの Quad Coreプロセッサを搭載した LGの5インチ型のタブレット端末「Optimus Vu」LTE対応スマートフォン「Optimus 4X」 26
  28. 28. MWC2012: デバイス単体での差別化は難しくなっている ノキアの最高経営責任者(CEO)Stephan Elop氏 HTCの最高経営責任者Peter Chou氏 スマートフォン搭載カメラの画素数を自慢す るなど、スペック競争に終始 スマートフォンは早くもコモデティ化へ(基本 仕様は同じ。価格と高スペックで勝負) Nokia Lumia 610(189 Euro) Nokia 808 PureView(4100万画素カメラ)MWC2012二日目のパネル討議「これからのスマートフォン・ビジネス」 27
  29. 29. MWC2012: マイクロソフトもスペック重視 iPhoneかAndroid端末 v.s. Windows Phoneとの他流試合 カメラ、メール、ソーシャル機能等、 幾つかの項目に分けて性能を競い、 もしも参加者の持っているスマート フォンがWindows Phoneを負かし たら、参加者は100ユーロの賞金 をもらうことができる。MicrosoftがMWC2012会場で作成した「スマートフォンのスペック比較表」 28
  30. 30. MWC2012: 日本メーカーもデバイス差別化を工夫 富士通は会場の入り口に 水を張った容器を置き、同 社のアンドロイド搭載タブ レットをそこに浸して防水 性をアピールしていた。 29
  31. 31. MWC2012:Eric Schmidt講演 “Chrome for Android”を披露するも、同社ビ ジネスにおけるChromeとAndroidの戦略的 齟齬については言及せず 「アンドロイド・スマートフォンは2013年に10 0ドルを切る。値段はその後も下がり続け、 70ドルを切ると、従来とは全く異なるスマー トフォン市場が生まれるだろう」 「アンドロイドをスマートフォンだけでなく、テ レビや自動車など、あらゆるデバイスに広 Eric Schmidt Keynote Speech:「これからのIT社会とグーグル」 げて行きたい。そのため自動車向けアプリ など、アンドロイド向けのアプリ配信システ ムを充実させて行きたい」 30
  32. 32. MWC2012: 総括• スマートフォンは早くもコモデティティ化(価格破壊とスペック競争)• グーグルや韓国メーカーはAIの導入によるスマート・デバイスに 注力• 日本企業の存在感が薄れている。来場者を惹きつける尖端技術 の展示が見られない• デバイス単体での差別化は難しく、今後は家電や自動車など異業 種をまきこんだネットワーク化が重要になっていく 31
  33. 33. 4. スマート・デバイス成功の鍵を握るHTML5 32
  34. 34. スマート・デバイスへのサービスマルチ・デバイス(マルチ・スクリーン)時代の到来 33
  35. 35. 課題:異種デバイス間におけるコンテンツ共有 ウエブ・アプリ(HTML5)の必要性が認識される スマートフォン 電子ブック・リーダー タブレット 個人情報 音楽 動画 PCネットブック 活字 写真 ゲーム 仕事情報 フォトフレーム テレビ 自動車 34
  36. 36. HTML5でウエブはどう変わるか 従来のHTMLを使うと・・・ これからのHTML5を使うと・・・ 毎朝新聞.com ワープロ 表計算 増税の前にやることがあるだろ 野田佳彦首相(54)が進める消費税 増税に暗雲が立ち込めてきた。 官僚 主導体制の打破、天下りや税金の無 駄遣いを一掃するという当初の公約を 全て反故にした民主党への国民の怒 りは根強く、政権の運営は今後、さら に困難・・・ 官僚の税金無駄遣 いや天下りを放置 して増税を訴える 首相 ゲームウエブ・サイト=何かを見るためのホームページ ウエブ・サイト=何かをするためのプラットフォーム (Platform for Dynamic Application program) 35
  37. 37. HTML5の本質• ブラウザがアプリケーションのプラットフォームになる• HTML5のオフライン機能• Device API:内部部品(カメラ、センサー等)へのアクセス機能等々・・・• ブラウザとOSの境界線が消える、ブラウザがOSになる •Browser ≒ OS • ブラウザーが情報処理のプラットフォームになる ウエブ・アプリ ネイティブ・アプリ Platform = Browser Platform = OS OS これまで これから 36
  38. 38. ブラウザとOSの一体化:Boot to Gecko at MWC2012 37
  39. 39. HTML5が注目されるのは何故か:その背景• スマート・デバイスを巡る米IT列強のプラットフォーム対抗戦• ユーザーとコンテンツ・プロバイダーを囲い込むClosed Platform Apple Google Amazon iTunes in the Cloud Google Play Amazon Cloud Drive アップル製端末 Android搭載端末 iPhone, iPad, iPod, (スマートフォン、タブ Kindle, Kindle Fire レット、スマートTV・・・ iTV・・・ アップルが提供するコンテンツは Googleが提供するコンテンツ アマゾンが提供するクラウドは はAndroid端末でしか使えない アマゾン製端末でしか使えない アップル製端末でしか使えない 38
  40. 40. MWC2012: FacebookのHTML5戦略 ウエブ・アプリ:3つの問題 ①「中小のソフト開発業者が製作したウエブ・アプ リは、ユーザーの目にとまりにくいこと」 ②「(異なるブラウザに応じて)動き方にバラつき が生まれるフラグメンテーション」 ③「課金システムなどマネタイジングが整備されて いないこと」である。 Facebookは同社の「Open Graph」と呼ばれるモ バイル端末向けのソーシャル・グラフを中小のソフ ト開発業者に開放し、①の問題を解決する。 またW3Cと協力し、「ringmark」と呼ばれるベンチ マーク・テストを実施し、異なるブラウザの互換性 を向上させ、②の問題を解決する。 さらに世界各国のキャリアと提携して、キャリア決 済の仕組みをウエブ・アプリ市場に導入することで ③の問題を解決するという。 39
  41. 41. 通信キャリアのHTML5への取り組みWAC(Wholesale Applications Community) One API by GSMA 40
  42. 42. Verizon Telematics: HTML5 + LTE CES2011で著者が撮影 http://www.youtube.com/watch?v=aPCpqXyFA8U 41
  43. 43. MWC2012: Aurasma(ARとHTML5の連携) 42
  44. 44. 米IT列強に伍すため日本企業がとるべきHTML5戦略 アップル 日本メーカー A社のコンテンツ B社のコンテンツ C社のコンテンツ iTunes(App store) 配信システム 配信システム 配信システム A社製の各種端末 B社製の各種端末 C社製の各種端末 アップル製端末 スマートフォン、 スマートフォン、 スマートフォン、 iPhone, iPad, iPod, タブレット、 タブレット、 タブレット、 iTV・・・ ウエブTV・・・ ウエブTV・・・ ウエブTV・・・ アップルが提供するコンテンツは 日本メーカーが提供するコンテンツは アップル製端末でしか使えない どのメーカーの端末でも使える どっちにしようかなあ・・・ コンテンツに互換性のある日本製のほうが得かなあ・・・ 43
  45. 45. HTML5が日本企業にもたらすチャンス これまで これから W3Cが共同管理するこの部分に、 日本企業は口出しできる ブラウザ=アプリ・プラットフォーム この2層は OS = アプリ・プラットフォーム いずれ一体化する OS (基本的にWindows) (iOS, Android, Windows・・・)マイクロソフトが単独で所有するこの部分に、 米IT各社が個々に所有するこの部分に、メーカーをはじめ日本企業は口出しできなかった 日本企業は相変わらず口出しできない 経済的な価値を生み出すのは、各種アプリの花が咲くプラットフォームの方だ 。 アプリ・プラットフォームが上位層(ブラウザ)に移行することで、日本企業にもチャンスが生まれる。 (詳しい説明は「日本企業復活へのHTML5戦略」(光文社、4月17日発売)で) 44

×