Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
地理空間情報を活用した
インフラメンテナンスへの期待
Infrastructure maintenance based on geographical information
北海道地理空間フォーラム in 札幌
2018年7月18日
北海道大...
2
本⽇のトピック
• インフラのメンテナンスとアセットマネジメント
• メンテナンスにおけるデータの重要性
• GNSSを⽤いたインフラモニタリング
• GISを⽤いたインフラメンテナンス
• まとめ
社会インフラ
市⺠が持続可能で豊かな社会経済活動を営み,⽣活
の安全・安⼼を確保し,国⼟の有効活⽤を可能にす
るために,社会的に共有されるもの.
Source︓⼟⽊学会「社会インフラメンテナンス学」
3
インフラとメンテナンス
計 画 設 計 施 ⼯ 使 ⽤ 廃 ⽌
性能のチェック
延命化
期待に応える
インフラのライフサイクル
設計上の想定
施⼯上の想定
前提条件
正しい設計・施⼯
前提条件
• ライフサイクルを通してインフラの性能を確保し機能を保持
• ライフサイ...
5
インフラアセットマネジメント
アセットマネジメント(DO)
点検
診断
措置
記録
維持管理(DO)
PLAN
最適管理基準の設定
CHECK
ミスマッチ等の原因分析
ACTION
改善(維持
管理サイクル,
設計方法,
施工方法)
≪維持...
CIM(BIM)を⽤いた各段階相互間の情報共有
6
国⼟交通省資料
データベース点 検 データ解析
メンテナンス戦略への活⽤
インフラメンテナンスでのデータの重要性
7
 現在は現地に出向いて点検が必要な項⽬が多い.
 計測データの数が少なく,性能評価ができない上に常時
のモニタリングができない.
GNSS変位計測の意義
8
インフラの点検技術者不⾜ インフラの性能評価を効率
的に⾏う必要性
現地に出向かず...
GISを⽤いたメンテナンス
9
 橋梁点検および諸元データのGIS上での展開
 地⽅公共団体管理橋梁のメンテナンスへの活⽤の
試み
 北海道での試み(途中段階)
 バンコクでの⾃動⾞専⽤道路での試み
対策の⽅針
⽬標完了年度
延命化
供⽤年数
マネジメントのレベル
劣化の進⾏傾向
橋梁の重要度
⼊⼒
…
データの活⽤まとめ例
10
迂回距離
橋梁の重要度




予算額(10億円)
 
経過年数
0 5025
0 %
50 %
100 %
...
まとめ
11
 社会インフラのライフサイクルを通したマネジメントが
必要であるが,現状では必ずしも適切にできていない.
 計画・設計・施⼯・使⽤・廃⽌の各段階での情報の共有
と適切な伝達が不可⽋である.
 点検の省⼒化,効率化と重要施設で...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第1分科会 「建設」講演1「地理空間情報を活用したインフラメンテナンスへの期待」横田弘

112 views

Published on

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第1分科会 「建設」講演1「地理空間情報を活用したインフラメンテナンスへの期待」横田弘

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

北海道地理空間フォーラムin札幌2018-07-18_第1分科会 「建設」講演1「地理空間情報を活用したインフラメンテナンスへの期待」横田弘

  1. 1. 地理空間情報を活用した インフラメンテナンスへの期待 Infrastructure maintenance based on geographical information 北海道地理空間フォーラム in 札幌 2018年7月18日 北海道大学大学院工学研究院 教授 横田 弘
  2. 2. 2 本⽇のトピック • インフラのメンテナンスとアセットマネジメント • メンテナンスにおけるデータの重要性 • GNSSを⽤いたインフラモニタリング • GISを⽤いたインフラメンテナンス • まとめ
  3. 3. 社会インフラ 市⺠が持続可能で豊かな社会経済活動を営み,⽣活 の安全・安⼼を確保し,国⼟の有効活⽤を可能にす るために,社会的に共有されるもの. Source︓⼟⽊学会「社会インフラメンテナンス学」 3 インフラとメンテナンス
  4. 4. 計 画 設 計 施 ⼯ 使 ⽤ 廃 ⽌ 性能のチェック 延命化 期待に応える インフラのライフサイクル 設計上の想定 施⼯上の想定 前提条件 正しい設計・施⼯ 前提条件 • ライフサイクルを通してインフラの性能を確保し機能を保持 • ライフサイクルの各段階における適切なマネジメント • 各段階の連携とライフサイクル全体の適切なマネジメント • サステイナビリティ思考に⽴脚 廃⽌の判断 4 ⽬的に適うか 設置⽬的 要求性能 照査 要求性能 の具現化
  5. 5. 5 インフラアセットマネジメント アセットマネジメント(DO) 点検 診断 措置 記録 維持管理(DO) PLAN 最適管理基準の設定 CHECK ミスマッチ等の原因分析 ACTION 改善(維持 管理サイクル, 設計方法, 施工方法) ≪維持管理 に対する PDCA≫ 計画 設計 施工 情報伝達と活用 ≪AMに対するPDCA≫ PLAN ACTION CHECK • 各段階間の情報伝達 と活用方法 • 地域の実情に合わせ たカスタマイズ • 構造物“群”に対する AM計画 • 情報伝達と活用方法 の改善 • カスタマイズ化の見直 し・修正 • AMの改善 • 基準類の改訂 • 情報伝達と活用のミ スマッチ照査 • 地域の実情に対する ミスマッチ照査 • AMの運用状況 フィードバック (AM:アセットマネジメント) 情報伝達と活用 情報伝達と活用 フィードバック(長寿命化 や維持管理性の改善等) フィードバック (施工品質の 改善等) フィード バック SIP「道路インフラマネジメント研究」資料
  6. 6. CIM(BIM)を⽤いた各段階相互間の情報共有 6 国⼟交通省資料
  7. 7. データベース点 検 データ解析 メンテナンス戦略への活⽤ インフラメンテナンスでのデータの重要性 7
  8. 8.  現在は現地に出向いて点検が必要な項⽬が多い.  計測データの数が少なく,性能評価ができない上に常時 のモニタリングができない. GNSS変位計測の意義 8 インフラの点検技術者不⾜ インフラの性能評価を効率 的に⾏う必要性 現地に出向かず状況を把握 性能評価に有効な 連続データの取得 ⾼頻度・⾼精度・遠隔管理可能な GNSSによるインフラモニタリング
  9. 9. GISを⽤いたメンテナンス 9  橋梁点検および諸元データのGIS上での展開  地⽅公共団体管理橋梁のメンテナンスへの活⽤の 試み  北海道での試み(途中段階)  バンコクでの⾃動⾞専⽤道路での試み
  10. 10. 対策の⽅針 ⽬標完了年度 延命化 供⽤年数 マネジメントのレベル 劣化の進⾏傾向 橋梁の重要度 ⼊⼒ … データの活⽤まとめ例 10 迂回距離 橋梁の重要度 予算額(10億円) 経過年数 0 5025 0 % 50 % 100 % 更新A E C1 経過年数 劣化度 経過年数 ⽬標完了年度 ⻑井宏平准教授(東京⼤)提供
  11. 11. まとめ 11  社会インフラのライフサイクルを通したマネジメントが 必要であるが,現状では必ずしも適切にできていない.  計画・設計・施⼯・使⽤・廃⽌の各段階での情報の共有 と適切な伝達が不可⽋である.  点検の省⼒化,効率化と重要施設でのモニタリングの実 施に向けた技術の開発と実装が求められている.  地理情報とメンテナンスの連携は,各種分析のツールと して,また情報公開の⼿段として有⽤であり,今後さら にその⽅法を模索していきたい.

×