Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第3分科会「かんばん文字とまち歩き」大西宏治

53 views

Published on

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第3分科会「かんばん文字とまち歩き」大西宏治

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第3分科会「かんばん文字とまち歩き」大西宏治

  1. 1. かんばん文字を楽しむ -「のらもじ」とまちあるきー 富山大学人文学部 准教授 大西宏治(人文地理学)
  2. 2. 自己紹介 大西宏治(おおにしこうじ) 富山大学人文学部 准教授 専門 人文地理学(まちづくり、防災教育、子どもの生活空間) 旭川市生まれ、札幌育ち 名古屋大学文学部卒業、大学院文学研究科修了 地理学が専門 名古屋大学 助手を経て 富山大学人文学部准教授 分担執筆 地理情報システム学会教育委員会編(2017):『地理空間情報を活かす授業のため のGIS教材』古今書院 若林芳樹ほか(2017):『参加型GISの理論と応用』 松山洋編(2017):『地図学の聖地』二宮書店 2
  3. 3. かんばんを楽しむまちあるきを考える • 歩けばきっとまちは楽しい →歩かせるツールとスタートを切る目的を創ればよい • IngressやPokemon GO →その入り口になるツールではないか? • かんばんはまちの歴史の妄想を喚起する →かんばんをめぐる仕組みを作れないか? 3
  4. 4. 偶然の出会い 2015年10月8日~25日 文化庁メディア芸術祭富山展「トヤマウォーカー」の実施 メディア芸術を使って、まちを歩いて楽しめないか? という相談が実施を請け負った企業から持ち込まれる 2014年度 エンターテイメント部門 大賞 Ingress エンターテイメント部門 優秀賞 『のらもじ発見プロジェクト』 →この二つはまちを楽しむ道具になるはず! 4
  5. 5. イングレスとはなにか? • 一言で言えば:位置情報を活用し、AR技術を用いたネットワー クゲーム • 作った会社:ナイアンディック・ラボ • リリース:2013年正式リリース • 必要なもの:Android端末、またはiOS端末、地表を歩く人間 • 遊びのルール 各地にあるポータルに接触(ハック)したり ポータルどうしをつないで(リンク) 陣地を拡大したりしながらゲームを進め Enlightened(緑)とResistance(青)で 世界を2分する陣取りゲーム
  6. 6. のらもじ発見プロジェクト とは? • 町にひっそりと佇む看板の手書き文字の古道具 的、民藝的魅力を見いだす • その文字をフォントにするプロジェクト 6 http://noramoji.jp/のらもじ発見プロジェクトweb
  7. 7. のらもじをつかってIngressミッション作成の ワークショップ スケジュール ①2015年8月10日(月)、11日(火) ワークショップ01 「のらもじを見つけてポータルにしよう」 ②2015年9月14日(月)、15日(火)2日間 ワークショップ02 「のらもじとIngressを使ってミッションをつくろう」 7
  8. 8. ワークショップ01 のらもじを見つけてポータルにしよう • 参加者 20名 • 4グループに分かれて「のらもじ」を探す • 「#富山のらもじ」をつけてInstagramに投稿・整理 8 のらもじ探しのまちあるき のらもじをInstagramへ
  9. 9. 9 のらもじを地図上に整理 利用するフォントの発表 完成した地図
  10. 10. ワークショップ02 のらもじとIngressを使ってミッションをつくろう • ミッションが4つ完成 10
  11. 11. イングレスのミッション 11
  12. 12. 富山市の中途半端な街並みを逆手にとって • 富山市は空襲で市街地の90%以上を焼失(1945/8/1) • 戦災復興事業で街区を整理 →昭和20年代の街区パターン →中心からはずれると昭和50年代の店舗・かんばんを残す →核心部分は街区の変更がある ⇒とても中途半端なまちなみ • 今でも営業する古い店舗がある →のらもじの宝庫 • 位置情報サービスを付与して情報発信 →のらもじをみて、地域の人たちは店舗の歴史を夢想 12
  13. 13. 人を歩かせる魅力のあるサービス • Ingressの位置情報の活用 →地域を知りたい・征服したいという欲求の充足 • のらもじ・看板の魅力 →地域の中にみる自分とつながりのある時代の懐かしさ ⇒地域を歩く十分な動機になる 現代の情報通信技術だからこそつなぐことができた! #この取り組みで単位制高校のある学生の生活が一変 13

×