Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

さくらのクラウドを使ってみよう

668 views

Published on

2017年4月15日(土)、AngelHackハンズオンセミナーでの講演資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

さくらのクラウドを使ってみよう

  1. 1. さくらのクラウドを使ってみよう 2017/4/15 (C) Copyright 1996-2017 SAKURA Internet Inc さくらインターネット株式会社 コミュニティマネージャー 法林 浩之
  2. 2. 私について 2 どんな人? ・日本UNIXユーザ会 幹事 ・フリーランスエンジニア ・さくらインターネット コミュニティマネージャー ・くわしくは「法林浩之」で検索 さくらでやっていること ・当社主催イベントの運営 ・社外イベント対応(協賛/出展/登壇/取材など) ・毎月5試合ぐらいあり 写真 Twitter @hourin Facebook 法林 浩之
  3. 3. 今日は何をするのか • さくらのクラウドの概要説明 • コンセプト • 特長 • 主な機能 • 料金 • よくある質問 • さくらのクラウドのハンズオン • コントロールパネルの操作 • サーバの作成 • サーバの拡張 • ローカルネットワークの構築 • スタートアップスクリプトの利用 3
  4. 4. 今日はどんな人が参加しているの? 【質問】さくらのクラウドを使ったことはありますか? 1. 使ったことがある 2. 他社のクラウドサービスは使ったことがある 3. サーバ管理はしているがクラウドは未経験 4. サーバ管理自体やったことがない 4
  5. 5. 5 さくらのクラウドの 概要説明https://www.slideshare.net/sakura_pr/introduction-to-sakura-cloud-201704
  6. 6. 6 さくらのクラウドの ハンズオン
  7. 7. ハンズオンの内容 7 (1) コントロールパネルにログインしてみよう (5) スタートアップスクリプトを使ってみよう (2) サーバを作成してみよう (3) サーバを拡張してみよう (4) ローカルネットワークを構築してみよう
  8. 8. コントロールパネルにログインしてみよう コントロールパネルに ログインしてみよう 8
  9. 9. コントロールパネルにログイン 9 • 「さくらのクラウド」で検索し、サービスのWebサイトを表示します • URLは http://cloud.sakura.ad.jp/ です • サイトの上部にある「コントロールパネルログイン」をクリックします
  10. 10. さくらのクラウド コントロールパネル ログイン 10 「さくらのクラウドユーザとしてログイン:」に、ユーザコード、 会員ID、パスワードを入力します
  11. 11. ログイン後の画面 11 ログインできたら、このような画面が表示されますので、 [さくらのクラウド(IaaS)]をクリックしてください
  12. 12. ログイン後の画面 12 [さくらのクラウド(IaaS)]をクリックすると、 さくらのクラウドの管理画面が表示されます
  13. 13. サーバを作成してみよう サーバを 作成してみよう 13
  14. 14. まずは一番小さいサーバを作成してみよう 14 まずは、最小スペックのサーバを作成してみましょう CPU 1コア / メモリ 1GB / ディスク SSD 20GB / NIC 1個 / CentOS 7.x
  15. 15. サーバの作成 15 メインメニューより「サーバ」をクリックします。 その後「追加」をクリックするとサーバ作成画面に移動します。
  16. 16. サーバの作成 16 ここでは簡単にサーバを作成できる「シンプルモード」を 使用しますので、ここにチェックを入れます
  17. 17. サーバの作成【シンプルモード】 17 ディスクイメージ(OS)を選択します。 ここではCentOSを選んでください。
  18. 18. サーバの作成【シンプルモード】 18 サーバプランは【1GB/1仮想コア】を、ディスクプランは 【20GB SSDプラン】を、それぞれ選択します。
  19. 19. サーバの作成【シンプルモード】 19 管理ユーザのパスワードは、パスワード強度が[普通]以上になるよう な任意の値を入力します。接続先のネットワークは【インターネッ ト】、公開鍵は【なし】を選択します。
  20. 20. サーバの作成【シンプルモード】 20 ホスト名は任意の値を入力します。 作成数は【1】として【作成】をクリックします。
  21. 21. サーバの作成 21 「操作確認」のダイアログが表示されます。 問題なければ「作成」をクリックします。
  22. 22. サーバの作成 22 「作成」をクリックすると上記のダイアログが出てきます。 ステータスがすべて成功になるとサーバが作成されます。
  23. 23. 23 配布物の紹介 ~サーバ作成の合間に~
  24. 24. 配布物の紹介 ~サーバ作成の合間に~ 24 今日の配布物:さくらのクラウドのチラシ / ステッカー / 2万円クーポン / さくらのオフライン通信
  25. 25. 配布物の紹介 ~サーバ作成の合間に~ 25 「さくらのオフライン通信」は、さくらインターネットや ユーザコミュニティの近況などをお伝えする学級新聞的なものです。
  26. 26. 26 そろそろサーバ できたかな?
  27. 27. サーバ情報の表示 27 サーバの作成が完了すると、サーバ一覧画面に表示されます。 サーバを選択して「詳細」をクリックするか、 サーバをダブルクリックすると、サーバ情報が表示されます。
  28. 28. サーバ情報の表示 28 サーバ情報画面には、サーバのスペックや状態が表示されます。
  29. 29. サーバにログインしてみよう 29 さくらのクラウドは、ブラウザ内でサーバの操作ができます。 サーバ情報画面の「コンソール」をクリックすると リモートスクリーンが表示されます。
  30. 30. サーバにログインしてみよう 30 リモートスクリーンをクリックすると文字入力ができます。 ユーザ名: root / パスワード: 設定したもの でログインしてください。
  31. 31. サーバを拡張してみよう サーバを 拡張してみよう 31
  32. 32. サーバを拡張してみよう 32 さくらのクラウドでは、管理画面の操作だけで サーバのスペックを変更できます。 ここでは、さきほど作ったサーバのCPUとメモリを倍増し、 さらにNICを追加してみましょう。
  33. 33. サーバを停止する 33 サーバのリソースを追加するには、サーバを停止する必要があります。 サーバを選択し、画面右上にある「電源操作」から 「シャットダウン」を選択してください。
  34. 34. サーバの停止 34 操作確認のダイアログにて、シャットダウンしてもよいか確認され ますので、問題なければ【実行】をクリックするとシャットダウン が実行されます。ステータスが成功になればサーバが停止します。
  35. 35. NICの追加 35 サーバ情報画面から「NIC」をクリックし、 右下に表示される「追加」をクリックしてください。 確認ダイアログにて「追加」をクリックするとNICが追加されます。
  36. 36. NICの追加 36 サーバ情報画面に戻ると、 NICが2つになっていることが確認できます。 (2本目のNICの設定は後で行います)
  37. 37. CPUとメモリの変更 37 CPUやメモリを追加/削減するときは、 サーバ情報画面の右上にある「プラン変更」をクリックしてください
  38. 38. CPUとメモリの変更 38 プラン変更画面にて CPUやメモリを 指定します。 ここではCPUを2コア、 メモリを2GBにして 「プラン変更」を クリックします。
  39. 39. プラン変更の完了 39 「プラン変更」が完了すると、この画面が表示されます
  40. 40. プラン変更の確認 40 プラン変更が完了したら、サーバ情報画面にて CPUとメモリが追加されたことを確認します。
  41. 41. ローカルネットワークを構築してみよう ローカルネットワークを 構築してみよう 41
  42. 42. 構成するローカルネットワーク 42 今回はこのような ローカルネットワークを 構築してみます そのために、スイッチと ローカルネットワークに 設置するサーバを作ります
  43. 43. スイッチの追加 43 スイッチを追加するには、管理画面左側のメニュー から「スイッチ」をクリックします。その後「追 加」をクリックするとスイッチの追加画面に遷移し ます。
  44. 44. スイッチの追加 44 「名前」を適当に記入し、「ルータ」の項目は「いいえ」に 設定します。設定したら「作成」をクリックします。
  45. 45. スイッチの追加 45 作成が完了すると、スイッチ一覧画面に表示されます。
  46. 46. ローカルネットワークに接続するサーバの作成 46 サーバ一覧画面にて「追加」をクリックしサーバを作成します。
  47. 47. ローカルネットワークに接続するサーバの作成 47 接続先のネットワークを「スイッチ」にし、 スイッチとして先ほど作成したものを選びます。
  48. 48. ローカルネットワークに接続するサーバの作成 48 サーバのネットワーク設定として、以下の値を設定してください。 IPアドレス:192.168.0.2 / ネットマスク:24 / ゲートウェイ:192.168.0.1
  49. 49. サーバの作成【シンプルモード】 49 ホスト名は任意の値を入力します。 他は1台目のサーバと同様に設定し、【作成】をクリックします。
  50. 50. 50 さくらの最新サービス紹介 ~サーバ作成の合間に~
  51. 51. 5151 VPS クラウド 専用サーバ データセンター 新サービス 新しい社会のインフラを支えながら、最先端のサービスを構築してゆく レンタルサーバ さくらのレンタルサーバ さくらのマネージドサーバ 1台を共有 1台を占有 1台のサーバを複数の契約者 で サーバを共有または占有するこ とができ、管理はさくらインター ネットに任せて使うサービス さくらのVPS 仮想化技術を用い、1台の物 理サーバ上に複数の仮想サー バを構築し、仮想専用サーバ として分けた領域の占有サービ ス 高性能サーバと拡張性の高い ネットワークを圧倒的なコスト パフォーマンスで利用できる IaaS型パブリック・クラウド・ サ ー ビ ス さくらの専用サーバ 高性能で拡張性と信頼性の 高いサーバをまるごと独占して 利用することができ、自由にカ スタマイズして利用可能なサー ビ ス 1台~複数台 ハウジング リモートハウジング データセンター内にお客様専用 のハウジングスペースを確保し、 ネットワーク機器やサーバなど の機材を自由に置けるサービ ス https://iot.sakura.ad.jp/ 通信環境とデータの保存や処 理システムを一体型で提供す るIoTプラットフォーム・サービ ス https://arukas.io/ Dockerコンテナをマネージド された環境へ、手軽・シンプル に プロビジョニング可能なサービ ス サービスの主な利用用途 ウェブサイト運営、ブログ、インターネット・メール ネットビジネス、電子商取引、動画・音楽配信、開発環境 会員制サイト、キャンペーン・サイト SNS、ウェブ・アプリケーション、SaaS、ASP エンタープライズ 高 火 力 コ ン ピ ュ ー テ ィ ン グ https://www.sakura.ad.jp/kouk aryoku/ さくらインターネットのサービス
  52. 52. 52
  53. 53. さくらのIoT Platformが目指す世界 53 モノから出るデータをネット上のサービスで 簡単に扱えるようにするプラットフォーム 通信⇔データ連携 さ く ら イ ン タ ー ネ ッ ト に お 任 せ
  54. 54. ただいまβ版の通信モジュールを販売中です 各地でハンズオンを開催中です(今日は日本橋でやってます) もうすぐ正式版がリリースされます さくらのIoT Platformの近況 54
  55. 55. 55
  56. 56. 高火力コンピューティングサービス 56 膨大なデータを 大量の計算資源を使って処理 人工知能など大量の計算資源を必要とする技術分野の コンピューティング需要の高まりに対応 国、自治体、教育機関、 大企業の研究開発部門など AI・ 機械学習 映像 制作 計測 分析 2016年9月 さくらの専用サーバ・高火力シリーズリリース ターゲットとなる分野
  57. 57. 高火力シリーズ 57 スタンダードシリーズ パフォーマンスシリーズ エンタープライズシリーズ 高火力シリーズ NEW 「さくらの専用サーバ」にGPUを搭載した 「高火力シリーズ」として提供します
  58. 58. さくらの高火力コンピューティング 58 http://www.shin-godzilla.jp/
  59. 59. 59 そろそろサーバ できたかな?
  60. 60. グローバル側のサーバをスイッチに接続 60 グローバルネットワーク側の サーバを スイッチに接続します
  61. 61. グローバル側のサーバをスイッチに接続 61 サーバ一覧画面からグローバル側のサーバを選択します。 次に、サーバ情報画面にてNIC一覧を表示し、 「未接続」となっている行の一番右の「▼」をクリックし、 「接続を編集」をクリックしてください。
  62. 62. グローバル側のサーバをスイッチに接続 62 スイッチの編集画面が表示されます。 「スイッチに接続」を選択し、先ほど作成したスイッチを選択します。 設定したら「更新」をクリックします。
  63. 63. マップ画面で確認 63 さくらのクラウドには、 サーバやスイッチがどの ように接続されているか がわかる「マップ」機能 があります。 メインメニューの「マッ プ」をクリックして、作 成したネットワークを マップで見てみましょう。
  64. 64. マップを動かす 64 マップ画面では、 ネットワークやサーバ などの要素を自由に 動かすことが可能です。
  65. 65. グローバル側サーバのネットワーク設定 65 グローバル側のサーバはス イッチに接続されています が、ローカル側のサーバと 通信するにはネットワーク の設定が必要です。 これは管理画面では設定で きないので、サーバにログ インして設定します。
  66. 66. グローバル側サーバのネットワーク設定 66 まずグローバル側の サーバを起動します。 マップ画面にてグ ローバル側のサーバ をクリックし、電源 操作から「起動」を クリックします。
  67. 67. グローバル側サーバのネットワーク設定 67 続いてグローバル側 のサーバにログイン します。 マップ画面でグロー バル側のサーバをク リックし、「コン ソール」をクリック します。
  68. 68. サーバにログインする 68 リモートスクリーンをクリックすると文字入力ができます。 ユーザ名: root / パスワード: 設定したもの でログインしてください。
  69. 69. ターミナルソフトウェアでのログイン 69 ターミナルソフトウェアを用いてログインすることもできます。 サーバ情報画面に記載されているIPアドレスに接続してください。 sshコマンドでの接続は【ssh root@サーバのIPアドレス】です。
  70. 70. ネットワークの設定 (CentOS 7系) 70 • 次のコマンドを入力してください • 出力に「eth1」が含まれているか確認してください • eth1がローカル側のNICです ip a # ip a 1: lo: …. 2: eth0: …. 3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 …. link/ether 9c:a3:ba:30:32:6d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet6 fe80::16bf:dde6:d5b0:3018/64 scope link valid_lft forever preferred_lft forever
  71. 71. ネットワークの設定 (CentOS 7系) 71 • 次のコマンドでIPアドレスを設定します • 再び「ip a」コマンドを入力し「eth1」にIPアドレスが 設定されていることを確認してください # ip a …. 3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> …. link/ether 9c:a3:ba:30:32:6d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.0.1/24 scope global eth1 valid_lft forever preferred_lft forever inet6 fe80::16bf:dde6:d5b0:3018/64 scope link valid_lft forever preferred_lft forever ip addr add 192.168.0.1/24 dev eth1
  72. 72. サーバ間の疎通確認 72 • これで2台のサーバがローカルネットワークに接続されました • ローカル側のサーバに対してpingを打ち疎通を確認します # ping 192.168.0.2 PING 192.168.0.2 (192.168.0.2) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 192.168.0.2: icmp_seq=1 ttl=64 time=1.32 ms 64 bytes from 192.168.0.2: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.279 ms 64 bytes from 192.168.0.2: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.300 ms 64 bytes from 192.168.0.2: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.280 ms ….. ping 192.168.0.2
  73. 73. スタートアップスクリプトを使ってみよう スタートアップ スクリプトを 使ってみよう 73
  74. 74. スタートアップスクリプトとは • スタートアップスクリプトは、サーバを作成する際に シェルスクリプトを実行する機能です。 • これを使うと、例えばこんなことができます。 • 必要なアプリケーションがインストール済みのサーバを作る • 多数のユーザを登録し、起動直後にログインできるようにする • サーバ内の各種設定を自動的に行う • 当社にて公開しているスタートアップスクリプトの例 • LAMP(Apache + MySQL + PHP), WordPress, Redmine, Ruby on Rails など • 自分で作成したスクリプトを使うこともできます。 74
  75. 75. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 75 LAMPのスタートアップスクリプトを使って サーバを作成してみましょう。 (この後のmyThingsハンズオンで使います)
  76. 76. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 76 サーバ一覧画面にて「追加」をクリックしサーバを作成します。
  77. 77. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 77 スタートアップスクリプトを利用する場合は 右上の【シンプルモード】のチェックを外します。
  78. 78. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 78 「サーバプラン」では仮想サーバに割り当てる CPUとメモリ量を指定します。 仮想コアは【1】を、メモリは【1GB】を、それぞれ選択します。
  79. 79. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 79 「ディスク」で は使用するディ スクの種類やサ イズ、インス トールイメージ を選択します。 アーカイブとし て【CentOS 6.x 64bit】を選択し、 他はデフォルト とします。
  80. 80. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 80 「NIC」ではネットワークに関する設定を指定します。 今回はすべてデフォルトの値を使用しますので変更は不要です。
  81. 81. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 81 「ディスクの修正」ではOSに関する設定値を指定します。 管理ユーザのパスワードおよびホスト名は任意の値を入力します。 公開鍵は今回使用しないためデフォルトの【なし】を指定します。
  82. 82. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 82 配置するスタートアップスクリプトとして【LAMP】を指定します。
  83. 83. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 83 「シンプル監視」はさくらのクラウドで提供する 死活監視のサービスです。 今回は使用しないため、チェックなし(デフォルトのまま)で進めます。
  84. 84. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 84 「サーバの情報」は、コントロールパネル上で管理するための 情報を記述する項目です。 「名前」の項目に、判別がつくような任意の名称を入力します。
  85. 85. スタートアップスクリプトを使ってサーバを作ってみよう 85 「その他のオプション」および「作成数」は デフォルトの値を使用します。 内容を確認し、問題がなければ【作成】をクリックします。
  86. 86. LAMPインストール済みサーバの作成 86 操作確認のダイアログにて、作成してもよいか改めて確認されますので、 問題がなければ【作成】をクリックするとサーバの作成を開始します。 ステータスがすべて成功になればサーバの作成が完了となります。
  87. 87. 87 さくらのクラウド 2万円クーポンの使い方 ~サーバ作成の合間に~
  88. 88. 2万円クーポンの使い方 ~サーバ作成の合間に~ 88 このクーポンを登録すると さくらのクラウドを 20,000円分!ご利用いただけます!
  89. 89. クーポンの登録方法 89 管理画面の右上にある「設定」をクリックし、左メニューにある 「クーポン」を選択してから「追加」をクリックします。 ※今は登録しないでください(ハンズオン終了後に削除されます)
  90. 90. 2万円でできること 90 最小スペックのサーバ1台を使い続けると約10か月使えます。でも、 せっかく「仮想データセンター」を利用できるのですから、さまざ まなパーツを使ったシステムを組んでみることをおすすめします。
  91. 91. 例えばこんな構成を組んでみる 91 複数のリージョンを使う冗長構成 • 2つのリージョンにWeb/DBの 各サーバを配置し、単一障害点を 排除した完全二重 • Webサーバへのアクセスは、 GSLB(広域負荷分散)で冗長化 • DBサーバ間はブリッジ接続して レプリケーションを実施 • Web/DBサーバ間の通信は プライベートネットワーク経由で 安全性を確保
  92. 92. 料金シミュレーション 92 • 「料金シミュレーション」のページで見積ができます • サーバ4台(最小スペック)、スイッチ2個、ブリッジ1個、 GSLB、DNSで月額15,419円 • これぐらいの規模のシステムでも1か月は試せます • 試用が終わったら必ず削除しましょう • 2万円を超えると自動的に課金が始まります • サーバを停止しても削除しないと課金されます
  93. 93. 93 そろそろサーバ できたかな?
  94. 94. サーバの動作確認 94 サーバが作成されたら、コントロールパネル内のコンソールか、 ターミナルソフトウェアを用いてサーバにログインします。
  95. 95. サーバの動作確認 (PHP) 95 # php -v PHP 5.3.3 (cli) (built: Mar 22 2017 12:27:09) Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies コマンドラインからphpコマンドを入力します。 PHPがインストールされていれば、バージョンが表示されます。
  96. 96. サーバの動作確認 (Apache) 96 # ps ax | grep http 1479 ? Ss 0:00 /usr/sbin/httpd 1482 ? S 0:00 /usr/sbin/httpd 1483 ? S 0:00 /usr/sbin/httpd 1484 ? S 0:00 /usr/sbin/httpd 1485 ? S 0:00 /usr/sbin/httpd …. • 次のコマンドを入力してください • 出力に /usr/sbin/httpd があればApacheが動作しています。 (通常、複数個のプロセスが存在します) ps ax | grep http
  97. 97. サーバの動作確認 (Apache) 97 サーバ情報画面にて、作成したサーバのIPアドレスを取得し、 ブラウザを起動して【http://サーバのIPアドレス/】にアクセスします。 Apacheのテストページが表示されたら正常に動作しています。
  98. 98. 不要なサーバを削除しよう 不要なサーバを 削除しよう 98
  99. 99. 不要なサーバを削除しよう 99 グローバルIPアドレスを持 つサーバは攻撃対象になり ますので、不要なサーバは 削除しましょう。 ここでは最初に作成した サーバを削除します。 ※LAMPのスタートアップ スクリプトで作成したサー バはmyThingsハンズオン で使いますので削除しない でください。
  100. 100. 不要なサーバを削除しよう 10 0 サーバ一覧画面にて対象サーバにチェックを入れ、 [電源操作]から【シャットダウン】をクリックします。 ※LAMPのスタートアップスクリプトで作成したサーバは myThingsハンズオンで使いますので削除しないでください。
  101. 101. 不要なサーバを削除しよう 10 1 シャットダウン対象を確認し【シャットダウン】をクリックします。 再度ダイアログにて確認が表示されますので【実行】をクリックします。
  102. 102. 不要なサーバを削除しよう 10 2 シャットダウンが正常に実行されると、 チェックボックス横のラインが「緑→赤→灰」と遷移します。 ラインが灰色に変化したら、再度対象となるサーバに チェックを入れ、【削除】をクリックします。
  103. 103. 不要なサーバを削除しよう 10 3 今回は[接続されたディスク]も削除しますのでチェックを入れ、 【削除】をクリックします。 ダイアログが表示されますので【実行】をクリックします。
  104. 104. 不要なサーバを削除しよう 10 4 削除の工程が表示されます。 すべてのステータスが成功となれば削除は完了です。
  105. 105. お疲れさまでした 10 5 以上でハンズオンにおける作業は すべて終了となります。 お疲れさまでした!
  106. 106. 10 6 質疑応答
  107. 107. 10 7 最後に
  108. 108. 関連書籍の紹介 10 8 「新米サーバ/インフラ担当者のための 仮想サーバ/クラウド技術の常識」 著者:鷲北 賢 / 出版社:ソシム • さくらのクラウドを使ったシステム構 築方法を解説した本です • 初歩的な構成から複雑な構成まで順を 追って勉強できます • 著者は「さくらのクラウド」の開発責 任者です
  109. 109. さくらクラブの紹介 10 9 さくらインターネットでは、「さくらクラブ」としてハンズオンなどの イベントをともに開催いただける仲間(部員)を募集しています。 (テーマはクラウドに限らず、VPSやIoT、スタートアップ系ネタでもOK!) ご興味があれば、Come and join us & Feel free to contact me! 連絡先 :sakura-club@sakura.ad.jp 紹介スライド:http://www.slideshare.net/MasayaHayashi/lt20151224 「さくらクラブ紹介 slideshare」で検索
  110. 110. 110 そこに、さくら

×