SlideShare a Scribd company logo
1 of 26
Download to read offline
GitHub Enterprise
の活用事例
GMO ペパボの取り組み
自己紹介
self.introduce
=>
{
name: “SHIBATA Hiroshi”,
nickname: “hsbt”,
title: “Chief engineer at GMO Pepabo, Inc.”,
commit_bits: [“ruby”, “rake”, “rubygems”, “rdoc”, “tdiary”,
“hiki”, “railsgirls”, “railsgirls-jp”, “jenkins”],
sites: [“ruby-lang.org”, “rubyci.com”, “railsgirls.com”,
“railsgirls.jp”],
}
会社組織
GMO ペパボ
• 本社: 東京都渋谷区、支社: 福岡県福岡市
• 設立日: 2003年1月10日
• 従業員数: 231名
• 企業理念: もっとおもしろくできる
• ミッション: インターネットで可能性をつなげる、ひろ
げる
事業部制
• サービスを担当する事業部
• 本社事業部
• EC事業部
• ホスティング事業部
• …
• バックオフィスを担当する事業部
• 経営管理部
• 経営戦略部
GitHub
Enterprise
ペパボの GHE 導入の歴史(1)
• 2012: trac, redmine などサービスやプロジェクトごとに自
由に選択
• 2012: 一部のプロジェクトで github.com/paperboy-* という
org アカウントを作成して github の利用を開始
• 2013: 社内の半分程度のサービスが github.com を利用開始
• 2013: 一部のプロジェクトがセキュリティの問題で
github.com を利用できないため GitHub Enterprise を導入
GitHub Enterprise 導入時の状況
• 社内であまっているサーバーに linux と virtualbox をイン
ストールし headless で起動
• 監視については nagios/munin を自前で構築
• 部署として面倒を見ていくわけではなく、技術基盤チー
ムの1エンジニアが導入と運用を担当
ペパボの GHE 導入の歴史(2)
• 2014: 社内の全てのサービスが github.com か GHE のいずれ
かを利用
• 2014: サービスだけではなくバックオフィスも利用を開始
• 2014: 全社員が GHE のアカウントを保有して情報共有する
ということに社長から方針決定(緩く)
• 2014: github.com を利用していたサービスもアカウント管
理の煩雑さを解消するために GHE へ引っ越し
GHE 集約期の状況
• github.com も GHE も社員全員が広く情報にアクセスでき
るようにということで全員に write 権限を付与(200人…)
• アカウント管理用のスクリプトを作成し、定期実行
def users
ghe = Octokit::Client.new(:access_token => configuration['access_token'])
@_users ||= [0, 100, 200, 300, 400].each.with_object([]) do |start, memo|
ghe.all_users(:since => start).map do |user|
if !(partner_users + exclude_users).include?(user.login) && user.type == 'User'
memo << user.login
end
end
end
@_users
end
ペパボのGHE導入の歴史(3)
• 2015: 全サービスが GHE を用いて開発する状況になる
• 2015: 慢性的な高負荷と virtual box 脱却のために OpenStack
基盤への移設を実行(GHE 2)
• 2015: GHE 2.x への継続的なアップデート中
全社員が使う
GHE
エンジニア評価資料を pull request で作成
誰でも評価資料を閲覧
することができる
誰でも評価資料にコメ
ントすることができる
誰でも評価結果を閲覧
することができる
透明性
開発とCSと企画のコミュニケーション
• “仕事”の情報のほとん
どを GHE に集約
• 仕事が始まった/終
わったということを
可視化
• 仕事がどういう状態
にあるのかというこ
とをはっきりさせる
全社員のアクティビティ = 開発力
1週間の
• issue 作成と close は
650 前後
• issue コメントは 7100
• pull request の作成は
520超、merge は 440
GHEで
開発速度を
上げていく
OpenStack
GHE on OpenStack
OpenStack の説明は省略
• vCPU 4, 32GB RAM, 85GB root drive で作成
• 80GB と手順書に書いてあったが起動できなかったので
OpenStack のホストマシンにログインしてデバッグ…
• Cinder(AWS の EBS) を構築して GHE 2.1 で無事 OpenStack で
起動
• ストレージコンポーネントの構築大変だった…
OpenStack での利用状況
利用者増とGHEの普及の広がりにともないリソース不足気味
困っていること
アカウントのステータス管理
全社員が使うようになると社員のステータスと GHE のス
テータスのミスマッチが発生する
(入社、退職、休職) and (正社員、派遣社員、アルバイト)
社員は全 orgs に API を使って write 付与、派遣社員は… 休
職になったら…という作業が若干煩雑
orgs を超えたアカウントのグルーピングがあると嬉しい
情報共有手段と通知
issue, wiki, repository(git) バラバラに情報を記入している
→ qiita や esa のようなドキュメンテーションツールが gist
のように使えると統一できそう
notification が default on なので興味がないリポジトリでも
write 権限付与の時点でどんどんメールが飛んでくる
→ default off にしたい
良かったこと
GHE のデプロイ、運用の仕組み
• CoreOS のようなボリューム入れ替えアップグレードの仕
組み
• db:migrate を job worker で実行するような無人アップグ
レードの手順
• pt-achiver, pt-online-schema-change のような db オペレー
ションツールの具体的な使い方
…etc…etc
社員募集中!
技術基盤チーム & 情報システムグループのエンジニア
主なミッション
• 全社横断の開発基盤の構築、運用(OpenStack、GHEなど)
• 社内システムの構築、移設、刷新
• セキュリティ、監査、内部統制と開発スピードのバラン
スをとったソリューションの構築
毎日 GitHub を使って開発・運用をやりたい人募集してます!

More Related Content

What's hot

ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発Takafumi ONAKA
 
クローズドソースから始めるオープンソース
クローズドソースから始めるオープンソースクローズドソースから始めるオープンソース
クローズドソースから始めるオープンソースTakafumi ONAKA
 
Webページが表示されるまで
Webページが表示されるまでWebページが表示されるまで
Webページが表示されるまでMasataka Suzuki
 
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うことKazuhiro Serizawa
 
chat bot framework for Java8
chat bot framework for Java8chat bot framework for Java8
chat bot framework for Java8masahitojp
 
Hatena blogdevelopmentflow
Hatena blogdevelopmentflowHatena blogdevelopmentflow
Hatena blogdevelopmentflowYasuhiro Onishi
 
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的な
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的なGo (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的な
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的なKeiji Kamebuchi
 
ガチリアルな修羅チーム開発
ガチリアルな修羅チーム開発ガチリアルな修羅チーム開発
ガチリアルな修羅チーム開発Atsushi Kojima
 
Webの仕組みとプログラミング言語
Webの仕組みとプログラミング言語Webの仕組みとプログラミング言語
Webの仕組みとプログラミング言語Yossy Taka
 
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話Wantedlyを2年間Herokuで運用した話
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話Yoshinori Kawasaki
 
「Webサービスのつくり方」 のつくり方
「Webサービスのつくり方」 のつくり方「Webサービスのつくり方」 のつくり方
「Webサービスのつくり方」 のつくり方Yusuke Wada
 
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会Yuki Okada
 
High Performance Gulp
High Performance GulpHigh Performance Gulp
High Performance GulpKeisuke Imura
 
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例ゲーム会社でのRuby : rails活用事例
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例Yasutomo Uemori
 
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解くShin Takeuchi
 
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_boot
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_bootGrails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_boot
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_bootToshiaki Maki
 
Web技術勉強会 20120609
Web技術勉強会 20120609Web技術勉強会 20120609
Web技術勉強会 20120609龍一 田中
 
ApplicationTemplateのススメ
ApplicationTemplateのススメApplicationTemplateのススメ
ApplicationTemplateのススメTakafumi ONAKA
 
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門Yusuke Wada
 

What's hot (20)

ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発ふつうのRailsアプリケーション開発
ふつうのRailsアプリケーション開発
 
クローズドソースから始めるオープンソース
クローズドソースから始めるオープンソースクローズドソースから始めるオープンソース
クローズドソースから始めるオープンソース
 
Webページが表示されるまで
Webページが表示されるまでWebページが表示されるまで
Webページが表示されるまで
 
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと
第六回 #渋谷java Javaを書き始めて 1年半が経って思うこと
 
chat bot framework for Java8
chat bot framework for Java8chat bot framework for Java8
chat bot framework for Java8
 
Hatena blogdevelopmentflow
Hatena blogdevelopmentflowHatena blogdevelopmentflow
Hatena blogdevelopmentflow
 
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的な
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的なGo (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的な
Go (5) JAZUG 関西とゆかいな仲間たち的な
 
ガチリアルな修羅チーム開発
ガチリアルな修羅チーム開発ガチリアルな修羅チーム開発
ガチリアルな修羅チーム開発
 
Webの仕組みとプログラミング言語
Webの仕組みとプログラミング言語Webの仕組みとプログラミング言語
Webの仕組みとプログラミング言語
 
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話Wantedlyを2年間Herokuで運用した話
Wantedlyを2年間Herokuで運用した話
 
「Webサービスのつくり方」 のつくり方
「Webサービスのつくり方」 のつくり方「Webサービスのつくり方」 のつくり方
「Webサービスのつくり方」 のつくり方
 
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会
【Camphor ×サイボウズ】selenium勉強会
 
High Performance Gulp
High Performance GulpHigh Performance Gulp
High Performance Gulp
 
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例ゲーム会社でのRuby : rails活用事例
ゲーム会社でのRuby : rails活用事例
 
RSpecしぐさ
RSpecしぐさRSpecしぐさ
RSpecしぐさ
 
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
次世代エンタープライズの開発環境をライブで読み解く
 
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_boot
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_bootGrails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_boot
Grails 3.0先取り!? Spring Boot入門ハンズオン #jggug_boot
 
Web技術勉強会 20120609
Web技術勉強会 20120609Web技術勉強会 20120609
Web技術勉強会 20120609
 
ApplicationTemplateのススメ
ApplicationTemplateのススメApplicationTemplateのススメ
ApplicationTemplateのススメ
 
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門
Mojoliciousでつくる! Webアプリ入門
 

Viewers also liked

Middleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyMiddleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyHiroshi SHIBATA
 
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行Amazon Web Services Japan
 
Middleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyMiddleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyHiroshi SHIBATA
 
How to Begin Developing Ruby Core
How to Begin Developing Ruby CoreHow to Begin Developing Ruby Core
How to Begin Developing Ruby CoreHiroshi SHIBATA
 
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 Minutes
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 MinutesLarge-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 Minutes
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 MinutesHiroshi SHIBATA
 
How to test code with mruby
How to test code with mrubyHow to test code with mruby
How to test code with mrubyHiroshi SHIBATA
 
How to Begin to Develop Ruby Core
How to Begin to Develop Ruby CoreHow to Begin to Develop Ruby Core
How to Begin to Develop Ruby CoreHiroshi SHIBATA
 
成長を加速する minne の技術基盤戦略
成長を加速する minne の技術基盤戦略成長を加速する minne の技術基盤戦略
成長を加速する minne の技術基盤戦略Hiroshi SHIBATA
 
mruby で mackerel のプラグインを作るはなし
mruby で mackerel のプラグインを作るはなしmruby で mackerel のプラグインを作るはなし
mruby で mackerel のプラグインを作るはなしHiroshi SHIBATA
 
Practical Testing of Ruby Core
Practical Testing of Ruby CorePractical Testing of Ruby Core
Practical Testing of Ruby CoreHiroshi SHIBATA
 
The story of language development
The story of language developmentThe story of language development
The story of language developmentHiroshi SHIBATA
 
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutes
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutesAdvanced technic for OS upgrading in 3 minutes
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutesHiroshi SHIBATA
 
Usecase examples of Packer
Usecase examples of Packer Usecase examples of Packer
Usecase examples of Packer Hiroshi SHIBATA
 
技術的負債との付き合い方
技術的負債との付き合い方技術的負債との付き合い方
技術的負債との付き合い方Hiroshi SHIBATA
 

Viewers also liked (17)

Middleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyMiddleware as Code with mruby
Middleware as Code with mruby
 
High Performance tDiary
High Performance tDiaryHigh Performance tDiary
High Performance tDiary
 
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行
AWS初心者向けWebinar AWSクラウドでのWindowsの実行
 
Middleware as Code with mruby
Middleware as Code with mrubyMiddleware as Code with mruby
Middleware as Code with mruby
 
How to Begin Developing Ruby Core
How to Begin Developing Ruby CoreHow to Begin Developing Ruby Core
How to Begin Developing Ruby Core
 
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 Minutes
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 MinutesLarge-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 Minutes
Large-scaled Deploy Over 100 Servers in 3 Minutes
 
How DSL works on Ruby
How DSL works on RubyHow DSL works on Ruby
How DSL works on Ruby
 
How to test code with mruby
How to test code with mrubyHow to test code with mruby
How to test code with mruby
 
How to Begin to Develop Ruby Core
How to Begin to Develop Ruby CoreHow to Begin to Develop Ruby Core
How to Begin to Develop Ruby Core
 
成長を加速する minne の技術基盤戦略
成長を加速する minne の技術基盤戦略成長を加速する minne の技術基盤戦略
成長を加速する minne の技術基盤戦略
 
mruby で mackerel のプラグインを作るはなし
mruby で mackerel のプラグインを作るはなしmruby で mackerel のプラグインを作るはなし
mruby で mackerel のプラグインを作るはなし
 
Practical Testing of Ruby Core
Practical Testing of Ruby CorePractical Testing of Ruby Core
Practical Testing of Ruby Core
 
Practical ngx_mruby
Practical ngx_mrubyPractical ngx_mruby
Practical ngx_mruby
 
The story of language development
The story of language developmentThe story of language development
The story of language development
 
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutes
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutesAdvanced technic for OS upgrading in 3 minutes
Advanced technic for OS upgrading in 3 minutes
 
Usecase examples of Packer
Usecase examples of Packer Usecase examples of Packer
Usecase examples of Packer
 
技術的負債との付き合い方
技術的負債との付き合い方技術的負債との付き合い方
技術的負債との付き合い方
 

Similar to GitHub Enterprise with GMO Pepabo

GitHubのIssue作成について
GitHubのIssue作成についてGitHubのIssue作成について
GitHubのIssue作成についてMasashi Sato
 
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他Haruo Sato
 
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入Developers Summit
 
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道Kazumi IWANAGA
 
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由Daisuke Komatsu
 
Tech lounge gcp_20190313
Tech lounge gcp_20190313Tech lounge gcp_20190313
Tech lounge gcp_20190313yutaka_baba
 
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasia
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasiaサンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasia
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasiaMasayuki Ishikawa
 
GitLab社から学ぶリモートワーク
GitLab社から学ぶリモートワークGitLab社から学ぶリモートワーク
GitLab社から学ぶリモートワークMasayuki Morimoto
 
Productive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyProductive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyHiroshi SHIBATA
 
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座DIVE INTO CODE Corp.
 
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話Shuji Yamada
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニーTokuhiro Eto
 
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築You&I
 
スクレイピングその後
スクレイピングその後スクレイピングその後
スクレイピングその後Tomoki Hasegawa
 
Git hubenterpriseを導入してみて
Git hubenterpriseを導入してみてGit hubenterpriseを導入してみて
Git hubenterpriseを導入してみてrecotech
 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 Ai Yoshitani
 
サービスリニューアルからの チームの変遷
サービスリニューアルからの チームの変遷サービスリニューアルからの チームの変遷
サービスリニューアルからの チームの変遷Koki Watabe
 
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携Chuki ちゅき
 

Similar to GitHub Enterprise with GMO Pepabo (20)

GitHubのIssue作成について
GitHubのIssue作成についてGitHubのIssue作成について
GitHubのIssue作成について
 
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他
匠メソッドを導入したらサイトのサクセスが10倍になった話〜connpassの事例その他
 
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入
【デブサミ夏A5】LINE開発におけるGitHub Enterprise導入
 
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道
高さ比べじゃない、キャリアは歩んできた道
 
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由
自社開発をしていなかった会社が Python を選んだ理由
 
Tech lounge gcp_20190313
Tech lounge gcp_20190313Tech lounge gcp_20190313
Tech lounge gcp_20190313
 
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasia
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasiaサンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasia
サンタクロースを支えるIT技術 @M_Ishikawa #yapcasia
 
GitLab社から学ぶリモートワーク
GitLab社から学ぶリモートワークGitLab社から学ぶリモートワーク
GitLab社から学ぶリモートワーク
 
Productive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyProductive Organization with Ruby
Productive Organization with Ruby
 
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー #yjmu
 
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話
会社にGitHub Enterpriseを導入してみた話
 
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
決済金融から始めるデータドリブンカンパニー
 
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築今時のオンプレなgithubクローン環境構築
今時のオンプレなgithubクローン環境構築
 
スクレイピングその後
スクレイピングその後スクレイピングその後
スクレイピングその後
 
GCPでお手軽IoTに挑戦
GCPでお手軽IoTに挑戦GCPでお手軽IoTに挑戦
GCPでお手軽IoTに挑戦
 
Git hubenterpriseを導入してみて
Git hubenterpriseを導入してみてGit hubenterpriseを導入してみて
Git hubenterpriseを導入してみて
 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 
発達障害と起業と継続可能な社会 〜Startup Weekend Kitakyushu vol6.によせて〜 
 
サービスリニューアルからの チームの変遷
サービスリニューアルからの チームの変遷サービスリニューアルからの チームの変遷
サービスリニューアルからの チームの変遷
 
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
 

More from Hiroshi SHIBATA

Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024
Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024
Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024Hiroshi SHIBATA
 
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023Hiroshi SHIBATA
 
How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?Hiroshi SHIBATA
 
How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?Hiroshi SHIBATA
 
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発Hiroshi SHIBATA
 
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?Hiroshi SHIBATA
 
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩Hiroshi SHIBATA
 
How to develop the Standard Libraries of Ruby?
How to develop the Standard Libraries of Ruby?How to develop the Standard Libraries of Ruby?
How to develop the Standard Libraries of Ruby?Hiroshi SHIBATA
 
The details of CI/CD environment for Ruby
The details of CI/CD environment for RubyThe details of CI/CD environment for Ruby
The details of CI/CD environment for RubyHiroshi SHIBATA
 
Dependency Resolution with Standard Libraries
Dependency Resolution with Standard LibrariesDependency Resolution with Standard Libraries
Dependency Resolution with Standard LibrariesHiroshi SHIBATA
 
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3Hiroshi SHIBATA
 
The Future of library dependency management of Ruby
 The Future of library dependency management of Ruby The Future of library dependency management of Ruby
The Future of library dependency management of RubyHiroshi SHIBATA
 
Ruby Security the Hard Way
Ruby Security the Hard WayRuby Security the Hard Way
Ruby Security the Hard WayHiroshi SHIBATA
 
OSS Security the hard way
OSS Security the hard wayOSS Security the hard way
OSS Security the hard wayHiroshi SHIBATA
 
The Future of library dependency manageement of Ruby
The Future of library dependency manageement of RubyThe Future of library dependency manageement of Ruby
The Future of library dependency manageement of RubyHiroshi SHIBATA
 
The Future of Dependency Management for Ruby
The Future of Dependency Management for RubyThe Future of Dependency Management for Ruby
The Future of Dependency Management for RubyHiroshi SHIBATA
 
The Future of Bundled Bundler
The Future of Bundled BundlerThe Future of Bundled Bundler
The Future of Bundled BundlerHiroshi SHIBATA
 

More from Hiroshi SHIBATA (20)

Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024
Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024
Long journey of Ruby standard library at RubyConf AU 2024
 
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023
Deep dive into Ruby's require - RubyConf Taiwan 2023
 
How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?
 
How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?How resolve Gem dependencies in your code?
How resolve Gem dependencies in your code?
 
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発
Ruby コミッターと歩む Ruby を用いたプロダクト開発
 
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?
Why ANDPAD commit Ruby and RubyKaigi?
 
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩
RailsGirls から始める エンジニアリングはじめの一歩
 
How to develop the Standard Libraries of Ruby?
How to develop the Standard Libraries of Ruby?How to develop the Standard Libraries of Ruby?
How to develop the Standard Libraries of Ruby?
 
The details of CI/CD environment for Ruby
The details of CI/CD environment for RubyThe details of CI/CD environment for Ruby
The details of CI/CD environment for Ruby
 
Dependency Resolution with Standard Libraries
Dependency Resolution with Standard LibrariesDependency Resolution with Standard Libraries
Dependency Resolution with Standard Libraries
 
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3
Roadmap for RubyGems 4 and Bundler 3
 
The Future of library dependency management of Ruby
 The Future of library dependency management of Ruby The Future of library dependency management of Ruby
The Future of library dependency management of Ruby
 
Ruby Security the Hard Way
Ruby Security the Hard WayRuby Security the Hard Way
Ruby Security the Hard Way
 
OSS Security the hard way
OSS Security the hard wayOSS Security the hard way
OSS Security the hard way
 
The Future of library dependency manageement of Ruby
The Future of library dependency manageement of RubyThe Future of library dependency manageement of Ruby
The Future of library dependency manageement of Ruby
 
The Future of Dependency Management for Ruby
The Future of Dependency Management for RubyThe Future of Dependency Management for Ruby
The Future of Dependency Management for Ruby
 
The Future of Bundled Bundler
The Future of Bundled BundlerThe Future of Bundled Bundler
The Future of Bundled Bundler
 
What's new in RubyGems3
What's new in RubyGems3What's new in RubyGems3
What's new in RubyGems3
 
Gems on Ruby
Gems on RubyGems on Ruby
Gems on Ruby
 
Gems on Ruby
Gems on RubyGems on Ruby
Gems on Ruby
 

Recently uploaded

OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」Tetsuya Nihonmatsu
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (7)

OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
OWASP Hardning Privacy セッション 「セキュリティの守るべきものとは情報とプライバシーへ」
 
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
U-22プログラミング・コンテスト2024 作品説明動画を制作するポイントを紹介
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 

GitHub Enterprise with GMO Pepabo