Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「ITコミュニティの運営を
考える」開催報告
#commustudy #osc16ok
法林浩之
日本UNIXユーザ会
@hourin
昨夏からjusで
「ITコミュニティの
運営を考える」
と題するセッションを
継続的に開催
これまでの開催記録と
議論から浮かび上がる
ことを紹介
試合の趣旨
ITコミュニティは増えた
運営者も増えた
でも運営者同士の交流の場は
あまり増えていない
だったらjusでやってみよう
登壇者
レギュラー
榎真治(日本UNIXユーザ会/
LibreOffice日本語チーム)
法林浩之(日本UNIXユーザ会)
ゲスト
コミュニティ運営者
IT関係であればOKで
OSSに限定しない
試合形式
登壇者からお題を出してもらう
運営上の悩み
他のコミュニティへの質問など
お題に対して
登壇者同士で議論
OSCの場合
ゲストは開催地域の
コミュニティ運営者に依頼
通常2名
4人でお題を1個ずつ
出し合って議論すると
だいたい45分を消化
2015/07 jus総会併設勉強会
2015/10 jus研究会@OSC福岡
2015/11 jus研究会@OSC徳島
2015/11 Internet Week BoF
2016/05 jus研究会@OSC名古屋
2016/06 jus研究...
ソフトウェア系
tokushima.app, tokushima.rb,
GDG京都, LibreOffice日本語チーム,
DevLOVE, 名古屋アジャイル勉強会,
TEF道
サービス系
JAWS-UG, JAWS-UG沖縄
出場コミュニティ
ハードウェア系
日本ラズベリーパイユーザグループ
ネットワーク系
JANOG, NSC運営事務局,
ISOC-JP, JPOPM
その他
名古屋ギークバー, ハッカーズチャンプルー,
LOCAL, 日本UNIXユーザ会
出場コミュニティ(続)
どんなお題が多いか
存在を知ってもらうには
仲間を増やすには
若手の参加、新人の定着など
長く続けるには
マンネリ防止策
どんなお題が多いか(続)
内部の体制作り
ミッション、会則、ミーティング、
成果物、人間関係、金の扱い
外部との関係
東京と地方、世界と日本
ベンダーとコミュニティ
やってみて思ったこと
目指すところはさまざま
共通の悩みはあるらしい
運営手法は多種多様
ノウハウは共有されていない
やってみて思ったこと(続)
いろんなコミュニティと
対戦することで
ノウハウの引き出しが
増えたような気がする
やってみて思ったこと(続)
この試合は準備が
いらないので楽
7月2日(土) 明日です来てください
jus研究会沖縄大会@OSC沖縄
米須渉(JAWS-UG沖縄)、
西島幸一郎(ハッカーズチャンプルー)、
榎真治、法林浩之
7月30日(土)
jus研究会京都大会@OSC京都
重兼史尚(NSC運営事務局)、...
もっと試合したい!
未対戦の分野も多いし
もっといろんなイベントで
この試合をやりたいが
できる場が少ないのが悩み
試合できそうなイベントが
あったらご紹介ください
ありがとうございました
つづきは懇親会で!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「ITコミュニティの運営を考える」開催報告

609 views

Published on

2016年7月1日(金)、OSCサミット@沖縄で発表したときの資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

「ITコミュニティの運営を考える」開催報告

  1. 1. 「ITコミュニティの運営を 考える」開催報告 #commustudy #osc16ok 法林浩之 日本UNIXユーザ会 @hourin
  2. 2. 昨夏からjusで 「ITコミュニティの 運営を考える」 と題するセッションを 継続的に開催
  3. 3. これまでの開催記録と 議論から浮かび上がる ことを紹介
  4. 4. 試合の趣旨 ITコミュニティは増えた 運営者も増えた でも運営者同士の交流の場は あまり増えていない だったらjusでやってみよう
  5. 5. 登壇者 レギュラー 榎真治(日本UNIXユーザ会/ LibreOffice日本語チーム) 法林浩之(日本UNIXユーザ会) ゲスト コミュニティ運営者 IT関係であればOKで OSSに限定しない
  6. 6. 試合形式 登壇者からお題を出してもらう 運営上の悩み 他のコミュニティへの質問など お題に対して 登壇者同士で議論
  7. 7. OSCの場合 ゲストは開催地域の コミュニティ運営者に依頼 通常2名 4人でお題を1個ずつ 出し合って議論すると だいたい45分を消化
  8. 8. 2015/07 jus総会併設勉強会 2015/10 jus研究会@OSC福岡 2015/11 jus研究会@OSC徳島 2015/11 Internet Week BoF 2016/05 jus研究会@OSC名古屋 2016/06 jus研究会@OSC北海道 (以下予定) 2016/07 jus研究会@OSC沖縄 2016/07 jus研究会@OSC京都 開催実績
  9. 9. ソフトウェア系 tokushima.app, tokushima.rb, GDG京都, LibreOffice日本語チーム, DevLOVE, 名古屋アジャイル勉強会, TEF道 サービス系 JAWS-UG, JAWS-UG沖縄 出場コミュニティ
  10. 10. ハードウェア系 日本ラズベリーパイユーザグループ ネットワーク系 JANOG, NSC運営事務局, ISOC-JP, JPOPM その他 名古屋ギークバー, ハッカーズチャンプルー, LOCAL, 日本UNIXユーザ会 出場コミュニティ(続)
  11. 11. どんなお題が多いか 存在を知ってもらうには 仲間を増やすには 若手の参加、新人の定着など 長く続けるには マンネリ防止策
  12. 12. どんなお題が多いか(続) 内部の体制作り ミッション、会則、ミーティング、 成果物、人間関係、金の扱い 外部との関係 東京と地方、世界と日本 ベンダーとコミュニティ
  13. 13. やってみて思ったこと 目指すところはさまざま 共通の悩みはあるらしい 運営手法は多種多様 ノウハウは共有されていない
  14. 14. やってみて思ったこと(続) いろんなコミュニティと 対戦することで ノウハウの引き出しが 増えたような気がする
  15. 15. やってみて思ったこと(続) この試合は準備が いらないので楽
  16. 16. 7月2日(土) 明日です来てください jus研究会沖縄大会@OSC沖縄 米須渉(JAWS-UG沖縄)、 西島幸一郎(ハッカーズチャンプルー)、 榎真治、法林浩之 7月30日(土) jus研究会京都大会@OSC京都 重兼史尚(NSC運営事務局)、 藏野文子(GDG京都)、榎真治、法林浩之 試合予定
  17. 17. もっと試合したい! 未対戦の分野も多いし もっといろんなイベントで この試合をやりたいが できる場が少ないのが悩み 試合できそうなイベントが あったらご紹介ください
  18. 18. ありがとうございました つづきは懇親会で!

×